民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.2895-2  準備完了!

2014-12-31 22:52:01 | 男の手料理
お昼からゆっくり鯛を焼いて・・・のんびりと手抜きの煮〆づくり。
右奥の開いている所は今の所別容器に・・・酢レンコン・たたきごぼう・数の子などが入る。
チッコイチッコイくわいを頂いた・・・「皮剥かんでも行けますよ」
の言葉通りに炊いた・・・「フムフム!」・・・チッコイ乍らにイッチョマエの味
鴨肉を甘辛く炊いてみた。
手間と言えば出汁巻きが手間と言える。
3本しか焼かなかったが案外しんどかった



9時ごろに「年越しそば」・・・今回は鴨なん蕎麦・・・出汁巻きのヘタとかかまぼこのヘタとか。
いつもながらにオイシュウゴザイマシタ
・・・と「悪態」をついて2014年のblogはこれで終了です。

盲目のピアニスト、辻井伸行くんの超絶演奏を驚愕の思いで聴きながら年の改まるのをゆったりと待っています。
どうぞ皆様も良い新年をお迎えください。
又来年もよろしくお願いいたします。
コメント

Day.2895 大みそか

2014-12-31 14:56:56 | 男の手料理
「また来年また来年と 大みそか」と言う古川柳がある。
出来なかったことや仕残した事は多い・・・誠に上手い言い回しじゃオマヘンカ

大みそかの大仕事?・・・睨み鯛を焼く。
去年も今年もおっちゃんから鯛が届かなくなった。
不漁と寄る歳波の所為で来年が期待できると言うのではない。
天然鯛を少し前に買って冷凍・・・昨夜から自然解凍。



割り木をタップリ燃やす・・・補助の炭もついでに・・・薪の燠(おき)は持ちが悪い。



すっかり煙の出ない燠になった・・・この間30分・・・これだけが手間である。
後は気長に待てばふっくらと焼ける。
遠火の強火と言う奴だ



充分に燠が残っていたので、「保険」に買っておいたのも焼いた。
火力の低下でいい塩梅に焼けた・・・すぐに頂いたらホクホクでオイシソ



うろこ付きだからコレで焼きすぎではない。
焼きの全てが終わったら2時・・・2時間かかった。
コメント

Day.2894 こ

2014-12-31 01:24:24 | 民謡夜話
ナマコの名前は「こ」と言うのが正しいそうだ。
分かり易いのはヤッパ「なまこ」。
ナマコ・・・漢字では「海鼠」が出て来る・・・言い得ているかも
何にしても最初に口に入れた人はエライ!・・・そんな食物は多いが、ナマコこそ最たるものではないか?

ナマコも好物の一つ・・・好物と言えるものは高いのでカナワン
料理として出て来ても、ぬめーっと糸を引く様なのは褒められない。
だから調理済みのモノは決して買わない。
まだ景気の良かったころ、良く通った茨木Kホテルの寿司場の花板に教わった調理法が
ナマコの調理を容易にし、食感もダントツに良くなった。



片手鍋に番茶を煮出し、沸騰したらナマコを入れる。
コロコロ転がし5秒を数えてすぐに取り出し冷水(水道水で良い)で冷やす。
茹でるのではアリマセン・・・ぬめりを処理するのデス・・・くれぐれも手早く。



ビロ~ンとしていたナマコはころりとした海鼠に成ります



割って見るとこんな風です・・・内臓を綺麗にとって、四ツ割にしてから両端の口と肛門を切り取る。
正に仙人好みの綺麗な「身」にナルノデス



良く切れる包丁で・・・皮が剥けずに切れたら成功です。
塩とお酢で味付け・・・香り程度に薄口しょうゆ・・・と言うのが仙人味。
一晩たってから・・・勿論すぐにでも美味しいですが、
この際はお正月に頂く事とイタシマショウ

「このわた」は「海鼠腸」・・・加工品の「このわた」になる前は「この子」と言う。
この子の中に黄色い卵巣がある。香り高く美味ではあるが手料理では矢張りちょっと躊躇する。
信頼できる花板に出された時は美味い!と頂いた・・・
信頼できる人の調理なら安心して頂ける・・・そこが「料理」の真髄だろう。

明日は妻とおせちを・・・テリトリーを分けて・・・












コメント

Day.2893 松飾り

2014-12-29 19:38:38 | 民謡夜話
昨日は一日中雨・・・
今日は暖かかったね・・・裏の寒暖計も+5℃。
最後の買い出しに千中まで・・・駐車場マンパイやろうな?
心配し乍ら着いてみるとガラスキ・・・もうみんなドッカへ出かけた・・・当然やね
普段と同じスタンスでオタオタしているのは仙人位のもんだ
根菜とナマコを買った・・・おせちも形ばかりで良い。

お天気になって暖かくて良かった。
大きなものは中止としたが、ままごとのような松飾を作ることは計画に有った。
Kさんのお宅で南天や梅を頂いてあったし、葉牡丹も買って有った。
去年切ったドデカイ竹が未だ青みを持っていたのでバッサリ!
篠竹の・・・イカガデゴザイマショウ?


玄関の下駄箱の上に・・・普段の飾り物を片付けて鎮座。
「フムフム、なかなかのモンじょ!」と、自作自賛
かまぼこも届いた・・・お餅も明日には・・・残すところもあと二日。

招く正月、招かれる正月夫々に・・・お天気だと良いね。
コメント

Day.2892 ザボォ~~~ン!

2014-12-28 20:00:20 | 老境ものがたり
「♪ながさ~き~のザボンう~~~り~~~!」
近年は品種固有名詞か「晩白柚=ばんぺいゆう」と言うのが主流・・・しかも八代(やっちろ)。
ほろ苦くてジューシーでポリポリで・・・複雑で独特の味と食感。
ナニゲ(破壊日本語)にしおりを見ると皮の食べ方も・・・いいね
因みに皆様ご存知の八代は肥後弁で「やっちろ!
八代亜紀をヤッチロアキと呼んでください・・・うそです

送り主は故郷の姉・・・可哀そうだが独り暮らしである。
幸いな事は遠くない距離に嫁いだ娘が居る事・・・
まだまだ当分は大丈夫そうだと思っている。
お礼の電話を入れた・・・耳が遠くなっているので丁寧に。
仙人の近況はその姪から伝わっているようで姉も喜んでいた。




普通みかんと
「お!、こんなお鏡さんもオモロイナ」なんて・・・
門松はいつも一緒に作っている方が喪中で、中止となった。
竹の切り出しから独りでするのはしんどいので仙人チも・・・

ンで・・・「ああしようかこうしようか考え中~!
コメント

Day.2891 もういつつねると~

2014-12-27 22:56:01 | 老境ものがたり
もう幾つ寝ると~・・・でした
お正月が待ち遠しかった若いころは遥かな遠い昔となった。
小さくとも豊かな、厳しくとも自由な・・・忙しい若いころは
週休二日はおろか祭日のお休みとは無縁の個人営業の陶器店。
まとまった休みは盆と正月。
もう幾つ寝ると~」は大人になってからも続き、稼業のリタイアまで続いた
大晦日、仕事を終えて帰ると紅白歌合戦は終わっていた
あのころ見たかった紅白、見れるようになってからはサッパリ面白くなくなった
ンで・・・今は見ない。

民謡を専業にしてからは12月も月半ばからフリー・・・ネンノタメ

逢う人毎に「良いお年を」・・・今年最後の例の魚屋にも。
30日までやりますと言うけれど多分行かない。
ンでンで・・・ことし最後のお寿司という事にナリマシタ
何の変わり映えもないけれどハマチとヤリイカ。
ハマチは嫌いと言ってたご予約さんも天然のしかも今のハマチには舌鼓。
「レにしても良く切れる包丁ですねぇ~
「研ぎがチャイマス

ハマチは切り身が細いので切り目を入れてから切り落とす。
それを開いてシャリに乗せる。
烏賊は短冊に切ってから包丁目を・・・裏表交互の斜め線に。
烏賊は包丁を入れるほど甘くなると言う情報をさっそく実行・・・
厚みのある烏賊も格段に食べ易くなった。

例のお気に入り焼酎もお正月用にと頂いた。
杵つきのお餅も頼んだ。
後は根菜と青菜をチョット買えば・・・良い正月になりそうだ
コメント

Day.2890 今年も点点点

2014-12-26 20:24:24 | 老境ものがたり
昨日もチョコット散歩。
どうと言う事ではないが、あと10分で帰宅と言う所で霙(みぞれ)が降り出した。
寒いから雨がみぞれになる訳で、その霙に打たれても走る事は出来ない

スキー帽も上着もトレーナーもビチョビチョ。
もうチョット寒かったら雪か霰(あられ)になって・・・となれば払い落とせる
滅多にない災難だった



安物買いのナンチャララ・・・インクの非正規品を買った事はUPした。
最初の二本は上手く行ったが、三本目からプリンターが受け付けない
ンで・・・また二本が交換という事になったが・・・正規品を買いに行った。
未使用のモノも捨てた。
最初の価格差1000円をケチった為に大変な無駄をした
プリンターが壊れる心配もあるとかなんとかの警告も有ったし・・・
僅かな事で、正規品を使いましょう
レにしても・・・非正規品の意味アルンヤロウカ?

参考までにプリンターの値段を見たが・・・安いねぇ~!1万2~3千円?
ンで、インクセットが5000円?・・・ドウナッテ万年
これも直近の災難と言えば言えなくもない


散髪行った。
サッパリした。
これも正月準備?
流石に混んでいて1時間余り待った。
これを今年最後の災難にしたいもんだ
コメント

Day.2889 ホッコリ!

2014-12-25 22:16:16 | 男の手料理
毎日同じサラダに見えるけどそうでもない。
今日の野菜にはレタスが入ってないしトマトも・・・ゆで卵も

今夜は「ほっこり!」静かな夕食をしようという事になった。
昨日は一日クッタクタ!
「誰の誕生日だっけ?」って感じ。

喰う事専一の方は良いが、亭主となるとそうはいかない。
お皿に半分残った料理は今日の昼食になった。
ハンバーグと海老を温めてトーストでアメリカンドッグに・・・海老がプリップリ
ちゃんと計算は出来ていて滅多に買わない食パンを買っておいたノサ。

残してあったフィレを湯引きに・・・毎日でも飽きないサッパリ感と美味。
美味しい頂き物のチーズをタップリ・・・後はお野菜。
何を呑もうと企んでいるかはご想像の通りだ
お肉は作りたてでないと美味しくない(特にこの料理は)・・・冷蔵庫に入ったら味半減。

栓を抜いてから気が付いた・・・ア、最後の一本やった
ままよ!・・・と・・・ゆっくり楽しんだ。
次からは(機会が有れば)イヴイヴに招客をを済ませて、イヴはこうやって楽しもう。
さて、明日は気分次第でサンパツという事にしよう。


コメント

Day.2888 誕生日顛末記?

2014-12-25 10:02:22 | 老境ものがたり
結論から言うと「爆沈!」。
お昼のお客と夜の訪問者で・・・グロッキー・・・UPが日をまたいだ
妻の協力を得乍ら簡単な料理で「楽しむ」。
ワイン&チーズとかブレンデーとかCDとか、好みのお土産とともにやって来る。
スキクナイ贈り物には極端な顔になる仙人のヘキ=癖=を知っているヒトビトだから



この際は簡単なものが良いに決まっている。
先日試作したソフトハンバーグともミートローフともつかないセンニンゴチソウ
玉葱・大蒜・人参・椎茸・粉チーズ・オリーブオイルをプロセッサーで・・・繋ぎは人並み
3人前400gは丁度いい量か?。
近頃お気に入りのクッキングペーパーが活躍。



トースターでゆっくり・・・ゆっくり焼くのがソフトな良い結果に繋がる・・・バターを使わない。



フィレの湯引きは誰にとってもゴチソウ・・・絶妙の湯加減!
と・・・自分で自分を褒める・・・勿論評価は・・・。
焼きチーズもチョビ!・・・チョビが良い。







夜はぼたん鍋・・・昼食後二時間ばかり昼寝をして体力温存?
手慣れた支度が済めばあとは火を点けるだけ。
但し、営業でない客(たとえば友人)には大根と猪肉を一時間ばかり煮込んでおく。
勿論美味しく頂くためである。
写真手前が極上、その奥は「女子供用」である
「はじめて!」と言う客への配慮でもある・・・とともに・・・単価的配慮も



十六屋特製はお豆腐の代わりに厚揚げ。
小餅の巾着も若いモンの為に初投入!・・・正解であった
仙人もシーズン初・・・今期は猪の焼肉にも及びたいが、何せ煙が・・・
この環境でないと果たせない事だから・・・思い切ってやって見っかな!

結果、ワインと焼酎で爆沈したのでアリマシタ

コメント

Day.2887 笑っていいとも!

2014-12-23 22:03:00 | 民謡夜話
朝から買い物に出た。
先ず「肉の大安」・・・到着してエンジンを切る・・・そこで事件が!

説明して理解を得られるかはともかく・・・
「キーA」は外出用のズボンにシッカリ・・・服装が変わってもモンダイナイ。
「キーB」は勝手口に引っ掛けてある。
ウオーミングアップが習慣の仙人(てか、冷蔵庫状態の車にいきなりは
「キーB」でエンジンを掛け・・・キーBは勝手口へ引っ掛ける。

チョットそこまでだから、トレーナーのままでブイ~~~ン!
「キーレス状態」のサインは出ているが気が付かない・・・
エンジンを切ったら「それっきりそれっきりモォ~


「車、空いてない?」・・・「どうぞ!」と貸して呉れたのが・・・↑
「ハンドルがちょっと具合悪くて」・・・「構わん構わん」
とは言ったが、片手では切れない重さ

キーBを取りに帰ってほぼ30分無駄にしてヤットコサ落ち着いて買い物。
さっきまで空(す)いていたのにお客が数名並んでいた。
普段に無い暮れの、しかもクリスマス前の列に並んだ。
フィレと特注のあいびきミンチ、切り落としと猪肉と・・・大散財だ

特注のあいびきミンチは正に特注・・・切り落としもシンジラレナイくらい美しい。
「大阪市内からです」行列の夫妻が話しかけて来た。

明日の来客は自慢の「ししなべ」にする。
あ、今夜のカキフライ、待ちきれず広島産をチョビット買った
期待はしなかったが・・・であった。
コメント (4)

Day.2887 おそうじおそうじ!

2014-12-23 01:20:20 | 男の手料理
サビィ~よ!
と言ってもマイナス気温ではない。
ではないが、アトリエでお勉強をしようと言うにはチト無理がある。
広いし天井高いし・・・全くの夏型仕様。
デスクはと言うと隅の方に4畳ばかりの仕切りをして・・・
まるでモンゴルの箱型ゲル?(そんなの有るか無いか知らないが

ンなわけで、お部屋の掃除と言うのでもお庭の掃除と言うのでもない。
「冷蔵庫&冷凍庫の中」だ
もうじきお正月用のなんやかんやが・・・大みそかから3~4日までは買い物に出たくない。
沢山は要らないがそれでもナンヤカンヤ
いまどきは必要なら2日ぐらいからお店は開いている・・・ただメンドイだけだ

帰ってくる家族がいる訳でもなく、来客が多いと言うのでもない。
でもないけど「お正月」ナノダ
昔と違って毎日がお正月なのだけど、ヤッパ「お正月」ナノダ。
正月の準備はもうすでに始まっている・・・録画を撮り溜めたり・・・
画面いっぱいにワイワイガヤガヤの番組は仙人には耐えられない。
「ンならドンナンやねん!
「例えばモンクとか・笑点とか・落語とか・・・
ささやかな抵抗であり善後策である。

お掃除料理?・・・見た目は良くないがとても美味しかった。
昨日おとといとご馳走であったが、モンダイナイ
ご予約様の箸の運びも仙人チのバロメーターなのでアリマス


コメント

Day.2886 大阪城落城

2014-12-22 00:04:05 | 民謡夜話
軍師官兵衛は大阪城落城と官兵衛の死で終わった。
その三代目のお城の写真はパクリ!・・・カメラを持って行かなかった
スマホだとかなりきれいな写真が撮れるようだが拙者はガラパゴス

その大阪城の真ん前のホテルKKRで会長会が開かれた。
来年から再来年に亘る長期の計画・・・問題は多いが何とかクリアー。
53周年を迎える訳だから気心は知れているが、問題は高齢・・・如何ともしがたいが
ギョウカイ、皆同じ悩みを抱えている



これもええ加減な写真・・・ホテルのホームページで写真が見当たらなかったので他からパクリ!
松花堂弁当であったが、天ぷらや茶碗蒸しが付いて中々のモンであった。
予算のほどは知らない

和気藹々の会食後・・・「良いお年を!」で今年の行事がすべて終わった
24日は拙者のバースデイ・・・何やらセワシナイが、忙しかった現役の頃を思えばである。
「幾つになりました?」
「果て?・・・」・・・正月は冥途の道の一里塚、を実感するキョウコノゴロデアル
コメント

Day.2885 忘年会

2014-12-21 00:01:00 | 民謡夜話
先日予告の「今年一回だけの忘年会」。
正直言えば夜の宴会だったら多分お断りする。
ご馳走を頂くのも良いが「面倒だ!」と言うのがキョウコノゴロの心境
夜分には飲酒運転も禁物だし・・・他にも色々ある

何にしましょう?と言うところから始まった忘年会だが、
フレンチもイタリアンにも食指が動かない。
和食ったってねぇ~・・・ソンジョのお寿司もねぇ~・・・
ンで・・・中華という事になった。
仙人、外食で興味があるのは中華・・・お家ではとても真似できない部分が良い。
それにフツウの忘年会のバヤイそれ程の予算を立てない
ンでンで・・・ますます中華料理となる
余程手先が器用でないとこんな↑料理は出来ないジョ


 
ふかひれスープ・・・仙人は「フカヒゲスープ」と呼ぶ・・・そのわけは 


ブリとか言ってたような・・・久々の香草、コレは良い。


河豚のから揚げ・・・モチョットイタダキタイ・・・


蛸と烏賊のライスペーパー包み・・・エッ!タコハドコ?


エビシューマイ・・・後2個は欲しいね


ホタテとイカと野菜の塩味・・・


何だっけ?何だっけ?忘れた・・・姿が見えないので・・・
此処まで来て、「はて?・・・シェフが立ち直ったか?」と思った。
今日はやたらと取り合わせの色が美しい(写真写りはワルイデスガ)味も普通に優しい。
それが後になって「ソウヤッタンヤ!」となる。


三元豚の甘酢・・・甘ァいけどこれはこれで良い・・・エビマヨなどに通じる。


〆のラーメンってか「汁そば」上品な味で好感。


ジョシ好みのマンゴープリンと胡麻団子でフィニッシュ。

寛いでいるとシェフが挨拶に上がって来た。
聞けば松〇さんは独立したとの事・・・福島区だと・・・訪ねるには遠い。
先の疑問が解けた・・・「そうやったんや!」
レにしても、仙人の味覚&視覚は鋭い・・・

料理は以前より黒っぽくなったら要注意。
一概には言えないが、料理人の気持ちもどこかに現れるもんだ。
何はともあれゴチソウサマ・・・日曜日は「会長会」で又お出かけ・・・
月曜日からのんびり出来るかな







コメント

Day.2884 年賀状書き

2014-12-20 00:10:00 | お散歩日記
年末行事で一番気が重いと言うかメンドイと言うか(失礼)・・・。
だが大方半分くらいの人はそう思っているはず。
但し、本当に出したい人と思う人は誰にもある。
それだけで済まないのがツライトコロだ。

「定年退職を機に止めた」と言う方をblogで見たが、区切りの有る人は良い。
仙人の仕事には定年が無い
ンで・・・最小限に止める・・・年々減らす。
結果から言うと民謡関係で25枚+田舎&友人で15枚と言うところ。
年賀状を頂いた方に返事を出さない事には、可成り負担を感じるがそこは我慢。

本文はコピーとワープロと自筆をまぜまぜ
金釘流乍ら表は手書き・・・と言う感じ。
昔はもう少しましだったが、指が固くなって細字はサッパリだ。
頂く印刷の年賀状にも、数文字の書き込みがあるだけで嬉しい仙人である。



今日のカテゴリーは「お散歩日記」・・・ナノニ
少しだけ降った雪が解けてビチャビチャの所もある道を今日も歩いた。
雨さえ降らねば良いのだ。
ヘッドホンで・・・今日は「丹波の民謡」・・・
デカンショ節・・・快調だ・・・歩速が早まる・・・息が切れる・・・立ち止まる
・・・を繰り返す。
CD1枚分でほぼ30分・・・一回りとチョイで家に帰り着いた。
「???早いね!」


散歩コース、最初の内は「へぇ~?」とか「ほぉ~!」とか立ち止まっては・・・
何回も歩くとそれが少しずつ無くなる。
ンで・・・若干だが早くなるのだ・・・それとデカンショ節
浪曲の時は歩速が緩む

仙人、音楽は雑食なので浪曲からC&ウエスタン、ソールMから歌謡曲、何でも来いだ
就中、民謡が大好物であることはご承知の通りだ。

今度は何で歩こうかな?・・・も、キョウビ散歩の大きな楽しみである。
小1時間も集中して聴く機会はそう矢鱈には無いからね。
運転中もよく聴くが、ヘッドホンと言う訳には行かない
良い録音をヘッドホンで聴くのは良いもんですよ、ミナサン


コメント (2)

Day.2883 初雪

2014-12-19 00:19:00 | 民謡夜話
初雪は昨木曜日の事である。
前夜から風がきつく寒かったが、朝起きて見ると薄く雪が積もっていた。
格別珍しい話ではないが、日本列島大雪騒ぎの中天気予報の程には無い。
風に粉雪が舞う、正に低気温の雪。
災いをもたらすボタ雪よりは幾らか良い。

さていよいよ今年最後のお稽古日・・・里へ降りて見ると暖かい。
最後のお稽古と言うので半分はおしゃべり・・・滅多にない事だ
仙人はお稽古場で三味線を抱えたらイップクも茶菓子もない
喉を潤すペットのお茶はアリマス
ンで、お稽古場にお菓子を持ち込む不埒物は・・・居ない・・・40年来である。

1時間半を20名で使った昔・・・今は同じ時間を2~3人で・・・
遠い昔とキョウコノゴロの違いでR



夜の教室は一人が風邪ひき・・・ンで1対1のレッスン。
「まるで岬の分教場やな
「そっち方がまだマシ!
・・・分教場も古いね

帰りの夜道は薄く凍っていた(余野回り)
細くてボロイ道だが一応国道・・・飛ばす車も多いが、さすがに・・・
スタッドレスタイヤでも凍結には万全ではない・・・スタート時空回りをしたので慎重に運転した。
雪道は貰い事故も多いから気を付けないとね、お互いに。


コメント