大阪鋼巴球迷的博客(だあばんがんばあちうみいだぼーくぉ)

熱烈なるガンバ大阪サポの筆者が、世界で最も多くサッカーファン人口を持つ中国にガンバの名前を広めんと日中二ヶ国語で発信する

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まあ、ハードワーク忘れた鳥栖相手ならこのくらいの差は出ますわね

2014-09-28 23:06:57 | ガンバ大阪
ホント今のガンバってPK以外に失点する気配がしませんねw まあ、PKの判定に関してだけど、よくよく見たら米倉が掴んだっていうのが判るし、西村主審にはそれが見えていたのなら、W杯の開幕戦が彼の基準だとすると仕方がないのかもしれない。

見えてしまったものについては対応しなければいけないのが主審の仕事であるならば、逆に言えばハッキリと見えづらいものはなかなか笛を吹けないことをこちらも覚えておいた方がいい。

例えば前節の清水戦で相手CKが藤春の手に当たったプレーはその試合を担当していた佐藤主審にも、バクスタ側の副審の位置からも見えていなかったから流されたものだと思われます。逆に、ドルトムント戦での岡崎みたいに、主審の目の前で手に当たってしまったら問答無用のPKになるわけですが。

話を戻すと、開始早々のPKの判定で、PKを取るハードルが下がった印象は否めなかった・・・確かに小林がパトリックを押していたんだけども、この辺については西村主審はパトリックが押された程度を見たのかね?確かこの人キッキングや押す行為は程度を判断しないといけないけども、つかむというのはその行為自体がPKだと公の場で語っていたっけ?そうなると、この押すという行為に主審の主観が入っているので微妙な判定にならざるを得ないんだけど、その辺が鳥栖側からしたら不満だったかもしれない。

試合全体を振り返ると、鳥栖がきれいなゾーンディフェンス敷いていただけで、かつてのようなハードワークが鳴りを潜めた分、こちらとしてはゾーンのマーキングの受け渡しが曖昧なところをうまく突けたといえる(この辺ゾーンディフェンス論者が陥りやすい落とし穴ではあるんだけどもね。CLでのバルサとアポエルを見れば、互いに外を捨てて中絞りで守っていたのを思い起こして欲しい)。2点目なんかパトリックが相手の坂井とミチとの間にうまく入り込めていたんだけども、あそこで鳥栖の方はパトリックに対してミチか坂井かどちらがつくかがハッキリしていなかったように思える。どちらかと言えば、あの場面、阿部と大森が前線にはりついていて、坂井は大森を観ていたんだから、寧ろミチが中に絞っていないといけないんだけども、そこまで絞りきれていないのがあちらの約束事なのかが定かではない(多分ウチだと思いっきり中絞りする)。まあ、いずれにしても、パトリックがどちらのマークにもつかれていない位置で待っていたところに、相手がドリブルを警戒して寄せきれていなかった宇佐美が絶妙のパスを出したわけで、この時鳥栖は全員がボールウォッチャーになっていた。

あとは、相手GKの林の飛び出しの良さを逆手に取ったかな・・・ヤットは林や菅野のように早く動くGKに対しては逆をついてPKを決めるのは上手い。3点目のパトリックのループにしても林はあらかじめ前目のポジションとっていて、エリア外に飛び出せる状態でいたのが仇になった。まあ、高いライン保つ上では本来彼のように飛び出せるGKが居ると随分助かるんだけども。4点目については割愛しますw

個人的には尹晶煥が居た頃の鳥栖に勝ちたかったかな・・・ハードワークを忘れた鳥栖って、ウチとはモロに技術差が出るわけで、それがスコアに如実に反映されたと言えるわけでしょ?
コメント

ダービーで明暗を分けたもの

2014-09-21 23:31:03 | ガンバ大阪
さて、ハッキリ言うてまいましょうかね。今回のダービーの内容を見れば、

・ガンバはレギュラーCBが二人共不在でありながら、その穴を感じさせない組織的守備でセレッソには殆ど決定機を与えなかった

・ガンバの一点目はセレッソの代表組二人が居たとしても変わらなかった

という点は明らかなんですがね。先制ゴールの場面では、それまでセレッソが自分たちのやりたゲームプランにそってやれていた一瞬のスキを突いたもので、ガンバが左サイドで3対4っていう数的不利な局面でありながら、宇佐美がワンツーで相手ボランチのキム・ソンジュンを剥がしてから、もう一人のボランチのアーリアを引きつけながら丸橋の裏に走りこんでいた阿部に絶妙のスルーパス出していたわけなんだけども(局面の数的不利を敢えて逆手にとって、数的同数の逆サイドで勝負掛けるのはこれまでもよくあったことだが)。この場面は、ある意味今年の長居ダービーの2点目に似ているところがあって、あの時も蛍クンが何故か焦ってスローインを自らの手で早く投げ入れてしまって、バイタルを開けてしまっていたわけよね。彼の属性を考えると、おそらく昨日の試合で出ていたとしても、いや出ていたら尚更こちらの攻撃によって余計に食いつかされていたかもしれないんじゃないかって。だからまあ、個人的意見なんだけども、あの場面彼や扇原が居たとしてもいかんともしがたかったんじゃないかと思うわけです。勿論蛍クンがボールを狩りに出かけたらその空いたスペースのカバーっていうのがチーム全体で出来ないと行けないわけなんだけどもね・・・

これに対してジョンヤと大輝のセンターバックは、大輝がビルドアップで2回プレスの網に引っ掛けられた以外は完璧だった。大輝がラインをしっかり押し上げていたし、ジョンヤは空中戦では強さを発揮し、おまけに後半開始早々出てきたフォルランに対してもしっかり寄せてボールを奪ってしまっているわけですからね。相手の決定機で本当惜しい場面って・・・佐藤がコンちゃんにバックパスしようとしたのが合わずに永井にポスト直撃弾を打たれたくらい?ああ、前半にもヒガシが左手一本で止めたシュートも彼だっけ?後半南野がオさんを抜いた場面って、あの選択はシュートであったから、永井は反応出来なかったな・・・実は、ダービーにおいて対戦経験の少ない分永井の存在が厄介だな、とは思っていた。決められるとしたらこちらが永井の特徴を掴みきれずに、シュートを決められるか、或いはフォルランのゴラッソか。まあ、でもフォルランって大熊さんに求められるチェイシングが出来ていないからスタメンじゃない。この辺帯に短し襷に長しであって、チームコンセプトを浸透させる為に、10億円コンビがベンチを温める羽目になる。まあ、この二人の状態をもう少し続ければというところだったかもしれないけど、結局永井自身結果が出せていない、というところでカカウに替えられてしまうんよね。これは大熊さんの采配が裏目に出たといえばそうかもしれないけど、そこまでで結果を出せていなかった永井もまだまだだということ。この人に足りないのはゴールだけなんだけどもね・・・

そんなこんなで局面におけるプレーの質というか精度っていうのはハッキリしていたんで、さっさとトドメを刺して欲しかったんですがw 終了直前まで緊迫した状況に引っ張って来れたのは、ひとえに、宇佐美へのPKを取らなかった家本主審の笛と、ジンヒョン君の好セーブのお陰。確か、ジンヒョン君は来年兵役の為に一年韓国でプレーしないといけなくなる年齢だったっけ?であるならば、ダービーは今年で最後かもしれない彼から奪って2ゴールは極上級のものだろう。まあ、その前にも佐藤のシュートはジンヒョン君に止められていたから決着をつける時間は伸ばされていたか。

その佐藤のシュートがジンヒョンにセーブされた一連の攻撃なんだけども、ここでも見落としがちなのは、佐藤がフィニッシュに行く前に、丸橋の裏を徹底して突くというこの日のゲームプランにもとづき、右サイドにおいて3対4の数的不利なんだが、充分相手を引きつけておいてから中央で勝負する形を造っているということですな。そして、佐藤のプルアウェイで酒本のマークを外す動きは秀逸だった。シュートは相変わらず残念ですけどもねw 

いずれにしても、こういう形っていうのは前から造れていたガンバにおいて、健太監督が守備を構築し出しているわけだからそら強いはずですわ。健太監督がもしセレッソの監督ならば、おそらく丸橋も酒本も調教しながら守備もそれなりのレベルに持っていったかもしれないけど、今のガンバまでの完成形にまで持っていけるかと言えばちょっと違ってたかもしれない。まあ、この人のことだから戦術フォルランっていう形を徹底して中位ぐらいまで持っていったかもしれないけどガンバ程ではないかな?この辺は健太監督がかつて率いていた清水なんかと比較すればよりハッキリするけども、指導を受ける側の資質っていうものがまるで違うわけで、それが昨日のダービーの攻撃において随所にそれが見られたということなわけ。
コメント

鉄壁に変えてしまう健太流組織的守備

2014-09-15 22:33:20 | ガンバ大阪
新潟戦からナビスコ神戸戦そして広島戦までとブログ更新までの間を開けてしまったけども、まとまった文章を書いておくとしたら、今の堅固な守備力を支える組織力っていうことかな。

それはリーグ広島戦でも証明されたけども、前でしっかりチャレンジしていて、チャレンジがかわされても後ろでカバー出来る距離感と連動は出来ているというところ。

でね、ちょっと広島の攻撃についてもちょっと言っておきたいんだけども。一部で話題になっている、コイントスの後にヤットが離れてから青山が松尾主審に話していたことがマイクに拾われていたわけだけども、よく聞いてみると、ガンバの岩下がラインの、というところまでをジェスチャー交えて言っていたわけね。それって、岩下がよく手を上げてオフサイドをアピールするけどもそれに惑わされないようにしてくれってことなのかどうかは定かではないけども・・・けど、もしそうだとしたらそれを審判にアピールするのもどうかって思う(却って審判の心証を悪くする)し、それに実際の試合においてもウチのラインの裏にスルーパス出してたかと言えばそうでもない。しいて言えばそれをやっていたのは茶島なんだろうけども、途中で替えられてしまい、縦パスの出し手がいなくなってしまっているからよう分からんなw

しかも、高萩の試合後のコメント見ると、ウチの4-3-1-2の3ボランチを意識していたせいか、サイドチェンジを使いだしたっていうだけども、仮にそれが広島のやり方(以前左右に振られて真ん中の空いたスペースでチュンソンにやられたことがあった)だとしても、逆にこちらからすれば寧ろスライドして対応する時間を与えてしまっているわけですけどもね。しかも、逆サイドに振られたとしても一対一の状況しか作れていないんで、ミキッチにボールが渡っても藤春がしっかり縦を切って対応していたわけですから。本当にウチから見てイヤなのが、こちらが戻って守備組織を形成する前に一気に縦に入れられることではなかったか?

その意味で、青山が試合前に狙っていたことと高萩が言っていたこととの間にはズレがあるのかもしれない。ただ、縦に出そうにも出しようがないからこそ、高萩の言っていたやり方を採用したということかもしれないけども・・・もしそうだとしたらそう仕向けたウチの守備組織は相当固いということだろう。

いずれにしても殆ど危ない場面すら作らせないどころか後半はシュートもまともに打たせておらず、逆にこっちは秋がポスト直撃弾までフィニッシュに持っていったことを考えると、決定機の質を比べれば完勝だったという内容と結果には満足していますがね。健太監督にしてみれば、誰が出てもほぼ同じような守備の約束事が遂行できるっていう手応え掴んでいるからこそ、ターンオーバーが敢行出来たのかもしれない。それは、守備における距離感と中央をしっかり閉じる陣形にもよるかもしれない。2年前の広島戦ではJリーグタイムにおいて、コンちゃんがアタックしたところで藤春がカバー出来ていなかった為に失点したことを解説者の立場で指摘した健太監督は、今となっては藤春でさえも、天皇杯とリーグの広島戦で共にCBのチャレンジにおいてしっかり中へスライドしてカバー出来る形に矯正している。

そうした距離感を縮めて誰かのチャレンジが失敗してもカバー出来る約束事の中だからこそ、ザルがザルを獲ってどうする、なんてジャイキリの作者先生に言わしめた米倉なんかもウチの中では危ない場面で再三インターセプトを見せたりも出来ているのではないか?逆に鈴木淳時代の千葉においてはウチなんかよりは若干距離感が広めな分だけ、彼自身の個人能力における守備負担が大きかったかもしれない、という仮説を立ててみたりもしているんだけど。

逆に興味深いのは清水時代には健太監督の守備組織の庇護の元にいた和道とか山本海人とかが神戸なんかである意味野ざらしにされることになって個人能力で対応せざるを得なくなったということ。勿論、海人は確かにこないだのナビスコでもいくつか好セーブを見せていたけども、失点場面見ていると、ガンバなら藤ヶ谷と同じくらいに叩かれていてもおかしくないかな、というのが割りとある。まあ、それは素人目で見た限りなんだから、実際には難しいのかもしれない(今節宇佐美の決勝ゴールのようなもので、あれは一見林のミスに見えるがGKの泣き所へ飛んでいる)けど、彼が超絶反応系っていうタイプでもないのだろう。

そこで気になるのがアギーレジャパンなんですな。今のガンバとは違って、選手同士の距離感とかシステムとかを見ると、システムの弱い部分を突かれたりすると、そこで個人のミスを誰もカバー出来ずに致命傷になるっていう場面が見受けられる。まあ、この辺は徐々に距離感を縮めていくものだろうとは思われるけども、問題は適切な距離感っていうものの考えが監督によって異なることだろう。健太監督が考える近さというものが、アギーレ代表監督のそれとは全く違うだろうし。寧ろアギーレジャパンのサッカーの距離感っていうのは、適切に離れることがいい距離感だと思われてるようにも思える。これはかつてクライフが言い放ったこととよく似ていて、近づくだけがサポートではなく、離れることもサポートのうちだというもので、クライフなんかはおそらく、離れてくれることで自分が使いたいスペースが作れるということを言いたかったのかもしれない。これはおそらく、今まで日本全体で取り組んでいた、日本人らしいスタイルっていうものから逆行することにはなるんだけども、このままだとどこかで軌道修正は必要にはなってくるかもしれないが。

まあ、だからこそ個人能力で何とか出来る選手が必要ってことで宇佐美が代表に呼ばれることも大いにありうるんだろうけども。まあ、その時はあまり他の選手らとの連携で合わせることはあまり期待出来ないかもしれないが。

あと、ダービーなんだけども、セレッソさんはここ数年の中で一番守備が堅いウチと大戦することになります。攻撃においては宇佐美はあの通りキレッキレですので心して掛かって来てくださいw 特に一瞬の守備の綻びが即致命傷になることは大いにあり得ますんでw
コメント