民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.4221 鮎行ーⅡ・・・

2018-08-18 20:00:00 | ちっちゃな旅
行楽日和いと言える・・天高い雲は薄くなって・・。
勿論入道雲はまだまだ元気・・行楽日和などと、重ね重ねの被害に遭われた方には済まない気もする。
が・・それはそれとして・・・。

昨日は泉佐野の魚市場にキッチリ振られ・・大笑い。
今日も途中までは同じ道を・・東吉野までは2時間半。
当然、予約宜しくお店が開いている事を確認・・今度外したら同乗者にオコラレル!

前回行った時はとんでもない道に案内されたが、今日は逆らって理想通りの道でトウチャコ!。
ナビ君の予測より10分ばかり早く着いた。
「鮎は大きくなってる?」・・「大きくなってますよ!」
シカラバ!と7匹焼いて貰った・・ナルホド・・少しは大きくなって居った。
川が極端に小さいのでデッカクはならない・・それがまた良い。
食べる比率は2:5。

スダチはね・・10個ばかり持って行って・・「3個切って!・・あとは上げる」
通常は「蓼酢=たです」だが・・その店にはそんなモノは無い。
そこで・・「今度は持って行くど!」とココロに決めて・・やはり美味しかった。
「最後はいつ頃?」・・「もうそろそろですね」・・すでに網入れが始まっているらし。
もうこれで堪能した、と言う事にイタシマショウ。

「是非ぼたん鍋に」と誘われるが・・それは仙人的にはNG・・理由は





そこへ行く時ほかに二つの楽しみが有る。
その一つは写真(看板)の「草餅」・・何度行っても売り切れ・・3時じゃね
電話番号を貰って来た・・「取り置きしておきます」・・と言うので。
実は前にも電話番号を貰ったが記録してなかった

その二つ目は「きのこ屋」・・キノコ蕎麦と言うのが美味しい。
今日は・・お休みだった・・時間は前とほぼ同じ・・ナノニ。
お盆で儲かり過ぎたか・・と、納得して置いた。

これで一応「仙人の夏」は終わり・・(仕事はもう一つある)。
確かに涼しくなった・・長く暑い夏であった・・隠居の身といえども・・でR。
明日はなぁ~んも無い日曜日・・いつもなぁ~んも無いのに・・それでも嬉しいのがオモシロイ


コメント

Day.4220 笑っちゃお!^^・・・

2018-08-17 21:49:00 | ちっちゃな旅
盆休みも明けたので・・泉佐野港の青空市場であわよくばタコでも買おうと・・・。
思い立って11時半に出た・・予測では1時間で着く。
ほぼほぼ順調に着いた・・???シャッターが降りている。
定休日は水曜と確認しているし、お盆休みも終わっているだろうと高をくくった。

「そんなバナナ!」と言うのはこちらの思いで・・仕方ない。
これからは事前確認やな・・と反省。
「近くの魚屋」で検索するも要領を得ない・・
仕方なく港の飯屋へ・・・

名物ぶったあなご丼も・・チンケなモノで・・

帰り着いたのは3時過ぎ・・冷蔵庫に予て用意の・・。

近頃はエリンギが美味しい・・歯ごたえかな?・・
赤味肉の小片とポテト・・コレがまた美味い。

再確認・・ウニのパスタ・・今日の瓶詰は「数の子ウニ」。

カルボナーラは生卵なのでご予約さんが苦手・・そこで・・
ゆで卵にして・・黄身をウニ数の子と和え・・コーヒーフレッシュ少量とで練り練り。
少しの水で緩める(本当は白ワインと言うところだが火を入れないので)。
白身は刻んでマゼマゼ
そこで「カルボナーラ」ならぬ「カルボナーレ!?」となった
ウニのパスタ・・「ほんまに美味しまっせ!


冒頭の写真は「赤霧島と黒ラベル」
赤が珍しいんだってね・・知らなかった・・5合瓶を買ってみた。
少し優しいのかな?・・良く分からないが程々美味しい。
昨日、手土産で貰った黒ラベル・・ヤッパ!・・な味である。
このところは「ゼロ」で我慢しているから

そんな散々で愉快なチョコット休日的ドライブでアリマシタ。
お盆は引きこもりだったので・・明日は鮎に臨んでみようとも思っている。



コメント

Day.4147 岡田浦漁港顛末記・・・

2018-06-05 23:18:00 | ちっちゃな旅
今日も退屈しのぎ(妻の)に泉南岡田浦漁港までひとっ走り。
先日食レポで「ヨサゲ!」と思ったので・・1時間半圏内・・。
ご覧の通りです・・朝市は日曜日だけとかで飯屋も無い閑散漁港・・。
食レポ追っかけで失敗した例は多いが「コレはないやろ!

行き掛けに見掛けた店を求めて数分・・

道の駅「の様な」・・食堂の裏がすぐに海岸で白い玉石を敷き詰めて美しい。
遠くに見える海上橋が関空への道。

飯は漁港間近かと言うのにどうと言う事もない。
 

さて、昼飯も終え・・気を取り直して近くの泉佐野漁港へ(数分)

ここも来た事は無いが音に聞こえた・・「青空市場」とあるが屋内。

午後2時過ぎであったのでボチボチ値下げ販売。
生きた魚も数多く・・こんな店が30件も有ろうか・・中々のモンであった。
タコ一杯と鱧を2本・・計4.000円也買い物をした。

 
タコはタップリの塩でもみ洗い・・鱧は「自分で骨切りするから」と言ったら随分負けて呉れた。
塩もみは兎も角、骨切りで左手の指が吊り・・これこそ年寄りの冷や水であった。
これからは荒っぽくとも切って貰おう・・と・・決めた
しかし乍ら・・ヤッパちやうね・・スーパーで買ったのとは・・久しぶりに美味しい蛸を食べた。
勿論仙人の絶妙なる茹で加減も功を奏した。
鱧も納得の味・・これから益々美味しくなる・・「また行こ!」暇つぶしに

待ち兼ねたラッキョウが田舎から届いた。

その話は又明日に・・「今夜はここらで良かろうかい」
UPが遅くなったのは泥付きラッキョウのお掃除をしていたから。


コメント

Day.4145 初鮎紀行・・・

2018-06-03 20:18:00 | ちっちゃな旅
はて?・・このモフモフは一体何でしょう?・・ま・・その事は後にして。

お天気も気温も良かったので予告通り初鮎を頂きにマイリマシタ。
出発前にCDを入れようとしたが全くウマクイカナイ・・
こんな単純な作業が・・摩訶不思議
ホンダに電話して試行するもNG!・・30ほど無駄にして出発した。
さて今日のカーナビ君・・ダイジョブカナ?・・。

いつもと違う道に導かれ、「こんな道じゃなかった!」を連発しながら
ジャングルの様な山の細道を走った・・全く「ナンジャコリャ!」だった。
美山の帰りも山道に導かれ「クソッタレナビ!」と思ったばかり。
近道とも思えないし混んでない道・・といってもねぇ・・。
一体「どうすりゃ良いのよ思案橋~~~」
CDと言いナビと言い機能を盛り込み過ぎているので「余計なお世話」が多すぎる・・と・・イカル老人。


若鮎は期待通りで超美味しかった。
妻が「苦いだの何だのと」去年と違う事を言う。
骨を抜けば腹も付いて出るので結局3匹を平らげた・・残りの一匹が仙人の余得となった
仙人は頭から丸かぶり!・・若鮎の醍醐味である。
7月にまた来ると言って店を出る・・鮎以外は何も食べなかったが結構満腹した。
ビールは・・2本ばかり

さて、帰り道で何か食べれば良いや・・と走り出す。
早速いつも目に入れている「草餅屋」・・午後2時・・今日も売り切れ。
「今度から予約して呉れたら残しときますよ」だって・・チラシを貰う。

また少し走って「キノコの家」の看板・・過去に何度も行き過ぎたが
今日はご飯を食べてないので立ち寄った。
テレビで何度も見た店・・ダンナがキノコを作って奥様がお店で・・
  
それらしき造り・・店の真ん中に長い火床・・3っつの五徳。
 
その一番手前で盛り合わせ(エリンギ・シイタケ・シメジ?の様なもの)を焼く。
生姜醤油がチト辛かった・・仙人的にはお出汁が良いね
そして問題のモフモフ・・名前は聴いていたが現物は初お目見えの「山伏茸=ヤマブシタケ」
これは天麩羅がお薦めと言われ従ったが・・食感は無かった・・これは汁モノに良さそうだ。
仙人ならそうする。
シイタケの刺身・・「???キノコの生ってダイジョブなん?」・・「これはダイジョブなんです」

ご飯を食べてなかったので茸蕎麦を3人で2杯・・あ、それとキノコご飯1杯をシェア。
ンで・・ビール1本←←「コラぁ~飲酒運転アカンやろ!

ナビは帰り道も・・いつもと違う道・・いつも帰り道に立ち寄る道の駅には立ち寄れず。
従ってお土産も無い
今度は何か対策をするか、予め地図を見て経由地を入れるかしてみよう・・上手く行けば良いが
美味しかったので不満ではないが何か消化不良の「ちっちゃな旅」でアリマシタ。



コメント

Day.4141 ←ヨイヨイ!・・・

2018-05-30 21:02:00 | ちっちゃな旅
今日のDay.は・・仙人の好きな4141(ヨイヨイ)。
blog開設以来4141日の連投でR。
そんな今日は小雨の閑日・・「行くべきか行かざるべきか!」としばし迷ったが・・行った。
ちっちゃな旅・・京都美山の壬山邸は花盛り・・花終り・・花これから・・と賑やか。
ちょっと行かぬ間に大変な変貌と言うか様変わり・・楽しい奮闘の後が見て取れた。
所用時間は1時間半と言うところか。

茶室の控えの間に見た事のある豪華なサイドボードが・・

これと言えどもここへ来なければゴミとなる運命・・再会できた事で喜びに変わった。
その他沢山の調度品が広いお屋敷の中に納まって居った。


各所の手作業は荒っぽい所もあるが、却って味わい深いモノに・・。


ご自慢の茶室に続き外のピザ窯・・まだ焼いては居ないそうな・・焼きに行きますかね

お天気だともっと外が楽しめた事だろうが生憎の小雨・・
夥しい盆栽や畑の作物・・果樹園とも言える果樹の数々・・長生きせんと勿体ないね


久し振りに緑の中にどっぷり浸かった感あり・・「ヤッパええな!」と思った。
「買い物は京都へ行くより小浜へ行く」・・「???」・・なんと小浜までは4~50分の地だと。
京都の奥の奥・・「そうなんやぁ~!」と改めて思った。

ちっちゃな旅の距離としては丁度良いかも知れない。
今度の日曜には東吉野の鮎に行こうと思っている・・それもほぼ1時間半。
和歌山市も淡路島の真ん中あたりも半径サークルに入る。
もう少し時間を延ばしたサークルもまだ体力的には可能・・3時間を超えると泊りが良い。


蕎麦屋でお昼を済ませ(歯で噛み切れない硬い葱・・無神経な事この上ない)。
1時半ごろに出発・・帰宅6時半・・退屈しのぎに丁度良い「ちっちゃな旅」でアリマシタ・・とさ


コメント (2)

Day.4099 帰郷顛末記・・・

2018-04-18 10:58:00 | ちっちゃな旅
きょうは・・一日バカになると決めた・・普段から少しはバカだけど
毎日時間との戦いだった・・
フェリーの下船に5時起き・・温泉の朝はそうでもなかったが熊本のホテルもそこそこに
お土産を買って久留米から小倉・・最後のフェリー搭乗まで時間が譲れないスケジュール。
お土産をと思ったデパートは不運にも定休日・・。

朝8時には帰宅した。
お米や玉葱等・・田舎の先々でお土産を呉れる・・焼酎も2本
歯を食いしばって一息に・・車を駐車場に入れて「ほっこり!」&「グッタリ」。

バカその一・・お昼はメンドクサだから・・駅そば・・
バカその二・・多分夕食も外食・・いや待てよ・・白いご飯が食べたいな・・飯ぐらい炊くか

下関の同級生「フグの大将」にウニの瓶詰を貰ったし、高菜も食べたいし。
四日ほどの間殆んど野菜が無かった気がする・・やっぱ家めしやなぁ~・・
それも仙人の料理が一番好き・・ご飯だけ炊いてあとはバカに成ろう!・・と・・決めた・・

顛末記

佐俣の湯・・全景


泊まったロッジ


高速道路のトイレ・・いまどきは随分清潔できれい。
欧米人が「なんぼでも座ってられるわぁ~!」・・と感嘆するのも道理。
ひと時代までは道中で困った事も・・今はコンビニが気持ちよく貸してくれる。
こんな国は凡そ世界中に無いと確信する。
そんな訳で特に公衆トイレをpickup!・・メーカーに依ってスイッチの仕様が違うのは若干悩ましい。
勿論そんな事は許容の範疇である。

「ああしんどかった!」と思うが、次の年になるとそれもすっかり忘れてまたウキウキ
とても良い旅で有ったことは言うまでもない。
冒頭の写真は夜明け6時頃にくぐった明石海峡大橋。



コメント

Day.4098 続・最終日・・・

2018-04-17 21:40:03 | ちっちゃな旅
8時半を待ちかねて・・チャンポンを食べに・・。
例によって・・マゼマゼしちまってからの・・パチリ!。
不可ギリギリ・・「豚ベースで烏賊と小エビそれにアサリが入っていたら一応パス!」。
&もやし・キャベツかな・・・。

ハイ!入ってオリマシタ・・見事に小さな烏賊とアサリが・・この時期小さいアサリは新子かも知れないので・・OK。
魚介特有の味が先ず先ず・・熱いラーメン喰ってみたいね・・は・・いつもの思い。
シッサシブリなので二人して機嫌よく頂いた。

往路には映ったテレビも真っ暗!・・これから湯船に浸って・・そこそこには寝ようと
オモッテイルこの時間です。
レレ!・・またfbに連動してない・・このページが反応したら前ページも覗いて下さい。
「へばな!=じゃーね!」




コメント

Day.4098 最終日・・・

2018-04-17 20:10:00 | ちっちゃな旅
ちっちゃな旅は今夜のフェリー泊で終わる。
さてそのフェリー・・帰路は神戸行きを選んだ・・古い船であった・・。
物凄い騒音・・ゴゴゴ!ドドド!・・今夜はよっぽど呑まないと寝れないぞ!
往路の新造船とは格差の大きさを感じている・・さっき乗ったばかり・・今度が有ればあれやな。

ンで・・「麺類・汁モノはないの?」とレストラン(ザ・めしや級)に聞いた。
「8時半頃からちゃんぽんなど・・」・・ンで2時間待つ事にした。
毎夜何だか色々だったが、4日目ともなるとラーメンでもうどんでも良い麺類が欲しくなる。
やっぱ「面食い」・・チャウ「麺喰いやな」と思った
期待はしないで行こうとココロにキメタ

さて、今朝はお土産を買おうとホテルの前の「つるやデパート=何時もソコ」
・・ナナナナ何と定休日。
ンな訳でお餞別を頂いた方にもお土産はアリマセンので悪しからず
朝食を摂って・・お昼を目安に久留米へ・・


今年88歳になる上から2番目の姉・・娘の家に身を寄せている。
どうしようかと思ったが折角だからと言うのと次が有るかは分からないので小雨の中三味線を持ち出して・・
この姉・・美声で節も良く・・昔昔に資料を上げた曲を・・
りんご節・シャンシャン馬道中唄を歌詞も間違えず見事に唄い上げた。
間も良く・・おそらく永い間唄ってない筈なのに・・。


尺八も入っていたので仙人流稗搗き節変奏曲を・・前段は黙って聴いて居ったが
前奏になって唄に入る途端2番までキッチリ・・仙人、驚きを禁じ得なかった。
そんじょの人よりは上手いと贔屓目無しに思った。
いま麺類の時間が来るまでにとUPしている。
冒頭の写真は小金ちゃんが絶対好きというプレモル・・呑んでみようかと2本買った。
フムフム・・この麦芽の味がお気に入りなんやなと勝手に思った・・
仙人は言うまでも無くサッポロ黒ラベル・・こいつがまたソンジョに売ってない
早く来い8時半・・朝のサンドイッチだけだったので腹は減っている。
カンビと焼酎が良く効く

相変わらずフェリーのゴゴゴ!は続いている(当然)・・チャンポンまであと30分か・・
取り敢えずのUPでアリマシタ。。



コメント

Day.4097 続・闘い済んで・・・

2018-04-16 22:23:44 | ちっちゃな旅
約束の7時に4人が揃った。
久し振りとは言いながら、一年に一回一緒に呑むとすればそんじょの友達と大差ない。
いつもにこやかに付き合ってくれる50歳代は誠に心涼しい「友人」である。
夫々の私生活を少しずつ開いてあっと言う間の2時間余り・・話は尽きないが・・また来年と言う事に。
勿論、その間に上阪の機会があれば・・それはそれで嬉しい事である。
そんじょとは・・ソンジョソコラの意味

 

 



人柄はおのずと顔にも宿るもので爽やかな事この上もない。
老人とは気の引けるもので、この様な歓待が心底から嬉しい。
お土産に仙人お気に入りの焼酎を持参したが、アチラ方も夫々の思いの焼酎を・・
結果焼酎の「交換会」となった
その結果は帰宅後の事とイタシマス。

ともあれ今夜はゆっくり寝て明日は最終日・・久留米を経て小倉に至り新門司港からフェリーの人となる。
勝手なモノで早く帰って普段に戻りたい・・そんな明日は四日目。



コメント (2)

Day.4097 闘い済んで・・・

2018-04-16 17:12:10 | ちっちゃな旅
闘いは無い!・・今年は機嫌よく終う事が出来た。
熊本名所尽くしとも言える「ポンポコニャ」を・・歌詞を説明してから唄った。
みんなしっかり聴いて喜んで呉れた。
フィナーレに炭坑節・・みんなで踊ってくれた・・流石本場やな・・と思った。

今朝になってロッジの分の清算に行くと既に済ませてあった。
ナントイウコトデショウ!・・会費から出したと言う事であった。
「今度は傘寿やな!」と口々に言うが・・「僕は80にならんよ!」と言った

恩師の仏前にお参りして・・もう一度我が家のお墓に寄って「もう来れンかもしれん」とつぶやいた。
いつも立ち寄る長姉のお家・・甥と仲がいい・・今度も断捨離ものを持って行った。
馬刺しをタップリ頂いたが・・写真を忘れた

4時ごろに熊本城前のホテルキャッスルin・・
案内されると酷い隅っこ部屋で隣のビルしか見えない。
フロントにシッカリ苦情を言ったら部屋を替えて呉れた。
「差額を計算します」と言ったが今回はサービスと言う事に成った。
「20年来ずっと来ているし、ホテルからメールもしょっちゅう来てる」と付け加えた。
代わりの部屋はいつもと同じお城を正面に見る抜群の部屋。
netで取った所為だと思う・・今後は直接予約しよう・・と思うが果たして来年・・・。

小金ちゃんとシュナパパさんとでホテルの中華レストラン・・「どう頑張っても7時になる」とメール。
勿論否やは無い。
取り敢えずのUPです。

お城の屋根瓦は葺き終えたらしい・・大きなクレーンが忙しく右へ左へ。
新緑と皐月の満開は皮肉にも美しかった。


コメント

Day.4096 同級会・・・

2018-04-15 22:53:53 | ちっちゃな旅
同窓会と言うのは正しく無くて厳密には同級会。
同窓会と言うのは同じ学校を卒業した先輩後輩を含めた会の事だと思っている。
ま、その事は別にして・・兎も角同窓会・・。
「あれから60年」・・出席率60名中50%と言うのは快挙ではないか?
ご苦労を掛けた幹事にはシッカリとお礼を言った。

乾杯の前に仙人の「熊本民謡/ポンポコニャ」を・・今回はちゃんと聞いて呉れた
ここまで三味線を持って行くとは思わなかったが、幹事のたっての希望で・・・。
最後に炭坑節をやらされたが、皆で踊って呉れたのが救いであった。


午前中にお墓参りをして・・・
石塔の汚れが気になったが、自治会に墓守のお礼を届け「せめて石塔の掃除も」と頼んでおいた。



仲が良くも悪くもこの際は問題の外。
沢山の写真の中の一枚・・左端が下関のフグの大将!

これから部屋の温泉・・久しぶりに楽しむ・・ンで・・blogは簡単に
オヤスミナサイマシ!



コメント

Day.4095 続・帰省日記・・・

2018-04-14 19:54:54 | ちっちゃな旅
5時半のフェリーに3時半に着いた。
2時間の待合かと覚悟したが・・車の乗船に小一時間ばかり掛かったので
実質はそれほどでもなかった。
「船は新し船頭衆は若い!」・・何かの民謡にあるのだが俄かには思い出せない

フェリーは新造船と言う事で船内のシステムがわずかに違った。
「大丈夫!何度も乗ってるから!」とカウンターで言ったがトホホだった
ンで・・改めて聞きに行った。
まっさらな船室は何だか建材臭の様なものが却って気になる。

ザ・めし屋の様なレストランに行列を作る。
こんな時って取り過ぎる事が多い・・「そんなに食べれんやろ?」と言うのにお盆に乗せて来る
歯が壊れはせんかいな?・・と言うお肉・・ビールの為だ。
ビールと言えば部屋に入る前に5缶をGet・・今夜三本と起き抜けに二本。
半割り焼酎はタップリ持って来た
新門司には7時トウチャコだから5時起きやな。


出航から一時間ばかりで瀬戸大橋・・もう暫くすると小豆島沖・・真っ暗な中に時折り舟の灯。
昨日の風の所為か明日の雨の所為か意外と揺れる。
こんな日は早く寝るが勝ちかなと・・思っている。
コメント

Day.4095 帰省日記・・・

2018-04-14 15:57:15 | ちっちゃな旅
泉大津港に着いた。
netでは一時間と、出たが不安なので早めに。

結果、二時間待つことになったが退屈でもない。
本来は車と乗客は別々の搭乗だが車で一緒に行けるよう頼んだ。
そうしたら身障者のレーンに導いてくれた。
ラッキー😃💕

何がラッキーかと言うと・・広いスペースにしかもエレベーターのすぐ前。
成る程な・・と思ったが・・身障者に成る事は喜ばしい事ではない。
が、二人して動きにくい事はうそではない。

コメント

Day.4057 椿の本陣・・・

2018-03-07 20:03:00 | ちっちゃな旅
正式には「国史跡 郡山宿本陣」・・詳しくはカキマセン
昨日行こうと思ったら生憎の雨・・今日は良い天気だった。
昨日じゃなくて良かった・・駐車場が随分遠い所に5台分。
他に何の用事もないのでノンビリ構えた。

先ず門をくぐると由来の五色の椿。

矢印で裏の方へ導かれ・・やがて立派なお茶室が・・。

参勤交代の話も面白く聞いた。
「参勤」が上り(のぼり)で交代が下向(国元へ帰ること)らしい。
てっきり四字熟語かと思っていた不学の仙人・・ベンキョウニナリマシタ。
お風呂から雪隠まで行列で運ぶとか・・宿賃とか・・色々面白かったが書き切れない。
格別面白かったのは、殿様のう〇こは宿場で処理せず国元へ送り付けられる・・と言う話

仙人が大好きな浅野内匠頭の宿帳も
話しの好きなボランティアさんに付いて回った。
カテゴリーは「ちっちゃな旅」・・片道10k余りの誠にちっちゃな



本陣見学の前に・・

丁度お昼・・久し振りにお気に入りの蕎麦屋へ・・
12:15だと言うのに一番客だった・・「待ったルでぇ~!」と意気込んで行ったので拍子抜け。
いつもは二人とも山掛けなのだが、妻食欲が芳しくないので白ザル。
拙者は相変わらず黒山掛けの大盛。
相変わらず美味い・・塩で半分くらい頂いて・・案の定少し残した妻の分も。
「お久しぶりですね」とお内儀・・「冬場はね・・」と拙者。


夜は豚チョビット+小エビちょびっと+鶏つくねチョビット+ネギたっぷり+白菜タップリ
の・・鍋=ポン酢で・・鍋を出すのもメンドクサだったのでフライパンで
こよなくロカボな夕食でアリマシタ。


コメント

Day.3975 新名神試走・・・

2017-12-15 21:20:00 | ちっちゃな旅
カテゴリーはちっちゃな旅・・正確ではないが片道1時間ソコソコ・・ってか以内。
誠にちっちゃい旅
開通は確か10日であったが今日になってしまった。
名神高速道路の初日にはバイクで行った覚えがある。
今までのド田舎に真新しい看板が・・・。

茨木千提寺ICから川西ICまで試走・・上音羽へ向かう道をまたぐ超高い橋脚は
下から見ると怖いが、走っている分には何も感じない・・実はそれが怖い。
箕面トンネルの事故は本線ではなかった様に思うがあれこれ思うと「ダイジョブナン?」と言う気がしないでもない。


わずか10数㌔の間に長中短の三つのトンネル。
トンネル嫌いの仙人であるが山中を走る高速道路は致し方が無い。
「オイオイ!走りながらのパチリは危ないぞ!
まっさらな道を走るのは格別気持ちの良いもんだ。





さて、昨日タクサンのお歳暮を頂いたのでてっちりと洒落る。
あのスーパーで調理済みのパック・・「これってテッサも出来るの?」
「出来ますよ・・でも新しく捌いてあげましょう!」・・例の女子調理員・・嬉しいね。
おまけにテッサもこの通り。
普通は古いのから売るよね・・ここではいつも嬉し事が起きる。
高々の事ではあるが、それでも嬉しい事は嬉しい。


値段がトコ・・大きなモノではないのでアラも少ない。
ンで・・白菜だけでてっちり・・正解であった・・沢山の野菜に味を付ける力は無い。
老人二人には丁度いい量であった。

今日自転車にのってコケた・・コレで二度目・・今日は頭を打ってタンコブが出来た。
三度目は?・・笑い事ではないので処分する事にした。
ヤッパ無理やねぇ~~ん」・・「ヤッパすっきゃねぇ~~ん」のメロディーでどうぞ!

さて明日は・・お家でお稽古です。




コメント