超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

γ─ガンマ─ 5巻/荻野純

2014-11-04 18:04:28 | γ─ガンマ─












実は密かに「ガンマ」のカテゴリー作ったんですよ夏ごろに。
そこから今までの各話感想だったり単行本の感想が一気に読めるので、
もし好きな方がいれば是非チェックしてみて下さい。で、これが恐らく最後の今作の記事になるの・・・かな。













まず、あとがきで今作は最後まで人気を保てたまま終われた~って記述に安心しました
雑誌では最後の方は最後尾掲載になってたのでちょっと不安だったんですが単純に終わるから、
プッシュの必要がなくなったからああいう位置だったんだなあ、とホッとしましたね
それを実際に作家本人の文章から分かれて本当に良かったです
元々早々と完結に向かってる事は明言されてましたが、
やっぱり確証が欲しかったですし、それによって自分がやって来た事・・・
例えばアンケだったりファンレターだったり感想での呼びかけが決して無駄ではなかった
ファンとしての意思表示がちょっとでもこの作品の、彼の力の一部になれてたのならとても嬉しいですね

ぶっちゃけ週刊の方のジャンプでは応援している作品がことごとく終わるという苦渋ばっかりだったので(笑
ようやくこの作品でリベンジ出来たのかなあ・・・って今ちょっとだけ感じています
何にせよ、作者が本当に描きたいところまで描けてファンとしても幸せですね
きちんと各々の「復讐」も果たせましたし、
それによるカタルシスも大きなものでしたし、
複線もちゃんと消化してますしこの世界に関してもユリの行く末に関しても「最後」まで描き切る事が出来た
割と誰が読んでもスッキリ出来る消化具合になってるんじゃないかなあ~とか感じつつ
展開的な意味合いだけでなく荻野純さん的にもやり切った感触のある最終巻になっていたかと。

「荻野純さん的」というのはこの作品特有の個性であったシリアスな中にも百合描写を入れる、ということ
でもこの巻ではそれらがサービスやおまけ的要素に留まらず完全に本編に溶け込んでいます
今まで小出しにしてた分、完全にリミッター外してど真ん中の百合展開やってます
でも、ちゃんとヒーロー展開の中に百合展開があり、
百合展開のお陰でヒーロー展開が際立つ・・・というきちんと百合もヒーローも両立出来てるのがいいなと
扉絵も官能的な百合カット全開で最後の最後で荻野純さん的な部分を出しっぱなしにしてきた印象

でも、そこからは本気で百合展開を愛している
自分はこれが好きなんだ!って気持ちが往々にして伝わって来て
その辺の「らしさ」に関してはブレずに最後まで貫き通した「潔さ」があったと思います
男女の恋人同士が普通に性行為に精を出すのと同じように、
女同士の恋人であれば同じように行為に励むのもまた道理が通っていると個人的には思う
そんな主張があったのかなかったのかは正直分かりませんが、でも決して彼らしさを曲げなかった事は事実
そのど真ん中の百合シーンもこれまでの積み重ねや複線あってのものなので、
これまで百合描写「も」楽しんで来た読者はきっとジーンと来るはず
特にマリーナ隊長の本当の想いは初めて明かされたので、
初めて読んだ時はクライマックスの興奮も手伝って余計にドラマチックだなあ・・・と感動してしまいました
全体を通してヒーローは守りたい人、果たしたい想いの為ならいくらだってその身を削って
強くなれる、何度だって立ちあがる事が出来るんだ。っていう
そういうテーマが水面下で漂ってた風にも思えました
何にせよヒーローコミック的な意味合いでも、百合漫画的な意味合いでもスカッと出来る盤石の最終巻だと
今改めて単行本で一気読みしてみてそんな風に思えたのもやはり嬉しかったですね。

ちなみに、この巻でユリの状況、心情的に一区切りを迎えます
それもまた初期から読んで来た身としてはある種のやり切った感、
最後までユリはユリらしく、ユリを貫いて今のユリに辿りついたんだなあ・・・って感じで
ちょっと、いや、かなり感慨深く読めたのも大きかったですね
ユリはきっとナチュラルボーンヒーローだった、
そんな彼女の生き様を描くのが本作だったんでは、と今になってみるとそうとも思えますね
普段戦えなくても地球の為に尽力して、いざという時には身を滅ぼす覚悟で残された力を使おうとする
そして、ああいった結果になった今でもまだその「尽力」は続けている

一区切りは付いたけど、
まだまだユリの、ユリたちの戦いが終わったわけじゃない。
そんな風に「これから」も期待させるエンディングが実に見事だったなと
正に何もかもを解消して終わった感覚で後腐れもなく次回作に期待出来る、私にとってはそういう内容でした。
ここまで読者を楽しませ感動させてくれた事に、心から感謝をしたいです。ありがとうございました!



さて、単行本ならではのおまけに関してですが
乳首解禁しちゃってますね(笑 ミカちゃんとミユキとヒカリのか。
後者二人は本編に於ける描き足しページで堂々と、しかも結構良い乳首です(笑
前者はおまけページで1P丸々の描き下ろしカットにて、なんですが最後に堂々とサービスして来ましたね
流石に性行為の漫画とかはありませんが、それを想起させるカットは何枚もあるのでそっちでも楽しめると思う
ていうか今回のおまけページはほぼほぼそういう官能的なカットオンリーな感じで正直凄かったです
ラストの描き下ろしカラーイラストではマリーナ隊長がユリを縛り付けて行為にいそしむ様子が描かれてたり
「どうした!?」って感じつつ、それはそれでまた官能的でよろしかったと思います(笑

あとがきではまだまだ連載案がたくさんあること、
今すぐにでも次回作を描きたいくらい意欲があるらしいので
今作がきちんと人気を保てたまま終われたという事実も手伝って
案外近いうちに次回作を拝めそうで非常に楽しみです

(出来れば官能的な部分は残しで!残しで!・・・なんて 笑)














なんだか凄い長い期間この漫画の感想を書いてた気がしますが、
振り返るとたった1年半程度の出来ごとだったんですね
でもそうとは思えないくらい濃ゆい漫画でありました
これまでこの感想を読んで下さった皆様に感謝しつつ、
ガンマは最後まで面白くてスカッとする漫画だったよ。と断言してこの記事を終えたいと思います

共にアンケを出してくれた方、応援してくれた方に心より感謝を。
本当にありがとうございました!!


コメント (12)