民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Vol.1128 独活

2010-02-28 20:22:23 | 男の手料理
独活の大木・・ってか?・・仙人の事?。

「うど」がなんで「独活」なのかご存知の方は是非コメントをお寄せください。
ここのところ「レギュラーメンバ-」からのコメントが無いので・・・コメント催促しちゃったりしてぇ~~

独活は白アスパラガスと同じで太陽の光をさえぎってあの白さを保つ。
野生の独活は普通の山野草と同じで「草色」である。
関東地方では地下のトンネルで栽培していると言う事もあるようだが、いつも自慢の「三島独活」は大昔から「稲わらで作ったハウス」で栽培される。

今年早春に切り取った独活の「株」は大切に保存され、今冬に「株割り」して植えつける。
その畑に毎年割り竹と稲わらで大きなハウスを作る・・大変な大きさと大変な作業だ(拙庵の近くで最近まで造っておられた・・おじいちゃんが亡くなった・・もう作っていない)。

夏に刈り取っておいた畦草の乾燥させたものを水に浸してその上に置く・・これも冷たい重労働・・片手間で出来る仕事ではない。・・・後継者がないのも当然である。

独活の生え揃ったさまは大きなもやしだと思えば思える・・見事に真っ白な「林」。
丁寧に鎌で切り取り大きさを揃え出荷の運びとなる・・・ロスがなくとも「ええ仕事」には程遠い。・・・写真はその貴重な「一部」である。

真っ白な独活・・ちょっと離れた「丹波産」のものでも全く違う・・・産毛が赤く皮が硬い。この「三島独活」は日本中の割烹調理人の「垂涎の的」なのである。
そして「しし食い」と言われる「丸かぶり」も出来る・・・と彼らは言う。

5㎝ばかりの寸切りにしてから皮をむく・・・皮をむいてから切る人も有るが・・・あれで皮が取れるかどうか。・・・あくまで仙人流ではある
皮はキンピラに・・・一番先端の5~6センチは天ぷらに最適・・・タラの芽より美味い。まるで無駄がない。

この独活を毎年届けてくれる岡ちゃん・・・有難いという言葉では到底済まない。

最初の一本はすき焼きに化けた・・・新鮮なうちに天ぷらも良い。
究極の一品はうどマグ!

さて仙人のどんな料理でしょう・・お楽しみに。

読者のみなさんにはお裾分け出来なくてごめんなさい・・数えるほどしかないのでアリマス。
コメント

Vol.1127 日民近畿中央大会

2010-02-28 19:39:08 | 民謡夜話
昨日の予告通り日民のコンクールがあった。
日民のブロックは沢山あって・・所属は「近畿中央」と言う事になる。

コンクールはいわゆる公平を期するために随分細かく年齢の仕分けがある。
数字で表してみると「民謡人口」の年齢構成が分かって面白い。

上から行くと・・・今日の場合・・・
「白寿の部」・・・11名
「寿年の部」・・・18名
「高年の部」・・・40名・・・ここは40名枠で制限だと思う
「中年の部」・・・30名・・・ここは30名枠で制限だと思う
「壮年の部」・・・12名
「成年の部」・・・・5名
「青年の部」・・・・4名
「少年少女」・・・・7組

年齢の数値は詳しく知らないが(総務委員長のくせに)・・
この表で見る限り50代の壮年・・40代の成年(なるねんと言うらしい)・・40歳未満?の青年の層にもっと人口が欲しいというのが分かる。

少年少女がうんと増えれば青年はいずれ確保される。
大切なのは少年少女の育成・・・民謡界の貴乃花親方・・の出現が待たれる

我が会の「うぐいす」・・・一人が高年の部で七位に入賞
もう一人は最も激戦区・・・中年の部で惜しくも選に漏れたが成績表が楽しみである。

評価点はオリンピック並みで・・.0~.9の間に五人が居ると言う接戦。
大会の入賞に一喜一憂するのは人情だが、指導者としては「日ごろの成長」を最も重視する。

コンクールは上達へのステップであるが、聞かせたい一心からの「口真似」みたいな唄にはならないことを望む・・・どこまでも自分の声で唄ってもらいたいものだ。

九官鳥はイカン!・・・
コメント

Vol.1126 初音

2010-02-27 20:18:51 | 民謡夜話
昨日来の大雨の後・・・今朝、うぐいすの初音を聴く。

写真は・・当然・・パックリパクパク・・

俗に言う「鶯色」は「メジロ色」に近く、鶯はそれほどきれいな色ではない。
この写真はとてもきれいな色ですね・・メジロは目の前まで来てくれるが、残念ながら鶯の本物を自分の眼で確認した事はないのでアリマス。

俗に言う声はすれども姿は見えず・・・。

今朝もテレビで・・「鶯の○○で美顔!」・・な~~んてやっておったぞ
あれもまんざら「あてずっぽう」でも「うそ」でもなく・・ひと通りの根拠があるらしい
「美人の湯」と同じだね・・あれも「美人の湯」とうたっている温泉は間違いなくその効果があると言う・・はなし。

「ホーホケキョ」に似ているが唄声はイマイチ・・だが・・冬の間「チャッチャッ」と啼いている事を思えばまぎれもなく鶯の唄だ。

一日ごとに唄が上手くなるに違いない・・拙者たちの民謡も、鶯の様に一日ごとに確実に上手くなると・・良いのだけどねぇ~
考えることの少ない小鳥と違って「万物の霊長たる人間」には・・却ってそうはいかないのである・・・とささやかな良いわけ。

さて明日は日民近畿中央のコンクール・・我が会からも二人の「ウグイス」が参加。
普段の実力を発揮して貰いたいものである。
コメント

Vol.1125 道路考

2010-02-26 16:18:51 | Weblog
「道路考」・・とはいささか大仰だが・・・

昨年来民主党の「高速道路無料化」なる無茶な話がある。
公平という言葉の履き違えは多い・・受益者負担こそ真の公平だと仙人は考える。

その事はともかく・・・
戦中に生まれ戦後に育った仙人・・不自由な時代から知っている道路事情。

道路が「舗装された」事が一大事だった時・・・車が買えるようになった時・・・名神高速道路が出来た時・・・それぞれに深い感動があった。

上音羽の地も拙者が知ったころは無舗装・・・つまり砂利道だった・・・はじめて福井(茨木市)以北に信号機がついたのも随分最近の事である・・・

年号は忘れたが・・名神高速道路・・開通の日にはバイクで初走行した・・路肩にバイクを寄せ記念写真を撮っていたら・・パトカーに叱られた・・「高速道路上では止まってはなり ません!!」・・。・・・そのくせ後日の事であるが中国道の三次付近でねずみ取りをやっていて「止めよった!!」・・高速道路でねずみ取りすんな!・・ッチュウネン。

次に待たれたのが「中国道」・・・これは待ちに待った・・・熊本への帰省が一気に楽になる・・・それまでは18時間ほどもかけて2号線を南下・・しか手段がなかったのだ・・「生きているうちに開通するかな?」・・などと思ったりもした。

拙者、東名高速の利用頻度は少ない・・・そこで話題はもっぱら近畿以西である。
恨みつらみの「広島県三次=みよし」・・付近の土地買収に手間取ったらしくその前後はかなり早いピッチで工事が進んでいた。

新しく出来た「舞鶴自動車道」も勝手が良い・・湖北から福井へ抜ける道も便利そうだが余り使わない。・・そうそう「京都縦貫道路」も舞鶴まで便利になった。
便利だからと言って後先を考えれば「無料化」に賛成な訳ではない・・。

さて、やっと写真である。
新御堂筋からまっすぐ「彩都」へ通じる道のほんの終点の目の前でプッツリ工事が中断された・・R171をまたぐだけの工事である・・橋脚は既に出来ていた。・・以前はともかく・・前後が綺麗に整備されたので渋滞がひどくなってきた・・つまり「ネック=ボトルネック」である。

生活道路で「是非とも」と言う工事は他にも多いと思う・・要は優先順位・・この道も前後がなければ必要ではない「ほんの田舎道」と言うルート・・・ネックだけやり残すのが罪と言うものナノである

出来るものなら出来るもので早く出来て欲しいのが人情・・阪大病院の真横を通る。
拙者にとってはどこへ行くにも便利な道なのでR・・

近日には嬉しいニュースがUP出来る事でしょう
コメント

Vol.1124 ぎょうさん買うたろう・・・券

2010-02-25 23:35:45 | Weblog
大阪府知事の橋元君の肝いりで発売の「ぎょうさん買うたろう」・・と言う商品券・・
10.000円持っていったら11.500円の商品券をくれる・・拙者は近くのスーパーで手に入れた

マスコットキャラクターはあの有名な「食い倒れの太郎君」

曰く・・お一人さま1冊・・が売れ残っているようである
みすみす目の前で1割5分も儲かるのに無関心なのは流石なにわのオバタリアン
「売れ残ったらどうしまんねん?」・・と言う意地悪な質問には「ぼくが買い取ります」と言明・・橋元君に損はかけられまいぞ・・皆の衆

地域的に即完売・・と言うところもあるらしい。
拙者の行ったスーパーは客も多くメチャンコはやっているが、券がまだ残っており「1冊でよろしいですか」・・ときた。

この地域はローカルで可也悠長なお客が多いのだろうか・・余りガツガツしていない様である・・そこへ行くと拙者は・・
ただニュースソースとしては抜群のものだと思い買ってみた。

月に1万や2万の買い物は誰でもする・・チケットの売れ行きが悪い理由の一つに「前宣伝不足」が取り沙汰された・・次に有効期限の短さ・・理由はちゃんとあるのだろうがほぼひと月・・3月11日・・なのである・・もう少し長かったらなぁ~。

でもひと月あれば問題なく消費できる。

総量が数十億と僅かなので経済効果につながるかどうかは知れないが、それは別にして・・チョット楽しんでみてはいかがですか?・・大阪府民のみなさん

妻に渡したら早速デパートの「北海道物産展」で消化してくれましたよ・・
明日にでも「得した気分」のおかずを楽しみましょうかね
コメント

Vol.1123 ようやった Ⅱ

2010-02-24 15:05:24 | 民謡夜話
21日の日曜日・・「民謡であそぼ」・・を開催した。

この10月までは記念大会に集中するので「ショー」的なものは計画しない。
毎月やってもあと8回しか合同練習の機会はない・・その間に仲間たちが一度ずつでも覗いてくれたら好都合である。・・○ちゃん一家は例外・・進行状況でいろいろ無理を言わねばならん。

写真の「海斗君」・・三味線の構えがだんだん様になって来る・・もう少し体が出来たら背筋を伸ばして大人の演奏が出来るだろう・・この一年で可也大きくなったような気がする。
「気がするなら確かめろよ」・・「ハイハイ天の神さんお久しぶり」。

最初は誰しも世間を知らないから、一度是非「あそぼ」においで・・と促す・・ちゃんと来てくれた・・当初お稽古場では「いやや」と行っていたが・・来てみると何と言う事はない・・流石「現代っ子」である。

祝い太鼓/こきりこ節/そうらん節を見事に弾いた・・一同びっくり
拙者の願いは「無譜」で覚えてもらう事・・その事によって音がちゃんと耳に入る。
願いは叶った・・うんと後で楽譜の見方は教えようと思う・・「楽譜が読めない」と言うのは将来あってはならない事だからである。

去年の3月からはじめて丸一年・・順調以上に育っている。

天才少年はどこにも沢山いる

先が楽しみと言うのは月並みだが、生意気盛りの中学生・・高校生活の中で・・それを乗り切れるかどうかが一番の問題なのである。

「集中力が増して勉強をする態度が変わった・・何かあったのですか?」・・と言う担任教師からのメッセージをおばあちゃんがとても喜んで話してくれる。

それは「三味線ですよ」とは・・言うまでもなく聞くまでもない。

こんな嬉しい事はない・・否々・・おばちゃん達が上手くなっても仙人は嬉しいのですよ
コメント (2)

Vol.1122 ペンドライブ・・?

2010-02-24 02:32:59 | Weblog
これ何だかわかりますか?・・・まさしく舶来品・・の様な雰囲気。
パソコンで遊んでいる読者だからもちろんご存知の・・・

USB FlashDisk

写真でもおわかりの様に「薬屋さん」のロゴ入り。
頂いたのは茨木で一番・・いや大阪で一番のK獣医師さん・・。
ビンゴゲームの景品に何かありませんか?・・と人伝にお願いしたら沢山提供してくださった・・・大会のビンゴでGETしてください
128Mと言うからあまり大きな容量ではないと言う注釈つきであった。

さて、仙人なら何をファイルして持ち歩こうかな・・と考える。
今、持ち歩いて何処か別のPCで使う・・と言う事も思いつかない。
持っていれば何時か役に立つ時が来るかもね・・。

随分持ち重りがするのでアチラの物かと思ったが良く良く見ると国産の様である・・・。
後は貰ってからのお楽しみと言う事で・・

Flashdisk・・・軽薄短小の極みですね
コメント

Vol.1122 良うやった!!

2010-02-23 20:56:58 | Weblog
ほんまにようやった!!

毎度おなじみのすし屋のお兄ちゃん。
まじめな好青年35歳独身である・・・嫁を探してやりたいが中々思うようにいかん

おやじが作った店で彼のお兄ちゃんと二人で頑張っている・・二分の一 オーナーだ。
お寿司も中々の腕だが・・拙者的にはもう少し世間を見た方が自分のためになると思っている。・・商いの方はだと思って間違いない。

中々の趣味人で①トンボ玉・・②組みひも・・③・・着物・・最初からの「趣味」がマラソン・・だと言うから凄い。
趣味には好都合な言葉があって・・「ほんの趣味ですから」・・と言えば大抵の事は大目に見て貰えるものだ・・が。

まわりくどかったけど・・その趣味のマラソン・・
第17回泉州国際都市マラソン
と言うのが行われたそうな。

部門別があり「男子未登録の部」・・で3位に入賞!
登録選手だろうが未登録選手であろうが・・記録は「タイム」である。
一緒に走るのだもの・・だがその「未登録内」での3位と言うのが素晴らしい。

マラソン・・あんなのどこが楽しいのかねぇ~しんどいだけやのに・・これは門外漢の考えで・・当事者にとってはとても有意義なのだ。

彼のタイム・・2:33:33・・今大会のトップが2:19:52・・堂々の総合12位と2秒差・・。立派なものだ。

普段の休日はその他の趣味に忙しいがトレーニングは毎日・・お店の昼と夕方の間・・12~3kmを1時間余りで・・雨が降ろうと槍が降ろうと・・。

記事の載ったスポーツ新聞をわざわざ届けに来てくれた。
留守にしていて会えなかったが、弾んだ気持ちが見える様でとても嬉しい気分になる仙人であった。

ひとくちにマラソンとは言うが、42.195kmと言えば・・高速道路で・・茨木IC⇒京都⇒大津・・を越えて瀬田西ICまで程の距離。

心して一度車で走ってみよう・・それほどの距離である。
コメント

Vol.1121 いや~参った参った!

2010-02-22 16:30:16 | 男の手料理
・・・.参りました・・

しし肉は「ぼたん鍋」じゃなきゃーダメッ!!・・・と、かたくなに続けた「自慢の鍋」の暖簾を下ろして早や一年。

焼きなんか・・・

○ちゃん達と「焼き肉」にした。
親しい焼き肉屋さんに頼んで・・すそわけも用意して・・おっかなびっくりで始めたが・・

なななな・・なんと!

しし肉に親しんで40年近く・・・はじめての経験であった。
ただ・・家じゃ無理だね・・・お腹が満ちたころにうっかり焦がしたのをきっかけに煙がモウモウ・・猪なのに「モォ~モォ~」である

この油の甘さは他に類を見ない・・・こりゃえらい事をしてしまった・・・と反省・・・どんな反省かは推して知るべしである。

充分な量を平らげたが・・・焼き肉屋さんの手前「モォ~モォ~」も・・・ワインに合うなんてものじゃない・・・2本のボトルもアッと言う間。

久しぶりに美味い時間を堪能した。
いやいや・・美味い時間には常々出会っているが・・これはいわばカルチャーショック・・

胃にはこたえる・・年齢を考えて食せねばなりません
コメント (2)

Vol.1120 Oh!奇遇ですねぇ~

2010-02-21 01:41:33 | Weblog
同型の・・・・・・ハードトップ。
アチラのオーナーもかなりのお気に入り・・・ピッカピカに磨き上げて・・

見かけの違い・・・アチラさんは「ベタ黒」・・・コチラは「ガンメタ」塗装・・テカリが違う。
おまけに拙者の愛車はここ数日の雨や雪で洗車が出来ていない・・しまった!と反省

決定的な違いはハードトップとソフトトップ・・。

このモデルの最終版・・・ウインカーのカバーが黄色のはずだが、新型の傾向として白になっているのでアチラさんも白に変えていらっしゃる。・・・チョットした見栄

きっと「フラットで四角くてスマート」なスタイルのファンで、ずっと乗っていたい人に違いない。・・乗り心地・運転心地と言う事ならこれまた「好きモノ」でないと分からない・・好きモノ=Hデハアリマセン・・・ネンノタメ

・・・こう言うオーナーさんだと見知らぬ仲でもすぐに話が合うから不思議。

この車が動かなくなるころには拙者も運転できなくなる・・・そこまで乗りたいね・・・気持ち的には・・・・・・無理かな。
コメント

Vol.1119 冬の景色

2010-02-20 19:04:11 | Weblog
この季節、森の中の我が家が遠くから「チラ」と見える。

落葉樹と言う落葉樹に新芽が出て・・緑濃くなるころには又、スッポリと隠れてしまう。
・・・そんな仙人の家である

遠回りに下りて・・散歩の仕上げにこの田圃のあぜ道から崖をよじ登る・・よじ登るはチト大げさか
見えているのは裏側・・つまり北側・・北風が「ピョウー~~」と吹きつける。

いまどきの携帯電話には「万歩計機能」の付いたのがあるんだってね?・・
いろんな機能満載の携帯電話・・老人的には通話と写真・・とメール位しか使ってないのだから殆ど無駄な機能が満載・・・その中に「万歩計機能」が有ればなかなか有意義かも知れない。

テレビも要らない・・検索も要らない・・「買い換えるかな?」・・ストラップ止めの壊れた奴・・かといって「薄っぺらペラ」の今の電話機にも未練はあるしなぁ~

暫く考える事にしよう・・・昔に比べれば随分気が長くなった仙人では・・ある
コメント

Vol.1118 ♪雪が降る~

2010-02-18 23:49:16 | Weblog
春が近い・・・お天気は不安定
雨か雪・・・スッキリした日が少ない昨日今日・・・。

積もった雪は問題ないが降りしきる雪は撮影が難しい・・・拙者の能力での話
なぜなら風景に焦点が合ってしまって・・雪はボケて映像を結ばない。
もっとも、向こうが見えないほどの降りなら話は別・・・チラチラを撮りたいと思った。

仙人は考えた・・・向こうの風景では焦点が違う・・・そこで写真中央桜の枝の三ッ俣に焦点を合わせた・・・結果、上手く思った通りに撮れた

詰まらん事で大いに満足な仙人・・・人生の大方をこうやって過ごしてきた。
・・・雪の中・・・今日も散歩に出た・・・写真はそのコースの一部である。

冬日・・・寒くとも外を歩けるお天気なら「上」とせずばなるまい・・・昨日に懲りて重装備から一つを除く・・・カメラは持ったが写真はこれと後一枚・・・明日の分に取っておく

・・・青い小さな花は心なしか昨日よりたくさん目についた。
コメント

Vol.1117 この花な~に?

2010-02-18 22:53:07 | 音羽の百花撰
ね・・・綺麗でしょ?

山野草の本でもひもとけば簡単に判るに違いない・・・が・・・そんな手間はしない仙人。
「かわいいなぁ~」で仙人的には充分なのである。
特に詳しい方がおられたら是非コメントを・・・読者のみなさんが喜びます

それこそしらみつぶしに目を皿にして見つけた花は数種類・・・2~3㎜の花たち・・タンポポでさえせいぜい直径1㎝・・バカチョンデジは30㎝以上近づけない・・小さくしか獲れないのだ・・・その映像を持ち帰って部分カット・・・何とか花らしく見て頂ける。

それなりの工夫はしてあるのです

もう少しすると少なくともこれらの花々が「咲き乱れる
イヌフグリでさえ、ブルーのじゅうたんの様に咲き揃うとそれはそれは綺麗なのです。
今年は山野の花を見逃さず写真に撮りたいものだと思っている。

ただね・・・暖地の様に豊富にあるわけではない・・・その上「林を過ぎ森を抜け山をかき分け」・・と言う行動力もないので・・「道すがら」程度で終わる事は言うまでもない。

いずれにしてもようやく「花」の咲く春となりました・・・明日からまた冷え込むそうな・・・「立春過ぎて七荒れ」・・・遠く海の向こうのブログに出ていた名言である。
コメント (2)

Vol.1116 春一番

2010-02-17 21:54:37 | 音羽の百花撰
寒い・・大阪で8℃と言う天気予報から5℃以上は低い上音羽・・
夏でもクーラーが要らないのだからもっと温度差があるかも・・と思っている

「寒暖計見ればええじゃん?」・・・「裏行くの寒いやん!」

寒いから冬の間外へ出ない・・。
出かけるときはドアからドアだから問題ない。
暖かくなって日曜大工でもするようになると運動量も増える。

そこで散歩に踏み切った・・この地・・行きはよいよい帰りは恐い
つまり・・拙者の肺では下りた道を上がって来るのが「必死」なのである。
「じゃ、最初に上って行けばええやん?」・・「なるほどね?」・・今度コースを考えてみるべぇ~・・有ればね・・ただ、家は峠だからね

近頃☆お気に入り・・のブログ・・やたら写真が綺麗・・まさかプロ?・・と思うくらい。
・・・拙者のカメラ「バカチョンデジ」だから競う気はサラサラない

春一番だから「イヌフグリ」なら必ず咲いていると踏んでカメラを持参。
2:30に出て4:30に帰って来たから2時間ほど・・距離は知れたもの。
ブラリブラリ・・のんびり・・出かけるときは重装備・・帰りには暑いと感じた。

ポケットにスーパー袋を一枚・・な~んでか?・・ってか?
クイズみたいになったが「蕗のとうがあったら」・・と言う魂胆

田んぼの畦・・小川の土手・・山の裾・・目を皿の様に「虱つぶし=しらみつぶし」に探すも・・無い!!・・

「皿の目」はいろんな花を見つけた・・先ず写真のタンポポ・・その他何種類かの名も知らぬ花・・知らないのは拙者だけだろうけど・・
ともかく・・何でもなく見過ごしてしまう雑草様の花たちが枯れ草の中に可憐に咲いていた。

万歩計・・ね・・有ったと思うんだけど・・今時のキカイ・・ちょっと使わないとすぐダメになるから・・NTTのポイント18000ためて万歩計貰う事にすっか



コメント

Vol.1116 先延ばし

2010-02-16 00:00:35 | 男の手料理
割りこみがあって・・中々日の目を見ない可哀そうな料理・・

土曜日の牡蠣の記事・・同日の「グラタンもどき?」である。
グラタンの定義がどうなのかを知らない仙人・・・もどきとしか言いようがない

そこで、グラタンとは?・・と検索してみると・・・
*****一般的には、加熱調理した材料をグラタン皿にいれ、おろしたチーズ、パン粉等をかけオーブンで焼き色がつくまで焼くフランス料理。材料は肉、魚介類、野菜など幅広く、マカロニなどのパスタを入れることが多い。*****

とあった・・・フムフム・・・比較してみる。

みじんに切ったポテト/シイタケ/ニンジン/玉ねぎ/トマトを・・ニンニク風味のオリーブオイルでソテー・・・味付けは塩コショウ・・つなぎに冷やご飯をほんの少々・・。

「これは焼き飯デハアリマセン」・・と前置きしてから・・グラタン皿に・・量と言うか厚みは僅かトーストほど。その上にスライスチーズ。
その上にプリンプリンの牡蠣を並べ塩パラリ胡椒パラリ・・最後にスライスチーズ・・

例の簡単オーブンで焦げ目がついたら・・一番最初のからりと上がったニンニクをパラリ。
拙者はピリ辛好みでタバスコを「パッ!」
何の知識もなかったが上手く出来た・・・「グラタンとは?」と検索したのは日記のためでいわゆる「事後」である

久しぶりに出た二塁打・・いや三塁打・・だった。
コメント