憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

自民の悪政を助けた公明は自民以上の罪がある・・医療介護年金雇用の罪だ

2009-05-31 10:42:52 | Weblog
●親しき知人は(竹馬の友と世間では言う)
“今生きていることに幸せ感を持てばそれでよい”
 と諭してくれる。
“不平不満を持って暮らすと未来永劫に不平不満が続く”
 とも言う。
“生活不安は考え方1つで消え去る”
 と続けた。
※知人は先祖からの資産が莫大である
 私の十数倍の年収を得ている
 生活に困ることを知らない
 親子代々の自民党支持である
 最近ボヤキは株式の値下がり損失だ
 恵まれすぎた環境にある
 (私から見れば・・)

●時々驚く言葉が出る
“動けなくなった高齢者
 介護で生きる高齢者
 私はなりたくない
 動けなくなったら死を選ぶ
 寝たきり高齢者を無理に生かす医療はムダだろう
 福祉はほどほどでいい
 高齢者医療に多額の税金使うのはモッタイナイ”
※身体障害者にもかなりの差別感を持っている
 高額所得税を納めている優越感が言わせているようである
注:保守政治家の本音がちらつく知人のお言葉である

●凡人は不安を持って暮らす
 未来の生と死を達観できない老人である
※不安は何処から来るか
 高齢者の私の場合
 「医療と介護である」

●近頃TVで関心を持ってみる番組がある
 医療と介護関連番組だ
※ろうろう介護?
 言葉が理解できなかった
 痴呆が痴呆の面倒見る
*明日はわが身かと怖くなる

●不安に追打ちをかけるニュ-スが・・
 医療療養病床が減らされる!25万床が15万床に・・
 介護療養病床が全廃される
*入院の必要性が低い高齢者を自宅介護にする(厚労省)
*福祉予算を毎年2200億削減とはこれだ!
※自民党と公明党の政治哲学はわが知人と同じだ
 恐ろしい時代に生きている
 政権を変えなければ不安は消えない
*今を幸せと感じればよい
 知人のお言葉はまやかしである

●現役労働者の最大の不安は(我が弟だが・・)
 「雇用と年金だ」
*非正規雇用は企業に解雇の自由がある
*年金運用自己責任株式投資は(6年前)
 今年定年退職の弟の場合だ
 振り込み額を大幅に割り込んでいる
※自己責任というが
 好き好んで参加したわけではない
 6年前に強制的に加入させられた
 年金も出ないのか!
 <安心できる活力ある社会にする
  麻生総理の就任演説だった>

 『全ての国民に政治不安がプラスされる』
コメント

エコカ-もエコ家電も生活者にはありがたい政策だ・・だが?

2009-05-30 11:11:40 | Weblog
〇大型補正予算が成立
 *エコカ-にエコ家電等々に見える
  ・選挙目当てのばら撒き予算を含む
 *昨年5月我が孫が生まれた
  ・その孫には就学前支援がなし?納得できない
 *小学校に炊飯器配布
  ・暖かいご飯を食べさせる?今でも温かいご飯を食べているよ
 *基金へ予算配分
  ・兆円規模の使い道も決まっていない・ムダになる恐れが指摘される
※祈るような気持ちだ!
 *景気回復に効果が上がることを期待する
 *国債頼りの予算・不安は消費税引き上げにある
 
●関連法案を成立させる為に国会会期を大幅延長する
 ※解散が遠退きましたが・・・
  記者に問われて麻生総理は
  “今は景気回復手当てが大事
   解散している時ではない
   解散時期は私が判断する”
 
※本当に景気回復を大事に考えているのだろうか

●解散総選挙の顔として
 総裁総理に担ぎ出された麻生総理
 勝利を確実にする為に
 国民受けを狙った数々のパフォーマンス
 すべてが逆にでて解散の機会を失った
 相まって1日でも長期に総理の座にしがみつく

●座にしがみつく口実ができた
*吹き荒れた世界同時不況
 “解散より経済対策”
 国民の支持もあり順調の船出ができた
*さらに追い風が吹いた
 司法からの援軍だ
 民主党党首小沢一郎公設秘書政治献金疑惑で逮捕
*だが、解散より経済対策が逆に働く
 好機到来と総選挙には打って出られない
 あぁ情けない政治の貧困

●ブレ?政策のぶれ!
 麻生総理の政権人格を表す言葉になっている
 ブレは数々あるが昨日も表ざたになる
*厚生労働省2つに分割する
 総理から支持が出され自民党内で議論された
 反対論が続出・閣僚からも疑問が出される
*総理談
 “私はこだわっていない”
  いとも簡単・厚労相分割指示を撤回した
  勝手にマスコミが話を創り上げた???
※総理総裁の力量にかける
 識者のコメントが虚しい

●今の国民生活の状況は
 悲観的過ぎるかも知れないが
 非正社員激増!
 職を失う生活者の激増!
 失業率5%は過去最大!
 有効求人倍率4,6過去最悪!
 生活苦からの強盗犯罪激増!
 生活苦からの自殺うつ病の激増!
 国民生活はまさに末期的症状だ
※個人の力では解決できない課題だ
 政治力に期待する課題だ 
 だが、
 政治は与野党対立迷走を続けている。
 
●海外でくすぶる戦争の臭い
*米国発談
 北朝鮮の核実験はさほどの驚きはない
 北に脅威も感じない
 だが
 核開発技術が拡散する危機は感じる
 シリアにイランに拡散する恐れがある
 何より怖いのがテロ組織への拡散である
 その危機が強まれば北朝鮮を放って置けない
 武力制裁もありうる(戦争だ)

●政治権力が
 国内矛盾を海外に目をそらせる
 政治手法は古今東西に共通する
※日本がそうなる政治状況にある
*今日明日の生活は大事である
 だが
 戦争となれば全てを失う。

 
コメント

エコカ-税制優遇に疑問を呈する・・中古車購入者を無視するな!

2009-05-29 12:06:35 | Weblog
〇エコカ-
*ホンダ&トヨタ両雄がハイブリット車で勝負する
 両社共に注文に応じきれない予約に嬉しい悲鳴を上げる
 その勢いに火をつけたのが税金優遇である
 取得税&重量税が100%から70%引かれる
 買い換えるならこの機会にと庶民は考える

●だが、
 2点で疑問がある
①過去に売り出されていた
 車種のほとんどがエコカ-になった
100%にはさすがに届かないが
 75%引きあたりに集中する
*在庫車一掃協力と揶揄する評論家がいる
 私も同感である
②新車に買い換える
 その恵まれた庶民は税優遇される
 新車を買えない中古車買い換え庶民は
無視され税の優遇は0である
*貧しきものは何時も馬鹿にされる
 金持ちは(政治家や高級官僚)貧乏を理解できないようだ

〇私も買い換えを考えていた
 理由はこうだ
 丁度車検になる
 費用は15万~18万円だ
 新車にすればそれだけ安くなる?
 買い換え車種は
 トヨタかホンだのエコカ-だった
 だが、
 税優遇に群がる庶民
 新車納車は5ヶ月ほど先になる

●私は購入を止めた
 元来群集心理に踊らされるのがキライだ
 安くなるからとエコカ-群がる群衆に惨めを見た
 安価に行列をなす愚かに組しない
 日常生活の我が哲学である
 車検に出す?8年目に入る新車での購入車だ

〇本当に素直じゃないんだから
 世間並みの人になれないおバカさん
 家族は呆れている

●この優遇税制!実現するの
 国会審議によっては中途瓦解する
 なさか!
 庶民優遇を野党が邪魔した妨害した
 なんて言わないで下さいよ!
 自公政権様。
※解散総選挙の時機にある
 
コメント

参院海賊法案審議入り・・・徹底審議期待!3分の2条項再議決に反対する

2009-05-28 11:29:00 | Weblog
●期待はずれに終わった党首討論だった

〇海賊法案の審議入りした
 参院国会審議に注目したい

●法案の対立点は明確である
①首相の自衛隊派遣承認
②活動終了後国会報告
 政府提出法案は上記2点の規定がある
※これに対して民主党は
 国会の事前承認を求めている
※日本共産党&民主社会党は
 自衛隊派兵を憲法違反だと反対している

●法案が成立していないのに
 ソマリア沖自衛隊派兵は実施されている
 法的根拠は
 海上警備行動と自衛隊法を適用している
注:海上警備活動は日本近海に限られていた
  拡大解釈されてのソマリア沖派兵である

●国会答弁での
 麻生総理の弁には矛盾がある
 「海賊行為への対処は警察活動である
  よって
  海上警備活動と同様に考えて事前承認は求めない」
※海上警察活動なら海上保安庁の仕事になる
 自衛隊派兵は、お間違いと考えるが・・・。

●海上自衛艦2隻
 P3C哨戒機2機
 武器使用制限緩和
 外国船への警備拡大
 歯止めのない自衛隊活動になっている

●更なる新法制定が
 なぜ必要なのか疑問になる

●新法は政府判断だけで
 いつでも!どこでも!
 自衛隊海外派兵を可能とする
※憲法違反とする
 日本共産党や民主社会党の主張が理解できる

●参院で否決されても
 衆院三分の二再議決で法律が成立する

●現在の衆院の多数議席は
 “郵政民営化に賛成か反対か”
 小泉主張のまやかしで得られた多数議席だ
 議席は郵政民営化で役目を終えた
※その数を使う暴挙は許されないと思う
 その意味からも一日も早い
 民意を問う総選挙を実施するべきである
 “解散より経済対策”を口実に
 解散先送り民意を無視する政治運営が続いている
 残す任期は3ヶ月余りだ
 3分の2条項は使うべきではない

◎マスコミに注文がある
 自民党公明党政権と
 民主党中心野党連合の
 政治手法や政策の違い
 国民に解るように報道をする
※例えば
 「官僚支配政治」を野党が攻撃する
 その官僚支配を具体的事例で示す
 官僚既得権益や政権党の既得権益
 政官業の癒着実態を精査し報告する
※国民の損失は(税の無駄遣いは)
 何処にあるか明確にする


コメント

麻生対鳩山国会討論・・・国民の反応が気になる

2009-05-27 20:51:44 | Weblog
◎自民党麻生総理・民主党鳩山代表
 国会討論中継を見た!

●こんなものかなぁ!
 政権交代を願う立場から
 鳩山氏に期待していたが
 期待したものにほど遠かった。

●討論?違うね
 相手の弱みをお互い攻撃する?
 互いに身勝手な我が党を強く打ち出す
 総選挙を意識して
 時どき「国民が民意が」付け加えられる
 討論ではない

●麻生総理は
 国民の最大関心事だと西松問題を取り上げた
 鳩山氏が
 西松献金を取り上げるなら自民にも多くいる
*叩けばほこりが舞い上がる政界だ
 中途半端なやり取りに終わる
 みっともないやり取りだった

※余裕から?
 時どき笑みを浮かべる麻生総理
 いや!照れ笑いの笑みだった
※片や緊張からか?
 硬い表情で笑みはない鳩山代表
 無理した強気姿勢があったようだ

〇真剣だったのは
 政権交代意識の鳩山氏だったか?
〇総選挙の洗礼を受けない
 総理の言葉が空しく聞こえた
 
◎両者相打ちに終わった党首討論だった
コメント

北の核実験と日本の安全を考えた?

2009-05-27 09:12:30 | Weblog
●地下核実験強行!
 何時ものことだ
*北朝鮮は
 国際社会に挑戦する危険な行動をする
*各国が対応に四苦八苦することを嘲笑うかの如く
 国際社会の対応が試され続けられる
*日本政府の対応も
 国民は固唾をのんでみている

●アメリカには事前通告があったという
 日本には中国ロシアにはない?
 この辺りに北の本音が(強気と弱気)見えるような気がする

●日本マスコミは
 過去の制裁処置が中途半端だ
 妥協しない制裁処置が必要だ
 反北論評を大きく報道する
 この報道は
 結果的に北の脅威を国民に植え付け武力対立を煽る
 行き着く結論は武力衝突になる危険性が高い
 ミサイル基地先制攻撃論を煽りかねない

●北朝鮮問題は
 複雑怪奇にして論評する能力に欠ける
 不満を持って言い張るだけだ
 不安心理は報道によって左右される
 武力対決は避ける報道姿勢を期待する

●冷静さを欠いた対応は北朝鮮の思う壺だろう
 各国政治指導者は
 「北の核実験は容認できない
  世界平和を乱す」
 この共通認識を持って
 共同した対応をする。
 それ以上でも以下でも
 北朝鮮に反省を求めることはできない
 日本外交に期待するのは
 日米韓ではダメだ!中ロを加える!
 他にも
 北朝鮮の友好国と言われる国々と一緒になって
 核実験暴挙に反対する意思表明をする
 日本独自や1部の国だけの経済制裁は有効に働かない
 北の国内向けの口実を与えるだけであろう
 日本外交の真価が試される

●マスコミ報道は何時も危機感が先行する
 マスコミ独自の調査突っ込みはがなく
 行政機構の言い分を伝えるだけだ
 これでは
 戦時中の大本営発表伝達と同じだ
 マスコミは
 行政発表のみでなく多数の研究者の意見も取り上げる
 政府の発表を鵜呑みにした発表は
 危機感を流す結果となり国民の不安感を増幅する

『日本の安全保障』
 武力による威嚇や武力行使を否定する
 憲法の理念に沿ったものであるべきである
コメント

先制攻撃容認自民党国防部会・公明民主も同じ穴の狢か!平和に生きる担保は日本共産党&社会民主党

2009-05-25 12:57:04 | Weblog
●自民党平和危険度数高騰!
*自民党国防部会の提言案は
 “敵基地先制攻撃能力武器の保有
  &他国内基地早期警戒衛星の研究”
  が柱になっている!
*「専守防衛の範囲内で
  座して死を待たない防衛政策として
  敵基地攻撃能力が必要』と強調する
*政府見解
 「敵ミサイルの日本攻撃が
  確実な場合などは憲法上許される」である
※戦争は如何なる国も『自国の防衛』が目的である
 平和の為!自由の為!などと戦争を正当化する
*大東亜共栄圏を掲げた第二次世界戦争に参加した日本
*ベトナム戦争やイラン戦争もアメリカは正当化している
※大事なことが日本国憲法にある
*前文に
 ・・・政府の行為によって
 再び戦争の惨禍が起こることのないように
 することを決意し・・
*第九条に
 ・・・国権の発動たる戦争と、
 武力による威嚇又は武力の行使は、
 国際紛争を解決する手段としては、
 永久にこれを放棄する。
 ・・・陸海空軍その他の戦力は、
 これを保持しない。
 国の交戦権は、これを認めない

●歴代内閣及び与党は
 この憲法規定を勝手に解釈改憲してきた
※“自衛の為”
 口実に憲法を無視して来た
 ついに
 自衛の為なら先制攻撃も許されると言い出した

◎他国がミサイル攻撃をわが国に仕掛ける?
 座して死を待つとんでもない認識だ
 ミサイル危機を作り出してはならないのだ
 平和外交の努力を(話し合い外交)
 最後の最後まで諦めてはならないのである。

●自民党&公明党の安全保障政策には
 戦争容認がある
 民主党にも共通点がある

〇憲法擁護の政党は
 日本共産党と社会民主党である
 平和のうちに生存する権利を確保する為は
 日本共産党&社会民主党の2大政党の議席が必要だ

◎来る総選挙は
※政権交代の合意は
 小選挙区において民主党の勝利が必要である
 勝てる野党候補に投票する
※平和に生きる権利確保には
 日本共産党社会民主党の議席が大切である
 比例選挙区の投票先は日本共産党&社会民主党となる

『憲法九条を守る』

コメント

MOX燃料移動マスコミの扱いに不満だ!MOX燃料とはなんですか?

2009-05-24 12:05:10 | Weblog
〇MOX燃料・玄海原発に到着
 地方紙が4面下段に小さく報じる

*九州電力は
 計画通り進むと11月に国内初めてとなるプルサ-マルを開始する
*MOX燃料は
 毒性が強く核兵器の材料にもなるプルトニウムだ
 核開発への懸念等から反対活動が展開された

※マスコミの扱いが
 なぜこんなに小さいのか疑問であり不満である!

〇浅学の恥をしのんで問題を考えてみたい

●プルトニウム
*原子力発電使用済み燃料から回収される
*危険この上ないウラン廃棄物処理物質である
*現状は世界各国で有り余っている
*日本でも有り余っている
*用途がなく困っている
 止むを得ずプルサ-マルとなる
*①毒性が強く安全性に問題がある
*②核爆弾製造を可能とする
 恐ろしい代物だ
*素手で触ることはできない
 極少量の吸引が肺ガンをひき起こす
 扱い難しいプルトニウムである
*プルトニウムを使えば
 簡単に核爆弾の製造ができる
 プルトニウムを持つことは
 核爆弾製造疑惑を持たれる
 だから
 日本国はプルトニウムを平和利用に限ると
 世界原子力機関に申告している

●余剰プルトニウム保管は
 核開発疑惑を世界に与える
 日本は
 必要以上のプルトニウムが保管されてきている
 だから
 余剰プルトニウムの言葉を使わなくなった
 だが
 有り余った状況は変っていない
 何としても使いたい減らしたい
 それがプルサ-マル計画である
 海外に保管されている
 プルトニウムを国内持込む=今回の移動である
 この様な危険物質国内持込が
 インフルエンザのドサクサ紛れに?
 国内へ持ち込まれている
 問題視されても不思議のないプルトニウム移動である。

◎原子爆弾とは
※核分裂の連鎖反応により
 大量のエネルギーが放出される
 その放出エネルギーが多大な被害を与える
 ヒロシマナガサキがその実験だったわけである

●原子爆弾の原料が 
*ウラン235とウラン239である
※通常ウランは
 原子量235を0.7%・238を99.3%の割合で存在する
 原子量238は核分裂しない・・
 だから
 核分裂する238を分離し235を取り出す必要がある
 とても技術的に難しい
※それに引き換え
 ウラン238に中性子をぶっつけるとプルトニウム239ができる
 (ウラン239は簡単に原子爆弾製造可能にする)

●非核三原則は日本の国是だ
 プルトニウムを
 原子力発電に必要以上に保管することは
 国際公約に疑念を抱かせる(原爆製造疑念だ)

●プルトニウムを減らすには
 原子力発電ストップが必要だ

◎マスコミは
 MXO燃料の危険性を国民に知らせる義務責任がある



コメント

夜分遅くに失礼します・・・日本郵政社長交代を支持する!総務大臣頑張れ

2009-05-23 21:49:51 | Weblog
●やはり辞任頂くのがよろしいのでは…私の考えです

〇日本郵政西川社長続投意欲満々!
 2009年3月期末純利益4227億円
 民営化後の復調が確実になった
 社長としての成果だ!
 途中で投げ出すわけにいかないと・・
 続投に自信を見せる

●簡保の宿売却スキャンダル
 オリックス企業との特別取引(入札が事実上オリックス1社に)
 2400億円の物件が100億で売却される

●野党議員が追求する
*“1万円か私も買いたい簡保の宿”
 川柳を読み上げ簡保売却を追及する
*独りで頑張り続ける
 総務大臣を最後まで守るかに
 「総務大臣が適切に判断する」
 総理は“最後まで守るを”言葉にしなかった
*国民が注意を怠ると
 どう転ぶか予断を許さない

●民間企業人事に口出しするな(中川秀直)
 100%株式所有の政府は株主としての権利行使だ
 麻生総理も鳩山総務も一歩も引かないかに見える
 だが、
 国民の目線を気にした総選挙までか?

●知人の日本郵政課長が言った
 「儲かる製品だけ売り込め
  利用者の利益は考えるな
  とにかく儲けを出せ!」
  これが上からの指示のすべてだ
  こんな現場は早くやめたい
  その課長は早期退職した
※国民の利益を犠牲にして
 4200億円が生み出された

●簡保の宿100億円売却
 こちらも国民の財産を犠牲する
 まだ美味しい数百兆円の預金がある
 まだ辞められません
 国民の財産を食い物にする社長さん
 辞任頂くのが国民の為になると考えます

◎真実は見えない
 だが
 疑惑は確認できた
 総務大臣の適切な判断を期待する


 
 
コメント

生物多様性条約の発効・・・条約をご存知ですか!

2009-05-23 10:22:02 | Weblog
〇生物多様性条約
 社会の注目度はまだ低く「生物多様性条約?」
*視点を変えると
 地球温暖化問題同様に
 生物多様性問題も
 世界的注目度が高いと言われている
 (私自身も詳しく知っているわけでは在りません
  関心がある程度の認識です)

〇身近な例を挙げると
 *ブラックバス=日本の湖沼に生育拡大した
 *西洋タンポポ=冬眠型の日本タンポポが駆逐されそうだ
※侵入種は本来の生息地以外に定着し繁殖し生態系を破壊する
 (在来生物の生態系に悪影響する)
 (絶滅危惧種とは違う問題である)

〇自然環境保全基本調査
*環境省が
 現在全国各地に調査を委託して進めている
 報告に基づいた国の対策が期待される
 (個人的には秋田県の水辺の生物調査に関心がある)
*来年度(2010年)
 名古屋市で開催予定の
 第10回生物多様性条約締約国会議で日本が議長国を務める
 日本国の取り組みが注目される

●農村地域にいた生物が姿を消して久しい
 私は地域の生物を追い調査した経験がある
*昭和40年前後頃から
 小川(水田水路)や水田に生育していた動植物が姿を消した
・フナっこだのドジョウっこだの歌われた魚はいない
・水田の主の蛭(ヒル)も田螺(タニシ)もいない
・農村の動物蛋白源イナゴも消えてしまった
・疲労した百姓の気分を癒したホタルも一匹もいない
・水田に生えた水草も変化している(藻類など)

●原因は?
※農薬除草剤の影響だと考えた!
 使用する百姓より
 農薬除草剤を生産販売する企業に責任がある
 農民消費者の生命にも影響する企業公害である
 拙速に結論を出した
※その後も調査を続けた
 田園潅水水路の本流から
 メダカもフナっこもハヤッこも消えた
 (時に見つけた小魚を食すと下痢に・・)
 (20年代には
  清い水にしか生息しないアユも泳いでいた)
※水田潅水本流路は生活排水に汚染された
 家庭からのゴミが流され水を汚す
 中でも酷いのが洗濯排水である
 弱い流れ場は洗濯排水泡で埋まるほどである
 これでは
 生物の生育は無理である
※生活者の道徳心欠如が招いた結果だ
 大量生産大量消費の儲け第一社会の成れの果てだ
*1億総懺悔は私の本意でなかった
 調査を続ける意欲は費えてしまった

〇人間も自然の一部です
 自然と共生する
*自然無視の人間社会に
 危機感は持ち続けてきた
 それだけに
 「生物多様性国際条約発効に強い期待を抱いている」
 マスコミがもっと大きく取り上げて欲しい
 そんな願いからブログの発信である
コメント