超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

kocorono全曲レビュー その9「10月」

2010-10-31 22:51:29 | kocorono全曲レビュー




今日で10月も最後です。
という訳で月末恒例「kocorono」全曲レビュー、「10月」です。



「君がこの列にのこるなら ぼくは君の鏡を創ってやる」


それまでの曲と比べて一気に華やかというか、
華やかってほどでもないけど
非常に豊かなアンサンブルが光る疾走系ロックチューン。
冒頭のギターの音色だけで、ここを一つのハイライトにしたいんだな、って分かります。
この作品の前のアルバム「LUKEWARM WIND」を引き継いだかのようなメロディセンス、
攻めたと思ったら急にメランコリックになる方向性など
この時期のブッチャーズの代表的作風であり
それは一言でキャッチーである、と。

そんなサウンドにあって
歌詞の方はますます混迷を極めている。正に精神不安状態の渦中にいるというか
世界とか社会の中で勝手に品定めされて
それに対して何とか抗おうとしてるような
個人的にですけど、聴いてるとそんな印象が浮かび上がりました。
どうにかしてこの世界の決まりごとに逆らってやろう、と。
染まりきってしまう前に、と。

この「君」ってのはそのまんまの意味でも良いですけど、自分自身、って解釈するとまた楽しめるような。
そのままの意味でも、どこか頼もしさを感じれていいですが。
黄昏つつも、意志は堅い。


「たそがれの丘 立ち続ける」

黄昏を背負って、留まり続ける、っていうこと。
ありきたりかもしれませんが、そういう解釈で、気分で聴いています。
BPM的には走り出したくなってくるんですが!



10月って結構多感な月だと思っていて
9月に別れの経験とか、新しい環境だのがあったりして
それによって変わることだったり。
例えば娯楽とかでも入ってくるものが多かったり
何かを始めた事が多い月だったな、って今振り返ってみると思います。
だからこそ色々衝突したり
悩んだりしたんだろうな、って。 でも、どれも一応の前進はしてたのかもしれないですね。
あんまり10月に悪いイメージはなかったですね。
4月ならばいっぱいあるんだけど(笑)。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤羽39/Theピーズ

2010-10-31 07:33:59 | 音楽(旧譜レビュー)



活動してるのに新譜を出さない、ってバンドでは今のTheピーズはかなり上位なのではないでしょうか?
もう5年もアルバム出てない。
たまにシングル出すし、ライブもやってるけど。そろそろ新譜聴きたいよう。
 って事で今現在の最新作である「赤羽39」についてのレビューでもやりたいと思います。
ほぼ全曲ポップめに作られてる聴きやすいアルバムです。
ある意味入門にも合うかも。




「外道にもなれた 卑怯にでも
 で、どうにか生きた ショイ込んで続くんだ」 (ノロマが走って行く)

「やるだけやってこの程度で
 今更思い残し無ねえのか
 テメーでヨロシク後片付け
 楽じゃねえだろリサイクル
 どう回してこう
 どうやって使おう」 (リサイクリン)


メロディ自体はポップで聴きやすいし、バリエーションも豊富。
パンクっぽいテンションの曲もあれば歌主体のメロディアスな曲もある。
ベテランバンドが繰り出すには申し分ない出来の一作。

が、こと詞に関しては
いつも通りというか(笑)。
もう正にグッタリしながら聴きたくなる感じで。
でも絶対こういう世界観が沁みる人はいるはずだし、っていうか誰もが持ってるものかもしれないし。
現状を確認する、って意味でも
現状を憂うような音楽は必要なんです。

そういったくたびれ度も、当時39歳だったはるさんの事ですから
そりゃもうMAXか、ってほどに表現されています。
自分よりもずっと年上なんですけど
これが普通にリンクしてしまうのが恐ろしいというかなんというか。


「もう生きた たくさん生きた
 耳の中で ただ生きた
 まだ まだ まだなのか」 (耳鳴り)

若い頃、それこそ名盤「とどめをハデにくれ」あたりの音楽も非常に説得力があって良かったんですが
この作品にはこの作品で
年を重ねたからこその哀愁があるというか。
上記のようなフレーズは、40代直前であったはるさんだからこそ説得力を持って響かせられたのだと思う。

の他にも「クリスマス」「風の夜」なんかもその世代ならではの視点なのかな、って思いますが。
実際その年代ではないんですけど、なんとなくそう思います。
いつも通り、とはいいつつも
微妙に違ってきた部分も垣間見れるような。そんなアルバムですね。
詞のテーマもそれなりに分散されてるので、その意味でも聴きやすさ十分。



このアルバムのキーポイントは実は「生きてれば」にあるのかな、と
この作品を昨日聴いててちょっと思いました。
割とこの作品全体で歌われてる事に対しての答えのような・・・って言うと大げさかな。

「ここは何処だっけ 便所か
 もうずっと泣いてたか
 何だかんだ生きれてんだ 
 もっと笑うぜ 笑えるんだぜ」 (生きてれば)


ある一定の人間にとっては沁みる詞ばかり。でもだからといって共感だとかを目当てにしてるんじゃなくて
それよりはある種の扇情の音楽なのかな、って勝手に思います。
多分当人たちにそんな気はないんだろうけど
不思議とまた立ち上がろうか、って気になるような。というかなる。なるかどうかは人それぞれ。
でも、今聴いてもやっぱ素敵なアルバムだと思います。
 40代に突入したはるさんの世界観も是非聴きたいと思う。アルバムで。
Theピーズは自分の中では完全にアルバムアーティストなのでね。



「僕に舟はあるのか 外へ また手探りへ」 (東の窓)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 第4話「新入り」 感想

2010-10-30 02:20:24 | アニメ



「俺で」じゃなく「俺が」か・・・。



今週のFAの感想。
今週も特定のヒロインとかではなく、割と均等に出番があった感じ。
その中でも各々印象的に描けてたかな、と。
雰囲気も良かったですね。

前回の引きから、いきなり体育祭の実行委員長を任される事になったと。
入ったばっかなのに断りもせず(つーかあの兄貴じゃ断りづらいか)
ガムシャラに引き受けて
頑張って
最後には信頼を勝ち取る、って話。その中にはちょっとした気苦労もあった訳ですけど
そこで冒頭のセリフですよ。
悠木かなでによる。
「本当に俺でいいのかな」、と思わず呟くも、そこは「俺で」じゃなくて、「俺が」だよ、と。
何気に良いこと言うなあ。
出来る/出来ないは二の次で、とにかくやってみろと。
今まではお姉さん?って感じだったんですが、この発言は素直に頼もしいなあ、と思えました。

で、孝平を支えてくれたのはかなでだけではなく
瑛里華が時に手伝ったり、陰から見守ってくれたり(というかツンデレアピールが凄かった 笑)
陽菜も話を聞いてくれたり、差し入れしてくれたり
白なんかはネームバリューもあるらしく、孝平の提案の手伝いとしては最大限の働きをしてくれました。
商店街のお店にお願いして景品提供を乞う途中だったんですけど。

と、良い感じで各ヒロイン勢の存在意義が見出せるような構成になっていました。
そんな力もあって
最初は転校してきたばかりの奴がか?って感じで
半信半疑で見られていた孝平も(まあ転校生が実行委員じゃ信頼はないわな)
最後の方には、一緒に手伝って貰えるところまで信頼を勝ち取っていました。

こう・・・ビックリするくらい真っ直ぐだなあ、というか
若干まぶしさを感じつつも
そこには、やっぱり自分で選んだ道、って意識があるのか
簡単には諦めたくなかったんじゃないかと。
この町に来る事も、そして記憶を持ち続けることも総ては彼が選んだ事で。
簡単に投げ出しちゃうよりも、かなで姉さんの言うとおりまず何かをやってみた方がいいんじゃないか、と。
そんな彼の人間性が垣間見れたような一話。
思ったよりも素直な人なんですね。



さて、最後にヒロイン勢について。
瑛里華については、正式に吸血鬼の説明。
兄は昔からこの学校に居た、でも彼女は孝平と同世代、って事で
なにやらこの兄妹の間には色々ありそうな。
生徒会に入る流れもどうやら彼女の兄が仕組んだみたいで。 ここら辺も注目。
 悠木姉妹は、かなでは本遍で書いたとおり良い感じの言葉を残してくれたんですが
陽菜の場合、結構内に秘めたる想いがある様子。
他が割と派手なので、ちょっと地味かなと思うけど、頑張って欲しいところですね。
 桐葉はチラっと顔を見せただけで、それ以上はなし。輪の中が羨ましい気持ちもあるんだろうか。

で、今回大活躍だった白ちゃんですね。
一言でいいとこの子らしい。だから孝平とは逆にこの島以外の場所に行ったことがない、と。
それに対して「いつか島の外を案内してあげるよ」と孝平。
いや~ロマンがありますね(笑)。
何気にいいシーンだった。


そういえば、昔の転校先の体育祭のアイデアを取り入れてるあたり
その転校先の経験を上手く活かしていて
それもまた無駄じゃなかったんだな、って。そう考えるとなんだか素敵だな。ちゃんと蓄積されている、と。



コメント (2)   トラックバック (14)
この記事をはてなブックマークに追加

Syrup16g全曲レビューその15「Sonic Disorder」

2010-10-29 06:13:04 | Syrup16g全曲レビュー




すっかり寒くなってきました。そんな季節にはsyrup16gの冷たい曲が似合います。

というか
ちょっと思い立ってこの曲聴いたら、あまりにも空気感だとか今の心情にフィットしちゃって
危うくトリップしかけてしまいました。
やっぱり凄いや五十嵐は。
てな訳でSyrup16g全曲レビューその15は、「Sonic Disorder」です。





Sonic Disorder                ミニアルバム「Free Throw」 アルバム「delayedead」収録



元々はインディーデビュー盤だった「Free Throw」に収録されてるんですが
後々にアルバム「delayedead」で再レコーディングされてます。
その他にも3曲このアルバムで再収録されてる訳ですが
基本的に私は有無を言わさず「delayedaed」のバージョンの方が好きです。4曲とも。
なんでそっちをイメージしてもらえればな、と思います。
元々の方も好きだし、聴きますけどね。
やっぱ感情の込め方が段違いなんですよね。


「いつかは花も枯れる様に 壊れちまったね ここは恐いね」

この「ここ」っていうのが曖昧で
だからこそ各自でイメージしやすいものになってると思いますが
冬の寒い日に
通りに咲く枯れた花
って映像が正にこの曲にはピッタリだと思います。
大勢の人が見てる、触れられる場所で、ボロボロの状態でそこにいる、という。
多分この場合は精神的な事を歌ってるんだと思いますけど。

過去に裏切られたにせよ
裏切ったにせよ
何も出来なかったにせよ
何かした結果にせよ

「人は一人 逃れようもなく だから先生クスリをもっとくれよ」

襲い来る孤独感だったり、或いは無力感からは逃げられやしない、と。
そんな状況、
そんな気分に陥っている人間の心情をこれ以上ないくらいはっきりと描いた曲。
なので、浸れる度もMAXに近い。
特にこんな、寒い朝の日にはね。

この場合のクスリ、っていうのはそのまんまの意味ではなく
紛らわしてくれるもの全般を指すのだと思います。そして、その気持ちはすっごくよく分かる。

ちょっと長めのイントロだったり
そこから一気に弾けるバンドサウンドに気持ちが高ぶったり
ロックンロール的にも優れた楽曲で、
そこに憂いのあるサビメロが加わって孤独感を更に演出。
そんなメランコリックな音像が聴いててひたすら気持ちよくて。
テーマの割には
4分ちょっとっていう聴きやすさも光ってますね。ちょうどいいんで何度もリピートしたくなる。


大人になって・・・いや、別にそれ限定でもないんですけど
どうやっても無力感に苛まれる時はあって
それは大きな出来事があって、とかそういうものではなく
むしろ小さな出来事が溜まってそうなってしまう、と。
昔犯した自身の失敗だったり
今現在起こした色々だったり、そういうのが頭の中を駆け巡って
どうしようもない気分になった時に
そっと・・・ではなく思いっきり、か。感情にリンクしてしてくれるような、そんな曲です。


Cメロ部分の、必死とも取れる歌い方も非常にグッと来る。



コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

かんぱち 1巻/結城心一

2010-10-28 02:27:30 | 漫画(新作)



結城心一「かんぱち」 1巻読了。




まあ、なんだ、その・・・
説明とかしなくても、検索とかしてもらって表紙見れば一発で分かると思うけど
「かんなぎ」のパロディコミックですよ。
しかも描いてるのが原作の武梨えりの実兄の結城心一、っていうね。
妹が抜けた穴を兄が埋める。
実に良い話じゃありませんか。そこには水面下でドラマが・・・。 や、単なる想像だけど。
っていうか経緯もあんまりよく分からないけれど
現時点では成功と言って良い出来です。
カバーのデザインとか紙質もつい二ヤリとしてしまうね。

ちなみに結城心一自体は元々好きな作家です。絵柄も可愛いし。オリジナル作品もオススメです。


さて、内容。
基本的にシリアスなし(当然か)、ラヴもなしに
まったりとしたギャグを延々と。
とはいえ設定はちょっと変わっていて仁が若干アホの子になってたり
何よりも一応の主人公?がパチになってる事ですね。
パチとは?
ナギに憧れて擬人化、というかマスコット化?してしまったカンパチの神様、らしい。
ちなみにさんごっていう子供に乗り移った珊瑚礁の神様も登場。こっちはざんげちゃんのパロですね。
と、この漫画ならではのキャラもいたりして
その意味では単なるパロディコミック以上の出来になってると言えるかも。 動きも面白いし。

ちなみに何故カンパチかというと
「かんなぎ」のぱちもん、なので「かんぱち」=カンパチ、と。
納得できるような、
適当だなあって思うような(笑)。


いや、やっぱりね、ここまで長期休載してるので
ファン的には「かんなぎ」のキャラが出てくるだけで嬉しいもんですよ。
しかも、お話的にも割と普通に面白くて
身代わりっていうよりは
独立した面白さだったり、読み応えがあるな、と。
ツボにハマる時はハマりますねえ。
ぱちもんっていうのは言い得て妙ですが
オリジナルが好きならきっと楽しめる一冊だと思います。 巻末には武梨えりのイラストも掲載。
女装仁でした。
って女装男子はえらい流行っとるな・・・(笑)。




前述の通り
独立した面白さがある、何より結城心一の作風的にも合ってるなあ、と感じるので
「かんなぎ」が再開しても
しばらくは「かんぱち」も読みたいですねえ。
2作同時掲載ってなったら色々と面白そうだな。2011年には再開するらしいけど。一体どうなることやら。

ちなみに、紫乃先輩とか明らかに増量されてるよな。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加