超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

kocorono全曲レビュー その12「1月」

2011-01-31 23:12:45 | kocorono全曲レビュー





最後の「kocorono」全曲レビューです。「1月」です。



去年の2月から月イチで始めたこの企画ですが
果たして誰かの目に留まったかどうかも現段階では不明瞭です。
でも、それでも、このアルバムに関しては時間を使ってじっくりと書いてみたかったので
完全版の発売はそれを書くキッカケになった良い出来事でした。
 来月はこのアルバムについて、ちょっとしたまとめなんかを書こうと思ってますが、
その前に、色々不手際もありましたが(笑)、毎月一曲企画の締めくくりとして「1月」の感想を上げたいと思います。
もし毎回読んでくれてた方が居たら、本当にありがとう。




この曲は、元々の盤には入ってません。
旧盤はこの「1月」を抜かした2月から12月までの構成で
じゃあこの「1月」はどこに入っていたのか?っていうと昔はよくあったコンピ盤ですね。
 ただ、自分がこの盤を手に取る頃には、もう既にそれは売ってなくて
当然中古でもなくて
今まで聴けず仕舞いでしたが、去年の完全版のお陰でようよう聴く事が出来ました。有り難い話ですね。
自分と同じような境遇の方々も多かったのでは?
そういえば元くるりの大村達身もこれ好きって言ってた気がする。ちなみに岸田繁は「2月」、だったかな?
昔のOH!MY RADIOより。


「4月」では道を分かつ状況のもの悲しさ、が、見事に描かれていたんですが
この「1月」はその先を描いているような気がする。
「1月」って言うと年初めで他の月よりも元気っちゃあ元気な気がするんですが
この曲はむしろ痛み明け、といいますか
ようやく混沌とした状況から立ち上がる、みたいな。

思えば、決して「1月」から始める必要もないな、っていうか
「1月」で本当の始まりを迎える、っていうのが面白いというか。
「2月」から迷いの季節が始まる、っていうのもリアルと言えばリアルです。
 でも立ち上がったは立ち上がったものの
当然そこに明るさや前向きさはない。ボロボロの状態での再スタート。スマートさが全然ないんです。
でも結局は・・・そういうものですよね。
引きずってんなら、忘れるまで引きずればいいし。無理に忘れる必要もない。
そのままで行け、っていうのはちょっと違うかもしんないけど
傷付いたまま歩いていく、っていう意志。
それは決して強い意志ではないかもしれないけど、でも確かに感じるもので。

自分の中の「kocorono」は今まで「12月」の焦燥で終わっていたけれど、
これからは「1月」の微前進、で終わる事になりそうです。
といっても旧盤も聴くけどね。
大切な一枚ですから。


基本的には重めのロック・サウンドが中心の曲ですが、サビでちょっと明るく?なるのがツボな一曲です。
暗闇から差し込む一遍の光、みたいな。
ちょっとクサいかな(笑)。

あと、なんとなくLOST IN TIMEの「ひとりごと」にも通じてる気がした。





毎月更新と言いながらも
途中でそれを守れなかった事が何回かありましたが、
それでも一応公言通りの形で終わらせる事が出来てホッとしています。
知名度もキャッチーさもそれ程無いバンドですが
一度ハマれば抜け出せない中毒性・・・いや、そんなキャッチコピーは要らねえか。
とにかく響く人は響く、とは思います。
出来れば聴いてみて欲しい。って思いを込めて締めさせて頂きます。 それではまた、来月の総評にて。



コメント (2)

kocorono全曲レビュー その11「12月」

2010-12-31 23:51:53 | kocorono全曲レビュー




という訳で無事に総括を終える事が出来ホッとしています。
この数日間はほぼこれに集中してた気がする。その分思い入れのある記事にもなった・・・かな。
コミケも終わって、色々な心配が吹き飛んだ気分です。
これで新しい気分で新年に向かっていけるわい。


その前に、今年最後の更新、「kocorono」全曲レビュー。
今回は「12月」です。



「故郷には雪が降る」ってフレーズで季節感を煽っている今曲。
サウンドもバリバリのガレージ風ロックでキャッチーさは高いんじゃないかと思います。
それに12月って「師走」って言うでしょ。
それ考えるとこの「走ってる感覚」は正にそれをそのまんま表現したようでもある。
故郷からの上京。
それに伴う軋轢。


非常にせわしくて
色々な事が重なって
やらなきゃいけない事もあって
準備しなきゃいけない事もあって
考えてしまう事もあって。

その一方で、今年を振り返ったり、お楽しみのイベントがあったりとワクワクする出来事もあって。
実際12月は個人的には好きな季節です。


そんな季節を、全力で過ごす為の一曲
もしくはその「全力」を描いてるかのような一曲。
端的に、分かりやすく表すと、「焦燥」ですね。
12月だからこそ、次の年に向けて強い決意をしてるような。




ってなわけであと数分ですが、良いお年を。今年もご愛顧ありがとうございました。



コメント

kocorono全曲レビュー その10「11月」

2010-11-30 23:38:01 | kocorono全曲レビュー



毎月恒例「kocorono」全曲レビュー、今回は「11月」です。明日から怒涛の12月!




この曲は、「5月」に続きインストの曲です。インタールード的な。2分チョイくらいの。


しかし、なのにむしろキャッチーな感じすらするのは
途中にどんよりした曲がちょいちょい入ってるからでしょうね(笑)。
インタールード的、とは言っても
単体で聴くのであればむしろ「6月」や「9月」より聴きやすいかもしれない。というか聴きやすい。
ガッツリとロックですし。

今聴いても全然通じるなあって思うんですけど
バリバリ乾いたサウンドの気持ち良さだとか、どんどん高まってくバンド演奏のボルテージだとか。
そういった面もあって割と即効性も高いんじゃないかと思います。
とはいえそれも限られてくるとは思いますが。
でも、きっちりと格好良いと思うんだよ。
最近のインストバンド好きにも受け入れられるんじゃないかなあ。多分。


11月がどんな季節かっていうと
12月の前哨、というか準備期間というか、何と言うか。
やっぱり個人的に12月って楽しいと思うんです。
明るくない人間にとってもね。
1年の総決算ですから。
その前に気持ちが高ぶる・・・と考えるとこれ以上ないくらいピッタリな曲です。
今聴くと正にそういう意図なんじゃないかと思えてくる。
そもそもインタールード的、ってとこからそうだし。

しっかりと一曲としても聴けるインタールード、という印象です。
高まってくアンサンブルは秋の紅葉を彷彿と・・・ってこれは考えすぎか。



にしてもこの全曲レビューも、あと2回で終わりなんですね。
時折タイミング逃すっていうポカをやらかしつつ(笑)、一応1年掛けて遂行出来そうです。
今からまとめの文章練っときます。



コメント

kocorono全曲レビュー その9「10月」

2010-10-31 22:51:29 | kocorono全曲レビュー




今日で10月も最後です。
という訳で月末恒例「kocorono」全曲レビュー、「10月」です。



「君がこの列にのこるなら ぼくは君の鏡を創ってやる」


それまでの曲と比べて一気に華やかというか、
華やかってほどでもないけど
非常に豊かなアンサンブルが光る疾走系ロックチューン。
冒頭のギターの音色だけで、ここを一つのハイライトにしたいんだな、って分かります。
この作品の前のアルバム「LUKEWARM WIND」を引き継いだかのようなメロディセンス、
攻めたと思ったら急にメランコリックになる方向性など
この時期のブッチャーズの代表的作風であり
それは一言でキャッチーである、と。

そんなサウンドにあって
歌詞の方はますます混迷を極めている。正に精神不安状態の渦中にいるというか
世界とか社会の中で勝手に品定めされて
それに対して何とか抗おうとしてるような
個人的にですけど、聴いてるとそんな印象が浮かび上がりました。
どうにかしてこの世界の決まりごとに逆らってやろう、と。
染まりきってしまう前に、と。

この「君」ってのはそのまんまの意味でも良いですけど、自分自身、って解釈するとまた楽しめるような。
そのままの意味でも、どこか頼もしさを感じれていいですが。
黄昏つつも、意志は堅い。


「たそがれの丘 立ち続ける」

黄昏を背負って、留まり続ける、っていうこと。
ありきたりかもしれませんが、そういう解釈で、気分で聴いています。
BPM的には走り出したくなってくるんですが!



10月って結構多感な月だと思っていて
9月に別れの経験とか、新しい環境だのがあったりして
それによって変わることだったり。
例えば娯楽とかでも入ってくるものが多かったり
何かを始めた事が多い月だったな、って今振り返ってみると思います。
だからこそ色々衝突したり
悩んだりしたんだろうな、って。 でも、どれも一応の前進はしてたのかもしれないですね。
あんまり10月に悪いイメージはなかったですね。
4月ならばいっぱいあるんだけど(笑)。



コメント

kocorono全曲レビュー その8「9月」

2010-09-30 23:21:39 | kocorono全曲レビュー



「なさけないけど よゆうのふりをして」


月末恒例、「kocorono」全曲レビュー。今回は、「9月」です。



9月、って言えば色々と清算する時期でもあり
夏の終わりって事もあり
物思いに耽る季節、って捉え方も出来ると思います。
で、この曲はそんな季節そのもの、ずっと考え事をしていて、でも答えは出ないまま、っていうか。
そんな心情を描いたかのような一曲です。

楽曲としては、「6月」以上に地味ですね。
ポロンポロンと寂しげに弾かれるエレキギター、
つぶやくかのように
いい意味でやる気のないボーカル。
いい意味でやる気のない、って書かれても何のこっちゃ、と思われるかもしれませんが
力を入れないこと自体が、一つの表現みたいな。
そんな風にも感じられる曲です。
今年の9月はほぼ暑かった記憶しかないんで
今年の9月にはそぐわないかもしれないんですけど
そんな季節を越えて
若干落ち着いて物事を考えられるようになったというか。
そういう変化も感じ取れる曲です。「8月」はやや情緒不安定な部分が目立つ曲なので。


「ねむれない夜 ぼくは又こりず 君のドアを又たたいている」

このフレーズは
実際/想像と2つの解釈で捉えられると思うんですけど
自分は記憶の中で、って感じています。実際にたたいてるわけじゃなくて。
記憶の中で何度もノックするも
結局はそれは無駄な行為なんだな、っていう。
無駄な行為と知りつつも、そこから抜け出す事が出来ない、っていう。

とてももの悲しい感じの、そこまで気合を入れて聴くような曲ではないんですが
そんな中にも
作詞作曲者、つまり吉村秀樹の哀愁がたっぷりと静かに込められている
そんなナンバーに仕上がってると思います。
気持ち空っぽの時に聴いてもいいかも。


「はずかしくて 声も出せない」

こういう感情、分かる人いっぱい居ると思う。



コメント