山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

たんばらスキー場

2013-04-27 | 日記

今日はたんばらスキー場に行ってきました。
季節はずれの寒気に覆われて一日中雪、時々吹雪と荒れ模様の天気でした。
リフトに乗っていると強風に雪が叩きつけて寒いのなんの、真冬のようでした。

Imgp1651_2


新雪が10㎝以上も積もって、ゲレンデでもプチパウダーを楽しめました。

Imgp1656_2


明日は尾瀬至仏山に行ってきます。
新雪がどのくらい積もっただろうか。

コメント

黒姫山

2013-04-25 | 2012-13山スキー

山域山名:黒姫山(長野県)
期  日:2013年4月21日(日)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい、こまっぴー
行動記録:江南(5:40)=大橋1140m(9:45/10:05)→林道分岐(10:40/10:55)→1619m(12:25/13:00)→外輪山1950m(13:40/14:20)~1400m(14:50/15:00)→大橋(15:40)
<天候:雪、午後時々晴れ間>

真冬並の寒気で全国的に冷え込み、平野部では冷たい雨、標高の高い山間部では前夜から降雪の天気。
どの山に登ろうか前日から思案し‥、以下の4ルートから現地選択すると会に計画書を出して出発した。 

 

①飯縄リゾートスキー場~閉鎖ゲレンデ~霊仙寺山~往路を戻る
②戸隠大橋~黒姫山外輪山~往路を戻る
③池の平スキー場~閉鎖ゲレンデ~赤倉山前衛2018m~往路を戻る
④妙高国民休暇村~神奈山藤巻尾根~往路を戻る


上信越道・横川ICを過ぎてから雪模様に。
走っていたら「佐久ICから上田菅平ICまで通行止め、ここで出よ」の表示。
でも係員が強制的に誘導するでもなかったので
そのまま走行。
小諸付近で4、5台がからむ多重事故の脇を通過。路面はシャーベットだった。

一般道に出たら、1区間走るのに1時間はかかるし、坂道も多くスリップ事故に巻き込まれる可能性も一段と高まる。
経験上、強制的に出されなければ高速をそのまま走った方が早いし安全だ。



Dsc_0882_2


黒姫野尻湖PAで今日の行動を協議。
チェーン規制は信濃町ICまで、ということは南岸低気圧の強い降雪エリアは黒姫山が境界になっているということ。

高速道路で新雪が10㎝積もっていたので、標高の高い黒姫山麓は倍以上は積もっている、となれば、林道もスキーが使えるだろうとみて、大橋から黒姫山往復に決める。
信濃町ICを出て大橋に向かう。

大橋は予想どおり20㎝の積雪。
シーズンはごった返す駐車スペースも、今日は1台もなかった。

Imgp1583_2



小雪舞う大橋は冬に逆戻り。

Imgp1581_2




シールを付けて出発。

Imgp1586_2



林道から登山道に入る。

Imgp1587_2



まるで初冬の初滑りのような気分。

Imgp1590_2



1450mで再びシール登行。


Imgp1591_2



1500mからしっかりと残雪となった。
黒姫で一番美しいブナ林の森。

Imgp1593_2



午後になって、急に晴れてきた。

Imgp1598_2



この辺りが一番新雪が積もって、約30㎝はあった。
でも、日射で雪温が上がってしまった。今日は一日小雪の方がよっかたのに‥。


Imgp1599_2



古池と戸隠。

Imgp1603_2


外輪山からの小黒姫。
冷たい北風が吹いていて、北斜面は相当寒かった。


Imgp1607_2





オオシラビソもびっくりしているだろう。

Imgp1608_2




昨シーズンから春用に愛用している HEAD iPeaks90

Imgp1605_2



いざ、滑降へ。

Imgp1609_2



斜度、樹間とも申し分ないのだが。

Imgp1610_2




雪質は微妙なモコモコ雪でした。

Imgp1612_2




でも、強引にショートターンを刻む。

Imgp1617_2




高妻山は、今度は冬型の雪雲のなか。

Imgp1614_2




1550m付近は傾斜がない。

Imgp1618_2




悪雪も春スキーの楽しみ‥?

Imgp1620_2




スキーをいたわって滑降は1400mでやめる。
ここからは、シールで下る。


Imgp1621_2




黒姫を振り返る、お気に入りのポイント。


Imgp1623_2



雪は少し解けたが気温はまだ0℃だった。

Imgp1625_2




帰りにアスティ黒姫で入浴。
閉鎖後のスキー場はどことなく風情がある。

Imgp1627_2




201304bmp_2_3


コメント

影火打南面台地

2013-04-24 | 2012-13山スキー

山域山名:妙高山系・火打山(新潟県)
期  日:2013年4月18日(木)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい、らがー
行動記録:循環器(4:20)=笹ヶ峰1320m(7:30/7:55)→黒沢橋(8:40/8:55)→黒沢1900m(9:55/10:05)→富士見平2100m(10:30/10:50)→高谷池ヒュッテ2100m(11:15/11:30)→火打山2461m(12:55/14:05)~影火打鞍部→南面台地1856m(14:25/14:40)~鍋倉谷1500m(15:00/15:10)~林道(15:50)→笹ヶ峰(16:50)
<天候:快晴、午後時々曇り>

平日の木曜日、笹ヶ峰から火打山に登り、影火打から南面台地を滑って、笹ヶ峰に戻る周回ルートに行ってきました。
妙高山域に来たのは正月明けの赤倉山以来。今年の冬はとても寒かったので、近場の上越で十分楽しめたのでずいぶんと久しぶりだ。

妙高山麓も雪もすっかり消えた。

Imgp1389_2


黒姫山の雪は多いような気がする。

Imgp1394_2


笹ヶ峰の残雪は1mと例年の半分くらい。

Imgp1396_2


平日なので、止まっていたのはこれですべて。

Imgp1395_2


登山口の休憩舎もほとんど出ていた。

Imgp1399_2


黒沢も口を開けている。

Imgp1401_2


黒沢に架かる橋。

Imgp1404_2


橋付近の黒沢は完全に流れが出ていた。

Imgp1407_2


今日は黒沢を詰めるルートを取る。

Imgp1409_2


褶曲した地層。地学の先生がこれを見たら、踊るように喜ぶだろう。

Imgp1410_2


デブリが出ていたが、この先はきれいだった。

Imgp1412_2


沢の中は暑くてたまらない。

Imgp1413_2


大きく口を開けた黒沢の滝。

Imgp1414_2


滝を越えるのに、スキーを外して右岸を登る。

Imgp1415_2


滝の上も割れていた。

Imgp1418_2


二俣。右に行くと三田原山へ、黒沢は左を登る。

Imgp1422_2


1900m付近の雪原。

Imgp1424_2


黒沢越しの三田原山。

Imgp1426_2


黒沢岳稜線下で。
今日は滝で外したが、稜線までほとんどシールで登れるので、十二曲ルートよりかなり楽だった。

Imgp1431_2


稜線に出たら、ドーンと北アルプス。
GWに行くつもりの白馬岳北方稜線。瀬戸川のブリッジは残っているだろうか。

Imgp1436_2


高妻山と乙妻山。

Imgp1432_2


定番のこの景色。焼山と火打山の両雄。

Imgp1444_2


凍っているととても怖い思いをする黒沢岳のトラバース。今日は暑くてグサグサだった。

Imgp1446_2


天狗原山と金山。まだスキーでは未踏の斜面。近いうちに是非とも行きたい。

Imgp1451_2


高谷池ヒュッテが右側に。

Imgp1447_2


1階は完全に埋もれていたが、この時期としてはかなり少ない。

Imgp1453_2


ヒュッテは土曜日から泊まれるとあったけど、まだ小屋番はいなかった。

Imgp1456_2


いよいよ火打山が近づいてきた。平日は誰にも会わなくてとても静か。

Imgp1460_2


もったいないが、天狗の庭へ一旦シールで下る。

Imgp1461_2


火打山斜面の雪庇と、影火打南面台地。

Imgp1467_2


今日は稜線下をトラバースした。肩から妙高山を振り返る。

Imgp1468_2


雪が柔らかかったので、クトーなしで山頂へ。
でも、山頂は強い南風で、風下の影に逃げ込む。

Imgp1473_2


せんぱい~、がんば~。

Imgp1491_2


山頂ですよ~おつかれさまで~す。

Imgp1493_2


影火打と焼山、遠くに雨飾山。焼山北面台地に抜ける影火打ルートもよく分かる。

Imgp1484_2


焼山北面台地と昼闇山。北面台地は何度行って素晴らしいルート、また行きたい。

Imgp1488_2


ヒュッテが小さく見える。このエリアはまさしく「山スキー天国」。

Imgp1476_2


滑降を前に。

Imgp1500_2


目指すは、眼下の南面台地だ。

Imgp1502_2


山頂直下は、登山道に付いた雪を拾って滑る。

Imgp1506_2


正面にはドデカイ焼山。

Imgp1503_2


いよいよ、本日のハイライトです。

Imgp1508_2


コルからトラバースして、南面台地上の斜面に出る。

Imgp1513_2


無木立の特大斜面。

Imgp1515_2


らがーがアグレッシブに攻める。

Imgp1516_2




Imgp1520_2


せんぱいも決まってるね~。

Imgp1526_2


まだまだ、台地は下です。

Imgp1530_2


左が影火打、右が火打山頂。真ん中の斜面を滑ってきました。

Imgp1537_2


素晴らしい斜面でした。

Imgp1552_2


喜平治岳の大雪庇。

Imgp1539_2


天狗ノ庭の西面斜面、右奥が黒沢岳と三田原山。

Imgp1533_2


いちばん奥が台地1765mピーク。

Imgp1553_2


ほぼ平らな台地を1㎞ほど直滑降で移動。

Imgp1555_2


末端に立つと、鍋倉谷への下降点。

Imgp1556_2


急斜面を降りて鍋倉谷に滑り込む。

Imgp1561_2


鍋倉谷はこの下にヒコサの滝があるので、谷底から左岸斜面をステップで登る。

Imgp1566_2


惣兵エ落谷を見上げる。次は上に見えている喜平治岳を絡めてこの谷を滑ろう。

Imgp1567_2


長い長い鍋倉谷左岸斜面のトラバースのあと、窪地から林道に滑り込む。

Imgp1569_2


林道をひたすら漕ぐ。

Imgp1572_2


疲れたあとの緩やかな登りの林道はしんどい。
いい加減、嫌になったのでこのあとシールを付けて歩いた。

Imgp1573_2


黒沢まで除雪してあった。ここからは担ぎで、駐車場までちょうど500mあった。

Imgp1574_2



春はロングルートを巡るのが楽しい。

201304bmp_2



夕暮れの笹ヶ峰からの黒姫山。

Imgp1576_2


佐渡山と中妻山、乙妻山。

Imgp1577_2


今日も最高に楽しみました。

コメント

マチガ沢雪上訓練

2013-04-15 | 2013山登り

4月14日は毎年春に実施している熊トレ雪上訓練で谷川岳マチガ沢に行って来ました。

もともとは先週4/7だったが、爆弾低気圧通過で延期になった。
参加者は総勢8名(うち4名は訓練初参加)と当初の半分弱に減ったが、
これくらいの人数の方がリーダーの指示が行き渡るし意思疎通も問題ないので、
かえって中味の濃い訓練となったような気もします。


当日は、快晴無風の絶好の訓練日和で~(山スキーにとっておきたいような天気だったが…)、
予定したカリキュラムどおり、しっかりとやってきました。

天神平スキー場はGWまで。今年はやっとだろう。

Imgp1349_2



登山指導所上の林道。

Imgp1352_2


↓↓↓ 去年の写真 ↓↓↓ ご覧のとおり積雪は2m以上もあった。

Imgp2844_2


今年のマチガ沢。

Imgp1354_2


↓↓↓ 去年の写真 ↓↓↓ マチガ沢は雪で覆われ、谷川岳はまだ冬の領域だった。

Imgp2928_2


先々週に登った白毛門もずいぶんと雪が減った。

Imgp1386_2



↓↓↓ 去年の写真 ↓↓↓ 

Imgp2883_2



ちょうど同じマチガ沢で、労山関東ブロック救助隊の搬出訓練をやっていた。

Imgp1365_2


自分達の貴重な時間を削っての地道な活動に頭が下がります。ご苦労様です。

Imgp1367_2



訓練は例年と同じ、マチガ沢右岸側の斜面を使った。

Imgp1360_2


滑落停止から、坪足とアイゼンの雪上歩行、セルフビレイの取り方、立木を使った支点、
フィックスロープでの確保(ムンターヒッチ)と懸垂下降、スタンディングアックスビレイ、コンテニュアスなど。

Imgp1371_2



Imgp1376_2



Imgp1381_2



Imgp1383_2


充実した訓練終えて。

Imgp1385_2




Imgp1388_2


新しいメンバーと楽しく訓練ができました。
ロープワーク、雪上技術の基礎を確認、向上させるためにも、
最低でも年に一度くらいは雪上訓練は必要でしょう。



Imgp1370_2

コメント

熊高入学式

2013-04-12 | 日記

4月8日は息子の熊谷高校入学式に参列しました。

正門を入ると、応援団から歓迎?のお出迎え。
いいね~、熊高気質はまだ脈々と生きている。

Imgp1337_2



団員不足と聞いていたので、後列は体育会系部部員の助っ人だろうか。
団長に「ご苦労さん」と、ひと声かけました。

体育館は昔のまま。耐震工事は未着手のようでした。

Imgp1346_2



校長からの式辞。

「継続は力なり」「人との出会いを大切に」のふたつの言葉があった。


</object>


YouTube: 20130408熊高入学式校長式辞



最後に、吹奏楽部と音楽部による校歌演奏。

熊高校歌は、
作詞が、坂養平氏(熊谷中学OBで元衆議院議員)、
作曲は、あの有名な山田耕作である。


</object>


YouTube: 20130408熊高入学式校歌


  熊谷高校校歌

1、雲むらさきの  武蔵野に
  高くそびゆる  赤いらか
  燃ゆる希望を  抱きつつ
  自治に集える  千有余
  ああ 熊高 熊谷高校
  ああ 熊高 我らが母校

2、学びの道は  易からず
  真理の奥は  幽くとも
  精気溢るる   若人の
  究め尽くさで  やむべきや
  ああ 熊高 熊谷高校
  ああ 熊高 我らが母校

3、春熊堤の   花をめで
  自然の泉   くみ交し
  秋林間に   想を練り
  にごりにそまず 心澄む
  ああ 熊高 熊谷高校
  ああ 熊高 我らが母校

4、巡りめぐりて 荒川の
  大海原にそそぐごと
  師弟苦楽を 分ちあい
  愛の潮に 漕ぎ出でん
  ああ 熊高 熊谷高校
  ああ 熊高 我らが母校


3番と4番は、たぶん一度も唄ったことがない??かも。

PTA会長から「OBでない父兄さんも、子供が卒業するまでには歌詞を覚えてしまいますよ」との話も…。
PTA会合のたびに、みんなで唄っているのだそうだ。

新入生は入学してすぐに、怖~い応援団からみっちりと仕込まれるので、すぐに唄えるようになる。

年末の野地で、息子と肩を組んで校歌を唄えたら感無量だろう。

コメント