三味線三昧/梅若朝雲  since2013-7-1

梅若朝雲(音羽仙人)のⅡです
梅若朝雲(音羽仙人)の徒然日記 も併せて宜しくお願い致します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Vol.019 三脚駒?

2013-10-04 08:56:57 | 三味線
こんなんアッタリマエぇ~~~!・・・と言われるかも知れないが
仙人、三味線歴35年・・・はじめて持った
理にかなった華奢で強靭な竹駒である
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.018 撥ケース

2013-09-23 07:12:12 | 三味線
弦楽器を演奏する人にとって、丈夫な爪は大切である。
が・・・爪でフレットや鍵盤を抑えると言うのは・・・どうなんだろう?
拙者は三味線しか知らないが、爪は短い。

勢い・・・女子にも爪を短く切ってもらう・・・勿論左指だけで良い
であるから三味線を弾く女子に鬼のような爪の人はいない
ただし付け爪の事は知らない

ンな訳で普段使用する撥ケースには必ず爪切りが入っている。
仲間や同業者の事情は知らない・・・拙者だけの事であっても構わない



爪切りの入ってないケースは保存用
全部象牙・・・鼈甲を貼った装甲撥も土台は象牙。
ケースも布張り・革張り・・・持ってないが津軽塗何ぞと言うのもある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.017 三味線スタンド

2013-08-30 15:45:38 | 三味線
netショッピング・・・お弟子の分もと思って3台買った。
以前にはオークションで1.800円で買った。
今度も探すと同じ価格で・・・複数個仕入れるのは面倒・・・
ンで・・・そこの店名で検索・・・
同じようで、1.880円・・・80円高いけどシャーないな・・・
商品が来てみるとビックリ!・・・胴受けアームの大きさがデッカイ!
ソッカ!・・・これが正規品なのか・・・netショッピングは難しい
左が問題のGOO品。


三味線・・・左が標準サイズ・・・右が短棹。


袋もいろいろ・・・柄もいろいろ・・・正絹とか化繊とか・・・これは正絹(しょうけん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.016 糸

2013-08-14 00:32:00 | 三味線
糸もいろいろ・・・つづく
三味線の糸は原則絹糸・・・ただし・・・民謡に就いてしか知らない
民謡だけでも太棹の津軽三味線と普通の中棹がある。


三の糸には近年「ナイロン」「テトロン」などが常識となってきている。
テグスと言うのも有ったそうだがお目にかかったことは無い。


又その、夫々の糸にも「番手=太さ」があってややこしい
仙人の好みはヒミツだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.015 音緒駒

2013-08-02 15:24:00 | 三味線
こんなモノかつて見た事が無いので名前を知らない。
聞いとけば良かったと後悔している。
なぜ後悔かと言うと、頂いた彼はすでに鬼籍の人である・・・からだ。


下駒(しもごま)と言うべきか・・・「上駒」と「駒」は厳然としてある。
音緒(ねお)枕とでもいおうか

*追記・・・コメントで音緒駒だと教えて頂いた。
ちゃんと読んで頂いていると言う事も有難いが、ご教示はなお有難い。
*ありがとうございました。

続きはブックマークから「梅若朝雲徒然日記」でお楽しみください
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.014 身だしなみ

2013-07-26 21:40:00 | 三味線
三味線は丁寧に扱わないとイケマセン。

三味線はこのように包みましょう。

三味線は準備から始末までがお稽古です。

ここんとこをおろそかにする人は上達も望めません。

着物はきちっと着なければナリマセン。

着物を着たら立ち居振る舞いにも気を配りましょう。

同じことです。

そこんとこがヤマトナデシコの辛いとこです。
ヤマトオノコもです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.013 駒もいろいろ

2013-07-26 21:35:00 | 三味線
タイミングを外してしまったのでピンと来ないが・・・
相変わらず本文は・・・ブックマークからどうぞ・・・ってナマクラかよ!




ンで・・・コッチも、撥もいろいろ駒もいろいろ・・・胴もいろいろナノデス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.012 酒は良いもの

2013-07-23 10:46:46 | 三味線
酒は良いもの 気の晴れるもの 飲んだ心地は富士の山」
*誰が何というても飲んだ方が得だよ・・・まさか三百年もコ~~ラヤ 生きられぬよ
 おこさでおこさでホントだね

・・・と言う「おこさ節=秋田県民謡」
続きはカテゴリーから本文へお越しください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.010 撥いろいろ

2013-07-23 10:35:35 | 三味線
①素材・・・象牙 水牛 鼈甲 を、楽曲の種によって素材を決める

②形・・・・楽曲の種によって形が変わる・・・此処には義太夫(浄瑠璃)と地唄の写真は無い。

③∴・・・・素材×形=いろいろとなる

詳しくはブックマークから続きをお読みください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.011 研修会

2013-07-22 10:55:55 | 三味線
そうそう、今日は年次恒例の「名取研修会」
唄と言うものは好き好みがあるから、自ずから「十八番=おはこ」と言うものは生じる。
それこそ、高い月謝払って高い出演料払って唄うのだから「好きな歌を唄う」と言うのは当たり前のことである。

たまさか(偶さか)名取研修となれば話は別で、同じ曲を皆で唄う。
今日に限って言えば、秋田長持唄・吉野筏流し唄・磯原節・鰺ヶ沢甚句・・・を、
それでもコノ中から好きに選んで唄う・・・参加者は150余名であった。
敢えて十八番でない曲を唄うのは研修と言う意味では意義があると言えば言える。
衆目集中する中誇らしげな人、苦渋の人・・・悲喜も交々である。
・・・本文はアチラ(ブックマーク)で
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加