山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

針ノ木岳(マヤクボカール)

2013-06-19 | 2012-13山スキー

山域山名:北アルプス・針ノ木岳(長野県)
期  日:2013年6月16日(日)
参 加 者:みやぶー(単独)
行動記録:扇沢1400m(7:30)→針ノ木雪渓末端1730m(8:25/8:45)→マヤクボ沢出合2240m(10:00/10:15)→マヤクボカール底2550m(11:05/11:15)→稜線2670m(11:35/11:45)→針ノ木岳2821m(12:10/12:50)~針ノ木雪渓末端1730m(13:30/13:50)→扇沢(14:30)
<天候:晴れ、稜線は午後から霧>

この週末も天気が回復したので、‘滑り納め’で6月定番の針ノ木岳に行ってきました。

朝の新行からの爺ヶ岳と鹿島槍。田植えも終わり、山麓の季節は夏へと移った。

Imgp3107_2


大町からの爺ヶ岳、鹿島槍、五竜。

Imgp3109_2


扇沢駐車場も閑散としている。ハイキングシューズで出発。

Imgp3111_2


いつもの作業道に入り、堰堤を越える。

Imgp3115_2


丸木橋はまだ雪渓の下。春の雪崩が大規模だった証し。

Imgp3117_2


鳴沢の雪渓もまだ繋がっている。

Imgp3118_2


まぶしい新緑。

Imgp3119_2


蓮華大沢右俣もまだたっぷり。滝も出ていない。

Imgp3120_2


ツツジの花。

Imgp3125_2


針ノ木岳山頂が青空に映える。雪渓の末端は1730m。
ここでハイクシューズをデポ。雪渓上も板を担いで登る。

Imgp3124_2


赤石沢。

Imgp3128_2


峠から雪渓上を風が吹き降りてきて、心地いい。

Imgp3129_2


雪渓上は涼しいが、気温は急上昇。早くも雲が沸いてきた。。

Imgp3131_2


出発が遅かったせいもあるが、とても静か。

Imgp3132_2


マヤクボカールから繋がる斜面。

Imgp3134_2


2300m辺りが新緑の最前線。

Imgp3136_2


蓮華岳は完全に雲の中。

Imgp3137_2


マヤクボカールから山頂を見上げるが、完全に地肌が見えている。

Imgp3141_2


何とか雪は繋がっている??

Imgp3140_2


スバリ岳。

Imgp3142_2


まずはマヤクボのコルへ登り上げると、ドーンと立山剣が。

Imgp3144_2


五色ヶ原も真っ白。

Imgp3145_2


剣岳。

Imgp3146_2


マヤクボコルから見る針ノ木岳はガレた岩山。

Imgp3149_2


山頂直下で咲いていた花。(名前がわかりません)

Imgp3150_2


針ノ木岳山頂。

Imgp3153_2


この景色が見られてよかった。この後すぐに山頂は霧の中へ。

Imgp3152_2


高瀬ダム。

Imgp3160_2


黒部源流を囲む山々。

Imgp3161_2


水晶岳と赤牛岳。

Imgp3158_2


薬師岳。

Imgp3157_2


立山と剣。

Imgp3164_2


マヤクボカール側は濃いガスで視界なし。
少し様子をみたが、晴れる気配がないので方向を定めて滑降開始。

Imgp3171_2


これでは滑れず、スキーを外して下る。

Imgp3173_2


雪渓へ向かって。

Imgp3176_2


雪渓のど真ん中でしばし休憩。今シーズンを振り返る。

Imgp3180_2


深い縦溝とスプーンカットもあったが、シーズン最後の斜面をかみしめながら滑りました。

Imgp3184_2


冷やしておいたデザートで締める。

Imgp3183_2


今日も楽しかった。

Imgp3182_2




201306bmp_2

コメント

富士山(吉田大沢、小御岳流し)

2013-06-12 | 2012-13山スキー

山域山名:富士山・吉田口(山梨県)
期  日:2013年6月9日(日)
参 加 者:参 加 者:みやぶー、ドクターQ、AZ
行動記録:吉田口5合目2300m(9:20)→6合目2390m(9:45)→7合目2750m(10:20/10:40)→8合目3250m(12:55/13:20)→3540m(13:35/14:00)→吉田口山頂3725m(14:35)→白山岳3756m(14:55/15:35)→3710mコル滑降点(15:45)~吉田大沢~小御岳流し~雪渓末端2770m(16:20/16:30)→2490m雪渓(16:45)~雪渓末端2400m(16:55/17:00)→御中道→吉田口5合目2300m(17:15)
<天候:晴れ後曇り>

山スキーシーズンもついにフィナーレか??…になるかもと、やっぱり富士山に行ってきました。
去年は5,6月に富士宮口、須走口、吉田大沢と3本揃えたが、今年は初めての富士入り。

河口湖町からの富士山。8合目上はまだ白いが、下部の雪はかなり少ない。
どこを滑ろうか。

Imgp2953_2


5合目から山頂を見上げる。新雪が積もっている。
正面の雪渓が「小御岳流し」、右の長いのが「白草流し」。

Imgp2955_2


八ヶ岳と奥秩父。

Imgp2959_2


6合目からの吉田大沢。末端は例年より細い。

Imgp2960_2


7合目付近。

Imgp2965_2_2


末端は2700m付近。

Imgp2966_2


8合目下から雪が出てきた。

Imgp2972_2


8合目天拝宮へ。

P6090015


本八合目。

Imgp2979_2


大沢から小御岳流しへのトラバース点。ずいぶん雪が汚いなと思ったが…。

Imgp2981_2


日暈(ひがさ)。

Imgp2989_2


鳥居を越えれば山頂まで150m。

Imgp2993_2


今年は須走斜面も荒れ放題。

Imgp2994_2


雪が少ないので、夏道のジクザク道が出ていた。

Imgp2996_2


山頂の鳥居。6月半ばでも階段がこんなに出ていたことはない。

Imgp2999_2


山頂から須走斜面を見下ろす。岩だらけだ。

Imgp3000_2


年に1度はスキーでここに来ないと。

Imgp3005_2


新雪の白山岳に向かう。

Imgp3008_2


白山岳の頂へ。

P6090045


富士宮側のお釜。

Imgp3012_2


富士山頂。

Imgp3014_2


遠くに南アルプス。

Imgp3018_2


山中湖。

Imgp3015_2


山頂でのんびりと。富士山頂で風がないのも珍しい。

P6090047


白草流しを見下ろす。雲海下にはスバルラインの御庭も見える。
山頂であった男女ペアは白草流しを登ってきた。やるね。

Imgp3023_2


屏風尾根と吉田大沢最上部。

Imgp3025_2


岩場を下降して大沢に降りかけたが、アイスバーンで断念。
ノーマルのコルに戻ることにした。

P6090052


新雪のパックモナカで難しいターンだ。

Imgp3032_2


しっかり板を踏んでターンする。

P6090054


大沢の大斜面をトラバース。

Imgp3035_2


深い縦溝だらけに荒れた斜面。深いのは50㎝もあった。

Imgp3033_2


ガタガタ、ボコボコ。

Imgp3037_2


屏風尾根を越えて、小御岳流しへ。

Imgp3040_2


ワオー、素晴らしい斜面。

Imgp3041_2


すぐ下のノドは岩を避けて。

Imgp3042_2


ここも凸凹の荒れたバーン。

Imgp3044_2


富士の岩盤。

Imgp3045_2


富士山は奥深い。

Imgp3048_2


砂礫で雪も黒く。

Imgp3053_2


5合目駐車場まで一直線。

Imgp3058_2




Imgp3043_2


YouTube: 20130609富士山小御岳流し滑降

雪渓末端2770m。今日のバーンは荒れ気味だったが、ラインは素晴らしい。

Imgp3061_2


兼用靴のまま下る。

Imgp3067_2


下の雪田は大きい。

P6090081


最後まで根性で滑る。

Imgp3070_2


駐車場までは近いが。

P6090084


藪の薄い場所を選んで。

Imgp3072_2


最後は御中道を歩く。

P6090087


滑った小御岳流し、最後の雪田も樹間に見える。
雪が繋がっていたら御中道まで滑れるので最高だろう。
大沢より斜面の変化があって、魅力的な斜面だった。

Imgp3077_2


1合目から見上げる。また来シーズンに。

Imgp3082_2




201306bmp_2

コメント

飯豊北股岳・石転び沢&北股沢滑降

2013-06-06 | 2012-13山スキー

山域山名:飯豊連峰北股岳・石転び沢、北股沢(山形県)
期  日:2013年6月2日(日)
参 加 者:みやぶー、Kino、らがー
行動記録:天狗平410m(6:30)→温身平450m(6:45)→梅花皮沢630m(7:50/8:10)→石転び沢門内沢出合880m(8:50)→石転び沢1040m(9:05/9:15)→1570m(10:25/10:40)→梅花皮小屋1850m(11:20/12:00)→北股岳2024m(12:30/12:45)→北股岳北方肩1940m(13:10/13:30)~北股沢右斜面滑降~石転び沢門内沢出合850m(14:00/14:10)~梅花皮沢650m(14:20/14:40)→温身平(15:35/15:40)→天狗平(16:05)
<天候:晴れ>

とうとう6月に入り、山スキーシーズンもあとわずかとなった。
週末の日曜日、前夜発でまだ残雪が多い飯豊石転び沢に向かった。

埼玉から飯豊連峰北麓までは、関越道から日本海東北道荒川胎内ICで下りて国道113号線を走って小国町へ。飯豊石転び沢登山口の飯豊山荘までは約400キロで、立山の富山側とほぼ同じ距離である。
自宅を出たのは夜10時前、3人で運転を交代しながら仮眠をする関川道の駅に午前2時に到着。裏の駐車場にテントを張って2時間ほど仮眠する。

関川は夜半から強い東風が吹いていた。飯豊と朝日連峰の間を流れる荒川が山地から平野に開けるので、風の通り道になっているからだろう。
小国のコンビニで朝食を取って、登山口の天狗平へ。


Imgp2772_2

車を降りた途端にもの凄いアブの襲来を受ける。その数といったら、上越の沢の比ではなかった。さすが飯豊。

靴とスキー板をザックに付けて出発。ずっしりと重いがこの時期のアプローチには半ば普通のこと。石転び雪渓が待っているので、我慢して歩く。

Imgp2774_2


山スキーで石転び沢に来たのは2008年5月以来。その時は梅花皮小屋に泊まり、北股岳南面の洗濯沢源頭と石転び沢、門内沢を滑った。

http://kumatrek.jpn.org/mt_ski/08/iide.htm

今日は日帰りでザックは軽いので、雪渓までの荒れたアプローチもいくらか楽である。

Imgp2780_2


温身平から滝沢を見上げる。稜線下はまだたっぷり雪がある。

Imgp2778_2


タムシバの花。

Imgp2782_2


林道終点には自転車とバイク。

Imgp2783_2


梅花皮沢は新緑の盛り。

Imgp2785_2


雪の重さで至る所で樹の枝が垂れ下がっていて通過も大変。

Imgp2786_2


沢沿いの夏道も、岩場やへつりがあって気を使う。

Imgp2788_2


カタクリの群落。

Imgp2794_2


下つぶて石付近は雪が割れていた。

Imgp2789_2


もうひとつ先の小尾根を越える。

Imgp2791_2


雪渓に降りたのは標高630m地点。この時期としては、かなり雪が多かった。

Imgp2795_2


雪渓はすぐに切れていたが、

Imgp2800_2


難なく渡れた。でも、来週は無理だろう。

Imgp2802_2


滝沢出合。

Imgp2803_2


広大な梅花皮沢。この先の石転び沢と合わせて標高差は1200mと、北アルプスにも引けを取らない規模だ。

Imgp2807_2


左が石転び沢、右が門内沢。
GPSとプロトレック高度計の差は約20m、この分が雪渓の厚さだろうか。すごい雪の量だ。

Imgp2810_2


スケール感は白馬大雪渓より上だろう。

Imgp2813_2


石転び沢1200m付近、ここで雪渓登りのやっと半分。

Imgp2816_2


青空に映えるうろこ雲。

Imgp2819_2


北股沢を見上げる。左側の岩峰上が北股岳山頂、左俣、右俣、右斜面とルンゼが3本並ぶ。

Imgp2822_2


左俣、右俣はシュルンドがやばそう。

Imgp2826_2


狙うは一番広い右斜面か。

Imgp2830_2


1570mでアイゼンに切り替える。近そうに見えるが、雪渓登りは最後のツメが長くて辛い。

Imgp2829_2


やっと小屋が見えた。

Imgp2831_2


ふ~、これで急登から解放される。

Imgp2834_2


コルから見る北股岳。

Imgp2835_2


梅花皮小屋と憩う登山者。

Imgp2836_2


昼食後に北股岳を目指す。

Imgp2845_2


梅花皮岳、烏帽子岳の奥に平らな御西岳、左の雲間に飯豊本山が見える。
秋に縦走したことがあるが、素晴らしかった。

Imgp2846_2


ひと際大きい飯豊の最高峰大日岳。

Imgp2847_2


北股岳山頂へ。

Imgp2849_2


はるか彼方に梅花皮沢の雪渓末端。この規模は日本一かもしれない。

Imgp2855_2


藤十郎山尾根と正面奥に赤津山、右の一番遠い雲がかかっているのが二王子山。

Imgp2857_2


門内岳の西に連なる二ツ峰、一の峰、滝沢峰。

Imgp2858_2


東西が大斜面の門内岳と、奥には名峰朳差岳が見える。この秋には登りたい。

Imgp2851_2


この頂きに立ったのは4回目。飯豊で一番縁がある山。

Imgp2861_2


山頂から北股沢斜面ドロップポイントの肩に向かう。

Imgp2862_2


藪漕ぎをして、

Imgp2863_2


雪の斜面を登って、

Imgp2864_2


北股沢右斜面のドロップポイントへ。

Imgp2871_2


着いてみたら、登山道から直接雪庇の上を来れたのか↓…。

Imgp2867_2


石転び沢上部と梅花皮小屋もよく見える。

Imgp2868_2


北股沢へGo!

Imgp2876_2


最高の大斜面。

Imgp2881_2


この爽快感がたまらない。

Imgp2884_2


岩峰をバックに滑る。

Imgp2885_2


最高です。

Imgp2890_2


三角岩の上から滑り込んだ。

Imgp2891_2


左俣、右俣、滑った右斜面。

Imgp2894_2




Imgp2887_2


YouTube: 20130602飯豊石転び沢&北股沢右斜面滑降

石転び沢に滑り込む。

Imgp2896_2


延々と続くクルージング。

Imgp2901_2


次回は門内沢を滑ろう。地元の方からいい斜面を教えてもらった。

Imgp2904_2


あの小尾根を回り込んだら雪渓末端。

Imgp2905_2


冷やしておいたゼリ~~。

Imgp2908_2


ハクサンイチゲ。

Imgp2909_2


緑が濃くなったような気がする。

Imgp2910_2


温身平から振り返る。

Imgp2911_2


天狗平のゲートへ。

Imgp2912_2


飯豊温泉からの門内岳北面。
湯船に入りながらこの景色をのんびりと眺めた。最後まで贅沢な山スキーだった。

Imgp2923_2




201306bmp_2

コメント

立山(山崎カール・内蔵助カール・富士ノ折立南東シュート)<5/26>

2013-05-31 | 2012-13山スキー

5/26 雷鳥沢ヒュッテ(7:35)→大走り2480m(8:25/8:35)→2800m(9:25/9:30)→真砂岳2860m(9:45/10:15)~内蔵助カール滑降2680mまで→稜線(11:05)→富士ノ折立コル(11:40/12:30)~御前谷2410m(12:50/13:05)~鉄塔上尾根2140m(13:20/13:40)~黒部平駅(14:00)=扇沢
<天候:晴れ>

今朝も快晴の室堂。

Imgp2617_2


朝食も暖かい卵焼きにウィンナー付き。
朝食時間が7時(実際には6時45分)と遅めなのを除けば、朝風呂を浴びて至れり尽せりの山小屋◎。

Imgp2619_2


冬は里に下ろすブル。4月には半分雪で埋まった巨大な小屋を掘り出す働き者。

Imgp2620_2_3


テン場と雷鳥沢。

Imgp2624_2_2


穏やかな立山。アルペンルートの職員も言っていたが、立山は5月15日を過ぎて、やっと春山の柔らかい空気に変わる。

Imgp2625_2_2


奥大日岳をバックに。

Imgp2626_2_2


大走りからの真砂岳。

Imgp2630_2_2


気温が高く、クトーなしで登行。

Imgp2634_2_2


立山三山と山崎カール。

Imgp2631_2_2


最後は雪が消えた夏道を登る。

Imgp2638_2


ガレ場をつめて山頂へ。

Imgp2645_2


真砂岳山頂にて。

Imgp2649_2


山頂にいて雷鳥。今年の立山稜線では何度も出くわした。

Imgp2642_2


内蔵助カールと後立山連峰。

Imgp2651_2


いざ、内蔵助カールへ。

Imgp2655_2







YouTube: 20130526内蔵助カール滑降

素晴らしい大斜面。

Imgp2660_2


刻んだシュプール。

Imgp2669_2


富士ノ折立をバックに。

Imgp2665_2


稜線へ登り返す。

Imgp2672_2


稜線からの富士ノ折立。

Imgp2676_2


ガイドツアーが登ってきた。カールへ滑り込むのだろう。

Imgp2679_2


富士ノ折立コルへ到着。昨年に続いて、南東シュートから御前谷へ滑り込もう。

Imgp2683_2


こちらは4名いるので、神戸のスキーヤーに先を譲る。

Imgp2684_2


吸い込まれるように南東シュートへ。

Imgp2688_2


では、我々も。行きますよ~。

Imgp2690_2


この瞬間がいい。

Imgp2692_2


素晴らしいシュート。

Imgp2693_2


岩峰と雪庇の間を滑る。

Imgp2694_2


まるでスイスアルプスのよう。

Imgp2701_2





Imgp2698_2_3


YouTube: 20130526富士ノ折立南東シュート滑降

まだ御前谷ははるか下。

Imgp2702_2


急峻な斜面は至る所にスラフ道の凸凹だらけ。

Imgp2703_2


でも、この景観のなかスキーができるだけで最高。

Imgp2713_2


最後は扇状斜面。

Imgp2715_2


南東シュート全景。

Imgp2721_2


みんな充実感が。

Imgp2726_2


岩盤を磨く雪。

Imgp2722_2






YouTube: 20130526御前谷滑降

御前谷はクルージング。

Imgp2727_2


鉄塔尾根へのトラバース。このあたりの残雪も多い。

Imgp2736_2


尾根までステップを切って。

Imgp2737_2


鉄塔とたんぼ平。

Imgp2739_2


今年は縦溝もなく、たんぼ平もまっさらな極上バーンでした。

Imgp2751_2


ロープウェー下を滑る。

Imgp2754_2


黒部平駅からの立山東面。

Imgp2756_2


立山稜線と南東シュートが輝いていた。

Imgp2758_2


全員で記念写真。

Imgp2762_2


ダムからの立山三山。ここからもシュートがよく見える。

Imgp2763_2


里に降りたら、いつも立ち寄る昭和軒へ。

Imgp2769_2


★★★★★のソースカツ重。

Imgp2771_2


最高の天気に恵まれて、滑って、飲んで、入って、またまた楽しい2DAYSでした。

201305bmp_2

コメント

立山(山崎カール・内蔵助カール・富士ノ折立南東シュート)<5/25>

2013-05-29 | 2012-13山スキー

山域山名:立山・浄土山、雄山、真砂岳、富士ノ折立(長野県、富山県)
期  日:2013年5月25日(土)~26日(日)
参 加 者:みやぶー、ふくせんぱい、はなもりん、らがー
行動記録:
5/25 江南(4:00)=扇沢(7:10/7:30)=室堂2420m(8:55/9:40)→2750m(10:35/10:50)→浄土山南峰2840m(11:10/11:30)~御山谷2600m(11:45/11:50)→一ノ越2700m(12:00/12:25)→雄山3003m(13:15/14:10)~山崎カール~雷鳥平2270m(14:45)→雷鳥沢ヒュッテ(15:00)
<天候:快晴>

昨年に続いて5月最終週は立山へ。
今年は残雪も多く、しかも2日とも最高の天気に恵まれて、山頂からのカール滑降と温泉を楽しんできました。


黒部湖と赤牛岳。

Imgp2449_2


立山稜線がまぶしい。

Imgp2454_2


ダム下は新緑のさかり。

Imgp2455_2


快晴無風の室堂。暑さも半端でなかった。

Imgp2462_2


浄土山のトラバース。

Imgp2467_2


一ノ越に登る登山者の列。我々はトレースを外れて、浄土山カールを登る。

Imgp2469_2


富山大の研究所がある浄土山南峰。

Imgp2482_2


野口五郎岳、水晶岳の奥に槍ヶ岳も見える。

Imgp2487_2


五色ヶ原の向こうに、薬師岳、黒部五郎岳、遠くに笠ヶ岳。

Imgp2488_2


いざ、滑降へ。

Imgp2491_2


1本目は眼下の御山谷へ向かって~Go!

Imgp2492_2








YouTube: 20130525浄土山滑降


雄山を正面に広いバーンを滑る。

Imgp2505_2


いや~よかったね~

Imgp2510_2


龍王岳をバックに。

Imgp2507_2


御山谷に滑り込む。

Imgp2514_2


一ノ越まで登り返し。

Imgp2515_2


さっき登った浄土山南峰をバックに雄山を登る。

Imgp2519_2


雄山山頂まではガレ場を登る。普通の登山靴で登ったらあっという間なのに。

Imgp2521_2


龍王岳、鬼岳、獅子岳とカール群。

Imgp2522_2


御山谷も下の方まで雪がつながっている。

Imgp2526_2


雄山山頂。

Imgp2537_2


今年は除雪してあった社務所前の通路。

Imgp2538_2


御山谷と爺ヶ岳、鹿島槍、五竜岳。

Imgp2531_2


雄山山頂祠からの社務所。

Imgp2550_2


サル又のカールと黒部湖。

Imgp2559_2


大汝山稜線。東と西と斜面はまるで違う。

Imgp2553_2


真砂岳の奥に、剣岳。

Imgp2557_2


山崎カールに滑り出そうとするスキーヤー。

Imgp2546_2


雄山山頂の祠にて。

Imgp2562_2


夏道から山崎カールへの斜面を降りる。

Imgp2563_2


すぐ下には雷鳥のつがいが遊んでいた。

Imgp2564_2


山崎カールは上から見ても素晴らしい。

Imgp2566_2


山崎カールのシンボル、ニードルの脇を滑る。

Imgp2569_2






YouTube: 20130525山崎カール滑降


大斜面はどこを滑ってもOK。

Imgp2581_2


みんなにっこりです。

Imgp2589_2


風の凄さを物語る雪壁。こんなのが至る所にある。

Imgp2586_2


室堂山荘とターミナル。

Imgp2593_2


雷鳥平と奥大日岳。雪庇崩壊がすごい。

Imgp2597_2


称名川へ滑り込む。

Imgp2595_2


山崎カールを振り返る。何度見てもこのスケールに圧倒される。

Imgp2600_2


称名川沿いにつけられた春限定のブル道と、奥には浄土山。

Imgp2599_2


今年も雷鳥沢ヒュッテへ。

Imgp2602_2


まずは乾杯~

Imgp2603_2


次はお楽しみの露天風呂へ。3日前に地獄谷から引いたばかりだった。

Imgp2609_2_3


露天風呂は、直前に入った人が水でうめすぎたようで、超ぬるめでした。
内湯は超熱めで大変でした。ほっかほっかになって~

Imgp2606_2


再び生ビールで乾杯~!

Imgp2610_2


酔っぱらって夕食へ。食堂には、今年は我々4名のほかに3名の泊まり客がいました。

Imgp2612_2


夕食は弁当形式で、十分な量です。

Imgp2611_2


今日も最高でした。

Imgp2613_2




201305bmp_2


コメント (1)