山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

日光白根山

2013-01-30 | 2012-13山スキー

山域山名:日光白根山(群馬県)
期  日:2013年1月27日(日)
参 加 者:みやぶー(単独)
行動記録:丸沼高原スキー場TOP2000m(9:50)→七色平2120m(10:50/11:00)→座禅山2310m(12:00/12:25)~弥陀ヶ池2050m(12:26/12:40)→白根山北面2325m(13:05/13:25)~五色沼2170m(13:30/13:55)→座禅山(14:30/14:40)~七色平(15:00)~丸沼高原スキー場(15:30)

<天候:雪、時々晴れ間>
 丸沼スキー場には職場の友人達と1月下旬に20年以上も来ているが、今年は1日だけゲレンデを離れて日光白根山に入ってみた。今シーズン第一級の寒波の南下で、あまりドカ雪が降らない丸沼にも一晩で50㎝の新雪が積もった。


前日(26日)の丸沼スキー場。吹雪でゴンドラも休止だった。

Imgp1834_2


毎年お世話になっているペンション横山。

Imgp2007_2


今年は5名と少なめでした。

Imgp1836_2


ドカ雪が降った27日の朝。

Imgp1837_2


丸沼ゴンドラは標高2000mまで運んでくれるので白根山頂まで標高差は600mにも満たないが、座禅山まで迷路のような密な樹林帯のアップダウンが続く。夏はいくつかルートがあるが、冬は七色平経由で夏道を外さないように行かなくてはならない。

ゴンドラ山頂駅で友人達の見送りを受ける。10時前と遅めの出発になってしまった。二荒山神社の鳥居から入山。

Imgp1844_2




Imgp1846_2


ドカ雪でトレースもかすかに残る程度で、ラッセルは膝まで潜る。

Imgp1848_2


気温は-12℃、雪が舞うなか静かな針葉樹林帯を黙々と進む。
神社から刈払いされた200mまではスノーシュー周回ルートになっているようだ。

Imgp1849_2


不動岩から急に不明朗な夏道ルートに入る。要所要所に赤布があるので迷うことはない。細かいアップダウンが続いて、ほとんど標高は稼げないルートを進む。

Imgp1858_2


ちょっと急登を登ると大日如来があるが冬は雪の下、白根山直登ルートへの分岐を北に向かうと雪原が拡がる七色平へ。

Imgp1861_2


七色平の脇に避難小屋が建っているが、屋根には2mほどの雪が積もっていた。丸沼にしては多い。

Imgp1862_2


七色平の雪原を抜けて、再び密な針葉樹林帯に入る。

Imgp1867_2


座禅山まで標高差200mの急斜面を登る。

Imgp1869_2


樹間も狭く、穴あり岩あり、強風のシュカブラありと、シール登行だけでなく滑降もテクニカルな斜面だ。

Imgp1872_2




Imgp1873_2




Imgp1874_2


火口がある座禅山は細長い山頂で三角点は崖の上にある。

時々雪雲が切れて、迫力ある日光白根山が姿を見せた。

Imgp1884_2


ここでこの後の行動を思案。4時前にはスキー場に戻らなければならず、あと残すところ4時間程度、しかも山頂は強風が吹いているのでその選択肢はない。
であれば、滑降を楽しみながら五色沼を目指すことにする。

Imgp1888_2


シールを取って阿弥ヶ池まで1本目の滑降へ。

Imgp1889_2



急斜面は5ターンだけだったが、東斜面は濃密なパウダーが溜まっていた。

Imgp1905_2




Imgp1893_2


静寂の弥陀ヶ池。

Imgp1895_2


弥陀ヶ池で再びシールを貼って白根山北面に取り付く。50mも上がると雪面はアイスバーンになったのでクトーを装着して登る。
トラバース気味に登っていきシュカブラ帯の先に上がると、急に視界が開けてルンゼ状斜面の雪庇上に出た。

Imgp1910_2


見下ろすと五色沼まで素晴らしいラインが続いている。

Imgp1925_2


手元の高度計は2325m、ルンゼの最高点は2400m。

Imgp1915_2


ただし、単独で無木立の斜面に雪崩を誘発したら間違いなく一巻の終わり。この場所からでも出だしの斜度は35度はある。
降ったばかりの粉雪で表層の結合はまったくなく、斜面にスキー板を入れて雪質チェック。これならまず大丈夫と判断して、ここから滑り込むことに決める。

最初のターンは慎重に足下で回して問題はなかった。
さぁ、行きますよ~と「ヤッホー」と叫びながら会心のターンを刻む。振り返るこの瞬間がたまらない。

Imgp1937_2


下部は疎林帯の中を底突きなしのパウダークルージング。

Imgp1938_2



Imgp1950_2


最後は直滑降で五色沼に滑り込んだ。

Imgp1951_2


いや~最高だった。しかも今日の白根山には自分だけひとり。
五色沼を正面に、背後には威圧的に天を突く白根山を見上げながら、幸せなランチを取る。

Imgp1970_2


冬型の天気では日光白根山が最後の雪雲の到達域で、日光側は青空が拡がっている。自分が休んでいる時にはほとんど晴れていたので暖かだった。

Imgp1957_2


弥陀ヶ池を経由して座禅山に登り返す。

Imgp1973_2


座禅山東面はアグレッシブな斜面。

Imgp1958_2


1本目のシュプール。

Imgp1986_2


再び座禅山から白根山を見上げる。

Imgp1996_2


再び西から雪雲が流れてきて白根山を覆い始めた。

Imgp1991_2


ここからは密な樹林のテクニカルバーンが続く。苦労した登りも滑降はアッという間だ。
七色平避難小屋までスノーシューで上がって来た登山者がいたようでトレースがしっかりしていた。スキー場まで細かいアップダウンが続くのでありがたい。

平坦地七色平先の5m急登は板を脱いで坪足で登る。あとはボブスレー滑降と階段登行をひたすら繰り返してスキー場へ戻った。

スキー場TOPからの白根山。

Imgp2001_2


夕暮れの丸沼スキー場ベースゲレンデ。

Imgp2006_2


翌日は快晴のいい天気。

Imgp2010_2


日光湯元から登ったことがあったが、丸沼側も素晴らしい。
いい斜面と静かな山スキーが楽しめるので、また来よう。

Imgp2017_2




201301


コメント (1)

2013山スキー雪崩搬出訓練

2013-01-29 | 2012-13山スキー

山域山名:越後・東谷山南面<旧二居スキー場>(新潟県)
期  日:2013年1月20日(日)
参 加 者:みやぶー、ほか11名
行動記録:二居820m(9:30)→二居峠下まで登行&滑降…昼食…旧二居スキー場で訓練(13:00~15:00)
<天候:雪>

毎年1月に実施している雪崩搬出訓練。調べてみたら2004年からやっているので、ちょうど今年で10回目となった。
この間、実際に2007年1月の八甲田山で完全埋没者を救出したこともあり、しっかりと訓練の成果もあったが、当時、雪崩に対する知識の未熟さもまだまだであると実感し、雪崩事故以降、さらに真剣に取り組んでいる。

前日の例会学習で机上講習を行い、翌日に雪山での実地講習を行った。例年、黒姫や妙高でやっていたが、今年は、何度も山スキーで来ている二居を選んだ。
埼玉から近く、二居スキー場が閉鎖された旧ゲレンデが訓練に最適だからだ。

江南を6:30発と妙高方面に行くより2時間も遅い。駒寄の渋滞も4キロとわずかで順調に関越トンネルへ。越後に入ると強い雪、今年は冬型がよく続く。
二居集落の民宿駐車場に車を駐める。台数が多かったからか?、しっかりと駐車料金1000円を取られたので、来年は500円の道路向かいの田代スキー場に駐めた方がいいだろう。

今年の参加者は総勢11名、うち初参加者が4名(うちボーダー2名)と、いつもとは顔ぶれが違うので、まずは、しっかり雪山を登ることから始めた。
午前は、東谷山稜線下の二居峠を目指す。

出だしから、スキーとスノーシューはこんなに違う。

Imgp1798_2


2班に分かれて、交代でラッセル。

Imgp1801_2


杉林の中は、落ちてくる雪で結構しまっている。

Imgp1803_2


急斜面は深いラッセル。

Imgp1811_2


寒波の新雪が約1m、ファットスキーでも深い場所は膝上ラッセルだった。
ボーダーのスノーシューは腰以上も沈んでいる。

それでもガンガン登っていく。若さは素晴らしい。

Imgp1813_2


午後の訓練もあるので11時40分でタイムアップ、峠にはたどりつかず950mで登行終了。

深雪滑降を楽しんで旧二居スキー場跡地へ。昼食後、2万5千図の西側のリフト(第1リフト)下あたりで、ビーコン探索訓練と埋没者を掘り出す訓練をした。


《ビーコン訓練総括》

・自分を除く11名をA班6名,B班5名の2班に分けて、最初にビーコン1個、次に2個埋めて、ビーコンを掘り当てることとした。

・今回はシールを付けて登りのトラバース中にメンバーが雪崩で埋没したという想定とした。仮想デブリは、斜度10度程度、幅15m、長さ30mほど。

・斜面をトラバースでメンバーが5m間隔の一列になって、ザックを背負いオーバーミトンという登行中のスタイルから探索を始めた。


Imgp1817_2

・坪足だと胸まで潜る深雪だったので、スキーを履いたままで探索せざるを得ない条件だった。

・1回目(ビーコン1個)のタイムは、A班…十字法で埋没地点特定まで3分~4分程度を要した。

・2回目(ビーコン1個)のタイムは、1回目より近い地点から探索開始したこともあり、1分から1分30秒であった。

・3回目は複数埋没を想定してビーコン2個を探索した。最初の1個目を特定したあと、信号をマークして2個目の探索作業に入る必要がある。ふたつを発見するまでに2分から3分30秒ほど時間を要した。

・雪面から1mの地点に埋没者がいると仮定して、完全に救出するためには2mの雪穴が必要として、V字コンベアベルトメソッドで掘ってみた。(積雪はゾンデで2m20㎝)

Imgp1821_2



Imgp1825_2


〔反省点〕

・昨年も見受けられたが、「雪崩発生!」のかけ声のあと、捜索モードに切り替える初期動作に入れないメンバーが複数いた。オーバーミトンでのボタン操作、ザックを背負った状況でのビーコン操作にもてこずっていた。

・また、ビーコンに向かって近づいて探索を続けているメンバーと、上手く電波をキャッチできずに埋没者に近づけないメンバーとの技量の差が歴然としてあった。

・「10m!」とより近い位置に進んでいるのに、それよりかなり遠いメートル表示である自分のビーコンの方向を追い続けている。

・3m~2mと接近しているのに、十字法に入らず、電波誘導法を続けている

・埋没者がいる地点ですでに十字法に入っていれば、その他のメンバーは何をすべきか。ゾンデを出す、スコップをセットする、掻き出す作業に入る準備に入る、複数埋没であれば、二人目の探索動作に入る…など、先を読んだ作業に入れない者がいた。

【全体の感想】

・その都度、反省点を確認しながら訓練を行ったので、ビーコン探索は、1回目より2回目の方が着実に動作が早くなった。

・今回は探索メンバーが声が通じる同じ場所から捜索を始めたが、いつもこのような条件下であるわけではない。

・一番雪崩に近いメンバーの初期動作、それに続くメンバー、後から現場に合流するメンバーのサポート、各個人のやるべき仕事の再確認が必要である。

・ビーコン操作、電波誘導法のマスターにはまだまだであるので、今後も訓練を継続的に実施して、一人一人の探索技術の向上をさらに図る必要がある。

訓練終了後に全員で。

Imgp1829_2


毎年やってるので、確実にレベルアップしています。


201301bmp_4

コメント

2013北東北・南八幡平遠征(後半)

2013-01-28 | 2012-13山スキー

山域山名:松川温泉周辺・下倉山、姥倉山、源太ヶ岳(岩手県)
期  日:2013年1月11日(金)~14日(土)
参 加 者:みやぶー、ほか総勢16名

【1/13源太ヶ岳】
行動記録:松楓荘(9:00)→ゲート(9:15)→尾根取付950m(9:50)→1145m(10:35/10:50)→1400m(12:00/12:35)→源太ヶ岳1541m(13:10)~1470m(13:20/13:35)~林道950m(15:10)~松楓荘(15:30)
参 加 者:みやぶーほか、熊トレ山スキーチーム総勢11名

<天候:雪、午後2時過ぎから晴れ>

出発前に全員集合。

Imgp1605_2


今日も冬型、当たり前のようにしんしんと雪が降っている。宿の裏山をショートカットして車道を進む。

Imgp1607_2


ゲート先の林道にはトレースがあった。楽をさせてもらう。

Imgp1608_2


丸森川を渡って尾根に取り付く。

Imgp1611_2


すぐに先行者に追い付くが、彼らは小沢の横断で苦労しているようだ。我々はそのまま尾根を直登する。

ラッセルは膝程度でそれほどでもない…のだが、(ボーダー)スノーシューはスキーのトレースのあとでも、さらに20㎝ほど潜って苦労し消耗している。厳冬期の粉雪には、どうもスノーシューでは戦闘能力がかなり劣るらしい。

1000m~1100m付近のブナ林はいつ来ても素晴らしい。藪もほとんど埋まっているので、下りの滑降が楽しみだ。

Imgp1613_2


その上のダケカンバ帯に入り1146m標高点へ。

Imgp1616_2


雪が弱まると、上倉山方面が一瞬見えた。

Imgp1617_2


ここからが源太ヶ岳への核心部。樹間が密な急斜面と、その上は迷路のような針葉樹林帯でルートファインディングが難しい。

Imgp1624_2


でも、この尾根は4回目なので地形も把握できていて、目印となる斜面と沢地形も頭に入っているので効率的なルートを取る。

Imgp1626_2



Imgp1625_2_3


樹林帯を抜けると不気味な源太ヶ岳の大斜面の下に出た。安全な場所で昼食を取る。

Imgp1631_2


気温-14℃、ここから上は厳しい条件となるのは必死なので、目出帽、ゴーグルを装着して完全装備で出発。おぼろげに高みが見えているさらに奥の源太ヶ岳山頂を目指す。

大雪原はさすがにラッセルが深く膝上だ。

Imgp1635_2


冬ルートの北尾根に取り付くと、所々氷化している箇所があり、灌木帯を絡めながら登る。

Imgp1636_2


平坦地になったら山頂の一角だが、途端に猛烈な西風に吹かれる。ストックでバランスを取らないと煽られて転倒してしまうほどの強風だ。厳しい~。

Imgp1638_2


強風のすさまじさは、ご覧のとおり。まっすぐ進むのもままならない。

Imgp1642_2


一歩一歩着実に300m進むと雪がびっしり氷りついた源太ヶ岳山頂に到着。
「撮るぞー」と叫んで、ドクターQとラガーが振り向く。

Imgp1643_2


あまりの強風に写真を撮るのもままならない。
体の向きを返るのもひと苦労で、危険を感じるほどだ。

Imgp1644_2


すぐに下山開始。厳冬期の稜線は強風地獄。

Imgp1645_2


一段下った灌木帯に入ると急に風は弱まった。冬の風は恐ろしい。

シールを取って滑降へ。出だしの斜面は視界がなく凹凸がつかめず、不完全燃焼に終わる。

Imgp1650_2



Imgp1651_2


少しずつて天候も回復してきた。

Imgp1670_2


昨年もパウダーゲットした斜面で遊ぶ。

Imgp1659_2


これがあるから、また来てしまうのだ。

Imgp1672_2


標高を下げていくと急速に天候が回復して、正面にはドカーンと岩手山の勇姿が!。
3年目にして初めて稜線から岩手山が見ることができた。厳冬期の岩手山は別格だ。

Imgp1705_2


風がなければのんびりできる。岩手山をバックに「はいポーズ」。

Imgp1694_2


去年登った三ツ石山。

Imgp1710_2


さっきまで吹雪だった源太ヶ岳山頂も一気に天候回復。

Imgp1719_2


さぁ、これからがお楽しみのパウダー斜面。
1146mまでは針葉樹とダケカンバの急斜面パウダーラン、そのあとは超快適なブナ林のツリーランを堪能する。

Imgp1725_2


ボーダーもさっそうと滑る。

Imgp1736_2


林道からの岩手山。

Imgp1751_2


神の山と言われるのも納得。

Imgp1757_2


林道に出てからは熊トレわかんパーティの凸凹トレースを踏んで、スキーもよく滑った。ゲートからも車道を滑って極楽湯が待つ松楓荘へ。

Imgp1759_2


今日も思いっきり楽しめました。


201301bmp_3



松楓荘はこんな感じ。

Imgp1764_2



Imgp1761_2


昔のスキーも展示している。山スキーも盛んだったに違いない。

Imgp1760_2


今晩の夕食。

Imgp1766_2


食後にはサイフォンで入れた珈琲を飲む。

Imgp1768_2


コクがあって本当に美味しい。

Imgp1775_2


冬山も温泉もみちのくの宿も楽しむ。

Imgp1776_2



【1/14~15大パニックの東北道】
行動記録:松楓荘(8:50)=松尾八幡平IC=安達太良SA(15:00着…待機&仮眠…25:00発)→阿武隈PA(26:00…仮眠…)=白河IC(8:30)=那須SA(8:40/9:15)=佐野藤岡IC=羽生駅(11:00)

<天候:雪>
午前中に丸森に行く予定だったが、南岸低気圧が発達して関東でも大雪の予報が出たので登山行程は中止。朝食後に出発する。

岩手県内は曇りだったが、宮城県に入ってから本格的な雪模様に。これままずいと昼食抜きで福島まで入ったが、「本宮ICから白河ICまで事故多発で通行止め」の表示…。

安達太良SA直前で渋滞につかまり、100m動くのに20分以上かかる超ノロノロ……。
本宮ICから国道4号まで大渋滞は必死で、このまま高速を出てももやは関東にすんなり帰れるすではなくなってしまった………。

安達太良SAで「待機」を決めて昼食を食べる。SAは意外と空いていたが建物の中も結構寒い。外に出てみると、本線に入ろうとする列はまったく動いていない…。

Imgp1778_2


2時間、4時間、6時間が過ぎて2回目の食事を取ってもまだ動く気配はない。

Imgp1784_2



Imgp1782_2


雪は8時頃に止んだのだが…。

Imgp1783_2


日付が変わって白河ICまで開通の表示が出た(混乱を招くので、放送はなし)。とりあえず阿武隈PAまで走る。しかし、その先はまた渋滞で動かない。

PAでしばし車内で待機(仮眠)…、7時30分に「那須高原まで開通」のラジオの交通情報が流れるが本線上はまったくうごかず…待機…。

どうも、国道4号線を埋め尽くした白河IC開通を待っていた車列を優先的に高速に入れたらしい。8時半過ぎにやっと動き出した。

Imgp1787_2


那須で朝食を食べて南下。藤岡ICで再び通行止めなので、利根川を越えるのもまたひと苦労…で、羽生着は午前11時であった。

帰路は大雪による大パニックで散々だったが、八幡平のパウダーの素晴らしさ、冬山の厳しさを改めて実感できて、今年も楽しい北東北遠征でした。

コメント

2013北東北・南八幡平遠征(前半)

2013-01-25 | 2012-13山スキー

山域山名:松川温泉周辺・下倉山、姥倉山、源太ヶ岳(岩手県)
期  日:2013年1月11日(金)~14日(土)
参 加 者:みやぶー、ほか総勢16名

毎年恒例となっている厳冬期の北東北遠征、松川温泉も3年目になった。今年は、下倉山、姥倉山、源太ヶ岳を登ってきました。
北東北の森林限界より上部は、季節風がとても強く厳しかったですが、目標の頂きに立って極上パウダーを存分に楽しんできました。

【1/11下倉山】
行動記録:行田(4:00)=八幡平御在所温泉(11:30)=下倉スキー場(12:30)→下倉スキー場TOP1130m(14:00)→下倉山1170m(14:15/14:30)~車道(15:00)~スキー場(15:20)=松川温泉
メンバー:みやぶー、らがー、きむてつ(3名)

<天候:吹雪>
行田を早朝4時に出発。東北道はチェーン規制もほとんどなく順調にみちのく路へ。
しかし、松尾八幡平ICを降りると山麓でも地吹雪で、今日の冬型は非常に強かった。車がまったく走っていない道路を走り、今は閉鎖されてしまった旧八幡平スキー場ベースの御在所温泉駐車場に到着。
恐る恐る車の外に出てみると、ものすごい強風に体が煽られる。ブリザード状態で視界もほとんどなく、危険を感じて八幡平から撤退を決定。

すぐ下にある松尾鉱山の廃墟アパート群。

Imgp1516_2


悪天候時のサブコースとしていた下倉スキー場に向かう。この駐車場にもたった30台ほどの車しかない。

Imgp1517_2


ベースロッジに計画書を出してリフトに乗ると、ゲレンデを滑っているのはスキーヤーより自衛隊員の方が多かった。

Imgp1518_2


ゲレンデを強風が吹き抜けていて、もしここが関東なら、ど根性スキーヤーしか来ないだろう。

Imgp1523_2


吹雪のゲレンデTOPでシール付けて出発。気温-13℃、樹林帯ではあるが、強風が吹き抜けてとても寒い。無木立の八幡平稜線はどうなっているのだろうか。

ほんのひと登りでどこが山頂だか分からない下倉山山頂に到着。まったく登った気がしないが、仕方ない。

Imgp1527_2


シールを取って滑降開始。最初は超緩斜面でまったく滑らなかったが、林道を横切ったら適度な斜度になってブナ林の快適な滑降となった。

Imgp1531_2


風が抜ける所はちょっと雪面が波打っているが、雪質は上質パウダーで申し分ない。アッという間に車道に出た。

Imgp1543_2


スノーモービルが入っていたので、スキーもよく滑ってゲレンデにはすんなり戻れた。

Imgp1546_2



201301bmp



レストハウスでコーヒーを飲んで、極楽湯が待つ松川温泉松楓荘へ向かう。1年振りの来訪、この山奥独特の風情がいい。

Imgp1550_2



Imgp1551_2



Imgp1547_2


今晩はほかに泊まり客がなく、まさしく全館貸し切りであった。
お風呂でまったりして、贅沢な部屋食も頂き、酒もすすみ過ぎて爆睡してしまった。

Imgp1554_2



Imgp1552_2



【1/12姥倉山】
行動記録:松楓荘(9:15)→姥倉山登山口820m(9:30)→1170m(10:50/11:00)→姥倉山1517m(12:00)→直下(12:10/12:20)~湯ノ森付近1050m(12:55/13:15)~姥倉山登山口820m(13:25)→松楓荘(13:40)
メンバー:みやぶー、ドクターQ、らがー(3名)

<天候:雪>
2日目は松川温泉南側にある姥倉山を目指す。いつもの松楓荘から裏山をショートカットして車道を降りて行くと、松川に見慣れない強大な工作物があった。

Imgp1585_2


原発事故以降、自然エネルギーが見直されているが、新たな地熱発電所の建設に向けたボーリング工事をしていた。

Imgp1557_2



Imgp1558_2


橋を渡りその工事現場の脇の林道から湯ノ森の尾根に取り付く。地形図ほど傾斜はきつくなく、難なく尾根上の平坦地へ。

Imgp1563_2


尾根上は風が抜けるのか積雪は多くなく、笹も多く出ていた。湯ノ森は巻くようにトラバース気味に登る。
1050m付近からはアオモリトドマツの森に入る。緩斜面の樹林帯は複雑に小沢が入り組んでいて、右に左にルートを取りながら少しづつ標高を上げる。

Imgp1566_2


ラッセルは脛程度といつもの半分くらいか。年末には松川温泉でも雨が降ったらしいが、そのあとの中部日本では大荒れとなった正月寒波ではあまり積雪は増えなかったようだ。
今日は北日本中心の冬型で、気温は-10℃、しんしんと雪が降っている。長く続いた緩斜面も終わり、やっと傾斜が出てくると、今度は強風で作り上げられたウェーブ状の雪面が現れる。そのたびにまた右に左にルートファイティング。

Imgp1568_2


疎林になってきた1400mで、上部の強風に備えてヘルメットを被る。
1450mからで濃い灌木帯を抜けると最後は森林限界へ、いよいよ猛烈な西風に吹かれる。

Imgp1571_2


山頂の標識を確認して写真を撮るのが精一杯で、シールのまま安全地帯の樹林帯にすぐに逃げ込む。

Imgp1572_2


あー寒かった。シールを取って滑降体制に入る。

Imgp1574_2


出だしの灌木帯はとても密なので、避けるために疎林状の北向き尾根を滑る。雪は最高のパウダー、ウェーブ状の雪面を除けば文句はない。

Imgp1575_2



Imgp1577_2


途中から西向きにルートを取るが、小沢が行く手を遮り、乗り越えるたびにラッセル登行を強いられる。

Imgp1579_2


しんどい作業だが、雪質が軽いのでまだましか。
登路トレースに合流してからはボブスレー滑降。湯ノ森の尾根からキャンプ場に滑り込んで林道に出た。

Imgp1582_2



Imgp1583_2


橋でスキーを担いで松楓荘へ戻る。


201301bmp_2



片づけをしてから、昨日、入れなかった名物の洞窟風呂へドボン。

Imgp1597_2


今年は湯温も適当で、雪降る空を眺めながら今日もまったり。

Imgp1598_2



Imgp1593_2


夕方に今朝熊谷を出発して下倉スキー場に行っていた後発隊が宿に到着して、一気に賑やかになった。

Imgp1602_2


総勢16名、宴会は夜遅くまで続いた。

コメント

妙高三田原山(極楽パウ)

2013-01-09 | 2012-13山スキー

山域山名:妙高外輪山・三田原山(新潟県)
期  日:2013年1月5日(土)
参 加 者:みやぶー、かいちょー、Kino、きむてつ
行動記録:杉ノ原スキー場TOP1855m(10:25)→赤倉山西方稜線2170m(11:35/12:05)~1900m(12:15/12:45)→三田原山稜線直下2160m(13:20/13:45)~笹ヶ峰林道1330m(14:35)~スキー場(14:45)=第1ロマンスリフト=駐車場

<天候:快晴>

正月寒波も昨日でひと段落、妙高山もたっぷりと新雪が積もっていた。

スキー場もゴンドラ待ち10分と、結構な混雑だ。
このくらい客がいないと、どんどんスキー場が閉鎖されてしまうので、いいことである。

Imgp1402_2


三田原第3高速リフトは10時から運転らしく、またまた長蛇の列。100人はいたかも。
BCスキーヤーも20名くらいはいて、この集団のままラッセルして三田原山へはちょっと敬遠したいので、午前は赤倉山西方稜線まで行くことにする。

Imgp1404_2


三田原斜面に取り付くスキーヤー。先行者はあまりいいルート取りでないのか、いくつもトレースが伸びている。

Imgp1405_2


赤倉山南面に取り付く。膝下ラッセル程度と、雪質は強風の影響か、かなり締まっていた。

Imgp1407_2


斜度、ダケカンバの樹間、雰囲気と申し分ない斜面だ。

Imgp1411_2


稜線直下からの三田原山稜線。あまり見慣れない角度だ。

Imgp1413_2


稜線まであと少し。

Imgp1414_2


妙高山本峰が目に飛び込む。三角錐の堂々とした姿である。

Imgp1421_2


登り上げた稜線は、隣の赤倉山山頂より高い。

Imgp1418_2


高田の丘陵地帯と米山。

Imgp1436_2


越後三山と巻機山が見える。

Imgp1435_2


眼下に野尻湖と信濃町、遠くには志賀横手山と草津白根山、菅平根子岳、四阿山。

Imgp1425_2


黒姫山の奥には、富士山、八ヶ岳、南アルプスまで見える。

Imgp1424_2


高妻山の右手には、北アルプス。

Imgp1430_2


いざ、滑降へ~

Imgp1433_2


稜線下は、締まったパウダー~~

Imgp1438_2


樹林帯は粉パウダー~~~

Imgp1445_2


三田原山への分岐で昼食。

Imgp1468_2


トレースがあるので三田原山へは楽々。2160mで登行終了。

Imgp1471_2



Imgp1475_2


今回もPatoronの威力を発揮。深雪パウダーはロッカーに限る。

Imgp1480_2


今日は午後になっても-7℃、南面なのにまったく腐らず、どこまでも極楽パウだった。

Imgp1481_2


下部のブナ帯。

Imgp1492_2


林道にはトレースがあって、スキーもよく滑って苦もなくゲレンデへ~~。

Imgp1496_2


三田原山から赤倉山への稜線。

Imgp1499_2


今日は、快晴で景色を楽しみ、低温で滑りも楽しんで、当たりでした。

Imgp1504_2


昔は妙高国際と杉ノ原の2つのスキー場の名前があったが、今は三田原と杉ノ原ゾーンで構成。

Imgp1509_2


第1ロマンスリフトで駐車場まで上がる。(1回券300円はちゃんと払いました)

Imgp1512_2



201301bmp


今週末は、厳冬期恒例の北東北遠征に行ってきます。
南八幡平松川温泉へも3年目になりました。

内陸特有の超極上の激パウを楽しんできます。(^_^)v

コメント