超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014年春アニメ序盤の印象と感想~太眉キャラもっと増えろ~

2014-04-29 21:35:04 | アニメ

















今期アニメ序盤の感想をざっと。一番ハマってるのは「ごちうさ」です(単独感想やってます)。















◆棺姫のチャイカ 

チャイカ可愛いよチャイカ
元々そうだったんですが自分は太眉好きなんだな~、と
あんまりフェチ的なものはないと思ってたんですが太眉は本当に好きです
しかも肌がプ二プ二でカタコトでちょっとトールに気がありそうな部分とか観ててめっちゃ可愛いです
最新話で急にトールに抱き寄せられて刹那的に赤面したカットを見るともしかして恋愛展開もあるのかな

話の方は世界征服でも世界平和でもなくただただ父の遺体を集めたい、それだけっていう
割とシンプルなお題が観やすくてそっちもまた(個人的に)良い感じですね
3人が並んだ時のカットが異様に格好良くて好きです。
今期のファンタジー枠としては一番お気に入り。

何より話の根源が「正しい/正しくない」云々で展開されない所が自分好みです。



◆極黒のブリュンヒルデ 

「エルフェンリート」「ノノノノ」でお馴染み岡本倫原作のアニメ
「可愛い絵柄でグロいことを~」っていうのは昔からのこの方のメソッドなのである意味安心して観れます
キャラが血だらけになるカットが多いのを観てると昔の読切作品を思い出しちゃいますね
「Flip Flap」に入ってる作品群はどれも珠玉の作品ばかりなので機会があれば是非
そしてこの内容であのEDを聴くとちょっと切なくなるなあ。



◆蟲師 続章

原作は全部読んだ
今もアマゾンで9~10巻に自分のレビューが載ってると思うのでお暇でしたら
古来の日本の原風景を思わせる雰囲気に落ち着いた作劇とじっくり観れる仕上がりなのは相変わらず
ある意味1期から地続きですね。そのまんま続きをやってるような感じ。信頼感があります。



◆一週間フレンズ。

「一週間フレンズ。」で検索してたら「ひげなむちの絵柄に似てる」みたいな意見をよく目にした
中には本当にひげなむちさんが一般で描いてる作品だと勘違いされてる人もいたが・・・(笑
そう言われるとそう見えるけど、まあガンガン系らしい中性的な絵柄ですよね。

同性の友達の話題ならともかく、異性の友達の話題は普通に考えて厳しいと思う
まあそれはそれとして良い具合に少女漫画的エッセンスに溢れてて印象は悪くはないです

EDがスキマスイッチの「奏」のカバーなのが最高ですね。



◆ソウルイーター ノット 

タイトルに否定の単語が付いている通り日常版・・・って感じです
でもこれはこれでのほほんとしたソウルイーターという新鮮味があって面白いです
各々のキャラクター性もよく時折入るシリアス要素も良い具合にスパイスになってる印象
不良先輩とどうなっていくのか、とか本家のキャラの登場も含めて今後も楽しみ
それにしても大久保篤は今やすっかりガンガンの看板作家ですなあ。



◆龍ヶ譲七々々の埋蔵金

天災が可愛い(確信)
話はまだ未知数な部分があるけど、
取り敢えずニヤニヤ出来るシーンがあったので視聴は継続で
宝箱の上で赤面しながら抱きあうとか最高すぎ(笑
OPがなぜか邦楽ロックみたいな歌詞と曲調。



◆マンガ家さんとアシスタントさんと 

これも安定と言えば安定してますね
愛徒みたいなキャラは個人的に好きですよ(笑
原作は一部読んだ事あるけど全部は読んでないのでどんなネタが来るか楽しみ
学生時代のみはりちゃんのエピソードは不覚にもときめいた
顔だけ見れば結構イケメン風だからなあ・・・

その内「アホガール」もアニメ化するんでしょうねえ。



◆健全ロボ ダイミダラー 

なんとなく観てる
下ネタだったら前期の「生徒会役員共」のが個人的には面白かったかな~とか思いつつ
まあ特に浮き沈みもないし後枠としては適役と言えば適役なのかな。
これを機に「南国アイスホッケー部」をTVアニメにしよう!



◆悪魔のリドル 

兎角さんのキャラデザはかなり好きです
原作は「LOVELESS」でお馴染み高河ゆんなんですね
割と簡単に騙されがちな気がするのでよりスリリングになっていく事に期待
今期では面白い方だと思います。



◆Selector infected WIXOSS 

実はカードゲーム嫌いなので観るかどうかの時点で迷ってましたが
ドロドロ要素と性格の悪いキャラが攻略される瞬間目当てで観ちゃってます
その辺の・・・視聴者が気になる要素を組み込む手さばきは流石ですね
毎週の引きも強く意外と楽しめる作品になりそう。



◆僕らはみんな河合荘

ヤングキングアワーズで連載中の作品
タイトルから察するに物凄く悲惨な鬱作品を想像してましたが意外とテンポの良いラブコメだった(笑
これはかなり面白いと思う 各々のキャラが上手く立ってますし最初が最初な分変遷も楽しみだし
何より結構ツボにハマるギャグが多いのが嬉しいですね
先週、何か勘違いした主人公が思いっきり拒絶されるシーンとか噴き出してしまった(笑)。
○○荘的な作品は基本的に楽しく観れる傾向があるなあ。

ただ、TBS深夜っぽくはないと(個人的に)思う
どちらかと言えばフジとか日テレっぽいな、と私的には
七々々とこれを入れ替えれば違和感がなくなります。私の中で。

EDは口ずさみやすく作品名も歌詞に入ってて昔ながらのアニソンという印象。
















ごちうさ以外に特に楽しみに観てるのがチャイカ、蟲師、河合荘、ソウルイーターノット、マンアシ、極黒です
ヒロイン的に言えばココアとチャイカが(私の中で)2強かな~
天災ちゃんも素晴らしい。
今期も楽しんでアニメライフを送れそうで良かった。


コメント

(アニメ)ご注文はうさぎですか? 第3話「初めて酔った日の事憶えてる?自分の家で~」 感想

2014-04-25 00:02:01 | アニメ
















凄いクオリティだ。


















今週もココアの思いつき・・・もといお店の為に頑張る行動で新しい出会いが生まれました
ここまで一貫して主人公としての役割を果たしている構成を見てると
原作の方はやり手だなあ、、、とか思わざるを得ない
今回もむちゃくちゃ面白かったですし
個人的には今ごちうさが観てて一番楽しくカタルシスを感じるアニメだな~なんて思いました

新キャラのシャロは所謂先輩大好きな先輩コンプレックスキャラでしたけど
コーヒーで酔っちゃう、とか、先輩のキュートな姿を見ると声も姿も蕩けてしまうとか
似非お嬢様キャラとかリゼ以外のキャラに中々素直になれない、とか
相当盛ってて観てて退屈しなかったですね(笑
普通に楽しいキャラだし可愛さもあるしシチュエーションによるニヤニヤも生んでくれるんですが
(特に最後の廊下でのリゼとの抱擁は凄く良かった 笑)
同時に彼女がちょっと素直になっていく事で物語にストーリー性も加味されてたり色々と便利なキャラだなあと
所謂百合的なテイストも出せるしお嬢様っぽさもあるし(ハリボテだが)、ツンデレ要素もあるという
でもリゼ先輩とお揃いのカップを買っただけであそこまで喜べるのを観てると
案外いじらしい子なのかもしれませんね
「楽しくないこともないし」
またひとつココアの行動のお陰で良い出会いが生まれたと考えると素晴らしいな、って
ココアは居候キャラですが同時にムードメイカーですし色々みんなを牽引してるのがイイですね

先週の新キャラだった千夜ちゃんも良い味出してました
シャロと幼馴染・・・っていう設定もまた魅力プラスで良いんですけど
あんな大人しそうな顔して「いかがわしいお店なんじゃ」と想像力豊かなのが良かったです
案の定勘違いだったんですが誤魔化し方もかなり強引で普通に笑えました
そんなシャロがコーヒー酔い(笑)した後に雨の中を背負って帰ろうとするネタもダイナミックで笑えた
あのドラマチックな演出はなんだったんだろう(笑)。
そして、
先週期待した通り早速その素肌が・・・
とてもお美しかったのと共にいつか水着になって欲しいな、と(笑
みんなで紅茶を飲むシーンも本当に美味しそうで楽しそうで気分が豊かになりますね。


最近あまり「日常もの」に触れてなかったのは正直飽きてきた感触もあったからなんですが
「ごちうさ」の場合ギャグが普通に笑えるっていうのが大きいかもしれないですね(個人的にね)
先週の格好付け過ぎな喫茶店のメニューも面白かったんですが
ココアの格好良すぎるリゼの妄想(笑)とか
ココアがチノの制服に着替えて「可愛いねえ」で終わりかと思ってたら
リゼも着させられているという2段オチの威力とか(なんかエロかったです)
ココアとシャロの運命の出会いネタだとか
最後はココアが物凄い場所で眠ってるオチとかコンスタントにクスクス出来るので飽きにくいですし
全体的にすごく「真っ当」な気がします
そもそもきっかけがお店の為だったし
シャロのバイト先でのくつろぎも基本的には心配が先だったし
みんなでお泊りする事になったのも悪天候という理由でスムーズだったしで
色々と「筋」が通ってる気がします
そこも個人的に好きですね
ただ「なんとなく」で仲良くなった訳じゃない・・・っていう
だからこそ後半のストーリー性を感じさせるシャロと千夜の流れも気持ち良く観れたのかもしれません

そしてチノちゃんの口癖も大分馴染んできましたね
今週はまさかのココアの妹からシャロの妹へ変わりそうなピンチもありましたが(笑
相変わらずの天使っぷりが炸裂してました
でも怪談に対して免疫があったり精神的にはちょっと大人だったりで「らしさ」も健在でしたね
ティッピーをおわんサイズのカップに入れる所や不良のらうさぎの渋可愛さとか
マスコットキャラの可愛さも付随してくるんで可愛さのカタルシスが終始止まらないです(笑
それに加えていかがわしいお店~とかサービスカット等良い意味で俗的な部分もあるのが自分好みでイイですね
特にリゼのおっぱいは思ってた以上にデカくて最高です(下衆)!
今週はネタてんこもり、あいらしいカットもてんこもりでフルボリュームで楽しみ切れました
そして前述の通りにストーリー要素も成立してたんでもう言う事なしですね。
とびっきりの面白さでした!



















毎週書いてるけどやっぱOPが凄い好きだな
幻想的な映像、きれいなメロディライン~ってのは記述済みですが
今週は掛け合いがとても楽しい曲でもあるんだな、という発見が
千夜の「いいなさい♪」とかキャラに似合っててコミカルで良い感じですなあ

「異国迷路のクロワーゼ」とかあの辺の作品にここ最近の日常アニメのテイストを混ぜ込んだ感じ
だからとても雰囲気も良く、観ててニッコリ出来る作品だと個人的には思ってます
今期は「ごちうさ」推しでいきたいですね。
一番好きなのはココアだけど基本的にみんな好きです。

ちなみにサブタイトルは文字数制限があって入り切らなかったので省略。
続く言葉は「キャンプファイヤーしようとしたわよね」なんですが、マジかよ(笑)。





コメント   トラックバック (1)

(アニメ)ご注文はうさぎですか? 第2話「小麦を愛した少女と小豆に愛された少女」 感想

2014-04-19 16:13:07 | アニメ
















ココアはとても良い主人公。ちゃんと役割を果たしてる。

















普通に考えれば登校日を素で間違えたり、
そしてナチュラルに迷子になりまくるココアはアホの子な訳ですけど(笑
でも結果的にその行動が二つのお店を結んで長年のライバル関係を解消させた・・・と考えると
さり気にファインプレーでありある種の奇跡だとも思えるんですね
要するに今週分でまた一つココアのお陰で開かれた関係性が生まれた、と
そういう真っ当さが個人的に好きな訳ですが
ラストの方で本編もまた良い具合の雰囲気になっていて確かに「掴んだもの」を意識させる演出になってました
基本的にほのぼの・まったり路線ですが時折弾けたネタがあったり
そして順当だと思える流れがあったりと
やっぱり面白いアニメだなあ、と個人的には思いました
「何となく」仲良くなったんじゃなくてお互いが一緒に頑張った結果仲良くなれた~という構成が良い
パン作りに精進したのも千夜ちゃんのお店に行ったのも半分はお店の為ですもんね
女の子同士のキャッキャウフフの水面下で何気に頑張ってる事実を感じさせるのが上手いなあ、と
今週もお店の為にちゃんと頑張れてたり持ち前の明るさで人と人を繋いだり
しっかりとココアが役割を果たしてたのが実に良かったと思います
観ていて終始心地良かったですね。

新キャラの千夜ちゃんはストレートな大和撫子キャラで凄く可愛かったんですが
彼女も彼女でまたお店の為に頑張る働き者だったりしてそれも印象良かったですね
何よりパン作りの最中のガッツ(?)が矜持を感じさせてくれて素晴らしかったです
微妙にセンスが尖ってる(笑)部分がネタとしては面白かったんですが
ココアと絡むと途端に振り回されキャラになるのも楽しいですね
ラテアートのシーンと
一緒に迷子になるシーンは特に面白かったです
前者は少しココアの気持ちも分かるだけに余計にね(笑
余談ですが実は彼女着やせキャラっぽいので肌が露出するシーンが今から楽しみです(下衆)。


ココアも作中で話していた通りこの街は本当におとぎ話の街みたいですね
野うさぎとか実にファンタジックでもふもふに癒される女の子の描写とか堪らないですね(笑
でも甘いものも大好き、とか本当に女の子成分たっぷりでそれもまた心地良さの要因かな
チノはチノであんこと戯れる時の描写が突き抜けてキュートに感じられたりと
やっぱり圧倒的な可愛さを誇るアニメなのは間違いないです
基本的に大人びた冷静なツッコミを放ちつつ、
でも時折子供っぽい姿を垣間見せるギャップが非常に堪らないキャラクターですね
攻歩菌のネタとか焼いてる最中のパンを眺めるシーンとかは良い具合に幼さが出てて良かったです

一番良かったのはみんなで楽しみながらパンをこねてるシーンですかね
あれは素直に楽しさが伝わってくる演出だったと同時に
みんなの頑張りも伝わって来てとても良かったです
多分あれもチノとリゼだけだったら
生まれなかったんじゃないかなあ・・・とか観てて思いました
ココアは多少アホの子の気もありますが積極性は飛び抜けて高いんですよね
その点から考えてもみんなを引っ張っていくキャラクターとして優れてるんじゃないでしょうか
あそこで一生懸命やったからこそ千夜さんとの友情が生まれたんだろうな~って思うとしみじみします
そんな風に実は頑張っているキャラクターの印象が心に残る良いアニメですね
飛び抜けて可愛くもあり、
地に足が付いた感触もあり・・・と
心証の良い2話目でした。あと最後におじいちゃんも認めてるカットを挿入したのは流石。


個人的にツボだったのは
千夜のお店の商品の名前(かっこつけすぎ 笑)、
リゼが読んでるだけでクスクス笑ってしまいました
そのリゼが「パン作りは力要るけどリゼちゃんは大丈夫だよね」とか端っから決め付けられたネタや
抹茶で浮世絵を描くネタもやたら渋くて面白かった、あの外見で北斎・芭蕉好きというのもギャップなような
そして先週に引き続きリゼちゃんのグラマーっぷりが服から分かってそれも良かったですね
いつかその体型をイジられるネタが来ますように(笑















それにしてもやっぱりOPのちょっと幻想的な感じ、ふわふわした感触は実に良いですね
メロディで言えばミルク色の異次元~って部分が特にお気に入りです
掛け合いも楽しく映像・楽曲含めて良いOPかと。



コメント   トラックバック (1)

(アニメ)ご注文はうさぎですか? 第1話「ひと目で、尋常でないもふもふだと見抜いたよ」 感想

2014-04-11 17:47:22 | アニメ
















圧倒的可愛さ。そして、面白さ。


















これは完成度がズバ抜けて高い初回でした
基本的に新作アニメはキャラとか状況を把握するのに時間を要するものなんですけど
この作品は引っ越し→下宿→奉公とまず状況が至極シンプルで分かりやすいのが優れてます
ただ女の子同士のキャッキャウフフではなくちゃんと主人公に目的があるのが観てて気持ち良い
なんだかアリアとかクロワーゼを思わせる雰囲気や美術も入口として素晴らしいな、と

そして、肝心のキャラ立ちの早さが何よりの強みでしたね
この手の作品の場合そこが弱い場合が多いんですが
「ご注文はうさぎですか?」は1話を観ただけでもキャラクター性がはっきりと分かる作りになってます
まず基本的に天然で(笑 でも底抜けに明るくてラビットハウスのムードメイカーとして君臨した主人公ココア
ちょっとおバカな部分は多々覗かせつつ何気に彼女の存在が良い影響を与えている事も即座に分かりました
そして単純に観てて癒されますね、可愛い可愛い言ってるココアこそ可愛いよ、って感じで(笑

チノは初めこそ掴みにくかった印象ですが後半から徐々に掴めてくる構成になってましたね
ココアの暴走に冷静にツッコミを入れつつも甘え方を知らない女の子、
本当はお姉ちゃんみたいな存在が出来てちょっと嬉しい気持ちもある・・・っていうのが
セリフではなく態度や雰囲気で伝わって来たのが個人的にツボでしたね
同時に、チノみたいな存在がいる事によって
「段々チノが素直になる、お姉ちゃんを受け入れていく」っていうストーリーに筋も出来ますし
色々とキャラメイキングに上手さを感じる物語になっています
あまりコテコテな描き方ではなく
ちょっと素朴なテイストが漂ってるのも自分好みだなあ、って感じがしますね

リゼは髪型と口元がみなみけの夏奈、もしくは他作品でも見かけるようなデザインっぽいですが
キャラ自体は相当オリジナリティがあって良かったです この手の作品で軍人の娘というギャップや
だからこそ「普通の女の子っぽさ」に憧れてる~という性格が際立っていました
実は寂しがり屋な性格も可愛かったですし、
意外とキャラクターの役割や立ち位置を即行で把握出来たのは嬉しい誤算でした

というか、ここまで「分かりやすい」「親切」な日常アニメの初回はかなり久々に観たかも
主人公の目的とやるべき事、そして主人公が来た事による成果がはっきりと提示されてる上に
キャラの心情も向かうべき方向も同時に感じ取れる作りになってるのでスムーズに物語を楽しめる
キャラクターに感情移入も出来る入口の広さと中身の濃さは流石のものがあるなと
所謂雰囲気アニメ的な要素も出しつつ、
きっちり日常アニメとしても楽しめる塩梅がとても心地良く大好きだなって思えます
この先どういう風に進展していくのかは原作未読なんで未知数ですが取り敢えず今期一番良いな、と
これはまた毎週観るのが楽しみなアニメが始まったなって。来週以降も楽しみです!


また、個人的にギャグが結構好きなんですよね(笑
名前がラビットハウスだからって「うさぎは!?」って素っ頓狂な事を言い出すココアとか
たかが注文を取っただけで重い仕事をこなしたかのように喜ぶ描写とか
コーヒーの知識がないのに知ったかぶる様子とか
良い意味でネジが一本外れてるんじゃないか?っていうココアのギャグ描写が個人的好みの範疇ですね
でもなんか裏表がなく太陽みたいな笑顔を常に振り撒いてる子なんで素直に可愛く面白いと思えるのも良い
要するにちょっと振りきれてるキャラクター性というか、中途半端じゃないっていうか。

それと作業服に着替える前のリゼとのいざこざはこの手のアニメにしては刺激的で良かったですね
どう見てもリゼのが変質者にしか見えないというかね(笑
下着姿も良かったでござる
それだけじゃなく後半も作業終わりの着替えシーン、お風呂シーンまであってサービスも何気に充実してます
リゼ関連で言えば重いコーヒー豆をわざと持てない風に振る舞う彼女の描写にはグッと来ましたね~
あれは素直に可愛いなあ、って思えると同時に彼女のキャラ性を強く視聴者に植え付ける好シーンだったかと
その後のなぜかバニーの格好の妄想によるデレ描写(チノ含む)もニヤニヤ出来て良かったです
ちょっとネジが外れた系のギャグがちょいちょい入って来るのが好きなんですが
同時にニヤニヤ出来る系のギャグもちょいちょい入って来るバランスがいいなと思います
後半のチノの「お姉ちゃん」呼びのシーンだとかココアの猛攻にいちいち照れるシーンの連発とか
最後まで安定してクスクスニヤニヤ出来るクオリティは実に最高でした
今後の登場人物の関係性の変遷なんかも楽しみですね
冒頭の記述の通り、圧倒的に可愛く、そして真っ当にコメディとしても面白い。出色の初回だったと思います。

あと、単純にラテアートの技術描写は元々凄いなあと思ってるので観てて面白かったですね
特にリゼのちょっと格好付けた動きが職人っぽくて楽しかったです
ああいうネタが来るとは思ってなかったんでその意味でも不意を突かれた感。
そういう技術系のネタもまたあると嬉しいですね。全体的に退屈せずに観れました。

















とにかくこの初回はOPの鮮烈的な美しさ、そして主題歌のメロディラインの良さも含めて
個人的にめちゃくちゃお気に入りの内容に仕上がってました
ただ女の子たちが可愛い~だけではなく
ストーリーの主軸がはっきりしてたのが特に素晴らしかったと思います
やるべきこと・きたるべき描写は初回の時点で分かってるので来週以降もしっかり楽しんでいけそう。
何だかんだ言いつつココアに惹かれてるチノの描写、女の子らしさを気にするリゼの描写
そして自分の欲望に真っ直ぐ過ぎるココアの描写等印象に残るシーンが多々あったのも嬉しかった第1話でした。




コメント   トラックバック (1)

2014年冬期のアニメに関して色々~個人的意見

2014-04-03 06:14:34 | アニメ













最近はとにかく眠い、
仕事で帰って来た後すぐ仮眠しなきゃ持たないくらい疲れてるので
深夜まで起きていられる体力が昔と比べてなくなりましたね
かといって録画に回すと大体観ずに溜まっていくという悪循環が発生するので
今ではかなり割り切って「眠たい時は観ない」という感じになっております
そんな中で最後まで観続けた作品群に関してちょこちょこ。

ちなみに今期は「妹ちょ。」が私の中でベストでした。
疑う余地もなく一番段階を踏んで物語を展開出来てるアニメだったと思います。
何の過程もすっとばしてない丁寧さがアニメでも出てて嬉しい限り。













◆Wake Up,Girls!

アイドルがいまいち好きになれないのは「常に笑顔」だから
個人的につまんない時はつまんない顔してればいいのに、と思うタイプなので
その点だときちんと「つまんない状況」を描けてる今作は割と最後まで楽しんで観れました(笑
自分たちが目指す方向と他者から求められる方向性の違いに悩んだり
下らないゴシップのネタにされそうになったり、
そういうある種のシビアさが逐一組み込まれている辺りが「真っ当」だったと思います
多分アイドルに対して苦手意識を持ってる人でもそれなりに観れるとは思う
「楽しくない部分」も結構描かれてる作品なので。

ただ、かといって捻くれてるだけでもなく
辞める子をみんなで引き留める話、みんなで一致団結する話
ファンの励ましで元気を取り戻す話、作曲家の沁みる教え・・・等
要所要所できちんと王道も抑えてきたのも個人的にはポイント高いです
ブラックなネタを楽しめると同時にきちんと本懐も果たしているという塩梅が秀逸
僕に認められてもしょうがないんだよ~、とかちゃんとケンカ出来てる?など
印象に残るセリフが多々あったのも嬉しかったですね
最終話もトラブルを乗り越えて成功させたステージ、っていう王道中の王道で非常に楽しかったです。

それにしても2クールだと思ってたから1クールで終わると分かった時は驚いたね
その所為で終盤はスピード展開も目立ったけれど、まあ王道要素は多々出せてたと思うし
最終的には「面白かった」という感想に尽きるかな
色々と気になるアニメでした。何気に2期があれば観たいですね。




◆ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル

エフェクトの使い方、そして単発の話やほたるとの友情等平均的に楽しめた
ただ、多分2期は出来なさそうなのに母親の救出が出来てなかったり
あともよよん?ってキャラが結局何なのか分からなかったり
まるで原作付きアニメのような終わり方だったのはオリジナルアニメとしてはどうなんだろう?と
原作付きなら「仕方ない」で済む話だけど、オリジナルでこの終わり方なのはちょっと消化不良かも。

でも、セシルの無邪気で諦めないキャラクター性は凄く良かったです。
憎めないアニメだね。



◆キルラキル

グレンラガンは結構めまぐるしく展開が右往左往してたけど
キルラキルの場合は結構堂々巡りだった気がしました
しかも、それでもある程度面白く感じるというのが凄かった(笑
観てて「わけわかんないな」と感じる事も多かったけど、それも結局は「味」なんでしょうね
最後の姉妹の和解っぷり、そしてEDの可愛らしい変化を含めて心地良いラストでした
個人的ベストはやっぱり3話です。



◆桜Trick

途中まで個別感想を書いてたので是非
8話で色々と感極まってしまい、ある意味あれが最終話でも良かったんじゃ・・・と感じなくもないです
でもその後もスミスミのキャラが良かったり、楓のキャラが目立って来たり、
年越し蕎麦関連のエピソードが超甘々で面白かったり(笑
見所は多々あったと思います
個人的には1話と8話が特に好きでした。にしてもあのねちっこいディープキスはある種の革命でしたね(笑
エロと恋愛って絶対に切り離せない、切り離しちゃいけないものだと思ってます。



◆マケン姫っ!通

凄まじい安定感でした
基本的にストーリーを進めるというよりは個々のキャラのエピソード集って感じ
で、それをやっても何の違和感もないくらい個々のキャラが実は立ってたんだな・・・と
地力の高さを感じました。
際どい下ネタが多かったのも良かったです。



◆生徒会役員共*

観てたらやっぱスズが好きだな、と
スズとタカトシにくっ付いて欲しいな、と
その一方でシノも普通に観れば美人さんだよなあ・・・って気持ちもありつつ
要するにキャラの時点で秀逸な作品だという事です
コンセプトありきじゃなくて
キャラありきになってるのが改めて素晴らしいなと思えた2期だった。
実はスズの脱力系のツッコミのが好きだった(笑)。タカトシよりも。



◆いなり、こんこん、恋いろは。

なんでしょう、
ラブレター関係のとこがちょっとダメでした
あそこは神通力であんな適当に告白するんじゃなくて
手紙を探すか素直に謝るかした方が良かったのでは・・・と
後々掘り返されてたのが救いといえば救いだけど、でも悪手だったのは事実だからなあ
それといくら神通力によるくじ運だった、と分かったところで
そこでやるべき事は無責任に役を降りる事よりもだからこそ役を頑張ってまっとうして欲しかった
「いなりでベストだった」と思えるくらいに尽力して欲しかったのが素直な気持ちですかねえ。
あれで良かったんだろうか・・・と個人的にずっと引っかかってしまいました
ちょっとキャラの思考が短絡的過ぎるきらいがありましたね

でも、最後まで観た、という事はシーンシーンで煌めきも感じたのも事実ですね。
丹波橋くんにおぶられて赤面するシーンなんかはいかにもラブコメ的で良かったです。



◆となりの関くん

最終的には関くんより横井さんのがよっぽど変な人でしたね(笑
途中のラブコメを匂わせる話が良かったんですが、
多分将来何だかんだでくっ付いてそうだなあ。



◆そにアニ

人との繋がりを感じさせるハッピーエンドがとても秀逸でしたね
要するに頑張った分だけ気持ちが返ってくる~という心地良い締めだった訳で
ある意味「そにアニ」が今期で一番「王道」を貫いていたのでは?とすら思いました
基本的にベタじゃない話を探す方が難しい内容でしたが
それが却って今の時代には新鮮だった
安心して観れた・・・というのは間違いなくあったと思います
特にそに子の境遇に嫉妬しつつそんな自分に対して批判的に顧みた記者の心情は個人的によく分かる
なんなら痛いくらいにね(笑
だからこそ最終回で再登場したのは嬉しかったかな
ここまでファンタジックなハッピーエンドが似合う作品も早々ないです
それを真っすぐやっても許される作風っていうかね・・・そんな作中観の構築が見事なアニメでした
面白かったです。

フウリちゃんのおっぱいはでかすぎ&揺れすぎでしたね(笑
太眉+グラマーって個人的にめっちゃストライクなんですよ
しかも肉まんが大好物っていうあざとさがまた素晴らしかった(笑)。
その辺りにもまた「王道から逃げない」潔さが滲んでいますね
ぶっちゃけそに子とフウリを肉布団にしてねんご(略

個人的に最終回、「妹ちょ。」が一番良かったと思うんですがそれに継いで良かったのがこれかな。
点が線でばっちりと結ばれた最終回らしい最終回でした。




















今期のベスト5を挙げるなら順に妹ちょ。、桜Trick、WUG、そにアニ、生徒会役員共かな
基本的には人を選ぶ作品の方が多分好きですね自分。
むしろ、選んでこそでしょ?って気がする
正直八方美人より自分に良い顔してくれる作品のが面白いです。
逆に言えば「みんなに好かれようとしている作品」は好みじゃないって事ですね。


コメント