超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

i・ショウジョ 第11話(Ver5.01)「アユユ」 感想(週刊少年ジャンプ 2014年22・23号)

2014-04-28 10:06:10 | クロス・マネジ(WJ系)
















アユユ可愛いな。
















アプリ募集、自分も葉書出したんですけど情報ページに載ってなかった
う~んやはり凡人的なアイディアだったんでしょうか(笑
でもま、来週からはいよいよ採用って事で
色々と盛り上がっていけば良いなあと
毎週アンケ送って一度お手紙も出したんですが効果があったのかなかったのかはまだ分かりませんね

ただまあ、この漫画の場合オムニバス、それもそこまで話話に繋がりがある訳でもないので
変に複線回収云々を気にしなくて良いのはプラスかもしれません
すべき事と言えばアイビスの秘密(?)くらいかな

それと今週銀子が再登場してましたがこういうサービスもまた嬉しい部分であり
面白いと思える部分の一つですね 水面下で無意識イチャを繰り広げる二人の様子にニヤニヤしました(笑
こういう女性の些細な嫉妬って度を行き過ぎてなければ可愛いものですね
逆に度を行き過ぎてると酷い目に逢いますが・・・(汗)。

出来れば、先週の話みたいにワンエピソードでも良いので過去カップルの続編的な、
そういうサービスがあれば尚良いと思います
今週のでも十分嬉しかったですけどね
思春期好きとしてはね(笑


アイドル。
まー現実で流行ってるので当然漫画アニメでも流行るんでしょうけど
あまりに扱ってる作品数が多いので最近は特に抵抗もなく・・・
普通に受け入れられるようになって来ました
歌詞が「いかにも」な感じでイイです
ちなみに自分が好きなアイドルものと言えば渡会けいじの「O/A」ですね
あれはうんこがデカすぎて流れない~とか変に美化してない描き方が秀逸でした
やっぱいつも笑顔だとちょっと嘘臭さも感じちゃいますからね。

話の流れとしては地味なあの子が実はアイドルだった!っていう至極ベタなものですね
ネックとなってくるのは「アユユが好き」なのか「深海が好きなのか」って事なんでしょうけど
取り敢えずは先制で描かれた最後のサービスカットが目を引きましたかね(笑
いきなり巨乳アイドルに変身した挙句、くまパンって・・・。
こんなに(良い意味で)いやらしいくまパンは初めて観たかも(笑)。
正体ばれ、二人の馴れ初めは既に済んだ後なので来週の新アプリ、そして新展開が素直に楽しみです
多分深海さんも太陽に何らかの感情を抱いてそうですが。
ちゃっかりサインをねだるアイビスも可愛かったです。

ここ最近は恋愛まで発展せず終わる話が続いてたので今回のは特に期待ですね。


それにしても六仙ちゃんの後編は流石にエロすぎだな、って思いました
あれ成年誌だったら100%行為フラグですからね(笑
一部挿入されてる?みたいな表情もあったし
色々攻めてて面白いですね
それでいてほっこりする場面もあったりするのがとても良いと感じてます
















あと、合併号お馴染み(?)のコラボ企画で
高山としのりの描いたニセコイイラストが掲載されてるので
お好きな方は是非是非チェックを 個人的には少し感動しました(笑
他にも麻生周一の描いたソーマ漫画も面白かった
ソーマ似てなさすぎでしたが(笑)。それと地獄のミサワのは傑作。



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【祝ゲーハー出演】週刊少年ジャンプ 2014年19号 簡易感想

2014-04-07 16:12:54 | クロス・マネジ(WJ系)













某チャンピオンの某連載がスパッと切られてからというものの
以前のように大手振って応援する気力が段々と失せてきました
ちょっと今は元気無いのでしばらくひっそりとやっていこうと思う。
















◆ILLEGAL RARE

まさかのゲーハー出演きたー(笑)。
個人的に競馬ネタの時点でジャンプで競馬ならマキバオーだろ、って思ってたけど
正直ゲーハーネタまでやってくれるとは思ってなかったら読んでて興奮しちゃったね(笑
基本的にパロディっていうのは大体似通ったチョイスをされがちですけど
こういう誰かがやってそうでやってないパロディを見れた時って個人的に凄く嬉しいものですね
この調子でいつか「WILD HALF」もパロディにして下さい(笑

関係ないですけど、「みどりのマキバオー」は漫画でもアニメでも触れてて泣いた作品なんですね
個人的に思い入れがかなり強いタイトルなのでその意味でも大きく反応しちゃったね
今でも時々「ウマナミなのね~♪」って口ずさむくらい。
その後の「サバイビー」がまた大好きで1話を読んで泣いちゃった思い出が(略

で、次週センターですか
初回付近は今と違ってかなり渋めの画面作りだったので
通用するかどうか心配でしたが、まあ一応は良かった・・・のかな
ただなんでしょう、今期の新連載の中で一番主人公が目立ってるのは確かと言えば確かですからね
典型的な俺様キャラ(分かりやすい)、無双展開、子供ごころをくすぐるネーミング、ちょっととぼけた部分・・・
サブキャラも徐々に目立ち始めて悪くはない印象ですね

今回もミラにナヴィとヒロイン配置には抜かりのないご様子で(笑
でもどっちもいい感じ♪



◆i・ショウジョ

先週の話は素晴らしかったですね
ああいう女の子が絵を蹴っていた?っていうネタもある種ゾクゾクしましたが(オイ
その後「煙草の火を消す為だった」というきちんとしたオチが付いてたのに感心
手じゃ火傷しますからね
恥ずかしさのあまり机に潜ったり
甘々な雰囲気が生まれていたりハッピーエンドの鑑のようなお話でした

そこから一転して今度はまた男の欲望一直線のお話になりましたね(笑
でもまあ男の欲望から始まっても最終的にはニヤニヤさせてくれるんで特に心配はしてませんが。



◆食戟のソーマ

ロリソーマ・・・アリだな!(何が



◆斉木楠雄のΨ難

なんなんだこのハートフル小話の連発は(笑
勇者学の時なんか大抵(良い意味で)どうしようもないオチが多数だったのに
ここ最近はストーリー漫画っぽさを取り入れようと画策されてる気がするなあ

しかしまあ、似たような漫画乱発するよりもこういう新しい引き出しにワクワクするのもまた事実ですね。



◆SOUL CATCHER(S)

気が付けばすっかり陰鬱モードに入っていますね
でもなんでしょう、やってること前作とあんまり変わってないような・・・
といいますかどういう題材でも結局はこういう展開になっちゃうんですかね。
なんか最終的には良くも悪くも「神海漫画」って感じになっちゃいますね。
トラブルならトラブルで「吹奏楽ならでは」のトラブルのが個人的には良かったかなあ
その点スクエアの「この音とまれ!」のが上手いっちゃあ上手い。
















取り敢えず安定してるソーマに加えてi・ショウジョは大好きですし
イリレアもそこそこ面白い、ニセコイも何だかんだで読みますしそんなに悪くないですね。
半分近く読めれば雑誌としては成功ですね。何も全部を好きになる必要もないし。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

i・ショウジョ 第5話(Ver2.02)「パフューム」 感想

2014-03-17 05:33:25 | クロス・マネジ(WJ系)















面白すぎるぜ。

















その前に先週の感想が欠番になってしまいました
ずっと意気消沈してて休止状態だったので仕方がなかったんですが
先週は先週で少年(木野くん)のいじらしい心境が伝わって来て良かったですね
で、今週はどうだったのか・・・というと非常に高山としのりさんらしいお話になってましたね(笑
肉感的な少女たちとの不可抗力的なエロスだったり水面下でこじらせてる思春期模様だったり
中々の手応えを感じる事が出来たお話になってました
取り敢えずこの感想書いたらさっそくアンケ出しに行こうと思います(笑
もしiショウジョが好きで検索で来たような方がいれば是非協力を(善意で)お願いします。


とりあえず・・・
「お汁こぼしてるー」「かわいー」みたいなセリフは少年誌的にアリなのかな(笑
流石高山としのりやねえ、と思うと同時に連載でも遠慮のない攻めっぷりが個人的に嬉しかったです
凄く性的な匂いを感じさせる構成というか作劇というか、それが男子的にはグッと来るかなと
半分くらいは少年誌離れしたエロスを醸し出していましたけど
そういう過剰さにドキドキしちゃうのもまた事実
店員さんとのからあげくんプレイに
時代錯誤な不良娘二人が自分の為に可愛く再登場してくれる征服感が素晴らしいですねえ
っていうか端的に言えばちょっと羨ましかったですね(笑 アプリの夢は広がりますなあ。

それにしてもたかがおつり渡してるだけなのにあの蕩けた表情は何なの(笑)。
その後の不良娘二人に挟まれる流れも男の理想が詰まってていいね
最後の4人で一緒にイチャイチャしてる図は・・・
今にも行為に突入しそうです
私はこういうギリギリの表現が大好きなので当然相当に興奮出来ました

またさり気に木野くんがアプリを使うのが全部故意じゃないのもイイですね
だから違和感なくスケベ展開を楽しめるスムーズさがあると思います。
妄想するのは男子ならご愛敬ですけど(笑


また後半からの木野くんの後輩である我波ちゃんが可愛いんだなー
高山さんはアレですね、キャラデザ実に上手いなあ、なんてこの回を観るだけでも思えますね
使い捨てであろう不良の二人すらめっちゃ可愛く思える辺りが実力あるなあ、と
我波ちゃんとのムフフな展開は殴打含めて実にラブコメ的で良かったです(笑
そうそう、個人的にこういうのが観たかったんだよ・・・と
素直に思いました
少年誌にお色気漫画が載ってる事でドキドキしたり癒されたりする人種は未だにいるはず
少年誌は「男の子」の雑誌でもあるんだからこういう漫画にも是非頑張ってもらいたいものです
絶対に「ちょっとエッチなラブコメ」を心底好きな人はもっといるはずなので
そういう人達にも頑張って欲しいな、なんて
いや、勿論まず自分からアンケ等頑張るべきですけどね(笑

ま、よしんばいつもの如くな結果になっても楽しめる内は楽しみたいですね
応援をしても届かない事もあるけど楽しむのは自由ですからね
今週は引きもバッチリ決まってて良かったです
相変わらず男子も女子も思春期真っ最中!って感じのテンションがまた自分好みでよろしい
エロスに関しても良好ですが実はそんないじらしいメイン二人の心情もまた見どころだったりします
不可抗力的に使ってしまったけど、それがきっかけで木野くんが頑張れるようになれば良いですね。
来週も実に楽しみです。

















ネクストの番外編も読みました
2ページで軽い内容ですが何気に説明書=アイビスと名前が明かされています
そんなアイビスちゃんの掘り下げ(?)になってるので好きならぜひぜひって所ですかね
いつか彼女のエピソードもやって欲しいな、なんて思いました(笑 
個人的にやっぱり新連載4連弾の中でこれが一番好き!っていうか全部含めても一、二を争うくらいに好き!!



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

週刊少年ジャンプ 2014年16号 簡易感想(i・ショウジョ第5話個別感想付き)

2014-03-17 04:33:08 | クロス・マネジ(WJ系)

















◆食戟のソーマ

い、いきなりアリスかい!?
予選ではあまりなかった大胆な展開ですが・・・
てっきり決勝でぶつかるものだとばかり思ってました
でもだからこそ燃える感覚もあって楽しいは楽しかったです
まあ例えアリスが負けたとしてもきっと原作が良いので変な空気にはしないだろうけど。
この辺の「引きの強さ」は相変わらずで本当に週刊誌向けの漫画だな~とつくづく思いました。

あと先週休止中だったんで感想パスしてましたが田所ちゃんの心情にはグッと来ましたぜ。




◆ニセコイ

初めてるりちゃんを可愛いと思えたかも
というかメガネ外した顔が本当に美人に見えてビックリした(笑
そのままねんごろすればいいのに・・・と思いつつ(オイ)
いつもより雰囲気とか情緒のあるお話で良かったですね
このくらいの塩梅のが好きかも コメディに振り切られるよりも。

やっぱりラブコメに求めるものって決して「面白いギャグ」ではないんですよね
勿論あくまで「私は」という事でしかないんですけど
その点だとるりちゃんとの今回のお話は割と素直に観れていいです
あの厳しくて怖かったるりちゃんの別の顔が垣間見られるだけでも無条件に楽しくて良かったです
というか先週はちょっとエッチなシーンも用意されてたしかなり自分好みのお話かも。
おじいちゃんもおじいちゃんで自分の置かれた状況に自覚的なのが良かった。
登場人物の想いがストレートに伝わって来る作劇はやはり面白いなと。

あ、でもるりちゃんと言えば水泳回もそこそこ楽しんでた気がする。




◆斉木楠雄のΨ難

「俺だって変わろうとしてんだよ」→「こいつから金パクって~」の流れは少し吹いた(笑)



◆アンケートに関して

先週からアンケートの仕様が変わってます
より細かく・・・というか面白かった3つに加えて
読んだ作品読まなかった作品を記入する欄と自由に意見を書ける欄が増えてます
正直仕様を変えた事でどうなるのかは分かりませんけど、取り敢えず救済措置は増えそうな予感?
まあ自分の読んでない作品・さほど興味のない作品も提示出来るようになったので
応援してる作品がある方はこれを機に送ってみてはいかがでしょうか。

個別感想もよろしく。
i・ショウジョ 第5話 感想














ジャンプNEXT!!は「レディ・ジャスティス」が個人的に面白かったです
ちょっと変わった視点からのヒーロー活劇になってる上に相当読みやすかった
それとサービスもありましたし。
珍しい女性主人公ものだったのも良かったですね
もうちょっと女性主人公作品が少年誌で流行って欲しい。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

i・ショウジョ 第3話(Ver1.03)「リンク」 感想

2014-03-03 07:13:43 | クロス・マネジ(WJ系)















早速公式twitter&企画かよ!取り敢えず前者は常にチェックしておきましょう。
アカウント名は @iBIS_ishojo  ね。


















ただ、個人的に安心とか油断はしたくないです
具体的に書くとアンケートはしっかりと出しておきたいですね
まだまだ滑り出しなのは間違いないですし作品を支えるのはファンの仕事なので
この漫画が好きな方、或いはファンだって人は是非その手で支えてあげて欲しいです
特に少年誌に女の子成分やお色気成分を求めてるような人は一緒に闘って欲しいですね(善意で)
そういうので救われるような人だって絶対にいるはず。活力になる人はいるはずです。
そしてこの漫画はそれに加えて真っ当に面白いから個人的に大好きです。
頑張って応援していきますよ。

企画も思い付けば参加したいかな
それも反響と言う面で有利になるはずだから
取り敢えずは公式twitterが出来た事自体は素直に良かったと思う
そういう面でも楽しめる、というのはファン冥利に尽きるものですよ。



今週の内容は非常にストレートな青春模様でこれまた最高でした!
銀子もあの時は感情を昂ぶらせて鉄太の事を突き放してしまったけれど
振り返ればそんな鉄太との色々が楽しかったり彼に命を救ってもらった、
もう一度後押ししてもらった事も響いてたり
きっと「悪い奴じゃない」というのは銀子自身も十分に理解はしていたはず
だけど、どこか気まずくて素直になりきれなくて溝が深まってしまった

それを再び繋いだのが他ならぬアプリだった・・・っていうのがまた素敵じゃないですか(笑
ああいうエロスな演出だけではなくこういう温か味を与える演出にも使えちゃう、という
実に便利で面白い設定だと思いました
多分アプリを与えたのも「自覚させるため」だったんだろうなー、と思いつつ
また違った切り口からこのアプリの良さが描かれたのは展開的にも面白かったですし
もっと違った使い方もあり得そうでこれからのネタに関しても期待出来そうな予感がありますね
取り敢えずは割と順当にシンプルにいざこざがスッキリと解決したのが良かったです
先週までは少し女々しい部分もありましたが今週の鉄太は男らしくて格好良かったと思う
彼も彼で自らの意志ではなく故意に持たされてしまった事で色々ありましたけど
その結果自分の本意に気付けた、という顛末は中々のものでありました
初回のタイトルは「悪魔のアプリ」でしたけど
使う人の行動力によって悪魔にも天使にも変わるアプリなのかもしれないですね
要するに与えた人間を試しているのかもしれません 鉄太の誠意がきちんと伝わって来て良好な3回目でした。


それにしても「もっと楽しませてくれるならいいかな!」のシーンはとても良かったですね
銀子の表情だったり仕草もめっちゃ可愛くて読んでいてほっこりしました
銀子にとってはからかいあったり、お互いにバカにやったり
そんな関係性が一番良かったって事なんでしょうね
そして多分そういう事を求められたりするのも本心では嫌いじゃないっぽいね(笑
そういう部分を含めて鉄太が好きなんだろうな・・・って事が伝わって来たのも良かったです
いつだって傍に居て、肝心な時にはいつも背中を押してくれる頼れる男でもある鉄太
銀子ちゃんも銀子ちゃんで一方的に突き放すような子じゃなく
実は色々考えてくれてる健気さが存在してたのが読んでいて気持ち良かったです
最終的には非常にニヤニヤしながら読み終える事が出来たのでこの先もお話に期待しています

最後のやりとりの多少浮ついた感じも好きですねー
また機会があれば二人のデートのお話なんかも描いて欲しいですよ
過去作であれば「初恋限定。」みたいに色々とこねくり回せるはずだと思いますから
本音を言うとこのシリーズこっきりじゃキャラデザ的にも性格的にももったいないですからね(笑
次のシリーズもキャラデザ的な面で既に楽しめそうな予兆があるんですっごく期待してます
先週が複雑な思春期感を出してドラマチックなお話だった分
今週は少年漫画らしい素直に突き動かされる直球だったのがメリハリ的にも良かったんじゃないかと
銀子を一方的に責める厳しい子にしなかった作劇もまた個人的な好みの範疇でした。
またこの二人がバカップル化した話も読みたいです、はい。


















新連載4連弾の中では当然これが一番お気に入りで応援したい作品ですね
登場人物の心情も今現在のところ丁寧に描けてると思うのでその意味でも推したい。
本心ではまた一緒に騒いだり優しくしてもらいたかった銀子と
その想いに真っ直ぐに応えに行った鉄太の男らしさ
だからこそ、素直にニヤニヤする事が出来た顛末・・・と今週もまた良い出来栄えだったと思います
思春期も少年誌らしさも沢山楽しませてもらえた最初のシリーズでした。さて今週のアンケ投函しにいこっと。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする