憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

育英資金活用 大学は出たけれど 返済のメド立たず 悲しき青春

2011-08-03 13:27:47 | Weblog
●借金はするな!
 父親の教えである

※でも場合による
 が
 私の対応である

※しかし 最近の社会は
 父親の教えが勝っている

-------------

●育英資金
 大学を卒業した24歳の女子

※育英資金  455万円
 負担利子   70万円
 合計返済額 525万円

*返済期間20年均等割り

●就職し収入がある
 収入から返済する
 当然の前提である

ところが

※予想もしなかった
 就職難時代に
*就活に失敗
*派遣社員やバイトの日々
*月収は10万円チィと
 その日の生活がやっと

※育英資金の返済が出来ない
 楽しい青春のはずが
 未来の希望も見えない
 悲しい日々の暮らしだ!

“借金して大学出た意味が問われる”

--------------

●こちらお金貸します!

 
※生活福祉資金貸付制度

*市町村の社会福祉協議会が窓口
*低所得者や高齢世帯が安定した
 生活が送れるように貸し付ける
*資金は 国が3分の2 県が3分の1
 ・生活支援 最長12ヶ月 月20万円以内
 ・住宅入居費 40万円以内
 ・一時生活再建費 60万円以内
 ・償還期間20年以内
*09年度制度改正
 連帯保証人なしで借りられる
 それで 利用者激増

●さて! 
 アナタは借りますか
 返済責任負えますかねぇ

*高齢者無理だよねぇ 20年生きられるか?
*低所得者 所得増える 保障ありますかねぇ?

●制度の存在が
 あまり知られていない
 周知徹底は
 制度運用者の義務だろう

 だが、
 知らないことの方が幸せかもね!

 “借金生活するな
 “身分相応に暮らせ

※日本は
 最悪でも生活保護制度がある
 こちらの選択が賢明である


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 東電は倒産させる!国家管理... | トップ | 原子力安全庁新設 “細野豪志... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (配達職人)
2011-08-07 10:06:16
新聞奨学生をしってますか?在学中住み込みで毎日新聞配達をする約束なら返済不要の奨学金を新聞社がだしてくれて食事も住まいも面倒見てくれます。本当に勉強したければこれくらい苦お労すべきです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事