山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

鳥海山・鳥越川to千蛇谷(新山北壁&鳥越川を滑る)

2018-08-28 | 2017-18山スキー
山域山名:鳥海山・鳥越川千蛇谷、新山
期  日:2018年4月22日(日)
参 加 者:みやぶー、らがー
行動記録:中島台470m(5:35)→獅子ヶ鼻→鳥越川右岸台地1090m(8:10/8:15)→千蛇谷1840m(10:25/10:35)→新山2229m(11:40/12:30)~北壁滑降~鳥越川右岸台地(13:20/13:35)~獅子ヶ鼻~吊橋(14:05/14:15)→中島台(14:25)
<天候:快晴>

昨日の心地よい疲労を感じながら、今日は東北屈指、本邦でも有数の名ルートといってもいいだろう、鳥越川から千蛇谷を詰めて新山までの北面ロングルートを目指す。

自分にとっては鳥越川千蛇谷は3度目。2015年4月は同じ中島台から、昨年3月には単独で横岡からトレースしていてルートはほぼ熟知しているので、あとは好天に当たることと(途中で荒れたら無事に帰れる保証もなくなる)、昨晩にエネルギーをたっぷりと蓄えた相棒のがんばり如何。

今日は中島台からなので、楽なもんよ~、とラガーにハッパをかけて出発(笑)







吊り橋の先で雪がつながったのでシール進み、あがりこ大王と再会。




今日もパワーを注入~(笑)




獅子ヶ鼻湿原からの新山。遙か彼方のこの姿を見ると、モチベーションはおのずと高まる。




今日は少し風が強いが、視界は良好。絶好の登頂日和だ。




こんな落とし穴に落ちたら、雪の下を流れている沢にもっていかれて出てこれないだろう。




鳥越川台地に上がる。




素晴らしい!!







登るの登るも、、




景色は変わらない。。これが鳥越川。




大斜面を登り切ると、いよいよ千蛇谷へ。










昨日登った文殊岳が右端に見える。




鳥海山神社を振り返る。




シールでブリッジに乗り上げ、新山の頂きへ。




鳥越川から3本目~。




大展望を満喫しました。




新山山頂からGo!




らがーの視線には、




新山北壁の超特大バーン。思わず、声を上げてしまった。




表面に軽く新雪がのった超極上斜面を雄叫び上げながら滑る。







これぞ、山スキー。




今日はどんピシャのTheDAYでした。




北壁をバックに、




鳥越川台地をクルージングするのも、このルートの醍醐味。




何度訪れても、いつも感動させてくれる。さすが名ルートですね。




ありがとう。







また来るよ。







コメント

鳥海山・万助道(南面ロングルートを滑る)

2018-08-22 | 2017-18山スキー
山域山名:鳥海山・文殊岳、笙ケ岳
期  日:2018年4月21日(土)
参 加 者:みやぶー、らがー
行動記録:林道430m(6:55)→一ノ滝460m(7:05)→万助小屋950m(8:50/9:10)→仙人平1400m(9:50/10:00)→文殊岳2005m(12:00/12:40)~蛇石流1530m(13:00/13:10)→鳥海湖(13:20)→笙ケ岳1635m(14:05/14:30)~檜ノ沢1280m(14:40/14:45)→万助道1280m(14:50)~万助小屋(14:55/15:10)~雪消え550m(15:50/16:05)→林道(16:20)
<天候:快晴>

鳥海山のベストシーズンは、残雪が適度なザラメ状になる3月末からアプローチとなる車道の除雪完了前の4月半ばまででしょう。
広大な斜面で人にほとんど会わず、おまけに山麓までばっちり滑れる。
翌週に道路開通を控えた静寂の鳥海山南北ロングルートを滑るべく、埼玉から500キロ遙々走って、いざ山形遊佐へ。





遊佐の桜はちょうど満開!




車は一ノ滝手前まで入れた。




夏は車道終点となる一ノ滝駐車場。




夏道もすぐに雪が出てきた。




ここでシール登高。




三ノ滝への分岐。雪解け水の爆音が凄い。




しばらく凹状の尾根を行く。




アガリコ大王に負けないくらいのブナの巨木。こんな奇木がたくさんあった。




パワー注入~(笑)




万助小屋。素晴らしい立地だ。







仙人平。あそこまで行くぞ。




トンビ?鳥海山はオオワシを始め、猛禽が多い。




見えてるから?いやいや斜面がとにかくデカいから稜線まで長かった。




文殊岳の頂き。




新山と千蛇谷を眺めて、明日へのモチベーションはさらにUP。ラガーは仰天~(笑)




1本目は眼下の斜面へ。




たまりません。




蛇石流をカッ飛ぶ!




さすがこの時期の鳥海山は何もかもが最上級ですね。




蛇石流から鳥海湖にハイクアップ。まだ完全に埋もれている。




長坂道まで登り上げる。




笙ヶ岳山頂へ。日本海はすぐそこだ。




本日2本目はこの斜面。




Go~!!










中間部にはクラックあり。




効率的に万助道へ合流するため、登りにチェックしておいた檜ノ沢下降点まで回り込む。




10m板を脱いだだけでドンピシャで万助道へ。バックが滑った笙ヶ岳南面。




春のロングツアーを満喫。




万助小屋には酒田の高校生が雪堀りしていました。毎年来ているようで、数m下の水場も分かるとのこと。流石!
今年は例年より雪が多いと言っていた。




小屋から下部もブナ林ツリーランで楽しませてくれる。お気に入りルートに入りました。




ちょっと滑りすぎて藪漕ぎはご愛嬌(汗)




今日のスキーはこれでおしまい。







お疲れさん。足慣らしのつもりが…




たっぷりロングツアーになってしまった(笑)




東北一の名峰でしょう。




今宵の宿はいつもの松本旅館さんへ。







プライベート夕陽台。




本日のご褒美と明日の鋭気をたっぷりと~。





コメント

安達太良山くろがね小屋

2018-08-19 | 2018山登り
山域山名:会津・安達太良山(福島県)
期  日:2018年8月18日(土)~19日(日)
参 加 者:みやぶー、さいとさん、おたかさん、むらせんせい、えっちゃん、みねちゃん
8/18 奥岳登山口(11:20)→くろがね小屋(13:45)
<天候:晴れ時々曇り>

今週末は一気に秋風に変わった安達太良山へ。
くろがね小屋で極上の濁り湯にまったりして来ました。


ヨツバヒヨドリにとまるアサギマダラ。




涼しい風が実に心地よかった。




久しぶりのくろがね小屋。いつ以来だろうか。







昔より少し大きなった内湯でまったり~




夕食は定番のカレー。




宿泊客は50名ほどとほぼ満員でした。




8/19 くろがね小屋(6:35)→峰の辻(7:30)→牛ノ背→安達太良山(8:40/9:25)→あだたら山ロープウェイ山頂駅(10:40)
<天候:晴れ時々曇り>





朝は冷えました。




朝食は以前より品数が多くなりました。温泉たまごが美味しかった~



















牛ノ背稜線は強風で寒いくらいでした。




大展望にみんな満足。




のんびりと山に湧く温泉とハイクを楽しみました。




コメント

本沢温泉

2018-08-17 | 2018山登り
山域山名:八ヶ岳・硫黄岳(長野県)
期  日:2018年8月14日(火)~15日(水)
参 加 者:みやぶー(単独)
行動記録:
8/14 本沢入口1600m(6:20)→ゲート1860m(6:55)→本沢温泉2100m(7:55/テント設営/9:10)→夏沢峠(9:50/10:00)→硫黄岳2760m(10:35/11:10)→夏沢峠(11:40/11:50)→本沢温泉(12:25)<テント泊>
<天候:晴れ後曇り、雷雨>

お盆休みに時間ができたので、またまた山奥に湧く秘湯に行って来ました。

稲子湯に向かう道から、横岳、硫黄岳、天狗岳。




お盆休み後半とあって、本沢入口駐車場は余裕で停められました。




本沢入口。




夏沢峠を越えて茅野上槻木まで(昔は諏訪側が表側だった)、稲子湯を発見した原田源吉氏が街道を整備したらしい。
確かに峠まで馬が歩ける幅といい具合のつづら折れで道がつけられている。ほぼ手作りで造った昔の人はホンとすごい。




四駆ならこの先のゲートまで10分で行ける林道が奥に続く。現代人は行けるところまで車で入ろうとする。。
すれ違い不可の道で右往左往するより、歩いても30分ちょっとなので自分は歩きました。




この日にはゲート前に車はなかった。




ゲートからちょうど1時間歩いて本沢温泉へ。




幕営受付&テント設営して頂きを目指す。何度も登ってるので半ば義務感か(笑)




八ヶ岳はまだボッカで荷揚げしてます。アルプスのような規模や利用客はないので高額なへりでは経費がペイできないんでしょう。




夏沢峠。




今週は大気不安定ですでに稜線はガスに覆われていた。




硫黄岳山頂。




火口壁を東に行くとここで行き止まり。




今には崩れそうな亀裂が多数!(実際にテン場に戻ったら、爆裂火口壁で崩落の爆音がしました)










穏やかな西斜面は好対照。オーレン小屋も見える。




夏沢峠で一瞬の晴れ間。




テン場に帰還、即ビール~。




では、メインミッションへ。










最高です。




最後の人は蓋を閉めます。







内湯もいただきます。




野天は硫黄泉、内湯は炭酸水泉。




内湯の泉質はホント素晴らしかった。




少し降りましたが、昨日のような激しい雷雨はなく、静かな夜でした。


8/15 本沢温泉(6:55)→ゲート(7:35)→本沢入口(7:55)
<天候:晴れ>


きれいな朝焼け。




日の出を見ながら一番風呂の贅沢の極み。




ありがとうございました。




源泉から来る暗渠のパイプの先は、あの白い硫黄?のあたりからだろうか。




テント撤収して下山。




気温18℃、涼しさのなか1時間の歩きで本沢入口に着きました。


高原野菜と浅間山。夏らしい景色です。





コメント

盛夏の白馬三山②

2018-08-09 | 2018山登り
8/5 白馬頂上山荘(6:45)→杓子岳(7:45/8:15)→白馬鑓ヶ岳(9:00/9:15)→大出原(9:50/10:00)→鑓温泉(11:10)<テント泊>
<天候:晴れ>

ヤマテン予報どおり稜線は夜半から強風とガス。今日ものんびり行程なのでまたまた最後尾で出発(笑)




晴れてきました~







天狗山荘は今年も休業のよう。この日も資材の荷揚へりが飛んでました。




The夏山。山は天気がすべてですね。気温13℃と絶好の稜線散歩日和。




杓子岳の山頂標の位置が変わってました。




白馬鑓。山頂から杓子沢へのフォールラインはまだ未滑降だ。




杓子のコル。山スキーヤーの心がときめく場所(笑)




白馬鑓山頂へ。




5月に滑った天狗山荘の斜面がよく見える。中間部には滝がかかっていました。




大出原は花満開!!










下りてきました~




極楽モード全開!鑓温泉は何回入っても天国。




今日もすすみました(笑)




テン場も特等席。




日曜泊のテントは20張りほど。露天に入り、足湯につかり、昼寝、読書、、と皆のんびりと思い思いの時を過ごしていました。





8/6 鑓温泉(5:25)→小日向ノコル(6:35/6:40)→猿倉(7:35)
<天候:晴れ>

高妻山肩から日が昇って夜が明ける。




鑓温泉から下山。また~。







鑓沢横断箇所には崩壊しかけた雪渓が残ってハシゴで上がる。




杓子沢。




水量少ないに一部水がかぶっている。大雨降ったらとても通過は無理でしょう。




雪が硬くて慎重に下りました。さらに雪渓が崩壊したらまたルートが変わるでしょう。




杓子沢がまぶしい。




白馬岳、夏。




無事に猿倉始発便に乗れました。二股まで670円也。




3000m納涼と雲上湯治、存分に満喫いたしました!!!


コメント