憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

戦争への道 明日の閣議決定は許さない 

2014-06-30 17:17:13 | Weblog
●安倍内閣

 集団的自衛権行使容認
 明日閣議決定強行か

>世論は過半数が反対
 各社マスコミ調査全て。。。

>世論動向など意に関せず
 速やかに閣議決定へ・・
 

※官房長官

 「憲法解釈変更による集団的自衛権行使
  与党の公明党も賛成して頂けた」

>長官詭弁です

 公明党地方組織には
 連立離脱の声も大きい



●集団的自衛権を行使するということは

 『戦争するということです』

>マスコミメディアは
 この事を一切文字にしない

>反対・賛成の%数値のみを騒ぎ立て
 国民が知りたい本質を(戦争危機)
 文字にしない・・(知らせない)

<明日に 閣議決定を控えても
 国民に 問題意識が(戦争危機意識)盛り上がらない
 マスコミの責任が大きい>

●●●

※赤旗日曜版 6/29

『若者たちが
 集団的自衛権行使容認を許さず
 憲法を守り生かそう集会を開催』

 (一般紙はこの報道に無関心)

 一部紹介しよう

*参加者の声

 “Oさん19才”

 「集会で聞いいたこと
  全てが知らない事ばかりでした
  憲法がしばるのは
  国家権力なんだって知らなかった
  知らないということは怖いことだと思う
  ・・・中略・・・
  集団的自衛権行使で戦争する国になれば
  人道支援をしたくても命を狙われるので
  支援に行けなくなります

 “Fさん27才”

 靖国神社の遊就館の慰霊碑を置いているところに空きがあります
 これから英霊が増えてここに埋められていくのかと思うとぞっとします
 
 自衛と言いながら
 日本人がまた犠牲になるかもしれません
 殺し殺されるかもしれない それは怖い

 こういう集会に参加すると
 多くの人が集団的自衛権や憲法に対して
 何か発信しようとしていることを感じます

 まだ伝わっていない人たちに対して
 ネットやいろんな方法で伝えていきたい。

 “Nさん20才”

 政府が集団的自衛権で
 対処しなければならない
 と言っていることは
 現実的でない想定です

 戦争が起こらないように
 話し合いをすることが
 大事だと思う

 武装した自衛隊を
 海外に派遣すれば
 相手を殺すというだけでなく
 こちらも殺されることになります

 だれも戦争で死んでほしくない
 戦争はぜったいダメです
 だから集団的自衛権には大反対です

 “Kさん29才”

 テレビや新聞で分からない 
 大事なことや知らなかったことを
 集会で聞くことができました

 安部総理のいう
 集団的自衛権の行使とは
 海外に出て戦争をする国になる
 ということだと思います 

 子どもが生まれ 
 自分の子どもはもちろんですが
 誰も戦争に行ってほしくない

 この子が大きくなってとき
 どうして反対してくれなかったの 
 といわれたくないし
 自分としても後悔したくありません

 
>若者たちと一緒に高齢者も頑張ろう
 明日の閣議決定は許せません。。。である

●○●

 憲法解釈変更による
 集団的自衛権行使容認
 結果的に戦争する国にする

 世論動向など意に関せず
 速やかに閣議決定へ・・
 
 与党自民党&連立与党公明党に
 鉄槌を下す

●○●

以上 6/30 pm 5:35
コメント

集団的自衛権行使容認 閣議決定へ 公明党の裏切りが・・

2014-06-28 10:25:41 | Weblog
●集団的自衛権
 1日閣議決定へ

>戦争する国になる
 憲法違反であることは明白だ

>このような重大決定にマスコミ界は
 なぜ反対キャンペ-ンを張らない

>公明党の賛成 国民裏切り行為だ
 権力にそこまで拘泥するとは公明党に明日はない


●安倍政権の高支持率
 
>アベノミクス好調推移にある
 
>アベノミクス好調は円安株高にある

>株高維持は安倍政権の生命線だ

●マスコミは高景気循環の報道安倍政治に擦り寄るだけ

>戦争する国になる危険性など知らんふりだ
 社説で問題点を指摘する マスコミの責務であろう

 <注:赤旗は正論対決する
    しかし 多くの国民は
    赤旗だけでは気づかない>

●集団的自衛権行使
>日本が直接攻撃されなくても
 友好国が攻撃される恐れがある
 その時に相手国を攻撃する
 恐れがあると政府が判断すれば
 世界中どこでも自衛隊派兵となる
●集団安全保障
>国連が決議 国籍軍編成
 自衛隊の参加も容認する
 日本が攻撃されていなくても
 武力行使をする
 歴代内閣は認めていない
 集団的自衛権行使の3要件を満たせば自衛隊参加も可能となる

●●

憲法改正せずに解釈変更でここまで可能となる
安倍政治の怖さ恐ろしさ!
マスコミは一大キャンペンを張り国民に知らせる
今それが必要な時と考える

●●

 6/28 AM   10:30
コメント

“残業ゼロ“ 総理の甘ちゃんが・・何を言うか。。。

2014-06-27 16:58:27 | Weblog
●残業ゼロ

“総理が語る”

「労働時間ではなく
 成果による評価」

*いくら残業しても賃金にならない
 残業代ゼロ

*労使の相互理解が原則
 と言うが・・
 
*労使対等は言葉のきれいごと
 使用者が絶対に強い

*労使の相互理解は
 使用者の条件の押し付けに終わる

*又成果の評価というが
 評価は一方的に行われるもの・・

 会社への=上司への

 “服従と忠誠”

 これが全てを決める

※残業ゼロ政策
 企業は喜び、労働者は惨め。。。
 労働者の使い捨ての政策だ

●●●

 総理の考えは甘すぎる
 苦労知らずの晋三さんだから言える
 残業ゼロ政策である

 労働組合は
 巧みな総理の言葉に操られるな
 労働時間制度を死守せよ。。である

●●●
コメント

悪き政治を助ける公明党にガックリ

2014-06-25 16:31:28 | Weblog
●集団的自衛権

※自公の妥協により
 閣議決定を強行する?

>政治的緊急課題と思えないのに
なぜこれほどまで急ぐのか


“集団的自衛権行使”
 
>歴代内閣は

 “憲法上できないとしてきた”

>それを安倍一派、歴史を否定、

 “集団的自衛権行使容認”
  に突っ走しる

※下衆の勘繰

>経済政策
 アベノミクスは好調に推移する

<でも、やっていることは
 公共事業大盤振る舞い(未着工新幹線復活等々・・)
 旧自民党経済対策復活劇だ

>近々化けの皮が剥がれる
 そして内閣支持率急落
 
>集団的自衛権行使は
 国民に慎重論が多い(反対が多数派)

>政治は私が判断する
 世論動向等相手にしない

>支持率が高い安倍内閣
 なんでもやれると勘違い
 
<経済政策一定の支持があるが、
 原発政策や集団的安全保障には
 国民の批判が多い>

>今なら多少無理しても
 内閣が潰される恐れはない(倒閣運動は起きない)

>国民の批判が強い(与党内でも・・)
 集団的自衛権行使=歴代内閣の憲法解釈変更

>国民の批判があろうがなかろうが
 閣議決定すればコッチの勝ちだ
 閣議決定は次期内閣も縛る
 改憲一派は
 “無理でも強行するしかない”
 
●●●

 集団的自衛権行使閣議決定

>戦後守り続けてきた
 専守防衛の歴史が大きく変わる

>我が国が直接攻撃されなくても
 親密な国が攻撃される恐れがあるときには
 自国の危険を予知して先制攻撃が可能になる

>これほどの防衛政策の大転換
 公明党が賛同するとは驚きである


●●●

『閣議決定する前に
 国民の信を問う
 総選挙を実施せよ』

●●●
コメント

増税ストップ=安倍政治ストップ

2014-06-23 17:04:27 | Weblog
“弱いものいじめ” 安倍政治に見る

●パチンコ税の新設?

 パチンコをやらない人には分からないことだが
 
 景品を家庭に持ち帰る人は少ない(おそらく・・)
 
 勝ち玉は多くの人は売りさばいて現金化して帰るのだ

 勝ち玉の秘密買取り場は店舗裏手にある

 (合法化されていない公然の秘密・・)

※政治がここに目をつけた

 換金時に1%課税で2000億円になると計算する

 実施には“パチンコをギャンブルとして合法化する”必要がある

 その合法化の準備が進められている?


※元手金額小さなパチンコ遊び

 真面目な大衆の遊びに課税する

 発想そのものが弱いものいじめである

>法人税減税の財源の候補にされたのだ

●税金がじゃんじゃん増やされている

※外形標準課税の拡大
 外形標準税とは都道府県が課税する地方税
 =法人事業税
*現行では
 資本金1億円超の法人に課税されている
 それを
 資本金1億円以下の中小法人に拡大課税する
 (課税法人:3万社から250万社へ拡大)

*外形標準課税は所得に課税するのではない
 事業規模に課税するのである
 ・資本金・給料総額・支払利息・等などに課税する
 会社経営が赤字であっても課税される

 >中小企業の倒産が急増の恐れがあると推察する

*大企業の法人税引き下げ財源にあてる
 ためであると言うから驚きである

 >弱いものいじめする安倍政治である

※消費税増税に配偶者控除見直し増税
 高速道路料金サ-ビス見直し増税
 知らないうちに増税増税
 物価引き上げに強烈パンチ
 

※年金生活者

節約にも限度がある

 どうする!

 民衆の力には百姓一揆の歴史ある

 21世紀の百姓一揆

 安倍政治に反旗を掲げようでは・・

 と悶々として暮らしている

 情けない・・

 あぁあぁ。。

 出るはため息ばかり

 高齢年金生活者である

6/23 pm;5:00


コメント

増税ストップ=安倍政治ストップ

2014-06-23 17:02:05 | Weblog
“弱いものいじめ” 安倍政治に見る

●パチンコ税の新設?

 パチンコをやらない人には分からないことだが
 
 景品を家庭に持ち帰る人は少ない(おそらく・・)
 
 勝ち玉は多くの人は売りさばいて現金化して帰るのだ

 勝ち玉の秘密買取り場は店舗裏手にある

 (合法化されていない公然の秘密・・)

※政治がここに目をつけた

 換金時に1%課税で2000億円になると計算する

 実施には“パチンコをギャンブルとして合法化する”必要がある

 その合法化の準備が進められている?


※元手金額小さなパチンコ遊び

 真面目な大衆の遊びに課税する

 発想そのものが弱いものいじめである

>法人税減税の財源の候補にされたのだ

●税金がじゃんじゃん増やされている

※外形標準課税の拡大
 外形標準税とは都道府県が課税する地方税
 =法人事業税
*現行では
 資本金1億円超の法人に課税されている
 それを
 資本金1億円以下の中小法人に拡大課税する
 (課税法人:3万社から250万社へ拡大)

*外形標準課税は所得に課税するのではない
 事業規模に課税するのである
 ・資本金・給料総額・支払利息・等などに課税する
 会社経営が赤字であっても課税される

 >中小企業の倒産が急増の恐れがあると推察する

*大企業の法人税引き下げ財源にあてる
 ためであると言うから驚きである

 >弱いものいじめする安倍政治である

※消費税増税に配偶者控除見直し増税
 高速道路料金サ-ビス見直し増税
 知らないうちに増税増税
 物価引き上げに強烈パンチ
 

※年金生活者

節約にも限度がある

 どうする!

 民衆の力には百姓一揆の歴史ある

 21世紀の百姓一揆

 安倍政治に反旗を掲げようでは・・

 と悶々として暮らしている

 情けない・・

 あぁあぁ。。

 出るはため息ばかり

 高齢年金生活者である

6/23 pm;5:00


コメント

自分が結婚しろ!ヤジはごく自然な発想では・・

2014-06-21 11:09:42 | Weblog
●批判されることを覚悟して!

※都議会での「ヤジ問題化」につて

 正直に言えば

 “いささか大げさな反応”

>笑って済まされないのだろうか!
 
 これが本音である

※結婚しない・できない女性は多い(男も・・)
 当然子供は産まない
 *未婚の母も流行
 *晩婚化の流行
 *生涯未婚

 “現在の社会の特性であろう”

>個々の人生観の相違に過ぎない
 異議を挟める問題ではない
 最近政治家が
 人口問題として取り上げ政治的対策を訴えるが・・

 *個人的には違和感を感じている

●ところで“ヤジ問題だが・・”

※女性議員
 子供を産み育てる立場からの政策提言である
 提言自体には問題はないと思う

>発言にヤジが飛んだ
 
“自分で結婚しろ”

“そして子供を産めよ”

>ごく自然な発想だからの野次!
 特段問題はない
 “笑って済ませれば”済むことだろうに・・
 
 ヤジとはその程度のことであろう

 これが私の第一印象である

※問題化してのは(させたのは・・)
 都議会に1000件を越す抗議が殺到した
 これは笑ってはすまされない
 議員特有の反応である

●産めよ増やせキャンペーンは
 今を去る70年前にもあった
 そして現代社会でも・・・
 (軍部の要請?企業の要請?)

※子供を産み育てるのは
 動物的本能である(子孫繁栄)

>本能行為は
 個々人の自由が原則である
 政治的に干渉することは不見識と考える

>抗議の殺到に(結婚できない人も多い・・)
 大げさに騒ぐことが選挙に有利
 特有な議員心理が
 笑ってすませる課題を問題化してしまった
 と勘ぐってしまう!

 _>野次発言者を特定し(犯人探し・・)
   処分するなど以ての外だ
 
  これが私の言いたいことである

6/20 am:11:10

コメント

880兆円のタンス預金 持ち主は?

2014-06-15 22:13:28 | Weblog
●6/15gooニュ-ス

 「880兆円!? ふざけた話じゃないか」
 
 麻生財務相が家庭に眠るタンス預金を一喝

             ---産経新聞---

※麻生財務相の真意は?

 個人所有の膨大なタンス預金を
 成長産業に投資させることに
 狙いがあるようだが・・・

>投資には大きいな危険が伴う

 騙された報道は毎日のようにある

 政府が売却したNTT株は250万円
 投資経験ない知人の多くが購入した
 その後下落が続き、20年後には50万円
 我慢の20年である

 如くに投資は危険が大きのだ!

※タンス預金は(普通預金含め)
 国民の生活の知恵なのだ

>特権階級の家庭に育った
 麻生氏には分からないであろうが・・

※老後の生活

*定年60歳 5年延長 
 65歳から年金生活
 (国民老齢基礎年金月額6.8万円?)

*老後資金 3000万円(預金残高)
 一般市民では高額層に属する

>夫婦慎ましく生きる
 年間生活費200万
 3000÷200=15
 計算上は80歳まで生活できる

>人生90年時代
 3000万円では不足する

・高齢期には病弱に・・
・医療費は多額に・・
・介護が必要に費用は・・・

>安心できる老後生活の保証がない
 *社会保障の充実
  =年金制度充実・介護施設の拡充
 今はこの保障がない

>タンス預金のある
 恵まれた高齢者達よ
 先は短く失敗は取り返せない
 投資勧誘の麻生財務相の詭弁要注意である

>その日の生活に苦しむ市民
 節約節約の生活である
 タンス預金は夢である
 そして
 老後の生活は不安の塊である

*880兆円?どこのお国の話?である


『考えさせられた麻生財務相談話』
 


6/15日 日曜放談 PM:10:13
コメント

健康買う 家庭菜園  社会貢献:医療費節減

2014-06-10 20:10:40 | Weblog
○家庭菜園

 *筋力維持 体力退化防止 

 *脳の活性化 認知症発症防止

 *野菜食増 生活習慣病改善

 *外食減 家庭食 生活費節減

 等など


●小規模農業者(1ヘクタール未満)
 高齢化 後継者は無し(サラリ-マン)
 空き農地が増え続ける
 近接地でも 無栽培農地が2割~3割と増加中

※希望あれば農地の貸し手は多い(無料で)

 
○私は
 500㎡程の農地を借入れて18年目に・・

※いま真っ盛り野菜

*じゃがいも
*スイカ
*瓜系メロン
*ナス、キュウリ、ミニトマト(夏の三大野菜)
*かぼちゃ
*パプリカ
*人参・大根・春菊・・・

※これから

>枝豆・とうもろこし
>サツマイモ・山芋・牛蒡
>いんげん豆・オクラに・モロヘイヤに
>生姜と・・・

 続々とつづく

※家庭菜園は
 気ままに楽しめ
 美味しい・・・


●車が運転できれば
 少々遠距離農地でも
 家庭菜園は可能

 (農協の斡旋もある
  初期指導者も探してくれます)

<家庭菜園:お勧めします>


●●
 
 今年の異変?

 いま花盛りの
 スイカ・トマト・ナス・かぼちゃ
 
 受粉が必要なのに・・
 昆虫が訪れない(特にミツバチ)

 真冬の大雪が影響しているのかなぁ・・

 その上に

 今年は 梅雨らしい梅雨になっている

 人工授粉も 雨多くして侭ならず・・


※ところで

 家庭菜園を楽しむ
 年金生活者から一言!


>総理よ!(日銀総裁よ!)

 
 *高齢者は金持ちだ?

  >いい加減なこと言うな
   お金など持っていないぞ

 *デフレ脱却口実に
  物価を上げるな

  >消費税引き上げに便乗する
   値上げ攻勢が続く(10%20%と・・)

 *多くの年金生活者

  >物価が上がると困窮する
   便乗値上げを容認するな

 *大企業に減税?
 
  >儲かっている企業には 
   税金払わせろ

※言いたいこと 山ほどあるが

>何を言っても 無駄かな
 
 苦労知らない

 裕福育ちの人だから

 「諦めムードに腹が立つ」

●●
 
コメント

自公の茶番劇に呆れる

2014-06-08 18:38:40 | Weblog
●連日新聞紙面を賑わす
 集団的自衛権行使容認問題

>自公の茶番劇に腹が立つ!
 とういうより呆れかえる!

●6/7日報道

※政府が後方支援の4要件撤回
 公明が評価

*政府提示;4要件とは

 ①支援する他国部隊が戦闘中

 ②提供する物品・役務が
  戦闘行為に直接使われる

 ③支援場所が戦闘現場

 ④支援内容が戦闘行為と
  密接に関係

*1要件でも欠ければ
 後方支援が可能

>公明の反発に政府官邸が配慮
 4要件撤回

※新基準提示

①支援対象の他国部隊が
 戦闘中の現場では行わない

②支援現場では
 戦闘が行われた場合は活動を中止

③戦闘現場でも
 人道的な捜索・救助活動は可能

*公明党は評価した

●茶番だ!

 ③の人道的な捜索・救助活動は可能
  “人道的と判断すれば”
  戦闘現場でも後方支援ができる

  “人道的と判断する機関は政府機関である”
 
 >武力行使の歯止めは無いに等しい

 海外どこでも戦闘行為が始まる
 危険すぎる安倍政権である

 >>公明党は
   与党離脱も覚悟
   平和理念を貫け!
   国民は期待する

●●●

※集団的自衛権:密接な関係にある国が
        攻撃された時に、
        (自国が攻撃されなくても)
        外国を助けるために
        反撃する権利

※安全保障:軍隊などの武力により
      安全を守ること

 >日本国は
  (海外での)武力行使は
   禁じられている

  :これが歴代内閣の見解である

  <憲法第9条
  ・・前略・・武力による威嚇又は武力の行使は
        国際紛争を解決する手段としては
        永久にこれを放棄する・・後略・・>

 >安倍総理:今国会中に
  集団的自衛権行使容認
  閣議決定を指示
 
 *総理の意中には
  公明配慮など
  微塵も無いと読める!

●●●

 6/8 日曜放談 pm;6:42

コメント