トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ヤマブキの実

2017-10-21 | 樹木 草花


庭木や公園樹に多く植えられているヤマブキ
個体によるのか花は咲くけど実の付かない株が多い
我が家のヤマブキも実を見た事がない

太田道灌の故事で有名な「ななへやえ・・・」の和歌に出てくるヤマブキはヤエヤマブキで 古くから植えられているヤマブキの八重咲きの園芸品種 雄しべが花弁に変化して雌しべも退化しているので実を付けない

ヤマブキはバラ科ヤマブキ属の落葉低木でヤマブキ属はヤマブキ1種からなる
花は4~5月 新しく出た短い側枝の先に鮮黄色の花を1個づつ付ける

果実はそう果 4mm程の広楕円形 9月に暗褐色に熟す
暗褐色の果皮を剥がすと半円形の淡褐色の種子が出てくる
実の数は1~5個集まって付くと言うが 公園で見た株は3~7個も実を付けたものがあった
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コシロシタバ | トップ | アマドコロの実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事