山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

巻機山

2017-12-17 | 2017-18山スキー
山域山名:越後・巻機山(新潟県)
期  日:2017年12月17日(日)
参 加 者:みやぶー、kino、くりペア、らがー
行動記録:清水集落下571m(8:30)→桜坂740m(9:20)→井戸の壁1170m(11:00/11:10)→森林限界1564m(12:30/12:50)~桜坂(14:10/14:20)~清水(14:35)
<天候:雪>

強い冬型で山麓も吹雪。







桜坂から夏道へ。




井戸の壁はまだ藪藪。




テン泊していた明治大学パーティとすれ違う。若さが羨ましい。




壁を突破してブナ林へ。




にっこり(^^)




今日は森林限界まで。気温マイナス11℃。







パウダー大会。
















最高!




壁からは藪スキー。




6時間でこんなに積もっていた。





コメント

平標山

2017-12-10 | 2017-18山スキー
山域山名:上越国境・平標山(新潟県)
期  日:2017年12月10日(日)
参 加 者:みやぶー(単独)
行動記録:火打峠980m(9:35)→夏道登山口1200m(10:40/10:45)→平標山の家1650m(11:55/12:20)→平標山1983m(13:05/13:25)~平標山の家(13:45/14:10)→夏道登山口(14:45/14:50)~火打峠(15:05)
<天候:晴れ>

今日は通い慣れたここへ。




雪少ない。。滑れるか?







シールで林道を上がる。先行者は坪足のみ…。当たり前か。




登山口。ここからシートラ。




やっぱり少ない。




平標山の家。ここからやっとシールで。










積雪は70センチほど。スノーシューでも踏み抜き多発。




何とかなりそう。




今冬は寒気は入っているが、水上や尾瀬エリアの内陸に雪雲が届きにくい気圧配置が多いからでしょう。




平標山山頂。ちゃんと立ちました。




今日は富士山がくっきり。




苗場スキー場はこの週末オープン。




本家苗場山。またあの壁を滑れるチャンスがあるか。




里が根雪で白くなるのはもう少し先か。




西ゼン源頭。




越後三山、巻機山。




朝日岳、谷川岳、平ヶ岳、尾瀬燧、至仏山。




仙ノ倉山。




国境稜線の名峰様、今年もお世話になります(笑)


では、いざ。










やっぱり、来て良かった!







最高!




これだけ滑れれば十分でしょう。




根性で山の家まで。







登山道は坪足で、林道はすべて直滑降でTheEND




今週の寒波に期待ですね。



コメント

月山姥ヶ岳

2017-12-04 | 2017-18山スキー
山域山名:月山・姥ヶ岳(山形県)
期  日:2017年12月3日(日)
参 加 者:みやぶー、らがー、くり♂(計3名)
行動記録:志津温泉730m(9:10)→姥沢1160m(10:40/10:55)→スキー場TOP1510m(11:40/11:55)→姥ヶ岳1669m(12:20/12:35)~姥沢(13:05/13:25)~志津温泉(13:55)
<天候:曇り後雪>

埼玉から志津まで400キロ。温泉からすぐの除雪地点に、ほとんど地元山形か宮城ナンバーの車15台ほどがすでに先行。




12月初旬とはいえ月山エリアの積雪はすでに豊富。すぐにスキーが履ける。




林道から電線下を登る。トレースはすでに舗装道路状態。




まだ視界も効いて景色がいい。




朝日連峰方面。




正面には湯殿山。




姥沢。




月山。




月山リフト山麓駅。




ここまでは天候も良かった。







だんだん凍てつく冬景色へ。




ほとんどの先行者は山頂まで行かずに滑り出していた。視界もどんどん悪くなってきて、風も相当強いか。




では行くぜよ。




猛烈な風と飛ばされた雪が容赦なく叩く。




姥ヶ岳山頂。




気温マイナス4℃。風はすごいが、寒冷前線通過前なので気温は高い。




完全ホワイトアウトで滑りにならん。




目の前のリフト山頂駅もこれしか見えない。完全に雪雲の中に入ってしまったようだ。




ゲレンデに行ってもいいことはなさそうなので上部はリフト沿いを滑降。




途中から樹林帯へGo~




重パウダーを滑る。




姥沢でランチ…




していたら、アッという間に猛烈な降りに。




電線下は重重ボコボコで意気消沈ターン。




志津は3℃、雨でした。




さすが豪雪の月山。この時期としたら十分でした。



コメント