ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

JR西日本に送ったメール・ホーム表示と実際とは異なる電車編成は危険

2010-02-25 00:52:53 | その他
2月24日、三ノ宮駅午後2時8分発近江塩津行き新快速。ホームの行き先案内板では、12両編成で3分遅れとなっていた。
前から2両目、足元番号11のところで待っていた。ホーム駅係員アナウンスで、ただいま神戸駅出発しました。今しばらくお待ちください。とアナウンス。
列車編成数や遅れている理由については説明なし。
ホームに流れる自動音声でも、電車は12両で、足元番号12番から・・とアナウンス。足元番号9から12まで、各乗り降り口前には、4名から10名くらいが待っていた。
が、到着した新快速は、先頭が足元番号8に。間違って手前にとまったかと思い、車両を数えてみると8両。仕方ないので、足元番号8まで。足元番号9から12の4両分の停車位置で
待っていた約100名が一気に足元番号8の先頭車両へ。先頭車両は、超満員。
今まで、駅員のアナウンスでの車両数が実際の編成数と異なっていてそちらにメールを送ったことはあるが、ホームの表示とコンピュータ自動音声放送での編成数が実際と違っていたのは、過去、5年間で今回が初めて。三ノ宮駅から大阪駅まで、遅れた理由や編成数が8両になっている理由の車内放送はまったくなし。
芦屋と尼崎ではどうなっていたかわからないが、下車した大阪駅では、△3-10と実際の編成とあっていた。
三ノ宮駅では、乗り込む予定の乗客が、ホームの4両先までの場所まで待っているわけで、運転手がホームで乗り込むため待っている乗客につられて4両先に停車してしまう可能性もある。
また、足元番号12で待っていた乗客は、その新快速に乗り込むため4両分ホームを走らないといけない。ホーム表示、コンピュータ音声案内での編成数と実際の編成数が違うことは危険である絶対に避けてもらいたい。山本隆雄
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 弘法院恵正先生に聞いた銀シ... | トップ | 絶交の井上真教先生が生活費... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
岡山という土地 (ま)
2010-02-25 00:58:49
 岡山は神戸のようにヤバイですか?
実家近くには金光教がありますが
岡山市の今住んでいるところからは離れて
います。吉備津彦神社と玉井宮東照宮は
どうですか?黒住教本部が近いとこに
あります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事