地底人の独り言

いつまでもみずみずしい感性を持ち続けて生きたいと願いつつ、日々の思いや暮らしを綴っていきます

ごあいさつ

いつも訪問してくれてありがとう。 「毎日が日曜日」の日々ですが、好奇心いっぱいに、ミーハー心を忘れず生きていく様や日々の思いを綴っていきたいと考えています。  是非とも、今後とも訪問をお願いします。また訪問していただいたら、足跡・コメントを残してくれたらなお嬉しいです(4桁の数字を半角小文字で入力忘れないでくださね)。 今後ともよろしくお願いします。

驚きの受賞

2017年07月23日 | 読書

30年以上も前に読んでいた佐藤正午さんが直木賞受賞、著書を前に出した

 157回芥川賞・直木賞が、去る19日に発表された。芥川賞に沼田真佑氏の『影裏』(文學界5月号)、直木賞に佐藤正午氏の『月の満ち欠け』(岩波書店)を選出された。

 沼田さんの『影裏』は第一作で、文学界新人賞受賞作。私的には何作か読んだことのある今村夏子『星の子』(小説トリッパー春号)に期待したのだが。ま、受賞作が掲載される雑誌「文藝春秋」9月号で読ませていただこう。

 ところで、私は芥川賞は若い頃から読むようにしている。最初に芥川賞を意識したのは、第51回芥川賞受賞作の柴田翔著『されどわれらが日々』(1964年)。この作品に魅了された。いらい、芥川賞は読むようにしている。

 そして、芥川賞受賞作を掲載した雑誌「文藝春秋」を購入してきた。その一年前の1963年9月号以来、芥川賞受賞作を掲載した雑誌「文藝春秋」が我が書棚に並んでいる。50年以上、100冊を超えている。

 もちろん、その時々の芥川賞受賞作品の単行本も購入してきている。また、芥川賞全集も全て購入している。我ながら、ヒマだと呆れている。

 ところで、1963年9月号の文藝春秋には、河野多惠子『蟹』、後藤紀一『少年の橋』がダブル受賞し掲載されている。その時の直木賞は佐藤愛子『ソクラテスの妻』が受賞している。

 しかし、直木賞については、あまり気にしないできたが、今回の受賞作家には驚いた。佐藤正午さんは1983年に『永遠の1/2』ですばる文学賞を受賞し作家デビュー。

 その頃、佐藤正午さんの著書を結構購入し読んではいた。しかし、近年は書棚の奥に眠っていた。全て初版本で帯もある。今回の受賞を機に、書棚の前に出した。こんなこともある。受賞を機に、佐藤正午さんのさらなるご活躍を期待する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖地巡礼

2017年07月23日 | 身辺雑記

B’zライブで津山は「聖地巡礼」で賑わった、私は「おむや」で友人とランチ

 昨日は猛暑の中、津山は「聖地巡礼」で賑わったようだ。B’zライブのチケットのない人も、たくさん訪れたようだ。かく言う、我が娘もその一人。

 津山市の公報紙「B’z公演特集号」を手に入れ、178(いなば)と数字の入ったウチワ(お母さんのお店はピンク、お兄さんのお店は黒)を手に入れ、帰ってきた。しかし、グッズ売り場は大変な列で、とてもではないがと諦めたようだ。疲れて帰ってくるだろうと、私が昨日の夕食は用意した。

 そんな昨日は、平尾昌晃さんが亡くなられた。巨人は勝ったのに、今朝のスポーツ報知の一面は平尾さんの記事だった。平尾昌晃さんにはたくさんのステキな歌で楽しませてもらった。心からご冥福をお祈りする。

 さて、さて、そんな昨日は心許す友と「オムライスのお店 おむや」で、心安らぐ語らいの時間を過ごした。予定していたイタリアンのお店が開いていなくての選択。ステキな時間を過ごしたので、少しだけ暑さが吹き飛んだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トップ第二作

2017年07月22日 | 歌舞伎・演劇・バレー

月組珠城りょうのトップ第二作をSS席で観た、華やかな舞台に魅了された

 昨日は「宝塚大劇場」へ。少しだけ気になっている月組トップ・珠城りょうのトップ第二作を観るため。

 昨日は宝塚観劇で初めて7列目で感激。スターの表情まで見える。「いいお席で観たい」という気持ちが、しっかり理解できる。

 私としては、珠城りょうのトップ第一作に比べて、とても楽しく観た。珠城寮の魅力に魅了され、とても華やかで豪華な舞台であり、全てを忘れて愉しんだ。

 宝塚ファン、そして珠城りょうのファンの友人に、いろんなことを教えてもらいながら舞台を愉しんだ。「次回月組公演もよろしく」と頼んだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第三作

2017年07月22日 | 映画・テレビ

三上智恵監督最新作「標的の島 風(かじ)かたか.」を観た、怒りに震えた

 「標的の村」「標的の村 戦場ぬ止み」に続く三上智恵監督最新作「標的の島 風(かじ)かたか.」を、20日にシネマクレールで見た。三上智恵監督の「標的の島」シリーズ三作とも,シネマクレールで上映され、私は三作とも観に行った。

 この三上智恵監督のドキュメンタリー映画をみると、いつも怒りの悔しさが体中を襲う。ナント理不尽なことを、現政権は沖縄の人たちに対してしているか。言葉にならない。

 その現政権は、東京オリンピックの聖火リレーの出発地を沖縄(あるいは宮城)で検討していると新聞が報じている。沖縄の人たちに塗炭の苦しみを押しつけておいて、よくもそんなことが言えると、また怒りが湧く。

 ところで、この「標的の島」シリーズは、自主上映会も開催されている。たくさんの人に観て欲しいという思いが嬉しい。

 ただ、願わくばだが、頑張って上映をしているシネマクレールの支援の意味でも、まずは映画館で観ることを推進して欲しい願う。私が観た日の観客は20名程度だった。

 今、シネコンに押されて、全国で映画館は廃業を余儀なくされている状況がある。そんな中で、シネマクレールもその運営が厳しい状況に置かれていると推察する。シネマクレールで映画を観ることで、気持ちだけでも支援したいもの。

 もう既に「標的の島 風(かじ)かたか.」の上映は昨日で終わったが、沖縄の今そして映画を巡る状況についてもみんなで考えたいものだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブビューイング

2017年07月22日 | 歌舞伎・演劇・バレー

「髑髏城の七人」〈鳥〉の「ライブビューイング」、先行予約のに当選した

 劇団団新感線が今年の3月から「髑髏城の七人」を〈花〉〈鳥〉〈風〉〈月〉の4つのシーズンとして、1年間連続して上演するという壮大な試みを展開している。しかも劇場は360度客席が回転するという画期的な上演スタイル。

 私も見たいとは思っていたが、何しろ東京での上演であり貧しい身には経済的に苦しく、かつ好みの女優さんが出演しないので少しだけ躊躇していた。

 その「髑髏城の七人」〈シーズン鳥〉が、生中継「ライブビューイング」するという。

 

 やっぱり見てみるかという思いであり、昨日先行予約でチケットが確保できたので、ワクワクしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も聞き役

2017年07月19日 | 身辺雑記

 今日のずいぶんと年若い友人とのランチは、セントラルホテル「ほのか」。

 今日も、もっぱら聞き役。あっという間に、時間が過ぎてゆく。彼女も困難の中で懸命に生きている。今日も頑張っている彼女にエールを送った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慌てたが

2017年07月19日 | 身辺雑記

待ち合わせ場所を違って少しだけ慌てたが、困難の中で頑張る友人と語らい

 「もしもし、今どこ」。11時30分に、携帯に電話があり、待ち合わせをしている女性の声が聞こえた。

 昨晩、その彼女から「明日はどこにする?」と電話があり、手帳を見たが何も書いていない。しかし、彼女とランチを約束したことだけは記憶にあった。

 翌日ということで、予約は不可であり、駐車場もあるホテルはどうかと提案し、私は「国際ホテル」と告げた。「了解」との返事を得た。

 そして、少しだけ早めにホテルに到着し、本を読みながら待っていると先の電話。「玄関を入ってすぐのロビー」と答えた。すると、「見当たらないんだけど…」と返事があり、電話を切った。

 そして、また電話が入った。「私は売店横にいるのだけど…」との会話で、ふっと疑問がよぎった。「ホテルはどこ?」と聞くと、「プラザホテル」と返事が返ってきた。「こちら国際ホテル。待ってて、そちらに行くから」と電話を切った。

 よく聞くと、昨晩電話で話をしている時から,彼女は「プラザホテル」をイメージしていたらしい。

 そんなこんなで、昨日のランチは少しだけ混乱したが、彼女を取り巻くあれこれの話を聞いた。いろんな苦労をしながらも、頑張っている彼女に、心からのエールを送った。気がつくと、3時間近くが経過していた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訃報に接す

2017年07月18日 | 身辺雑記

日野原重明先生と砂川啓介さんが永遠の旅立ち、心からご冥福をお祈りする

 今日はお二人の訃報に接した。お一人は、日野原重明先生。先生の講演は二回だけだが聞かせていただいた。二度ともパートナーと一緒だった。 先生のご著書も少ないけれど、幾冊か書棚に並んでいる。サイン入りもある。105歳、胃瘻も延命治療も断られての大往生。心からご冥福をお祈りする。

 そしてもう一人は、砂川啓介さん。砂川さんは「ドラえもん」の声で知られる大山のぶ代の夫。

 認知症の大山のぶ代さんを残しての永遠の旅立ちは、とても心残りだろう。どんな思いで旅立たれたのだろうと思うと、心が痛む。

 ご冥福をお祈りしつつ、砂川啓介著『娘になったのぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記』(文庫版、双葉社刊)を読み返している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け!?

2017年07月18日 | Weblog

芙蓉の枝が大きく広がっている。花を咲かせるのは、来月中頃だろうか。

 その酔芙蓉の前に、西洋芙蓉が大きな花を咲かせている。ご縁をいただいている方に、厚かましくもお願いして苗をいただいた(たぶん、パートナー任せで今となってはわからない)。

 紅い花の芙蓉をお願いしたつもりなのだが、違った。どこで間違ったのだろう。ま、いいか。お花が咲いているだけで、何だか嬉しい。

 さて、今日も暑くなりそう。今日にも、「梅雨明け宣言」が出るかな。これからやけどの治療で病院へ。今日も頑張らなければ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の風物詩

2017年07月17日 | 身辺雑記

今年の岡山パリ祭は、とても素晴らしかった、来年は7月15日の開催だ

 昨日は流石に疲れた。朝8時過ぎ、いつものスタバでエネルギーをチャージ。9時過ぎには東山公民館に行き、「子ども食堂・えがお」でボランティア。

 その後、シンフォニーホールへ行き、パリ祭で来場者の方に配布するため、「備前おかやま松竹大歌舞伎」公演のフライヤーの挟み込み作業に参加。1時間を超える作業。

 その後、上之町パリ祭でご縁をいただいているシルビアさんのステージを楽しませてもらう。その際、公共交通・ラクダ(RACDA)の岡將男さんと久しぶりにお目にかかり、しばし語らいの時間。

 そして、16時30分からは「岡山パリ祭」の実行委員の一員として、受け付け・切符のもぎりに参加。そして、バリ祭のステキなパフォーマンス・歌声に魅了される。

 その後は、出演者とミュージシャンを始めとしてパリ祭関係者の方々、そして私たちスタッフ全員での「打ち上げ」。楽しく過ごす。

 そして、実に実に久しぶりに、帰宅は12時を回った。お風呂で、「一日よく頑張った」と自分で自分を褒めた。

 さて、さて、昨日の「岡山パリ祭」のステージは、例年にまして素晴らしかった。出演者の方々の歌声が心に響いた。

 これだけの素晴らしいステージを楽しめる岡山人は幸せだ、と心から思う。今や「岡山の初夏の風物詩」ともなっている「シャンソンの祭典 岡山パリ祭」を、是非とも来年は楽しんで欲しい。来年の開催は、7月15日(日)だ。今から日程を書き込んで欲しい。よろしく。

 その「岡山パリ祭」の素晴らしさは、出演者、関係者、スタッフ全員が参加しての「打ち上げ」。まさに岡山ならでは。毎年、ステキな時間を過ごさせていただいている。

  これまた恒例となっているが、今年もあみさんと劉玉瑛さんとのツーショット写真をお願いした。その鼻の下の伸び具合は、何とも恥ずかしい限りだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加