超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初志貫徹!

2017-11-01 23:21:16 | 日記






今やってるブログ「Neverending Cult」で久しぶりに完全毎日更新を達成した
10月分ですね。


毎日きっちり更新する事で日々の生活のリズムにも繋がる・・・という事で
相変わらずコツコツ毎日何かしらの記事を更新しています
ただ、時間は無限ではないので
「今興味があること」との兼ね合いで、
どうしても「昔やってたこと」が出来にくくなってたりする現状もあります

だけど、
一度好きになったもの、愛したものは変わらずにずっと大好きですし、
きっと時期がくれば帰って来るもの、、、だと思います
なんだかんだ活動自体はずっと続けてるんで、
この先も自分の体力と戦いながら(笑)。色々とやっていくつもりです 取り合えず、時間がもっと欲しい(笑

お金よりも、時間が欲しいです・・・(切実)。



コメント

なぜブログをやめてしまうのかを考える

2017-09-01 20:28:54 | 日記








①生活環境の変化

俺もあの頃と比べて変化したっちゃあ変化はしてるが、
それでもなんだかんだ続いてるな・・・。体力も意外と大丈夫。
という事は、やはり結婚云々とか仕事が忙しくなってきた、とかかな。



②情熱の衰退

人はオヤジになればなるほど、ババアになればなるほど、物事に興味を失くし生活に終始するようになる
そもそも趣味自体も変わっていくものだから、漫画やアニメ、
音楽やゲームなどのコンテンツは飽きられやすいのかもしれない。



③更新が面倒くさくなった

これも大きいんじゃないですかね。
俺の場合、好きなもんがマイナー多めなんで
応援したい~というある種事情含む更新スタイルなんで、
元々マジョリティの範疇でやっている人はそういう目的もなく、
義務化や停滞していく状況に耐えかねてやめてしまうのかもしれない。



④ツイッターに移行?

だが、結構な確率でツイにも居ないパターン、
ツイすら辞めてるパターンが多いんだよな。。
昔はこのブログで散々苦しんでたりもしたけれど、
逆に言えばあれを乗り切ったからこそ奮闘出来る今があるのも事実なんですよね。








ただ最近思うのは、
「終わり」が行方不明とか突然バッタリと止まる~とかじゃ寂しいよな。ってこと
潔く「完結します!」とか、そういうのあってもいいと思うけど、
それすら面倒くさくなってしまうんですかね・・・。

それと、
未だに俺が毎日更新出来てるのは、
なんだかんだで手応えがあったからなのかな。。とも感じます
俺のブログに影響されてくれた方が出て来たり、応援してる作品がイイ感じになったり。。
そういう意味ではちょっとだけ恵まれてる部分もあるのかもな。とふと思いました

まあどんな状況になっても「なんだかんだ」続けていけたらいいですよね。
ブログ界のフラカンや怒髪天を目指したいですね(笑
ブログ界のミスチルやバンプになれないのはもうとっくに分かってますから。
それはまあ、他の人のを見て、って話ですね。ここも思い出した時に更新する予定です。
今毎日更新している新ブログも大事ですが、
ここも思い出の場所ですから。たまに手入れしなきゃね。



コメント (2)

がんばってます。-2016年最後の更新-

2016-12-22 01:54:57 | 日記







そう。今年はまさかの年1更新だったのです。
シロップの全曲レビューがまったく進まなかったのです。
今、毎日頑張って更新している新しいブログを軌道に乗せる為に、
いつの間にかこのブログにはスポンサーサイト(笑)がよく載るようになってしまいました
そこは大いに反省すべき点であります。

これが、2016年最後の更新になると思うんですが、
新しいブログでは毎日力を込めて更新させてもらっていて、
シロップのライブレポなども書いています


俺は、
1回の更新に(自分でも言うのもなんですが)かなりの思いを込める、出来得る限りの熱量を込めるタイプなので
絶対に一度書いた記事は消したくないし、ずっと大切にとっておきたいタイプなのです
何故なら、
他人よりも「それが好き」とか「この気持ちは嘘ではない。」という気持ちに確信をもってやっているからです
だから、いつの間にか消えてたり、出来る事ならスポンサーサイトさえ出したくないのです
ただ、今やってるブログがやっぱり優先なので、必然的にここの後始末はどうしても遅れてしまいます

やり続けること、
初心を忘れないこと、
成長し続けること・・・
途中で投げ出すのは、カッコ悪い。
いつまでも「当然のように」続いてるのがカッコいい。
自分はそう考えます
途中でやめるのは自分の美学に反するからです
「あ、この人まだやってたんだ。」って思われるくらいがちょうど良いんですよ。

本音を言えば、ずっとここで活動したい想いがありました
ただネットで感想を書く事が純粋に怖くなってしまったので、再スタートせざるを得ませんでした
今もそんな意識が完全に抜け切ってるか、といえばそんなこともないんですけどね笑

でもやっぱ、お行儀がいいのって、一見いいことのようで、実は全然良い事ではない。
他人の存在を理由に自分を擦り減らしたり、誤魔化してるだけですから。
俺は、もっと自分に正直に生きたい
もっと自分に素直に生きていたい。ただそれだけです。


実は、このブログを完全に放置する気はないんです
始まりの場所・・・はアマゾンさんですけど(笑
ただ、拡がった場所ですから
大切に管理していくつもりです
気が付けば、同時期のブログはどこも404かスポンサーサイトの嵐です
誤解を恐れずに言えば、フラカンや怒髪天のようなレビュアー、感想ブロガーになっていきたいです
いまいちパッとしなくても、がむしゃらに続けて、たまになんかご褒美をもらう的な・・・ね笑
来年でこのブログも8周年です
そう・・・100%10年目までキープさせる為に来年は隙を見てシロップの全曲レビューを少しずつ埋めて行きましょう
あとはもう完全な零細ブログになったので、
妙な懐古記事を書いたりして新しい利用方法を試してみるのも面白そうです

気が付けば色々な人がいなくなりました。
ただ、自分はずっと在り続けたいと思ってる。
それだけの話ですね
今年の更新もいよいよ大詰めなので「Neverending Cult」もよろしくお願いしますね!
あの新ブログを立ち上げてから2年ちょっと経ちましたが、気分としてはずっとリハビリのようなものでした
しかもまだ(自分の中では)終わった感覚もないです。
繊細過ぎる神経も困りものですね・・・もっとタフに、男らしく生まれれば、
そういう性格だったならば打たれても立ち上がるブログをお見せ出来てたでしょう。
でも、自分の弱さを認める事も時には重要なことなので。
無理せず、マイペースに歩んで行くつもりです。
皆様も、一年の締め括りどうかお元気で。
では、ネバカルでまたお会いしましょう。新年の挨拶もここでも一応書く予定です。






ちなみにこのブログは自分で読み返したりもします
この間「これゾン」の感想読み返してて「結構イイな。」と自画自賛気味になってしまいました(笑


コメント (2)

あけましておめでとうございます。2015!

2015-01-01 08:06:02 | 日記








2014年も閲覧のほど心から感謝、でした。
更新してない時期でも沢山アクセスがありとてもありがたかった&書いた甲斐があったな、と思いました。
数々のコメントを下さった皆様にも感謝しつつ、
2015年は復活したばかりのシロップ16gの全曲レビューを完成させる為に邁進していく予定です。
出来れば月1~2曲程度はUPしたいなあ。つーわけで、今年もよろしくお願いします。


去年、苦しみながらここで書いた記事の数々は自分にとってはいとおしくて仕方のないものでした。
一本一本「これで最後だ」って気持ちで書いてました。
でも、その「これで最後だ」って気持ちもまた大切なのかもしれないですね。
余力を残さず、今持ちうるパワーを総て使い切って、それならば燃え尽きてもいいじゃないか。
そんな風に今は思っています。この場所には大人になってからの「青春」が滲むほどに詰まっています。
もしお暇な時がありましたら振り返って頂けると、とても嬉しく思います。
それでは、また。




コメント

4月分の反省

2014-04-30 21:06:17 | 日記








今年に入ってからPCが突如ぶっ壊れたり父親が骨折したり
そして借りてたPCから新しいPCに乗り換えたり、出したファンレターの返事的なものが届いたり
色々と印象に残る出来事が多くて早くも激動の月日を乗り越えて来たなあ・・・って感じがしてます

その要因の一つとして今月に入ってから襲ってきたとんでもないレベルの腰痛がありました
数日寝たきりにならないといけないレベルだったので色々どうしよう、ってなりましたが結果的にはひと段落
多分原因は仕事で普段は手に付けないめちゃくちゃ重い物を無理して運んだからだと思いますけど
それ以外にも不用意で日焼けをしてしまって鼻から血が出たり酷い月に仕上がっちゃいました

まあ良い意味で捉えれば失敗という名の経験なので(インスパイアby「食戟のソーマ」)
ちょっと思慮深さを意識しつつこれからも頑張って行ければいいな、と思ってます


でも一番ショックだったのは某チャンピオンで某連載が切られた事かな(笑
あれ以来まともに某チャンピオンを読めていない。



コメント (2)