山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

熊トレ総会&竜ヶ岳ハイク

2014-12-17 | 2014山登り
12/13
毎年12月は熊トレ総会で富士河口湖へ。




熊トレ総会も19回目を迎えました。旅館若富士は2010年から5年連続。温泉で料金も安く、会議室もあり総会にはうってつけ。



今年は遭対基金掛け金の不明金処理、新規入会のルール化、環境対応車の規約改正など、議題がたくさんあって、ほとんどしゃべりっぱなし。
会運営もいろいろ問題が出てきて、苦労が絶えないが、事故なく2014年も締めることができそうです。


定時を大幅にオーバーしたが、お楽しみの宴会に。




今日が誕生日の8木さんにケーキでお祝い♪♪
一般には普通の生活をするのもやっとの方も多い年齢だが、いまだに現役で山を登っています。




12/14
翌日は強い冬型で富士も強風のようだ。




翌日は総会記念ハイクで本栖湖畔の竜ヶ岳へ。
昨年も登ったが冨士の姿を見ることができなかったのでリベンジ。

山域山名:富士山麓・竜ヶ岳(山梨県)
期  日:2014年12月14日(日)
参 加 者:総勢19名
行動記録:本栖湖キャンプ場(9:40)→展望台(11:20/12:05)→竜ヶ岳1485m(12:55/13:25)→本栖湖キャンプ場(14:45)
<天候:快晴>


本栖湖キャンプ場の駐車場から出発。今日は総勢19名と大所帯。




正面に富士を見て。




今日はギンギンに冷え込んだ。




こんな立派な霜柱はあまり見たことがない。




本栖湖。




荘厳な冬富士。




尾根からの竜ヶ岳。




西湖北岸に連なる王岳、鬼ヶ岳、十二ヶ岳。




青木ヶ原樹海と富士。




南には駿河湾と伊豆半島。




展望台で富士をバックに。




ランチタイムも賑やか。




一瞬だけ山頂稜線が姿を見せた。




広い竜ヶ岳山頂。山渓JOYの表紙のよう。




はいポーズ。




南アルプス稜線も雪雲にすっぽり覆われている。




みんなで記念写真。




厳冬の富士斜面は相当厳しいだろう。




下山へ。




分岐から北東コースへ。




落ち葉を踏んで。




湖畔道から下りた尾根を見上げる。雪が50センチ積もれば滑れるかも。




本栖湖は静かでいい。







精進湖から富士を眺めて帰りました。今日は富士展望でお腹いっぱい。











コメント

新雪の蓬峠

2014-11-18 | 2014山登り

山域山名:上越国境・蓬峠(群馬県)
期  日:2014年11月16日(日)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい
行動記録:土合駅760m(7:30)~虹芝寮(8:40/8:50)~白樺尾根鉄塔(10:50/11:00)~白樺避難小屋(11:25)~蓬峠1529m(13:05/13:50)~白樺避難小屋(14:40/14:45)~芝倉沢(15:55/16:00)~土合駅(17:10)
<天候:曇り、稜線は霧>

強い冬型になった週末の日曜日、上越国境の武能岳を目指したが、深雪のラッセルで蓬峠まで登ってきました。

土合駅から出発。

Pb166415_2


白毛門の積雪も多そうだ。

Pb166416_2


清水街道新道の入口。蓬峠までちょうど10㎞。

Pb166418_2


マチガ沢を見上げる。

Pb166426_2


一ノ倉沢出合を過ぎると、何やら怪しい足跡が…。慌ててラジオを鳴らし、笛を吹く。

Pb166434_2


うっすらと雪が積もった登山道を行く。
紅葉の派手さはないが、自分は静寂の初冬が一番のお気に入り。

Pb166441_2


JR巡視小屋。

Pb166442_2


すぐ隣りに建つ虹芝寮。

Pb166444_2


虹芝寮は成蹊山岳部OBの小屋。そう言えば、二子山にある熊高OB小屋にも久しく行ってないな。

Pb166445_2


芝倉沢に下りると急に視界が開けた。幽ノ沢と堅炭岩。

Pb166458_2


茂倉岳から武能岳への稜線。

Pb166448_2


消えていた足跡が再び…だが、足の大きさがさっきより小さめなので違う個体のようだ。
我々より先を行くのはずっと熊さんだけ…。

Pb166472_2


新道は湯桧曽川沿いを行く。

Pb166478_2


先行者(熊)は倒木上を器用に超えていた。

Pb166480_2


武能沢を渡渉する。

Pb166484_2_2


白樺尾根に取り付く。先行者(熊)は森の中に消えて行った。

Pb166486_2


白樺尾根に入り、グッと積雪が増えてきた。

Pb166488_2


鉄塔付近の積雪は30㎝超。

Pb166497_2_2


もはやラッセルトレーニング。

Pb166504_2


小雪舞う白樺避難小屋。誰も来ないね~と話していたら、トレースにつられて来た単独の女性と出会う。

Pb166507_2


小沢を越える。

Pb166522_2


白樺沢出合。滑りやすい岩が隠れているので足場を確認しながら進む。

Pb166525_2


吹き溜まりでは膝上の激ラッセル。
思いがけず11月半ばに、こんなラッセルができて楽しいでしょ?

Pb166526_2


ラッセル交代しながら進む。ワンゲルOGだけあったパワーと足取りもGood。

Pb166530_2


稜線付近を行く。

Pb166533_2


雪の華。

Pb166535_2


よくがんばりました。蓬峠です。

Pb166539_2


峠の北方に建つ蓬ヒュッテへ。

Pb166542_2


冬山もいいでしょう~。

Pb166547_2


小屋の中で昼食タイム。

Pb166551_2


天候は回復せず。霧のヒュッテから下山。

Pb166554_2


登ってきた新道(上)と旧国道(下)。

Pb166560_2


小さな沢も慎重に越える。

Pb166562_2


やっぱり雪山は絵になる。

Pb166570_2


避難小屋までくれば安全地帯。

Pb166571_2


夕方になって雪雲もとれてきた。大倉沢と右に笠ヶ岳も姿を見せた。

Pb166578_2


日中も日差しがなかったので、雪はほとんど融けなかった。

Pb166588_2


木の間から一ノ倉沢を眺める。

Pb166596_2



目標の武能岳には届かなかったが、この深雪のなか蓬峠まで行けたので満足。
いよいよ、雪山シーズンですね。

201411bmp


コメント

金城山

2014-11-15 | 2014山登り

山域山名:越後・金城山(新潟県)
期  日:2014年11月12日(水)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい
行動記録:諏訪神社270m(7:45)~高棚登山口(8:10/8:20)~870m(9:20/9:30)~稜線1180m(10:20/10:25)~金城山1369m(10:45/12:00)~4合目(13:30/13:35)~槻岡寺(14:15/14:25)~諏訪神社(14:45)
<天候:曇り>

巻機山には数え切れないほど登っているが、いつも素通りしていて、前々から登りたいと思っていた
金城山に行ってきました。
金城山は巻機山から北に延びる尾根上にある前鋭鋒だが、六日町からとてもよく目立つ山で、地元の方によく登られています。
里山というには山容が厳しく、とても登り甲斐の山です。

Pb126172_2


今回のルートは、登路に高棚コース、下降路は観音山コースの周回ルートを取る。
高棚コースは2011年7月の豪雨被害以降、まったく整備されておらず、半ば廃道化しつつある。
車を農道の空きスペースに置いて、諏訪神社から出発。

Pb126178_2


エアリアに載っている林道は豪雨による崩壊で通行は困難らしいので、諏訪神社から直接山腹に付けられている林道をたどる。この林道は土砂崩れの復旧工事中で、ユンボが置かれていた。
高棚コースの登山口は草が覆い茂っていて、このポールが立っていなければ、通り過ぎてしまう。

Pb126183_2


取り付きからこんなヤブっぽい道が延々と続く。

Pb126186_2


600m付近までは紅葉もきれい。

Pb126189_2


高棚コースの下半分を見上げる。左が7合目、右が山頂稜線。

Pb126197_2


時々、背丈もあるヤブを漕いでいく。このままいくと、あと数年で完全に覆い尽くされるだろう。

Pb126202_2


7合目下、800m付近の岩峰。ルートは左側基部を巻いていく。

Pb126203_2


7合目の先は、これまでの急登が嘘のようなホッとするブナ林が拡がっていた。

Pb126210_2


北之入コースの分岐。沢沿いを通るこのルートは、完全に崩落していて通行禁止になっている。

Pb126214_2


またまた深い笹藪。

Pb126216_2


稜線直下の鎖場。

Pb126227_2


稜線で観音山コースと合流。分岐にはロープが張られていた。

Pb126229_2


魚沼平野の素晴らしい眺め。

Pb126234_2


こんな大きな地滑りが至る所に起きていた。

Pb126288_2


金城山の頂きへ。最高地点は避難小屋の先だが、標識は手前の岩峰上にあった。

Pb126256_2


山頂稜線は岩峰が続く。

Pb126267_2


この岩上が金城山のビューポイント。

Pb126278_2


高棚川を挟んだ1475m峰と、奥に巻機山。

Pb126250_2


金城山山頂の岩峰群。

Pb126259_2


立派な避難小屋。

Pb126260_2


パラッと通り雨が来たので、小屋の中で昼食。休んでいたら、長岡の地元の方2名が登ってきました。

Pb126262_2_2


下山は観音山コースへ。越後三山も今週末の寒気で真っ白になるだろう。

Pb126291_2


ブナ美人林にうっとり。

Pb126296_2


観音山コースも急坂の連続だった。

Pb126309_2


4合目からの観音山コース。奥には山頂が見えている。

Pb126312_2


北麓にある雲洞集落。

Pb126317_2


紅葉の尾根を下る。

Pb126325_2


3合目には松の巨木も。

Pb126330_2


2合目には石仏群。ここからも山頂がよく見える。

Pb126332_2


雪囲いも終えて、長い冬に備える長崎集落。

Pb126334_2


石仏に見送られて。

Pb126339_2


見事な紅葉も楽しみながら。

Pb126341_2


槻岡寺脇の登山口へ下山。

Pb126344_2


急峻な尾根と中腹には穏やかなブナ林、至る所から山麓の展望を眺めながら、金城山も名山でした。

201411bmp_2


4月の金城山と巻機山。積雪期にも登ってみよう。

Imgp2129_2


下山後には、久しぶりに湯沢唯一の硫黄泉「山の湯」へ。

Pb126356_2


脱衣場には過去の積雪深図表が掲げられている。

Dsc_1607


昭和の時代は、山麓でもしっかり雪が積もっていたのがよく分かる。

Dsc_1605


平成に入って、少雪の冬が続いた。

Dsc_1603


近年は大雪と少雪が交互といったところか。今冬はどうなるか?

Dsc_1601


駅前の中野屋に寄ったが定休日だったので、お向かいの越後屋のへぎ蕎麦を食べて帰りました。

Dsc_1608



コメント

愛鷹山

2014-11-06 | 2014山登り

山域山名:冨士南麓・愛鷹山<越前岳・鋸岳・位牌岳>(静岡県)
期  日:2014年11月3日(月)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい
行動記録:
山神社P750m(6:55)~富士見峠(7:30)~鋸岳展望台(7:50/7:55)~富士見台(8:25/8:30)~越前岳1504m(8:50/9:05)~呼子岳(9:45)~蓬菜山(10:05/10:15)~鋸岳~位牌岳1457m(11:35/12:15)~前岳(12:40)~東沢(13:30)~山神社(13:55)
<天候:快晴>

そろそろ新雪を歩きたかったが、国境稜線は冬型で荒れ模様なので回避。こんな天候の時にはと、以前から登ってみたかった愛鷹山に行ってきました。

圏央道が東名高速につながったので、北本ICから1時間足らずで海老名JCまで来られてしまう。便利になったものだ。

裾野ICを下りて、朝焼けの富士山を眺める。

Pb035897_2


林道を入った山神社から登り始める。

Pb035909_2


よく整備された道を登ると、富士見峠下に立つ愛鷹山荘。登り初めて30分で着いてしまう小屋だが、地元の方が使っているのだろうか。

Pb035912_2


稜線はまだ紅葉。

Pb035921_2


富士見峠からはほとんど展望のない尾根だが、富士見台だけは北側が刈り払われていて富士がよく見える。

Pb035924_2


「五十銭紙幣」に描かれた場所らしい。

Pb035953_2_2


富士五湖の北麓とはまた違った趣きの富士山南面。

Pb035941_2


左端が山頂。山腹の宝永火口が目立つ。ここが噴火したら大変なことになるだろう。

Pb035932_2


ヒメシャラの林を行く。

Pb035959_2


越前岳は愛鷹連山の最高峰なので、ハイカーで賑わっているかと思いきや、誰もいなかった。

Pb035986_2


展望は抜群!!伊豆半島。

Pb035971_2


富士市街と相模湾の海岸線もクッキリと。素晴らしい。

Pb035981_2


呼子岳までは穏やかな晩秋の稜線歩き。

Pb035997_2


今年一番の赤いもみじ。

Pb036017_2


大岳稜線は紅葉真っ盛り。

Pb036006_2


南アルプスもすべて見えた。

Pb036018_2


♪頭を雲の上に出す♪~富士と越前岳。

Pb036033_2


蓬菜山山頂には、「鋸岳までのルートの立入りはご遠慮ください」の警告あり。
岩場に慣れていれば問題はないが、あくまでも自己責任です。

Pb036049_2


鋸岳の鋭い稜線。

Pb036053_2


すぐに岩場が現れる。バックは蓬菜山。

Pb036056_2


ルートはこんな足場が悪いトラバースが多い。崩れやすい地質で、水平なハシゴでもかけまくらないと、崩落が際限なしに進んでしまうので、一般登山者には開放はできないでしょう。ただ、鎖やロープはそれなりには整備しているようです。

Pb036057_2


鋭い岩峰。

Pb036061_2


この鎖の取り付きがもっとも傾斜がきつかった。ほぼ垂直だった。

Pb036065_2


ちょっとスリルがある快適な岩陵歩きが延々と続く。

Pb036074_2


中間地点から核心部の前半を振り返る。

Pb036075_2


海岸線をみながら岩陵をトレース。

Pb036081_2


こんな楽しい稜線歩きがあったなんて、意外な発見でした。

Pb036078_2


位牌岳の登りから鋸岳稜線。奥の三角峰が蓬菜山。

Pb036092_2


位牌岳山頂。ここは樹林に囲まれて展望はなし。

Pb036095_2


位牌岳をあとに前岳を目指す。

Pb036100_2


箱根の山。

Pb036099_2


立ち枯れの樹と前岳。

Pb036104_2


大沢を俯瞰する。

Pb036103_2


前岳からの下降は、二岐山ではないが地獄坂でした。

Pb036110_2


真っ赤っか。

Pb036112_2


山麓からの愛鷹連山。左から位牌岳、前岳、越前岳。

Pb036127_2


富士の展望だけかと思っていたが、予想外の楽しいルートでした。

201411bmp_2



ヘルシーパークで温泉に入ったら、裾野市民は「日本一の餃子好き!」のパンフを発見。
レストランで揚げ餃子を食べてみたら、旨かった。お土産にご当地グルメの「すその水餃子」を買って帰りました。(これまた旨かった~)

Pb036126_2

コメント

鳳凰山

2014-10-27 | 2014山登り

山域山名:南アルプス鳳凰山・観音岳、薬師岳(山梨県)
期  日:2014年10月25日(土)~26日(日)
参 加 者:みやぶー、ほか総勢19名
行動記録:
10/25 北本(5:40)=夜叉神登山口1330m(8:30/9:00)~夜叉神峠(9:55/10:15)~杖立峠(11:20/11:30)~2309m(12:10/12:20)~辻山(13:15/13:50)~南御室小屋(14:30)テント泊
<天候:快晴>

10月最後の週末は、熊トレの会山行で、しまかいちょーの百名山完登登山で南アルプス鳳凰山へ。

Pa255390_2


峠まで黄葉のトンネルを行く。

Pa255393_2


夜叉神峠からの定番の白嶺三山の眺め。

Pa255405_2


全員で記念写真。テント組8名+小屋組11名の総勢19名の大所帯。

Pa255408_2


広場の脇にはマユミの木。

Pa255413_2


また不思議なサルオガセ。

Pa255414_2


紅葉の稜線を行く。

Pa255416_2


時々鮮やかな木も。

Pa255421_2


富士山も雪化粧。

Pa255433_2


峠からはうっそうとした稜線歩きが続くが、時々素晴らしい眺めも。

Pa255447_2


苺平から縦走路を離れ、辻山に向かう。

Pa255455_2


こんな手看板も。

Pa255456_2


辻山の三角点。

Pa255457_2


樹林を抜けた西側は大展望。

Pa255470_2



仙丈ヶ岳。

Pa255473_2


明日目指す薬師岳と観音岳。

Pa255476_2


富士もクッキリ。

Pa255494_2


早川沿いに連なるを南アルプス南部の山々。一番高い山は笊ヶ岳。

Pa255488_2


こんな大展望を見ながら、ランチタイム。

Pa255489_2


南御室小屋へ向かう。

Pa255496_2


まだ日陰は霜柱がコチコチに残っていた。

Pa255505_2



南御室小屋へ到着。

Pa255506_2


テント設営した後は、担ぎ上げたケーキを囲んで「前祝い」。

Pa255511_2


おめでとうございます~

Pa255513_2


シャンパン~

Pa255514_2


かんぱ~い!!!

Pa255518_2


小屋はストーブでポカポカだが、テン場は冷え冷え。

Pa255525_2


餃子鍋でポカポカ~。

Pa255529_2



10/26 南御室小屋(6:40)~薬師小屋(7:35/7:55)~薬師岳(8:00/8:15)~観音岳(8:35/9:25)~薬師小屋(9:50/10:00)~南御室小屋(10:35/11:30)~杖立峠(12:40/13:00)~夜叉神峠(13:40/13:55)~夜叉神登山口(14:25)
<天候:晴れ後曇り>

凍てつく空気のなか出発。

Pa265530_2_2


今朝も富士山が素晴らしい。

Pa265545_2


南御室から30分ほど歩いた展望台。

Pa265556_2


幾重も連なる深い山並みは南アルプスらしい。

Pa265547_2


展望の主役は、北岳、間ノ岳、農鳥岳。

Pa265552_2


森林限界を抜けて、砂払岳稜線を登る。

Pa265566_2


山に登る者だけが見ることのできる絶景。

Pa265565_2


砂払岳から薬師岳と観音岳。

Pa265583_2


薬師岳小屋に崩落のお知らせがあった。
小屋番に聞いたら、10月の台風で縦走路が大崩落して、岩盤が露出しているらしい。迂回路が必要らしく、来年に開通できるか不明?

Pa265586_2


薬師岳にて。

Pa265594_2


薬師岳から観音岳稜線は鳳凰縦走のハイライト。

Pa265597_2


輝くカラマツの黄葉。

Pa265616_2


ここから見ると八ヶ岳も穏やかに見える。

Pa265610_2


奥秩父連山は巨大な山塊。

Pa265664_2


鳳凰山の最高峰・観音岳山頂で、しまかいちょーの百名山完登を祝う。
おめでとうございます(^o^)

Pa265636_2


今まで見えなかった甲斐駒ヶ岳と地蔵岳オベリスク。

Pa265647_2


雲が絵になるのは富士だけかも。

Pa265656_2


南御室に戻ってテントを撤収。いざ、下山へ。

Pa265676_2


昨日より赤味が増した気がする。

Pa265683_2


夜叉神に向けて下山。

Pa265684_2


かいちょーが百名山完登したので、久しぶりに、これまで登った「日本百名山」を数えてみたら85座でした。
ま、気に入った山には、5~10回以上は登っている山もたくさんあるので、延べなら200回は軽く超えているでしょう。

ちなみに、RSSAが選定した「山スキー百山」では61座だった。(必ずしも最高峰の山頂から滑降したものでなく、その山にラインを刻んだのもカウントしてます)
こちらは積雪期に登らなければならず、山スキーではかなりマニアックな山も含まれているので、かなりハードルが高いか。

登山とは本来、ライン取りも含めて自由に登り、それが楽しさの本質であると思っているので、他人が選定した山にとらわれ過ぎるのは相反するでしょう。
自分なりのお気に入りの山をたっぷり入れた「山スキー名山」でも選んでみようか。


201410bmp

コメント (2)