民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Dayt.2741 正雄くん^0^

2014-07-31 10:54:54 | 民謡夜話
我が家で正雄君と言うと「草刈」
近々では草刈機のコマーシャルにも使われているようだ
草刈りは雨後か雨中が良い・・・なぜなら草が元気な方が切り易いから
ともあれ作業は30分も有れば済む・・・勿論やれば切りがないが駐車場周りをトリアエズ。

使用前使用後を比較してないが、茂りに茂った草も美しいがサッパリとサンパツするのも気持ちが良い。
トラちゃんやシャガ・・・花の終わりを見てから・・・
もう少し待ってトラちゃんの種子が散ると良いけど、他の場所で確保してある
日をずらして別な所をサンパツしようと思っている。



午前中に正雄君を済ませて・・・お昼を頂いて・・・高圧洗浄機にトライ!
甥が(妻の・・を省く・・今後)買って来て置いてあるヤツ。
使い勝手は説明なしでも使えるのが仙人の取り柄
数十年来の苔を吹き飛ばす。
ンで・・・



ンで・・・

ここまでやってたら甥が・・・突然・・・彼のやり方はスカン!
予告なしが流儀らしい・・・歓迎しないと言うのは違う、来て嬉しデアル
けじめの付くところまで・・・ホッタラで作業。
午後から9時まで居るならコチラもやり様があると言うものだ。
ワカイモンの気持ちはワカラン!と言う事にしておこう。

残りは又、と言う事を余儀なくされた


コメント

Day.2740 花もいろいろ

2014-07-30 09:55:55 | 音羽の百花撰
ここんとこ早寝・・・と言って12時半か1時には成る。
勢い、早く目が覚める・・・と言って8時半か9時・・・色々あって爆睡時間は短い。
用事のある日は目覚まし時計の世話になる
昨日の朝はコムラガエリで苦しんだ・・・あれはタマラン!



今はカサブランカ・ムクゲ・クチナシが美しい。
花色々と言ってもたったそれだけである。
今日は「花色々」ではなく「花もいろいろ」の話

たった二輪のブランカちゃんだったが気が付くと切り花になっていた。
二人暮らしなので誰の仕業かは明白だ・・・無意識の習慣なんだろう、雄蕊が切ってある。
ちょっと待って欲しかった・・・写真に撮るまで・・・でも不足は言わない

カサブランカとクチナシと言えば香りの両雄だ・・・玄関と言わずトイレと言わず
馥郁を通り越してむせかえる程に香りが満ちている・・・嫌いではない。
クチナシはもう少し楽しめそうだ。




花もいろいろは散り方である。
見事な散り際の代表は桜・・・それも牡丹桜ではない・・・これは武士好み。
美しく咲いたままコロリと落ちる椿・・・これは武士が嫌う・・・。
あとはたいていの場合花弁が順にハラハラと散る。
いつもそう思っていたが、ムクゲの散り方が面白い・・・初めて書く。

上は蕾・・・真ん中が終わった花・・・
暫く満開を楽しませて呉れたあと、こうやって細く丸まって「お行儀」に散るのである。
庭木の下も同じ状態・・・或る種床しい散り方に見える。
きちんと身仕舞いをして散るなんぞは、見習わねばならん・・・

ムクゲの終わりを見て、花もいろいろだと思った仙人でアリマス

コメント

Day.2739 さぶ!

2014-07-29 00:17:17 | 男の手料理
皆さんのお家も昨夜は涼しかったでしょ?
仙人チ・・・極楽の余り風を行き過ぎてサビかった

22℃と言やあ春先だゼイ
ステテコ&シャツで夏を過ごしているのに何を着りゃいいのサってとこ。
作務衣を羽織って丁度良かった



梅雨が明けて良いお天気が続くのは良いが・・・日中は熱中症のニュースが報じられる。
仙人の場合、大抵はドアtoドア・・・(車も含む)・・・だから
そのニュースもどこ吹く風?と、他人事だ。
時々顔を出す妻の甥も「熱中症寸前!」と、バテ気味・・・気を付けな!としか言いようがない。

勢いお昼は冷素麺の確率が上がる。
野菜サラダとお素麺では元気が出ない。
「煮サバ」が喰いたい・・・と言う気になった。
千中行って綺麗なサバを買った・・・二枚卸しにして貰って半分は塩を打った。
明日は丑の日・・・テンコモリに売っていた鰻を横目にタコを買った
蛸の足一本の値段に驚く・・・でもちゃんとしたのが良い。

と~~~っても美味しく炊けた・・・喰いたい時が美味い時・・・
どっかで聞いたようなセリフ
蛸の酢の物・トマト・枝豆・・・正に夏真っ盛り。
トマトは千中の帰り道、「畑にドロボウが入りよるよぉ~!」と電話してから頂いた。
余り大きくないキューリも4本・・・今日2本使ったが、これがまた新鮮な味は格別。
出来れば毎日2本くらい頂きたいもんだ

白飯(しろまんま)なら尚美味しかろうと思いつ酒の肴に・・・
相変わらず晩飯の炭水化物OFFは続いている


コメント

Day.2738 猛暑連日

2014-07-28 00:08:00 | いなか暮らし
連日猛暑でも良いのだが・・・猛暑連日・・・同じことなのに何か匂いが違う・・・
言葉ってオモシロイ。
仙人のカタカナ語も若干の比喩を含めている心算だが

「カナカナや ああカナカナやカナカナや 陽落ち夕さり 極楽の風」

肥後弁に就いては良く書くが、夜の事を「夜さり」と言う。
フムフムと頷いて呉れる読者が最低3名は居られる筈だ
その夜さりに付いて・・・

*****夜さりとは?
「さり」は来る,近づくの意を表す動詞「去る」の連用形から夜になったころ。
夜分・・・特に今夜・今晩の意を表すこともある。
副詞的にも用いられる。
「 時雨れた夜さりは・・・歌行灯・・・鏡花」*****

因みに「夕さり」は仙人語かと検索ってみたら・・・アリマシタネェ~
*****夕さりとは。
夕方になること。また、夕方。「夕さりは帰りつつ、そこに 来させけり」〈伊勢・六九〉夕さりつ方=夕方。*****

夜さりとは田舎で普通に話したことば・・・夕さりなんぞとは言った事が無い。
それだけにこじつけて見た心算だが意外や意外であった・・・てか・・・不見識この上もない

ンで・・・
カナカナが物悲しくもある夏の夕暮れ・・・
陽が落ちて夕べともなれば嘘のように涼しい風が・・・「嗚呼極楽極楽!」
山と言えども午後三時ごろに「ナンチャラ凪」と言うのが起こる。
風がピタッ!と止む。
その後で心地よい風が吹くので、その風を「極楽の余り風」と呼ぶのでR



コメント

Day.2737 カサブランカ

2014-07-27 00:00:01 | 音羽の百花撰
気が付いたらカサブランカが一輪咲いて居った。
良い天気であったので露を持っては居なかったが、それでも飛び切り美しかった
例年はもっと咲くと思っていたが、取りあえずもう一本のつぼみと・・・
こう言うものって植え替えをせんと行かんのか株が大きくなるのかさえ知らない。
大きく見事な金剛百合もいつの間にか絶えた。



カサブランカの花束を貰う機会も近年は途絶えた
華やかな時代は忘却とまでは言わないが思い出の彼方へ・・・
「なんか違う!」と思って来たのは雄蕊の所為だ。
白い花を汚したり着るものを汚したりするので、雄蕊を摘み取るのも常識ではある。
茶色の豊かなアクセントが「庭の花」の美しさを増す。
もう少し悪戯をしない雄蕊だったら摘み取られることもないだろうにね



遅れ咲きのトラちゃんもまだまだ・・・随分長い間咲いて呉れる。
酷暑38度の町とは別世界である。




庭を眺めてくれる人もないので切り花にした。
せめても香しいかおりを身近に感じたい。
雄蕊は取らないでおこう・・・精々気を付けよう・・・家人が摘み取ればそれはそれで
もう一本蕾があるから、もう少しタノシメルノダ


コメント

Day.2736 究極の・・・

2014-07-26 00:00:00 | 仙人の食べある記
昨日の話題から急転で面目ないが・・・
馴染みにして究極の鮨屋でご馳走になった。
安心安全を語るには過ぎた事で、此処までしなくとも信頼できる食材は有る。
だがしかし、ヤマトオノコに生まれて味わう鮨は冥利に尽きるものであるには違いない。
「カウンターでなかったら行かねぇ!」と啖呵を切った。
事実、運ばれる椅子席とは格段の差が生じるから不思議なものである。
江戸っ子と拙者とでは些か食べ順が違う。
拙者はアッサリから・・・火の通ったモノが出たら終わりの合図である。


まだホロと温かいのが良い・・・鱧でも水に放ったらもうアカン・・・
等と、好みを心得てくれるのが嬉しい。


何か抜けてるかもしれんが・・・箸が先に出る事が多い
雲丹の軍艦巻きは海苔とキューリでザンネンになる。
うに丼と称してこうやって出してくれる


「外人ですが土瓶蒸しはいかが?」と言われて・・・なかなか結構な味であった。
コレねぇ・・・ヤッパお箸が先に


マグロは赤身に限る・・・但し仙人好みである。
仙人は「一貫」主義・・・普通は二貫で来るが食べたい時はもう一度頼む。
マグロに関してはリピートした。


土用だよね・・・ウナギは外せない・・・コレもリピート
丑の日は29日だと言うけど一足お先に。


満腹加減を見計らって〆・・・本当の〆はかいわれの握り・・・今日のは格別良かったが・・・写真が
「ご馳走様ぁ~!」

大阪の一番暑い日「天神さん」・・・祇園の後祭り・・・狂気の暑さだった様子。
読者には多分想像もできない涼しさの中でPCをコチコチやっています。




コメント

Day.2735 ええ加減にセイ!

2014-07-25 00:47:00 | 蘊蓄ちくちく
「ええ加減にせい!」は売る方にも買う方にも

先日上海の食品問題が起きたと思ったら、今度はベトナムかい!
冷凍シシャモに殺鼠剤と「汚物?
汚物と言やぁウ〇コの事?・・・  

仙人もシシャモは買うがベトナムのベの字も書いてなかったゼイ!
ンならまだマシなの?・・・でももう信用しない!・・・喰わない・・・我慢する
結局はナメラレトンネン!
食糧の自給率の低さが「ナニクワサレテルカワカラン」状態を呼ぶ。
その上に低価格競争・・・競争は狂騒にもつながる。
でもね、ひと月の小遣いが〇万円とか言う人には必須の食品。
そこに良心と言うものが無ければ被害者が出る。

ナメラレテルと言うのは、何でもかんでも買い占める日本に憤懣があるのだろう。
こんな悪い事をやる奴は低賃金で働かされている輩(やから)に違いない。
「クッソー!」と思った気持ちが「糞=くそ」に現れた。
元より低レベルの人種と言われても反論はできまい
今夜はいったい何個のが・・・




ホームセンター程度では輪ゴムもmadeinChinaしかない。
国産では値段が合わないし利幅も狭いノだろう。
チョット使ったら「縮まない輪ゴム」・・・暫くすると溶けてしまってベタッとくっつく。
台所には案外必要な輪ゴム・・・ヤットコサ東急ハンズまで行って「本物」を買って来た。

特に気にしていなかった輪ゴムの大きさは「#16」・・・100gで680本と表示してある。
値段は覚えていないが、1本1円するかしないか・・・それが勿体ないかどうかだ。
「わあ!ヤッパ弾力がチャウわ!」が妻の言。
屹度このメーカーも販売不振に陥っているに違いないが
何時までも頑張ってもらいたいモノである。

こんなものを「ためつすがめつ」見る事は無かったが、見たくなる心境だ。
メーカーは大阪市西成区橘・・・とあった。
町工場かもっと大きいかは知らないがエールを送りたい。
衛星まで飛ばせる技術を持つのが大阪の誇る「町工場」なのだから。

いい加減な食品のニユースに「優秀な国産品」の事が書きたくなったのでアリマス。


コメント

Day.2734 絨毯洗浄

2014-07-24 10:26:00 | いなか暮らし
数年来の懸案であったカーペットを洗う。
甥が丸めて担ぐ・・・「重た!
これが後でとんでもない事になる

それにしてもエライ恰好やな
自分の背中を見る機会は少ないが、こんなに丸いんや
高圧洗浄機で洗い流し・・・さて・・・高さを付けようと持ち上げ・・・
言うちゃ済まんばってん・・・チョットしたカーペット・・・厚みの分だけ重い。
そこでブロアーなるもので水分を吹き飛ばそうと企んだが・・・
案に相違してどうにもならん。
写真はそのブロアーを背負って格闘中!

数時間経って幾らかしずくが落ちた所を見計らって・・・エイヤッと肩を入れて・・・
センニンデハアリマセン
何とかサンルームに運び込んで貰った・・・外に放置しても良かったが
「誰が運ぶねん」となると心許ない。

段ボールを敷いて、新聞紙を上からかぶせて・・・足で踏んで・・・
しかしこのままでは当分かわかない。
今朝になって扇風機を回す・・・
真ん中に鉄棒を入れて持ち上げねば・・・これからである




ンで・・・何でもあると言うのは何かの役に立つ。
長い鉄のパイプを双方の脚立に渡して・・・
ヤットコサ「これで良し!」
乾くのに数日はかかるだろうが「これで一安心」
滅多なことは無いだろうが、皆さんに「これは止めといた方がヨロシ
朝からひと汗もふた汗も掻いてしまったのでアリマス


コメント

Day.2733 食の安全

2014-07-23 00:45:45 | 男の手料理
台湾だか中国だかから・・・ひどい食材てか、半製品を仕入れてるんやなぁ。
ファストフードは最安値を競うから仕方がないっちゃぁ仕方がない。
あんなものを食べずに済めばそれだけで幸せと言える。
先日の焼肉だってネタ元は知れない
仙台名物「牛タン」だって、仙台の牛だけが舌を10本も持っている訳ではなかろう

仙人の「男の手料理」もお見飽きだろうが、根底はソコにあるし
食材の確かさが一番のご馳走なのである。
とは言いながら、全てが賄えると言うものでもない。
割合の問題だが心掛ける価値はある。
「少なくとも信頼できる」・・・が、ボーダーラインだ

蕎麦の乾麺が有った。
計画的にお出汁を引いておいた。
長芋も「そのうちに」と思って買って有った。
常備のネギ・刻み海苔・・・これで製作費150円以内のご馳走は請け合いだ
味も勿論お任せ!
とろろ汁には卵黄も入れたかったが、妻が生玉子アンチなのでなしにした。
これで夏野菜のサラダを少し・・・今日も良い天気、良い昼食であった。




コメント

Day.2732 憂さ晴らし 

2014-07-22 00:14:14 | 民謡夜話
憂さ晴らしとは穏やかでないが、良く出来た言葉はである。

憂鬱、と昨夜書いた・・・鬱は晴らせないが、憂くらいなら晴らせる・・・と言う事か
そんな大層な事ではないが、海の日と言うワケノワカラン休日・・・良いお天気で心地よかった。
昨日一日中町に居たので、心地の格差をはっきり感じる。
ベッドに入ると、肺の中から排気ガスの匂いが出てくるような思いに苛まれた。



そんな今日、気が付くとのムクゲの花が咲いていた。
・・・木が大きくなって間近(目近)に見る事は出来ない・・・写りが悪いのはバカチョンズームだから。
コレも「剪定してしまおう」と言う気になる・・・キットそうなる


夕食にほぼ楽しみが無いので、休日の家昼食は楽しみだ。
と言って・・・ほぼ毎日が休日に近いのに、日曜日とか旗日は格別なのが面白い
こんな昼食で憂さを晴らせるのなら大したコトじゃないね
家飯はどうしても量が多くなる。
美しく見えるだけ皿に盛る・・・と言うのではないし、半端を別に残すと言う事も考えない。
トマトを2個・キューリ1本・ナンチャラ豆・満願寺唐辛子・薄焼き卵と若干の豚肉。


冗談や嫌味でなく肌寒い位の今日、温麺にしようかとも思った・・・が
冷やしそうめんの時季もそう長くは無い・・・ンで決まった
今日は3把を二人前とした。


コメント

Day.2731 憂鬱

2014-07-21 11:50:00 | 民謡夜話
中央へ行くといつも憂鬱になる。
事情は書かないが、プレッシャーに耐えられる体力がなくなった所為だろう。
残り時間との戦いだと自覚する。



さて、

カンカラ照りの中、電車で今日の開催地へ向かう。
JR茨木駅・・・少なくとも右から6名の若い衆はスマホに夢中・・・
写真の向こうもその向こうも同じ景色に違いない。

電車の中では流石にシャッターを慎んだ・・・おじさん&おばさん以外は殆んど夢中で・・・。
この熱心さで参考書に臨めば、日本の将来も期待できるのに・・・なぁ~んて思う。
但し、まともで優秀な青少年が居ないと言っている訳ではない。

目の前の席で40絡みの若いおっさんが漫画本を開いてニタ付いている・・・キモい
スラリとした白い大根や黒い大根もイッパイ見た。
山で霞を喰って暮らしている仙人には世相現実がすぐには吸収納得できない。

天気予報では夕方に雨模様・・・折り畳み傘を探したが・・・探す時には見つからない
案の定4時過ぎに夕立が来たが、その後の会長会が終わったころには晴れて来た・・・助かった





この会場へはたいてい電車・・・5~6分歩けば済むからである。
お弟子たちは早々に帰ったので一人・・・勿怪の幸いでもあるが初めて街角の焼肉屋に立ち寄った、
帰路、ジャスト5時だったが、「いいですよ」・・・と言われ店に入る。
表の看板にはいかにも安い表示・・・ダイジョブカナと思ったが量を見て納得
三種注文して5寸の皿に「チョコナン!」
結局もう一度リピートする量だから上手く考えてある。
生中一杯と少し焼いて1000円で帰る・・・我慢が手伝えば可能である。
が・・・仙人・・・そうもいかない

家でナカナカ食べれないのがテッチャンとレバー・・・こう言う所では優先する。


レと・・・タン。
値段からして贅沢は言わないが、こうなると大安のタンが食べたくなる。
中ジョッキのサイズもイロイロあるの?
そんな疑問も湧いたが3杯に済ませた。
気分がよくなった後・・・アノ電車地獄がマッテイタノデアリマス

お昼の楽屋弁当では60日振り?に銀シャリを食った・・・美味かった
待て待て!・・・数日前に一飯食したかもしれない・・・それほどの久し振りであった。

茨木駅に置いてあったマイカーに・・・「あぁ~極楽極楽!」
こんなに素晴らしい環境はない・・・と再認識。
帰り道・・・シッカリトマトを頂いて帰る・・・これはまたこれで「口福的極楽」である。




コメント

Day.2730 名取研修会

2014-07-20 22:25:25 | 民謡夜話
梅若会の名取研修会・・・150名ばかりが集って「ピーチクパーチク」
若鳥は少なくヒネ鳥が多い・・・・・・これは仕方のない現実
我が会からは3名のお弟子が奮闘!
仙人は古い昔のテープを参考にすることが多いので何時も若干の問題はある。


左から理事長・拙者・理事長の高弟。
久し振りのⅤサインだが、中指が伸びてない・・・老化現象だね
中指と人差し指でのサインは「ピース」ではないと聞いている。
このサインは「やったぜ!」のサインに近いそうだ。


なかよし君達と・・・しっかりボカシを入れて・・・顔が喜んでいないのは・・・
呑んでない所為・・・当分笑顔になれる機会はなさそうだ。

何時も何処へでも車で行くが、きょうは電車で行った。
僅かな下心は当たらず、一人呑みで帰る事になった。
行きは良い良い帰りは・・・終了時は雨であったが会長会を終えて帰るころには回復。
歩き・・・階段・・・電車・・・事故による電車の遅れ・・・暑い!

駐車場事情が不明で電車にしたが来て見ると駐車場の心配は無かった。
「今度はデッタイ車や!
日頃ご無沙汰の朋輩衆に沢山逢った・・・これが収穫と言えば言える。
老いの目立つ人を沢山見た・・・キット仙人もそんな目で見られたに違いない。

ンなコンなで長~~~~~~~~~~い一日は終わった



コメント (2)

Day.2730 戦慄走る!

2014-07-20 01:00:00 | 蘊蓄ちくちく
土曜日のお稽古は駅前。
地下二階の駐車場に車を止める。

少し早かったので車中でイップク。
「キイーーーー!!!」とも「ギャーーーー!!!」とも聞こえる子供の声。
地下二階・・・拡声器(スピーカー)を通したほどの声は凄まじかった。
思わず車から降りて見ると、2歳ばかりの男の子が泣きながら
「ママがドアを開けてくれへんねん!」
と、見ず知らずの拙者に助けを求めて走って来た。

刹那、若いママが飛び出して来て男の子をひったくり後部座席に押し込んだ。
即、泣き止んだ・・・男の子にとってはそれから先に地獄が待っていたかも知れない。
ショートパンツにショートカット・・・ママは可愛い顔をしていたが化け物の様な化粧でもなかった。
家に帰って・・・その子のパパはママと坊やのどちらを殴るか・・・と思ってしまった。
家に帰ったら「一家団欒」が待っている・・・とも思えなかったからだ。

貧しい家庭とも思えない・・・今流行のピカピカの新車だった。
読者の家庭や我が家では到底起きそうにない事が現実にある事を見て戦慄が走った。
「躾」と言う弁解なら到底聞き入れられない。
ニュースで見聞きする虐待・・・大小の差はあれこんな事の延長なのだろう。
抵抗できない小児への虐待が一番の大罪なのである。




閑話休題・・・嫌な話のあとは美しい花で自らを癒しましょう。
雨に咲く花・・・なんて歌もあったっけ昭和は遠くなりにけり。
雨に咲く花は美しい・・・気が多いようだけどクチナシも優位一二を争う

心豊かで心優しい大和人気風が風化しないよう願うキョウコノゴロデアリマス。



コメント (2)

Gay.2729 暑いね!

2014-07-19 01:05:00 | 男の手料理
土用・・・ウナギの話がテレビを賑あわせている。
仙人と鰻がますます縁遠くなりそうな気配は拭えない。

そんな贅沢は他所ンチの事としておいしい豆腐が届いた。
おまけに黒豆の枝豆も・・・

「ひややっこ えだまめビール コンチキチン!」
おいしいお豆腐はいつの季節もおいしいが、この豆腐は夏にその真価が・・・
よく冷やして先ずはスッピンでパクリ!
それから醤油タラリ・・・ネギ・ショウガなどの薬味は却って風味を損ねる。
この豆腐に関していうなら木綿豆腐でも冷ヤッコ・湯豆腐にも耐えられる。

「豆乳どうしたらいい?」
「にがり入れといたから豆腐作ったらエエヤン!」
「やってみるワ


毎年この時期に黒豆の枝豆が届く・・・多くはないが十分な量。
今年は実の入りが・・・それとも早目の収穫か・・・やや小さい。
ご承知の通り大豆の枝豆とは比較にならない美味。
妻の茹で加減は秀逸・・・これだけはまだ手を出さない仙人でR
豆腐と枝豆だから今夜は豆尽くしだ

おてんとうさまのトマト・・・おてんとうさまのキューリ
国産大豆が自慢の濃厚な豆腐・・・何ともありがたく美味しい「夏」である。
コメント

Day.2728 しゃくしち

2014-07-18 01:00:00 | 民謡夜話
Burogの肩書に「民謡&三味線の師範。油絵・日曜大工・釣り・料理と多趣味」
と書いているが、「油絵・日曜大工・釣り」は削除せねばならん状況にある
理由は年齢その他である
そうなると残るのは・・・

残る二つは正気の最後まで死守したいものだと思っている。
そんな中、シャクハチ(尺八)ならぬシャクシチ(尺七)を新調した。
予告しておいたのですでにご承知だが、半年ばかり前にうっかり買った太いのを交換してもらった。
若干のペナルテイーと差額を払った・・・が、交換してくれる好意がうれしかった。
結果は「オーライ!」であった。




この金額が高いか安いかは買う人の気持ち次第。
単細胞なオッチョコ仙人はあれこれ悩んだ末に買うタイプではない。
ンで・・・失敗が多いのだ
ンでも・・・くよくよ後悔することは余りないが、今回は思い切って相談した。
これでケースの中が似た者同志?になってきた
尺八についてはヨセコセだが、ノープロブレムである




「白いですね!」と・・・ある時言われた。
自慢の尺八を振りかざしている人の多くは時代掛かった黒い竹(尺八)を持っている。
写真中央が今回のもの・・・「吹き込む」と良く鳴るそうだが、そこまでは行きそうにない

向こうから尺八寸・七寸・六寸・・・その六寸は知る人ぞ知る「玉水銘」
新管が何本も束になったような価値・・・だそうな
だそうな・・・と言うのは頂きものだからである・・・なるほど良く鳴る。
ここにきてヤットコサ音が出るようになってきた。
ヤットコサである・・・フッとコツが掴めた気分だ。
新しいものが手に入ると触れる機会も多い。
深夜・・・思いっきり吹く・・・仙人チはそれが可能な環境なのでアリマス

高槻で熊が出たそうな・・・夜のゴミ出しはやめよう!

コメント