憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

消費税大増税法案閣議決定::国会は拒否を・・・

2012-03-30 16:48:48 | Weblog
●消費税大増税法案閣議決定
※現在5%:2014年4月8%:15年10%に引き上げる
 2015年度以降も引き上げが前提になっている
 マヤカシ法案でもある
※増税に経済減速を指摘する経済専門家が多い
 デフレ脱却もこれにてならず終い 
※財務省下請け野田内閣とは言え情けない
 見切りをつけるべき絶好チャンスなのに
 国民新党自見金融相は代表方針に従わず閣議決定に署名した
 私利私欲は政界の常とは言え呆れた選択である

●国会提出しても法案成立の見通しは見えない
 だが、
 財務省と財界の裏工作に
 私利私欲の議員は簡単に転ぶ懸念がある
 気が付いたら成立し総選挙になるかも知れない
 (権謀術数渦巻く世界)

●国民は
 一人ひとりの議員の言動に留意すべきだ
 国民との約束を平然と反故にする議員
 次回投票で思い知らせることが必要である
 (法案不成立でも言動には留意する)
----------------
●自民党は
 参院選において消費税引き上げを公約している
 
●民主党は
 消費税引き上げはしないと公約している
-------------------
※国民の中には引き上げ止むなしの声もある
 が
 民主党が消費税引き上げるから怒っているのだ
 (あまりにも酷い公約違反民主党チ-ムに)
 
※願わくば“大増税法案否決”
 野田総理&前原政調会長の約束違反チ-ムに
 国会はレッドカ-ドで応じることを期待する
 
コメント

約束違反の消費税大増税反対は国民の声だ!野田総理閣議決定待った!

2012-03-29 20:26:34 | Weblog
◎亀井氏と小澤氏
 「消費増税引き上げ法案」閣議決定に反対

※小澤一郎氏
 「単なる消費税の大増税には賛成できない」
※社会保障と税の一体改革について
 「社会保障は全然姿が見えない」
 「増税だけの単体では話にならない」
 「旧態の仕組みを前提にカネがないから消費税を上げるのでは
  自民党政治と同じだ」
  <政権交代に期待した国民への裏切りになる>
※離党するかの問いには
 「国民との約束を忘れた人が党を去る(マニフェスト無視の)
  私たちが民主党を去る選択肢はない」

 <選択肢がない場合には政界再編成も視野に入れてはいる>

『論点が明快!論理に矛盾がない!
 小澤氏の主張に正義を見た』

※亀井静香氏
 政府が消費税関連法案を閣議決定した場合
 「消費税率を引き上げないと協定した連立だ
  協定が破られる状況の中で連立に残るはずがない」
※党内では
 郵政法案成立を優先させる議員が多数だとは言え
 党利党略を超えた亀井代表の国民との約束を最優先させる
 理展開は明快であり矛盾がない
 亀井代表の主張に正義があると見た

●輿石幹事長
 「消費税造反者は処分する」
※国民との約束反故にしてまで
 権力の座がそれほどに欲しいのか
 脅し文句にはガッカリした

『国民の声なき声は
 小澤・亀井 支持者であると確信する』
コメント

北の挑発に乗せられるな!人工衛星か!ミサイルか!

2012-03-28 10:03:56 | Weblog
●北朝鮮が世界の注目を集めている

*平和利用:人工衛星打ち上げ宣言
*世界各国:核弾頭発射用ミサイルと断定

<北朝鮮外交:世界各国相手に1人芝居成功>

●日本:対応に苦慮・国会論戦

※防衛相“自衛隊に破壊命令”

*スタンダ-ド・ミサイル3(SM3)装備のイ-ジス艦3隻を
 日本海・東シナ海・太平洋に配備
*地対空誘導弾パトリオット・ミサイル3(PAC3)
 沖縄区域と東京周辺に配備

●自衛戦争でも始める??
 
※日本上空通過ミサイル:迎撃しない
※日本領土領海内:ミサイル本体や部品が落下する場合迎撃
 <イ-ジス艦SM3をもって大気圏外破壊
  撃ち漏らした場合PAC3で破壊する>
*国会論戦やニュ-ス報道
 説明不足に(言葉が足りない)感じる
 
●日本国憲法
※第九条(戦争放棄・戦力不保持・交戦権否認)
 1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
  国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。

※防衛相の国会発言は憲法九条に違反する(抵触すると考える)

●政治権力の憲法解釈は全く別だ
※第九条規定
 『自衛権を否定するものではない』
 “自衛のためには”
 「戦力保持も武力行使も認められる」

  <自衛権発動:なんでも可能と言うことになる
   自衛の名で核保有も(核抑止力)可能となる
   九条は空文化している>
  ≪九条守る会・戦力不保持・交戦権否認≫

●武力をを持つと使いたくなる
 
※北朝鮮ミサイル攻撃もその一環と言える
 戦力誇示のつもり?
 失敗したらどうする!
 失敗は軍備拡充につながる危険性をはらんでいる

●武力を持って武力を制することは不可能である

※平和外交に徹する政治勢力を世界に広げる
 憲法九条の会の活動の重要性がさらに高まる
 

コメント

総理大臣さま“最優先の政治課題は雇用と思いますが・・

2012-03-25 10:31:29 | Weblog
●不安が渦巻く社会
*日本社会
 失われた20年(30年)
*21世紀
 明るい兆しが一向に見えない
(マスコミが作り出した意図的な不安社会だが・・)

●不安を煽る
 ・マスコミ・似非学者・2流週刊誌
*財政破綻
*年金破綻
*大失業時代
*時給200円時代
*ホルムズ海峡閉鎖:原油暴騰
*北朝鮮ミサイル:日本攻撃目標
 ・・等など挙げたら際限なしだ

●本日も不安煽る報道?
※海外の日本国債保有高増加
 過去最大に近づく
*前年比:37.8%増“78兆円”
*国債発行残高920兆円“海外占有率8.5%
*国民金融資産:1483兆円
 現・預金:839兆円
 前年より2%強減少
 国債国内消化に黄信号

●野田内閣
※消費税増税に政治生命をかける
 (国民の関心事を
  取り違えているとしか思えない)

※国民の最大の不安“雇用である
*①失業の不安
*②賃金削減不安
  (ロ-ンの借金生活①②に脅える生活者は身近にも多い)

※雇用の安定と賃金保障(定期昇給確保)
*2つが安定:生活安定:不安解消

 #前総理
  「1に雇用2に雇用34が無くて5に雇用」
  実現今一だったが意気込みはあった
 #野田総理
  「消費税引き上げに政治生命をかける」
  不景気風が吹き荒れる恐れある指摘が多い

※国民生活安定は 
 消費税引き上げより:雇用確保にある
※野田総理は
 取り組むべき優先課題間違えている

●政治の混乱:忍び寄る危機

※大阪維新の会(橋下独裁支配)
*一党独裁主義者の価値観押し付け
 価値観を異にする労働者を敵視
 憲法無視の条例制定
*大衆は
 維新の会の政治姿勢を歓迎

●●

“私は憂う”

*第一次大戦敗戦国ドイツ
 戦争責任押し付けられ
 社会不安は限界を超えていた
*言葉巧みに合法的に
 ヒットラ-政権が誕生した
*アドルフ・ヒットラ-
 第二次大戦を引き起こす

※ヒットラ-=橋下徹
 重ねてしまう
*考え過ぎであろうか!


             ●●
コメント (1)

家計遣り繰りに四苦八苦の国民 “ 野田総理も四苦八苦しているなぁ・・

2012-03-22 17:19:13 | Weblog
●四苦八苦=大変苦労すること

※出典は仏教にある
*生老病死=四苦
 (現代高齢者の四苦は昔とは大きく違う
  ・日々の生活費に苦労・老いて介護費の苦労
  ・医療費高騰に苦労・死を迎え葬儀費に苦労)
*愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦=四苦
 (・あいべつりく:愛する人と別れる苦しみ
  ・おんぞうえく:うらみ憎む人と会う苦しみ
  ・ぐふとくく:求めるものが得られない苦しみ
  ・ごおんじょうく:正邪識別判断する苦しみ)
 合わせて八苦=四苦八苦

●夕刊報道によれば
 “消費税関連法案”
 党内まとめられず 
 当初目標の23日を断念
 27日か30日に先送りされた

※四面楚歌
 政権運営に四苦八苦する野田総理である
 約束反故に(マニフェスト無視に)
 国民の目は厳しい
 当然と言えば当然過ぎる四苦八苦である

 <仏典の“求不得苦”=求めているものが得られないで
  四苦八苦苦労している最高権力者がいる
  その人は“野田佳彦総理であるかも・・> 

●原発事故無反省
 国の責任が明確にされないままに
 電力供給最優先(政財界意向の尊重)
 経産省・枝野大臣=福井県訪問“原発再稼動を目指す”
 電力不足を煽り
 世論の原発再稼動反対を無視する
<原発に依存しないエネルギ-政策推進する
 前菅総理と話し合うべきである>

●沖縄普天間基地固定化懸念問題
 ※米国の言いなり外交にはうんざりする
 *国の安全のために
  普天間基地&飛行場は必要
  当面は基地は継続する
  <米軍の抑止力期待=基地撤去は出来ない
   核の傘離脱:抑止力否定=平和外交力
   沖縄問題根本的解決の唯一の道である>

●消費税と社会保障一体改革
 ※消費税引き上げ最終的には30%へ
  何が何でも消費税引き上げ
  野田総理は
  国家の救世主になったつもりでいる
 *消費税反対論に聞く耳を持つべきである
 <財界と財務官僚の言い成りでは情けない
  社会の見えない
  裸の王様なっているとしか思えません>

●ねじれ国会で政治は進まない
 と野田さんや岡田さんは(野田閣僚は)訴え
 大連立を画策しているようだ
 でも
 国民生活無視・弱者少数切捨ての悪法
 じゃんじゃん成立 これはなりません
※ねじれ国会が
 政治の進まない理由でありません
 国民の為にならない法案が多すぎるのだ
 だから政治が進まない
“基本的認識が誤まっている”

*原発事故処理然り
*沖縄普天間移設然り
*消費税増税然り
*被災地復旧復興然り
*北朝鮮外交然り

〇国民の多数派は
 政治目標の大転換
 (国民生活第一に)
 本気で取り組む
 政治集団を期待している
 (政界再編)

コメント

原理原則を大事にする小澤一郎復権を期待する・・・

2012-03-17 14:37:33 | Weblog
●期待

※2009年
 民主党の政策への期待が
 国民に広がり民主党政権が誕生した

*政権党“安倍内閣・福田内閣・麻生内閣”が、
 国民の期待を裏切り続けたこともある
*政治の“チエンジ”の流れが
 世界的潮流であったことも後押しした
 
※政策は “国民生活第一”
 理念のみで具体的政策は提示されなかったが
 チエンジに国民の期待は爆発した
*政策の原理原則理念は
  衆院選マニフェストにあった
 

>野田内閣
 民主党の政治理念は語るに語れない
 国民が呆れる無残な状況にある
 国民の期待は完全に裏切られている
 チエンジはゼロ状態:自公政治=野田民主政治<


●小澤一郎元代表
 政治資金規正法違反強制裁判の被告だ
 (4月には無罪判決が出ると言われる)
※小澤氏は
 民主党政策原理原則政治理念実現を訴え続けている
 *財源がないからできない
  (財源を見つける努力しない)
 *自民党と同じことをやっていて
  民主党の理念が実現できるわけがない
  (政治主導脱官僚の実現)

 >国民から政権を託された原点に戻れと
  野田内閣に対決姿勢を強めている<

●鳩山内閣・小澤与党
※沖縄普天間移設:海外に、県外へ、米政府と交渉
        :結果は得られなかったが
         米政府に物を申した政権は初めてであった
※日米基軸:小澤氏中国訪問:随員議員100余名:国家主席と握手
      アジアの日本を印象付けた
※政治主導:次官会議廃止:各種団体の陳情:幹事長室一本化
      国会の官僚答弁禁止:脱官僚具体化
※行政仕分け:国民の目の前で予算公開審査
      ムダ排除・天下り禁止:国民の注目集める
※政治の変化を印象付けられた(期待された)

●政治資金疑惑
 鳩山・小澤:マスコミ支援を受けて官僚の猛反発
      :政治資金を口実に司直が介入
      :国民が批判強める(マスコミ操作)
      :批判強烈・鳩小沢両氏辞任へ
 >政策とは無縁な政治資金問題
  官僚は(既得権益維持)最大難敵追い落としに成功<

●菅・野田内閣
 官僚に(財務省主導)に踊らされ
 民主党原理原則理念の全てが消えた
※民主=自民:惨めな自民党帰りである

◎小澤氏(鳩山氏)の主張
 *3年前
 :民主党の政策理念を国民は選択した
 *民主党は
 :国民生活第一の原理原則理念に邁進すべきだ
  と野田政権に対決姿勢を強めている

◎小澤氏グル-プ
 :支持支援する最大の理由がこれだ!
 ※政権委託:まだ3年だ
      :2期8年は民主党に任せる(鳩・小澤グル-プに)
       気概を国民は持てである

●政界の離合離散は否定はしないが
 原則のない離合離散はお断りだ
※野田&岡田:
 :自民にすり寄る悪政に
  危機感を持つ国民は多い
※原理原則を(国民生活第一)大事にする
 『小澤&鳩山復権を期待する』







コメント

野田政権迷走 党内合意より野党と取引優先?

2012-03-15 11:41:38 | Weblog
“付和雷同”

「自分にしっかりした考えがなく、他人の意見に直ぐ同調することを言う」
(権力者がマスコミなど利用して大衆の政治行動を操作する等も含めて考える)

※一般的には大衆行動に使用される用語である
 が、最近は違う感じを受ける

●瓦礫処理:首長の政治主導 住民意思無視
●原発再稼動:容認を喧伝する エコノミストや政治家
●沖縄基地普天間:核の抑止力を喧伝 日本の安全に必要
●原油値上がり:イラン情勢緊 現実は資資金のマネーゲ-ム
●原発維持再稼動:電力安定供給 真意は兵器転用プルトニュ-ム

※マスコミの支援を受けた 不和雷同と言える
 大衆行動ではなく 指導的立場にある人に目立つ
*人気抜群な指導者 橋下徹大阪維新の会代表もその1人
 人気にあやかろうと中央政界の政治家もいる
 名古屋にいるトップも同じ穴の狢だ

●人気に迎合するが独裁支配の橋下旋風
 落ち着き観察する馬脚を現し始めた
<・職員アンケ-ト調査
 ・国家強制教職員口元調査
 ・政治改革憲法改正が必要
 等などである>

●政治への信頼が次々崩れる
 怖い時代である
 政治への信頼取り戻すことが必要だ
 なのに
 野田内閣は迷走する
 与党内不一致消費税引き上げ
“ 社会改革と消費税引き上げ”
 血眼になっている(国民の支持も低い消費税)

※党内一致は無理だと判断したか
 党内反対勢力を切って(小澤氏鳩山氏)
 野党(自民党谷垣総裁)と密約報道

※政治の信頼関係は地に落ちた
 このような現政治状況は
 政治独裁者を生み出す危険が強い
(ヒットラ-生み出した政治状況に似ている)

●政治への信頼
 最大緊要政治課題になっている
 わが政治認識である

コメント

国歌斉唱時”唇が動いていないと教師を市長に告げ口する呆れた校長が現れた

2012-03-13 21:39:44 | Weblog
●大阪の教育がダメになる
 
※大阪の高校卒業式
 国歌斉唱時に
 起立はしたが唇が動いていなかったと教師が呼び出された
 歌わなかったことを認めた教師の処分があると言う

※橋下市長は
 「服務規律を徹底するマネジメントの一例だ」と絶賛したと言う

<友達校長弁護する市長:教育はビジネスではない>:橋下馬脚が・・

※学校長は
 国歌斉唱時
 歌いながら、教員の口元に注目し
 歌っているかいないかチェックしていた
 学校長は、歌う心は、上の空、真心はゼロ
 これこそ国歌を侮辱する行為である

※もっと大事なことがある
 卒業生を祝う心がゼロ
 上におべっかする卑劣な信条
 学校長は教育者としては失格である
 このような教育者を絶賛する市長と共に
 大阪の教育をダメにする
 
※こんな市長を選んだのは市民だ
 府民は今どう考えるのであろうか
 マスコミも面白おかしく報道するだけでなく
 教育の危機を府民に訴える姿勢が欲しい

≪戦時中卒業式に臨席した警察官が国策批判の式辞や挨拶に注意中止を命じた
 なんか同じだ!価値観の違う人を大阪市は認めない怖い怖い自治体になってきた≫
 
コメント

私の3・11 原発に依存しない社会

2012-03-11 09:59:44 | Weblog
●春が来た
※フキのトウ
※ツクシ
※ヨモギ
そして
ワラビ
コゴメにゼンマイ
ヤマウド
タラノメ
山菜が楽しめる季節である
ところが昨年から
福島原発事故放射能拡散
春の山菜は楽しめなくなった

●我が家の庭にも
 淡い日差しに
 春の雪にフキノトウ
 心癒される

「フキノトウで手打ちうどん食べよう」
「大丈夫かねぇ・・」
 ※放射能を気にした妻の不安
 「孫に食べさせなければいいさ」
 「欲しがったら・・」
※フキノトウはまだ食卓に上れない

●そう言えば
 山菜取り趣味の知人
 昨年から山に出かけない
 (福島県内の山菜を得意とする)
 春の山菜&秋のキノコ
 この1年話題に上らなかった
 今年も、
 山菜の“さ”の言葉も話題に上らない

※ヨモギ餅
※タラの芽天ぷら
※ワラビ佃煮
※ヤマウド
 春の香りは、孫達に隠して食す
 30年も続けるのか?(我はもういない・・)

●最近放射性物質が低レベル
 “安全:安全”報道が多い
 が、信用してもいいのだろうか?
 “安全でも安心できない”

※原発事故放射能と共に生きる
 21世紀ななる

<地震津波と原発事故:次元の違う問題である>


●3・11 震災1年

 “原発に依存しないエネルギ-開発”
  期待して運動にも積極的に参加する
コメント

予算案衆院通過 増税国会猛進は国民は拒否する 反対派に耳を傾けよ・・・

2012-03-09 17:26:17 | Weblog
●国会劇場が一幕降りた
 24年度予算案衆院通過だ
 30日経過すれば予算は自然成立する
 参院軽視は当然の帰結だ

●注目した法案がある
※福島復興特措法だ
“原発事故に対して
 原子力政策を積極的に推進した
 国の責任を明確に規定した”

※財政支援を具体的に盛り込だ
 優れもの特措法である
*衆院本会議の全会一致可決だ

◎全会一致できる法案が増えることが期待される

●しかし、現実は逆である

●消費税政局突入
 読売新聞トップ記事である(3/9)

※社会保障と税の一体改革法案
≪消費税引き上げを狙う財務官僚の毒薬≫

『51対49でも国会に提出する』
 総理は
 21日にも閣議決定する意気込みを見せる

 が、

「消費税反対をもっと訴えろ
 本気で訴えたら止めることができる」
 と小澤氏は党員へ呼びかけている

※党内の混乱は必死である
 野党に負んぶに抱っこ(期待する)
 野田総理の悪行が実現するのか!
 野次馬根性が昂ぶる情勢にある

●消費税引き上げには
 国民や経済学の反対も多い
 (小泉親藩竹中氏も経済に悪影響すると反対表明等など)
 全員一致などは有り得ないと
 中央突破を目指すのだ総理(最大の支援者財務省)
 財務官僚が既得権益を必死に守る
 その下請けに真剣で、国民の声が聞こえないようだ
※民主主義の基本は少数意見尊重だ
 総理はこれを忘れている(軽視する)

『国民生活の視点から(国民経済活性化)
 政局と絡ませない
 真剣な増税審議を期待する』







4/28までに改憲
コメント