山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

長崎

2013-03-30 | 旅行

3/22~24で長崎に家族旅行してきました。

夕方4時30分過ぎに羽田を離陸。ちょうど同じ瞬間に飛び立った飛行機が。

Imgp0694_2


南アルプス白嶺三山の上を通過中。今年は雪解けが早そうだ。

Imgp0707_2


長崎出島ワーフ。

Imgp0732_2


西洋亭のヒレかつトルコライス。やっぱり本場もんは旨かった。

Imgp0727_2


長崎の夜景。函館、神戸とともに、日本三大夜景に選ばれたらしい。
夜景には、海や湾があると一層引き立つ。

Imgp0757_2


眼鏡橋。文字通り、めがねに見える。

Imgp0775_2


ハート型の石垣。近所のおばちゃんに教えてもらいました。

Imgp0799_2


平和公園に建てられている平和記念像。
垂直に高く掲げた右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を、横にした足は原爆投下直後の長崎市の静けさを、立てた足は救った命 を表し、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っている。
顔は日本人に似ているが、髪型は外国人に似ていて、人種を超越した人を表している。
公園内で、実際に三菱の軍事工場で被爆した84歳の方からお話を聞かせていただきました。

Imgp0812_2


桜はちょうど満開。

Imgp0846_2


グラバー園。

Imgp0900_2


こんな眺めを見ながら生活できたら、なんて贅沢なのだろう。

Imgp0877_2


ここにも「ハート」が。

Imgp0912_2


諫早から遊びに来ていた女子大生さんと。
ドレスの衣装は貸し出していました。

Imgp0894_2


これが四海楼の建物、というよりまるで、ちゃんぽん御殿。すごい。

Imgp0921_2


四海楼の長崎ちゃんぽん。発祥のちゃんぽんは独特のだしが旨い。
北本にもあるリンガーハットとは全然味が違った。

Imgp0926_2


長崎路面電車。

Imgp0851_2


全国路面電車車両の見本市のよう。

Imgp0855_2


路面電車の走る街は風情があってとてもいい。
札幌、函館、富山、高岡、福井、京都、岡山、広島、松山、熊本、鹿児島を旅したが、
どこも車社会と融合している。

Imgp0866_2


長崎電気軌道は、4系統で運転。これが結構、複雑でしたが乗りつくしました。

Imgp0930_2




Imgp0934_2




Imgp0942_2




Imgp0943_2


長崎市街の道路は、五叉路、六叉路は当たり前。
それに路面電車の専用レーンがあって、路面電車のない埼玉県人にはどこを走っていいのやら???。

Imgp0945_2


意外?と質素な長崎駅。

Imgp0946_2


終着駅のレール止め。

Imgp0958_2




Imgp0954_2


まだ走ってました。国鉄色の気動車。

Imgp0984_2


雲仙普賢岳の平成新山。

Imgp1027_2


自然のエネルギーはすさまじい。

Imgp1035_2


大火砕流の航空写真。

Imgp1038_2


火砕流が流れた水無川。

Imgp1045_2


桜満開の島原城。

Imgp1070_2


島原の郷土料理、具雑煮。

Imgp1057_2


学校のような南島原駅。

Imgp1091_2


島原鉄道で旅を締めくくる。

Imgp1086_2




Imgp1121_2

コメント (1)

浅間山

2013-03-22 | 2012-13山スキー

山域山名:浅間山(長野県)
期  日:2013年3月20日(水)
参 加 者:みやぶー(単独)
行動記録:峰ノ茶屋1405m(9:40)→小浅間分岐1570m(10:10)→1900m(10:55/11:05)→外輪山スキーデポ(12:20)→浅間山山頂2568m(12:35/12:40)→外輪山2420m(12:50/13:15)~東面1620m(13:40/13:55)→小浅間分岐(14:35)→峰ノ茶屋(14:55)

<天候:曇り>
 前日は飲み会で早起きは無理、天気も微妙な雨予報…、というわけで、アプローチが短く、日曜日に平標山から雪が付いているのを確認していた浅間山へ向かった。

3月に入ってからの異常高温で急激に雪解けが進んで、峰ノ茶屋にも雪はほとんどなかった。
登山道の雪も途切れ途切れ、スキーを履いたり脱いだりを繰り返す。

Imgp0571_2


小浅間分岐。

Imgp0574_2


わずかに残った雪を拾ってシールで登る。

Imgp0576_2




Imgp0577_2


関東平野は東向きの風が入ると暗い曇天になるが、このような時は高原状の信州側は意外と天気がいい。

Imgp0579_2


沢状地形は吹き溜まりで雪が残っている。

Imgp0580_2


雪渓末端は樹林帯までつながっていた。

Imgp0583_2


尾根上の雪消えは早い。

Imgp0586_2


1900mでスキーは担ぎに。

Imgp0589_2


浅間山は、遠くからも見ても、登っても美しい。

Imgp0591_2


2400m付近のトラバース。

Imgp0598_2



眼下には浅間白根火山ルートと北軽井沢のゴルフ場、その奥に浅間隠山と鼻曲山。

Imgp0597_2


外輪山まで登れば、浅間山頂まではあと少し。

Imgp0599_2


巨大な浅間山火口。活火山は地球のエネルギーを感じる。

Imgp0602_2


火口壁の高さは200m。

Imgp0605_2


今日は穏やかだった噴煙。

Imgp0620_2


火口縁はもの凄い強風で、立っているのがやっとだった。

Imgp0618_2


足早にザックとスキーをデポした外輪山へ下りる。

Imgp0621_2


浅間山は石が多いので、今日は古板のヘッドモンスター。

Imgp0625_2


さぁ、どのラインを滑ろうか。

Imgp0630_2


こんなラインを引きました。最高でした。

Imgp0643_2


写真だとよく分からないと思いますが、すごいスケールなんです。

Imgp0662_2


浅間山東斜面の全景。

Imgp0664_2


登山道に戻るのに、こんなひどい藪と潜り雪で大汗をかいてしまった。
(途中であきらめてシールを付けて下山…)

Imgp0671_2


国道からも自分のシュプールが見えた。

Imgp0675_2


今日も楽しい山スキーでした。


201303bmp


コメント (2)

平標山(西ゼン)

2013-03-18 | 2012-13山スキー

山域山名:平標山(新潟県)
期  日:2013年3月17日(日)
参 加 者:みやぶー、ドクターQ、Kino
行動記録:火打峠970m(7:10)→ヤカイ沢1300m(8:02/8:10)→稜線(9:20/9:25)→平標山1983m(9:38/10:05)~西ゼン滑降~東ゼン出合(10:54/11:05)~仙ノ倉谷群大ヒュッテ(11:40)→毛渡橋550m(12:18)

<天候:快晴>
車1台を毛渡橋付近の路肩に置いて火打峠へ向かう。国道の雪壁も最近の暖かさで1m以上は低くなっていた。駐車場は完璧に除雪済みで、すでに10台ほどの車が駐車していた。

準備をして出発。別荘地道路の雪壁はいつもの半分くらいだろうか、小出から入広瀬にかけては例年以上の大雪だが、同じ越後でもずいぶんと積もり方が違う。

Imgp0367_2


林道からヤカイ沢へ向かう。もうすでに巨大なデブリが出ていた。

Imgp0370_2


尾根取り付きからクトーを装着、昨夜の新雪が斑状にうっすら積もっているが、気分がいいほど硬いバーンにクトーの歯が効いて快調に登る。

Imgp0375_2


尾根上に出ると視界がいい。手前に筍山、奥に佐武流山と白砂山。

Imgp0379_2


苗場山はどこから見ても目立つ。

Imgp0384_2


秩父連山の奥には富士山まで見えた。

Imgp0381_2


稜線下は雪付きが悪い。

Imgp0388_2


融雪が進んで、稜線下には大きなクラックが形成されていた。

Imgp0389_2


稜線からの大源太山。平標山頂まではあとわずか。

Imgp0395_2


快晴の平標山頂だが、着いた途端に風が強くて寒い。さっきまでのポカポカが嘘のようだ。

Imgp0397_2



西ゼン源頭と、遠く巻機山と越後三山。

Imgp0404_2_2


谷川岳、一ノ倉岳、茂倉岳、朝日岳と、奥に尾瀬燧と至仏山。

Imgp0408_2


苗場山の左手には、北アルプス白馬三山。

Imgp0412_2


360度の上越国境のパノラマを写真に納め、間食をかじりながら滑降体制に入る。

Imgp0413_2


いざ、西ゼンへ。

Imgp0414_2


山頂直下は硬いシュカブラ混じりのハードバーンで転倒しないように慎重に滑る。

Imgp0415_2



Imgp0417_2


稜線から一段下がったら、新雪斜面となった。

Imgp0419_2


バックは平標山頂。

Imgp0428_2


パック気味だが特大斜面にシュプールを刻む。

Imgp0433_2




Imgp0441_2


大雪原から西ゼンに引き込まれるように源頭のU字状斜面へ滑り込む。

Imgp0448_2




Imgp0450_2


沢の中も雪煙が舞う。

Imgp0463_2


斜度はだんだんきつくなって、急に視界が開けて、西ゼン第二スラブ上へ出た。

Imgp0472_2


滝の落ち口は小さいながら口を開けていた。スキーヤーズレフトの急斜面を慎重に滑る。

見上げると逆光に雪煙が舞って、素晴らしい景観だ。

Imgp0492_2




Imgp0488_2


青い空と飛行機雲。

Imgp0489_2


第二スラブ全景。

Imgp0492_2


眼下の第一スラブは完全に雪に埋もれている。

Imgp0491_2


沢が右に曲がる付近はデブリ地帯。

Imgp0498_2




Imgp0499_2


そこを通過すると大根下シ沢出合いまで快適な斜面が続いた。

Imgp0502_2





Imgp0509_2


東ゼン左岸の壁。

Imgp0513_2


大きく屈曲する西ゼン。

Imgp0514_2



イイ沢。

Imgp0510_2





Imgp0515_2


広い大根下シ沢。

Imgp0522_2


ここから下部は気温も上がってストップスノーとなった。

平標沢出合までは緩斜面をのんびり滑る。

Imgp0518_2


先々週に登った日白山。

Imgp0526_2


平標沢出合。

Imgp0528_2


仙ノ倉谷。

Imgp0535_2


仙ノ倉谷は右岸を進み、途中でスノーブリッジを渡った。

Imgp0537_2


群大ヒュッテはハイジの世界。

Imgp0542_2


林道は昨日のトレースとスノーモービル跡があったので、登り以外は何とかスキーは滑った。

Imgp0561_2


仙ノ倉山北尾根は美しいスカイライン。

Imgp0552_2


滑ってきた西ゼンは壁に見える。

Imgp0554_2


毛渡橋に着くまでにはたっぷり汗をかいたが、まだ除雪が入っていないので楽だった。

Imgp0562_2


火打峠から毛渡橋まで約5時間、最高に楽しい西ゼン滑降でした。

↓↓↓西ゼン滑降の動画↓↓↓

</object>

YouTube: 2013.3.17平標山西ゼン


201303_3

コメント

旅立ちの日

2013-03-15 | 日記

今日は中学生の息子の卒業式でした。

式辞でも、校長先生や来賓の方々から、希望、夢、感謝、という言葉が出ましたが、
親としては、これまで息子の成長に関わってくれたすべての人へ、感謝の念でいっぱいです。


Imgp0335_2


卒業生が式歌で唄った、「桜散る頃~僕たちのLast song~」。
歌を聞きながら、じ~んときました。


‘桜散る頃~僕たちのLast song~’
作詞は、調布市立神代中学校平成13年度卒業生。

風に乗り高く 舞い上がる鳥が
飛び去ってゆく 光の中へ
見上げたあの空に 希望をたくして
自由をつかもうと 必死に走った

おさなかった僕も大人になる
本当の優しさを知ったから

未来の僕達へ 願う想いは同じ
光る夢と明日へ歩いてく どこまでも


涙色の空 春の雪が降る
さくらの花びらに くり返す季節
幾度巡りくる 出会いと別れが
素直な気持ちを教えてくれた

気づかないほどいつもそばにいた
あの頃は君とよりそって

未来の僕達へ 贈る言葉はひとつ
君に会えてよかった この想い いつまでも

未来の僕達は まっすぐに前向いて
光る夢と明日へ 歩いてる どこまでも
歩いてる どこまでも


YouTube: 桜散る頃~僕たちのLast song~


その後に在校生と全員で、「旅立ちの日に」と校歌を合唱。

子供の節目の行事に立ち会うことができて、感無量です。


野球部の仲間と記念写真。いっしょに汗まみれになった仲間は一生ものである。

Imgp0358_2



縁あって、息子は自分の母校の熊高に進学することになりました。

コメント (4)

車山スキー場

2013-03-09 | 日記

今日は家族スキーで、車山スキー場に行ってきました。
3月だというのに、2000m近いこの雪山で気温はプラス12℃!!
熊谷と前橋では25℃を越えて、前橋では観測史上で一番早い「夏日」だったそうで、
つい2週間前までの寒波襲来が嘘のように、先週から南から暖気の支配下に入ってしまいました。

車山スキー場には10年ぶりくらいですが、その時は12月のシーズンイン直後だったので、
こんなにたっぷり雪があるのは初めて。

Imgp0263


今日は暖かくて軟雪でしたが、いつもは強風ばかりでカリカリの硬いバーンのはず。
そこに広~い急斜面バーンが3本もあって、基礎やポール系のハイレベルなスキーヤーが多かった。
ゲレンデスキーヤーはやっぱり上手い。

Imgp0283


無風の好天気できっと眺めがいいだろうと、わざわざ来たので、
リフトTOPからほんの少し歩いて車山山頂へ。

Imgp0209


山頂には巨大な気象レーダーがありました。

Imgp0210_2


車山から一番目立つのはやっぱり蓼科山。
山頂は白いが、巨岩がゴロゴロあるので滑れないだろう。

Imgp0201


今春初の黄砂で富士山はぼんやりでしたが、南、中央、北アルプスはしっかり見えました。

Imgp0212


下は車山湿原、平らな美ヶ原の奥には立山から鹿島槍が見えた。

Imgp0208

コメント