山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

立山(山崎カール・内蔵助カール・富士ノ折立南東シュート)<5/26>

2013-05-31 | 2012-13山スキー

5/26 雷鳥沢ヒュッテ(7:35)→大走り2480m(8:25/8:35)→2800m(9:25/9:30)→真砂岳2860m(9:45/10:15)~内蔵助カール滑降2680mまで→稜線(11:05)→富士ノ折立コル(11:40/12:30)~御前谷2410m(12:50/13:05)~鉄塔上尾根2140m(13:20/13:40)~黒部平駅(14:00)=扇沢
<天候:晴れ>

今朝も快晴の室堂。

Imgp2617_2


朝食も暖かい卵焼きにウィンナー付き。
朝食時間が7時(実際には6時45分)と遅めなのを除けば、朝風呂を浴びて至れり尽せりの山小屋◎。

Imgp2619_2


冬は里に下ろすブル。4月には半分雪で埋まった巨大な小屋を掘り出す働き者。

Imgp2620_2_3


テン場と雷鳥沢。

Imgp2624_2_2


穏やかな立山。アルペンルートの職員も言っていたが、立山は5月15日を過ぎて、やっと春山の柔らかい空気に変わる。

Imgp2625_2_2


奥大日岳をバックに。

Imgp2626_2_2


大走りからの真砂岳。

Imgp2630_2_2


気温が高く、クトーなしで登行。

Imgp2634_2_2


立山三山と山崎カール。

Imgp2631_2_2


最後は雪が消えた夏道を登る。

Imgp2638_2


ガレ場をつめて山頂へ。

Imgp2645_2


真砂岳山頂にて。

Imgp2649_2


山頂にいて雷鳥。今年の立山稜線では何度も出くわした。

Imgp2642_2


内蔵助カールと後立山連峰。

Imgp2651_2


いざ、内蔵助カールへ。

Imgp2655_2







YouTube: 20130526内蔵助カール滑降

素晴らしい大斜面。

Imgp2660_2


刻んだシュプール。

Imgp2669_2


富士ノ折立をバックに。

Imgp2665_2


稜線へ登り返す。

Imgp2672_2


稜線からの富士ノ折立。

Imgp2676_2


ガイドツアーが登ってきた。カールへ滑り込むのだろう。

Imgp2679_2


富士ノ折立コルへ到着。昨年に続いて、南東シュートから御前谷へ滑り込もう。

Imgp2683_2


こちらは4名いるので、神戸のスキーヤーに先を譲る。

Imgp2684_2


吸い込まれるように南東シュートへ。

Imgp2688_2


では、我々も。行きますよ~。

Imgp2690_2


この瞬間がいい。

Imgp2692_2


素晴らしいシュート。

Imgp2693_2


岩峰と雪庇の間を滑る。

Imgp2694_2


まるでスイスアルプスのよう。

Imgp2701_2





Imgp2698_2_3


YouTube: 20130526富士ノ折立南東シュート滑降

まだ御前谷ははるか下。

Imgp2702_2


急峻な斜面は至る所にスラフ道の凸凹だらけ。

Imgp2703_2


でも、この景観のなかスキーができるだけで最高。

Imgp2713_2


最後は扇状斜面。

Imgp2715_2


南東シュート全景。

Imgp2721_2


みんな充実感が。

Imgp2726_2


岩盤を磨く雪。

Imgp2722_2






YouTube: 20130526御前谷滑降

御前谷はクルージング。

Imgp2727_2


鉄塔尾根へのトラバース。このあたりの残雪も多い。

Imgp2736_2


尾根までステップを切って。

Imgp2737_2


鉄塔とたんぼ平。

Imgp2739_2


今年は縦溝もなく、たんぼ平もまっさらな極上バーンでした。

Imgp2751_2


ロープウェー下を滑る。

Imgp2754_2


黒部平駅からの立山東面。

Imgp2756_2


立山稜線と南東シュートが輝いていた。

Imgp2758_2


全員で記念写真。

Imgp2762_2


ダムからの立山三山。ここからもシュートがよく見える。

Imgp2763_2


里に降りたら、いつも立ち寄る昭和軒へ。

Imgp2769_2


★★★★★のソースカツ重。

Imgp2771_2


最高の天気に恵まれて、滑って、飲んで、入って、またまた楽しい2DAYSでした。

201305bmp_2

コメント

立山(山崎カール・内蔵助カール・富士ノ折立南東シュート)<5/25>

2013-05-29 | 2012-13山スキー

山域山名:立山・浄土山、雄山、真砂岳、富士ノ折立(長野県、富山県)
期  日:2013年5月25日(土)~26日(日)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい、はなもりん、らがー
行動記録:
5/25 江南(4:00)=扇沢(7:10/7:30)=室堂2420m(8:55/9:40)→2750m(10:35/10:50)→浄土山南峰2840m(11:10/11:30)~御山谷2600m(11:45/11:50)→一ノ越2700m(12:00/12:25)→雄山3003m(13:15/14:10)~山崎カール~雷鳥平2270m(14:45)→雷鳥沢ヒュッテ(15:00)
<天候:快晴>

昨年に続いて5月最終週は立山へ。
今年は残雪も多く、しかも2日とも最高の天気に恵まれて、山頂からのカール滑降と温泉を楽しんできました。


黒部湖と赤牛岳。

Imgp2449_2


立山稜線がまぶしい。

Imgp2454_2


ダム下は新緑のさかり。

Imgp2455_2


快晴無風の室堂。暑さも半端でなかった。

Imgp2462_2


浄土山のトラバース。

Imgp2467_2


一ノ越に登る登山者の列。我々はトレースを外れて、浄土山カールを登る。

Imgp2469_2


富山大の研究所がある浄土山南峰。

Imgp2482_2


野口五郎岳、水晶岳の奥に槍ヶ岳も見える。

Imgp2487_2


五色ヶ原の向こうに、薬師岳、黒部五郎岳、遠くに笠ヶ岳。

Imgp2488_2


いざ、滑降へ。

Imgp2491_2


1本目は眼下の御山谷へ向かって~Go!

Imgp2492_2








YouTube: 20130525浄土山滑降


雄山を正面に広いバーンを滑る。

Imgp2505_2


いや~よかったね~

Imgp2510_2


龍王岳をバックに。

Imgp2507_2


御山谷に滑り込む。

Imgp2514_2


一ノ越まで登り返し。

Imgp2515_2


さっき登った浄土山南峰をバックに雄山を登る。

Imgp2519_2


雄山山頂まではガレ場を登る。普通の登山靴で登ったらあっという間なのに。

Imgp2521_2


龍王岳、鬼岳、獅子岳とカール群。

Imgp2522_2


御山谷も下の方まで雪がつながっている。

Imgp2526_2


雄山山頂。

Imgp2537_2


今年は除雪してあった社務所前の通路。

Imgp2538_2


御山谷と爺ヶ岳、鹿島槍、五竜岳。

Imgp2531_2


雄山山頂祠からの社務所。

Imgp2550_2


サル又のカールと黒部湖。

Imgp2559_2


大汝山稜線。東と西と斜面はまるで違う。

Imgp2553_2


真砂岳の奥に、剣岳。

Imgp2557_2


山崎カールに滑り出そうとするスキーヤー。

Imgp2546_2


雄山山頂の祠にて。

Imgp2562_2


夏道から山崎カールへの斜面を降りる。

Imgp2563_2


すぐ下には雷鳥のつがいが遊んでいた。

Imgp2564_2


山崎カールは上から見ても素晴らしい。

Imgp2566_2


山崎カールのシンボル、ニードルの脇を滑る。

Imgp2569_2






YouTube: 20130525山崎カール滑降


大斜面はどこを滑ってもOK。

Imgp2581_2


みんなにっこりです。

Imgp2589_2


風の凄さを物語る雪壁。こんなのが至る所にある。

Imgp2586_2


室堂山荘とターミナル。

Imgp2593_2


雷鳥平と奥大日岳。雪庇崩壊がすごい。

Imgp2597_2


称名川へ滑り込む。

Imgp2595_2


山崎カールを振り返る。何度見てもこのスケールに圧倒される。

Imgp2600_2


称名川沿いにつけられた春限定のブル道と、奥には浄土山。

Imgp2599_2


今年も雷鳥沢ヒュッテへ。

Imgp2602_2


まずは乾杯~

Imgp2603_2


次はお楽しみの露天風呂へ。3日前に地獄谷から引いたばかりだった。

Imgp2609_2_3


露天風呂は、直前に入った人が水でうめすぎたようで、超ぬるめでした。
内湯は超熱めで大変でした。ほっかほっかになって~

Imgp2606_2


再び生ビールで乾杯~!

Imgp2610_2


酔っぱらって夕食へ。食堂には、今年は我々4名のほかに3名の泊まり客がいました。

Imgp2612_2


夕食は弁当形式で、十分な量です。

Imgp2611_2


今日も最高でした。

Imgp2613_2




201305bmp_2


コメント (1)

中央アルプス三沢岳カール&宝剣岳三ノ沢

2013-05-20 | 2012-13山スキー

山域山名:中央アルプス・三沢岳、宝剣岳(長野県)
期  日:2013年5月17日(金)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい
行動記録:北本(3:45)=菅の台P(6:30/7:15)=しらび平(7:45/8:00=千畳敷2640m(8:07/8:50)→極楽平2830m(9:15)→三沢岳宝剣岳分岐(9:30/9:50)→伊奈川源頭2550m(10:00/10:10)→三ノ沢岳2846m(11:20/12:00)~三ノ沢カール~伊奈川源頭2520m(12:15/12:25)→分岐(13:30/13:40)→宝剣岳2931m(14:05/14:15)→分岐(14:40/15:00)~宝剣岳三ノ沢滑降~千畳敷(15:05)
<天候:快晴>

快晴が約束された絶好の1日、白馬岳か富士山にしようか迷ったが、まだ山スキーで行ったことのなかった中央アルプスに向かった。

自宅から駒ヶ根まで2時間40分、圏央道の恩恵はすごい。(高速料金は6500円×0.5深夜割)
駒ヶ根インターを出て千畳敷を見上げる。まだ雪はたっぷりある。


Imgp2190_2


菅の台バス停から始発バスに乗ったのは、たったの10人だけ。うちスキーは5人とあまりの閑散に拍子抜け。

Imgp2191_2


千畳敷ロープウェーはとっても速い。

Imgp2196_2


中御所谷にある2250m滝は完全に割れていた。

Imgp2197_2


約7分で雪世界に運んでくれる。バスロープウェー代往復3800円を高いと思うか、安いと思うか。

Imgp2198_2


振り返ると南アルプス全山がズラリ。

Imgp2201_2


スニーカーから兼用靴に履き替えて千畳敷を出発。

Imgp2211_2


駒ヶ岳神社の脇から、まずは極楽平を目指す。

Imgp2204_2


アイゼンを履いての急斜面ハイクアップ。今日は楽勝だが、強風や視界がなかったら、そう簡単ではないだろう。

Imgp2214_2


極楽平に到着。稜線の雪はすっかり消えている。

Imgp2219_2


駒ヶ根盆地は田植えのシーズンで、里では水の季節になった。
仙丈から白嶺三山、塩見岳、奥には富士山。

Imgp2225_2


荒川三山、赤石岳、聖岳、さらに南には上河内岳と光岳。
南アルプスで一番雪が積もるのは荒川岳から聖岳あたりのようだ。降雪のほとんどが南岸低気圧によるものだからだろう。

Imgp2224_2


稜線は出来るだけ雪上を行く。

Imgp2229_2


中央アルプスの美しい縦走路。

Imgp2240_2


ピラミダルな三ノ沢岳。あの斜面を滑れると思うとわくわくする。

Imgp2237_2


西には、霊峰・御嶽山。

Imgp2230_2


まずは1本目。稜線から伊奈川源頭斜面を滑る。

Imgp2249_2


正面には三ノ沢岳の素晴らしいロケーション。

Imgp2247_2


伊奈川源頭はなるほど「西千畳敷」と呼ばれているらしい。

Imgp2254_2


2620m小尾根にて。

Imgp2256_2


小尾根を越えて2570mまで滑る。

Imgp2258_2


檜尾岳から熊沢岳に続く美しい稜線。

Imgp2259_2


沢底からスキーを担いで登行開始。
美しい三ノ沢カール。

Imgp2262_2


西千畳敷をバックに三ノ沢カールを登る。

Imgp2266_2


カールから稜線に上がり一歩一歩登る。

Imgp2270_2


乗鞍岳も雪が多い。

Imgp2276_2


三ノ沢岳山頂と飛行機雲。
羽田から関西に向かう航路になっているようだ。

Imgp2281_2


ニセピークから細い稜線を登る。

Imgp2293_2


山頂はドーム状だ。

Imgp2294_2


三ノ沢岳山頂から伊奈川へ落ちる東斜面は特大バーン。
これを見てしまったら、次回はこれを狙わずにはいられない。

Imgp2300_2


三ノ沢岳山頂にて。

Imgp2304_2


三角点はドームより少し降りたところにあった。

Imgp2306_2


主稜線から外れた三ノ沢岳はまさしく中央アルプスの大展望台。
木曽前岳、木曽駒ヶ岳、中岳、宝剣岳。西面の落ちる沢は滑川源頭の谷。

Imgp2311_2


檜尾岳、熊沢岳、空木岳、南駒ヶ岳、越百山。夏に縦走したのでなつかしい。

Imgp2317_2


御岳山麓、木曽川流域もまばゆい新緑の季節。

Imgp2324_2


大桑村の中山道野尻宿あたりだろうか。

Imgp2321_2


槍穂高連峰と常念岳、大天井岳、一番奥は後立山連峰。こんな角度で見えるのか。

Imgp2303_2


無風の山頂でくつろぐ。春山はのんびりしてしまう。

Imgp2323_2


いざ、三ノ沢カールへ。

Imgp2332_2


最高です。

Imgp2339_2


2段目のモレーンを滑ってトラバース。

Imgp2344_2


2530mまで滑ってから、伊奈川源頭斜面の登り返し。

Imgp2347_2


登り返しはあの稜線まで。

Imgp2348_2


天を突くような三ノ沢岳をバックに。

Imgp2350_2


暑く辛い登り返しだが、雄大な光景が楽しませてくれた。

Imgp2351_2


稜線に登り上げると、目前には宝剣岳がとても近い。

Imgp2360_2


時間もあるので、分岐にザックをデポして宝剣岳を目指す。

Imgp2363_2



鎖場を何カ所も通過。兼用靴は自由が効かず、しんどい。

Imgp2364_2


宝剣岳山頂。

Imgp2368_2


反対側を見ると、宝剣山荘がすぐそこに見える。

Imgp2370_2


眼下には千畳敷カールと南アルプス。

Imgp2374_2


南へ続く稜線。雪上にデポしたザックがよく見える。

Imgp2375_2


さっきまでいた三ノ沢岳。格好いい山だ。

Imgp2377_2


デポ地まで戻って、いざ千畳敷へ~~。

Imgp2382_2


二ノ沢より、明るく開放的な三ノ沢を滑降することにした。

Imgp2384_2


出だしはMax40度+の急斜面。

Imgp2385_2


雪質は柔らかめのザラメ。

Imgp2389_2


落ちるようにショートターンで滑る。

Imgp2390_2


思わずバンザーイ!

Imgp2397_2


下部のインゼルは雪面がきれいなスキーヤーズレフトを滑る。

Imgp2399_2


千畳敷から三ノ沢を見上げる。

Imgp2401_2


千畳敷カールにはスキーヤーのためのロープトーが設置されている。
正面の大きな沢が二ノ沢、三ノ沢は右側の岩峰の向こう側。

Imgp2417_2


千畳敷ホテル。

Imgp2425_2


宝剣岳と乗越浄土。
ロープウェーの待ち時間の間、のんびりとこの景色を眺めた。

Imgp2427_2


16:00発のロープウェーで下山。

Imgp2431_2


菅の台に戻って、早太郎温泉こまくさの湯へ。
駒ヶ根に来たら、ソースカツ丼を食べずに帰れない。
地元のおばちゃんにお勧めの店を聞いたら、絶対に「きらく」と「ガロ」の2軒だよと。
それではと、こまくさの湯から歩いていける「ガロ」へ向かう。

Imgp2439_2


ヒレカツ4枚がそそり立つ形は、まるで宝剣岳。
味もよくこのボリュームで1260円は安い。
週末には行列が出来るらしいが、金曜日の夕方は空いていた。

Imgp2443_2


満腹になって、夕暮れの宝剣岳を見上げる。
最高の天気のなか、楽しい一日だった。

Imgp2448_2




201305bmp

コメント

裏燧

2013-05-14 | 2012-13山スキー

山域山名:尾瀬・燧ヶ岳(福島県)
期  日:2013年5月10日(金)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい
行動記録:北本(4:15)=御池1500m(8:05/8:40)→林道→東田代1800m(9:55/10:10)→2150m(11:15/11:25)→燧ヶ岳2346m(12:00/12:50)~熊沢田代1986m(13:00/13:10)~広沢田代1750m(13:35/13:40)~御池1500m(13:50)
<天候:晴れ>
山スキーの帰りに美味しい蕎麦が食べたくなったので、残雪期定番ルートの尾瀬裏燧に行ってきました。

御池駐車場。3年前にはあった駐車料金千円を徴収する精算機がなくなっていた。

Imgp2105_2


沼山峠のバスは5月中旬から運行とあった。

Imgp2104_2


夏道のある熊沢田代には行かず、いつも滑降ルートに取る東田代を経由して登ることにしたので、林道歩きからスタート。

Imgp2108_2


林道から樹林帯に入る。

Imgp2109_2


樹林帯に大きなデブリがあった。GW前半の大雪のものだろう。

Imgp2110_2


東田代手前の急登で、あまりの暑さで消耗。

Imgp2111_2


東田代は裏燧の好展望地。

Imgp2117_2


風もなく猛烈な暑さとGW靴擦れ再発で、まったくペースが上がらない。

Imgp2123_2


ダケカンバ帯に入ると翼を広げたような会津駒が見える。

Imgp2128_2


今年は残雪が多く、山頂まで雪が繋がっていてスキーで登れた。

Imgp2129_2


今日も山頂で景色を楽しむ。

Imgp2149_2


尾瀬沼もまだ氷に覆われたまま。

Imgp2153_2


柴安嵓の奥に尾瀬沼と至仏山。

Imgp2151_2


平ヶ岳の奥に中ノ岳と越後駒。まだ雪がたっぷりある。

Imgp2152_2


山頂からの滑り出しから湿気たっぷりの重雪↓。登り返すどころか、トラバースも滑らず苦行になるので、最短ルートで下山することに決める。

Imgp2156_2


笑ってはいるが、滑りを楽しめる条件ではなかった。

Imgp2159_2


何とかスキーの形にして滑る。

Imgp2163_2


熊沢田代からの裏燧。

Imgp2170_2


広沢田代と会津駒。

Imgp2172_2


御池の樹林帯も1m以上の残雪とまだまだ豊富。

Imgp2174_2


御池の気温はなんと23℃!もあった。暑かった訳だ。


七入から燧ヶ岳を見上げる。

Imgp2180_2


山スキーは楽しめなかったが、温泉はいつでもまったり~。

Imgp2181_2


檜枝岐はまだ桜の季節。

Imgp2183_2


いつも立ち寄るやまびこ山荘は閉まっていたので、まる家へ。

Imgp2185_2


美味しい裁ち蕎麦を食べられたので、今日はこれで満足。

Imgp2186_2


今年は5月末まで裏燧は楽しめそうだ。


201305bmp_2

コメント (2)

北アルプス朝日岳正面ルンゼ&金山沢(5/5)

2013-05-11 | 2012-13山スキー

5/5  蓮華温泉1470m(7:00)→振子沢1700m(8:10/8:20)→天狗原2180m(9:50/10:10)→乗鞍岳2450m(11:00/11:30)→船越ノ頭2612m(12:15/12:40)~金山沢2300m(12:55/13:10)~大雪渓出合1380m(13:55)~猿倉1230m(14:20)=栂池スキー場
<天候:快晴>

最終日は、雲ひとつないド快晴。

Imgp1955_2


雪倉、朝日を目指すパーティは足早に出発していったが、
一日中晴天が約束され、金山沢を滑降するだけなので、朝食後ものんびりと準備。
登路は、硬い急斜面が続く天狗の庭尾根を回避して、シールですべて登れる振り子沢を詰めることにする。

Imgp1957_2


朝日岳正面ルンゼもくっきりと。今日滑りたかったな~と思ったが、天気ばかりはどうにもならない。

Imgp1958_2


朝、何度もヘリが雪倉岳東面を旋回していたが、事故でもあったのだろうか。

Imgp1960_2


小屋前で、赤男、五輪を従えた朝日岳をバックに。

Imgp1963_2


今日の雪倉は行列が出来ているだろう。

Imgp1964_2


振子沢の入口。

Imgp1965_2


振子沢も朝の冷え込みでガチガチだった。

Imgp1966_2


日なたは暑くて堪らないので日陰で休憩する。

Imgp1974_2


トレースを外れ、雰囲気がよかった1700mラインの湿原地帯を登る。

Imgp1976_2


強い日差しを浴びて、無風の沢はサウナ状態。

Imgp1977_2


乗鞍岳北東面も魅力的な斜面だ。

Imgp1978_2


今日も天狗原から乗鞍岳に登る列が出来ていた。

Imgp1981_2


乗鞍岳山頂と白馬三山。いい画になっている。

Imgp1982_2


船越ノ頭へ続くライン。

Imgp1986_2


急登を登りきれば、

Imgp1987_2


船越ノ頭に到着。

Imgp2003_2


雪倉岳と朝日岳。

Imgp2001_2


白高地沢と朝日岳山頂への登路がよく見える。

Imgp1988_2


雪庇の切れ間から金山沢へ。

Imgp2006_2


雪質は重めで下地と結合が弱く微妙でしたが、そんなの関係なく気持ちいい。

Imgp2014_2


どこまでも続く白い雪原に向かって。

Imgp2016_2


何度滑ってもこのスケールは素晴らしい。

Imgp2019_2


今日はなぜか金山沢はガラガラで大斜面を4人占め。

Imgp2024_2


2301mピークでひと息入れる。

Imgp2033_2


白馬鑓をバックに。

Imgp2035_2


春らしい景色。

Imgp2029_2


ひと際高い白馬鑓と杓子岳。

Imgp2032_2


まだまだ猿倉まで標高差1000mもある。

Imgp2036_2


素晴らしい斜面が続く。

Imgp2038_2


とにかく広い。

Imgp2044_2


今年はデブリが出ていなかった。

Imgp2050_2


特大斜面をかっ飛びました。

Imgp2055_2


途中で一緒になった兵庫のカジさんと。
兵庫から一人で金山沢を滑りの来たというから、ガッツな女性です。

Imgp2059_2


最後はデブリが出ていた。

Imgp2060_2


左岸側を横滑りで通過。

Imgp2065_2


みんなご機嫌です。

Imgp2066_2


最高の滑りを堪能して。

Imgp2071_2


杓子岳にもたくさんのシュプール。

Imgp2068_2


大雪渓合流点から金山沢を見上げる。

Imgp2072_2


白馬岳と大雪渓の巨大なデブリ。

Imgp2073_2


長走沢も流れはまったく出ていなかった。

Imgp2079_2


いつも振り返る林道の撮影ポイントから。

Imgp2081_2


猿倉山荘が見えた。

Imgp2082_2


最後までスキーで滑降。

Imgp2083_2


猿倉山荘から栂池までタクシー代はちょうど5000円。
栂池ゴンドラで下るより安く上がりました。

Imgp2084_2


当初計画した旭岳北面と鉱山道はトレースできなかったが、朝日岳正面ルンゼと金山沢の滑降は最高に楽しめたので、よしとしよう。


20130505bmp_2

コメント (2)