ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

コロナ重症患者になってわかたこと。今までの普通にできていたことのありがたみ。私の機能回復は驚異的スピード。

2022-10-05 19:05:45 | 新型コロナウイルス関連

本日、中野の実家から針中野駅まで歩いて。近鉄で今川駅前のクリニックへ。

そして、今川駅前から駒川の自宅マンションへ。徒歩11分。そこから歩いて、中野の実家へ徒歩34分。

普通に歩いています。階段もすすりを持たずに上り下りしています。

お風呂も普通に入っています。

ICU!に入った7月11日から27日まで、意識のない状態でした。

7月27日に目がさめたものの、耳は聞こえますが、言葉がはっせられまらん。

問いかけに対しては、うなづくだけしかできませんでした。

その後、数日でしゃべられるようになり、声も小声からだんだんと普通になってきました。

そして、ベットからおりることがなく、大阪急性期病院のコロナ重症者病棟から8月4日に退院。

8月4日まで食事はなし。

8月4日からは、第2K病院へ。ベットからおりれませんでした。先生いわく、寝たきりになると1日に3パーセントづつ筋肉が落ちるって。

食事が出るようになりましたが、スプーンしかもてません。それも、重たく感じました。

8月8日ごろ、ノートパソコンとスマホがとどけられましたが、文字がうまくうてません。

ここでもあるけません。立つこともできません。

リハビリが始まり、立ち上がることから練習。

そして、歩行棒につかまって歩くことを練習。

そして、歩行器を使って歩くことを練習。

8月31日の退院時、杖を使って歩くことが可能に。

退院後も、畳に座ると、なかなか立ち上がれません。

そして、9月9日の入院時、杖を使って。病院内の移動には、車いすを。
9月の後半になると、廊下を歩く練習を。

9月27日の痰飲後は、当初は、杖をつきながら、現在は、杖なしてあるけます。

現在は、普通の速さで歩けます。畳に座っても、普通に立ち上がれます。

自転車に乗れないことを除いては、8割がた7月10日の水準に戻っています。

ありがたいと思ったのは、7月10日までの当たり前のことでした。

声を出せてしゃぺられる。パソコンのキーボードか打てる。

立てる。歩ける。階段が登れる。降りられる。

自転車に乗れる。

など、これらの当たり前のことができることがありがたいと思えるようになりました。

ちなみに、訪問看護のリハビリの先生によると、私は、驚異的な速さで、機能が回復しているとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント (11)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 本日人工透析のあり方につい... | トップ | 当ブログ記事の昨日のアクセ... »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山78県人)
2022-10-05 19:38:03
★ おやおや NEW / 宇宙救世主「青柳村上」
追記・・あららこらら、ホームのJ1鹿島がお通夜となりました。

野球一色だった大地震のバロメータでしたが、国内終了、海外も明日の大谷の先発を最後にポストシーズンも今週で終わりなので、サッカーに注目しています。
まさかまさかの鹿島を甲府がリードしていますが、鹿島神宮の地震の要石が外れるトリガーとなる試合となるか?
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/category/emp/game/2022100503/summary?gk=10
鹿島神宮の創建は神武元年(紀元前660年)常陸から見た日本の夜明け
http://www.rekishinosato.com/essayW_15.htm
Unknown (アスペまさ)
2022-10-05 20:19:09
アスペまさはアスペ重症患者になってわかったことがあったのか?
山本小鉄68歳にならないように (山78県人)
2022-10-05 21:23:24
山本 小鉄(やまもと こてつ、1941年10月30日 - 2010年8月28日)は、日本のプロレスラー。本名は山本 勝。
2010年8月24日、家族旅行先の長野県軽井沢町で昼食をとった後に意識不明になり[13]、8月28日午前6時42分、低酸素性脳症のため死去[14]。68歳だった。
Unknown (Unknown)
2022-10-05 21:42:05
うんこ食ったら復活や
Unknown (Unknown)
2022-10-05 23:16:00
日本では源頼朝、織田信長、徳川家康、海外ではエジソンやバッハ、セザンヌ、ヘミングウェイが糖尿病だったというのは有名な話です。糖尿病自体で命を落とすという事はありません。己が糖尿病である事を知り、薬師様の話を聞きそれでも臣民のことを思い生きる。これこそが偉人としての業でありまする。寿命の多寡など所詮結果です。
アスペ正男をはじめとしたキチガイ、低脳、こじき、嫌われ者、下衆、クチクサどもなどの言うことなど聞くに及ばす。食べたいものを食べ、言いたい事をほざき、若い雄汁を啜る。その上で準神様として、信者の為に毎日お勤めを続け、預言者として災いを信者に伝え命を助く。どうかこればかりは信念を貫き賜うことをお願い申し上げます。
Unknown (これで神戸大学教育学部卒)
2022-10-06 03:05:39
>脅威的な速さ
神大の恥 だか 脅威的なコロナ後遺症だかしらんけど
今度は谷町線にとびこんで脅威的(本文ママ)な速さで回復する予定です。 (えむひーまん)
2022-10-06 05:34:45
その次、来年の正月には富士山頂からニコ動ライブをしながら転がり落ちで、脅威的(本文ママ)な速さで回復して、さすが準神考えることが違うとかほめそやされる予定です。
Unknown (山78県人)
2022-10-06 06:54:15
★ 2022年9月8日まで世界は安泰でした NEW / 足長オバサン
ノストラダムス研究家のマリオ・レディング氏が2005年に出版した著作に、「エリザベス女王は2022年頃、母親の寿命より5年短い96歳で亡くなる」と女王の没年が正確に言い当てられて、現在イギリス国内でレディング氏の著書『ノストラダムス』が飛ぶように売れているという。サンデー・タイムズ紙によると、9月17日に終わる週に8000部近くが売れ、ベストセラーリストのトップに躍り出たそう。
https://mnsatlas.com/?p=81283
★2012年から毎年人類滅亡デマが続きましたが、何年とも見当がつかない大地震や要人の死を毎年予告して、的中すると世界的な大予言者になるご時世です。
この本は17年前から、年号を限定して的中させた世紀の解説本になりそうです。
現状を把握して予言するようでは、単なる憶測であり的中とは言えませんが、直近の巨大地震なら最低年月日を限定しなければ反則と言えるでしょう。
Unknown (アズべ将門)
2022-10-06 08:07:10
寧ろ遅すぎる回復力!
僕が死を宣告されて延命させた人は皆、1か月で普通の生活が出来るように回復しましたが、
中でも、交通事故で内臓破裂で助からないと宣告されたブラジル人を救ったが、奇跡的な手術の成功と内臓の回復で、1か月後には働けるように回復しましたが、残念ながら、僕に悪口を言った(助けられたことは本人は知らなかった)ので、別の前10宇宙創造主又は現世第六宇宙創造主サタンの天罰が下り、半年後同じブラジル人から全身を切りき刻まれて殺されました。。。
山本氏も、糖尿病や腎臓病に気を使った食生活をしていれば、9月中には自転車に乗るどころか泳ぐこともできる状態に戻っていたはずです。。。
Unknown (ほき)
2022-10-06 14:34:02
2番目のまさはほきのパチもん。
岡山在住の糞変態のすけこまし。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。