憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

小泉氏の原発ゼロ発言は科学だ 原発即ゼロは国民の声だ

2013-11-30 15:57:37 | Weblog
●小泉元総理が注目集めている

 “原発即ゼロ”

>使用済み核廃棄物の最終処分場が
 確保できない現状を考えると
 即原発ゼロの選択肢しかない

>政治が決断する
 安倍総理が原発ゼロ方針出せば
 国民は協力する=安全神話はもう信じていない

●小泉氏は
 フィンランドの原発核廃棄物
 最終処分場を視察した

 そこで得た知恵が
 “即原発ゼロだと言われる

>それ以後
 各地講演会等において
 原発ゼロを訴え続ける

●原発の稼働が続く限り
 核廃棄物は増え続ける
 廃棄物の安全管理は
 現在の科学では不可能だ

 日本国内には
 廃棄物最終処分場はない

 原発大国米国やフランスにもない

(最終処分場を決めているのは
 フィンランドとスェ-デンの2ヶ国)

>原発ゼロの選択肢が
 人類が生き残る道である

●●
原発ゼロの選択肢が
 人類が生き残る道である
*地下に埋めた原発廃棄物
 マグマに取り込まれたらどうなるの?
*いつ地球上に噴出されるか:噴火するか
 分かったものではない 
*廃棄物は安全になるには10万年要すると言われる
 10万年?
 地球の変化もどうなるかわからない!
*人類が目先の損得から原発推進し
 危険物を生産する愚かさ
 地球破滅に
 小泉氏が気づいた提言だと言える
●●


●●●
※秘密保護法案強行成立は
 安倍政治の大きな失点になる

*円安株高経済に浮かれた国民を取り込み
 国会でなんでもやりたい放題

 しかし
 強権発動による(数の暴力)
 秘密保護法案の画策(制定の可能性大か)
 国民の批判は強まるばかりである
 =大きな失点となる

※安倍政権の次なる課題は
 原発問題であろう

*安倍政権は原発推進に熱心である
 海外でのトップセ-ルス
 安全神話の大安売りをしている

>ところが
 国内では
 原発ゼロが国民の声となりつつある

*早晩、安倍自民党は
 原発問題で国民の信頼を失う

>与野党問わず 原発ゼロ
 この一点で団結する

 安倍政権の危険な道を止める
 (最終的に憲法改正)
 唯一の選択肢である
●●●

 

コメント

この人は信頼していたのに・・裏切り者め!

2013-11-26 13:58:04 | Weblog
●大臣に登用してくれた安倍さんだから?

※みんなの党 渡辺喜美代表
 (修正合意したと)
 特定秘密保護法案に賛成?
 妖しき雲行きに
 安倍自民党との連立も?

>政治yやさんは
 自己保身のためには
 支持者も平気で裏切る
 (渡辺さんは信念の人と思っていたが政治やでした)

●特定秘密保護法案
 単独採決は好ましくない
 一党でも野党を取り込み
 採決に持ち込みたい(安倍政権の本音)
*尾っぽを振って
 公明・・みんな、維新と続いた
 (安倍さんほくそ笑みを隠すのに苦労しています)

●日毎に厳しい批判が高まっている
 (反対世論が出遅れたが・・)

※これ以上批判が高まることを恐る与党は
 一日でも早い採決を主張する・・
 ・本日26日に修正案は強行採決された
  午後の本会議上程:衆院通過を狙う

●法案には危険が指摘されている

*国民の知る権利が犯される
 憲法違反の法律だ!
 
*何が秘密に指定されるか
*誰が秘密を指定するのか
*運用のチェック機関はどうするのか
*処罰対象は
  ・公務員に限定する
  ・一般国民も含むのか
  ・マスコミも含むのか
  ・刑の重罰化はどうするのか
 
 等など、疑念は盛りたくさんある

 審議不十分であることは
 国民お目線からもはっきりしている

・民主党
・生活の党
・日本共産党
・社会民主党
 
 “慎重審議に賛成だ”

●●●

“きのう産まれた豚の子が
 ハチに刺されて名誉の戦死”

国民学校2年生だった
休み時間に口遊んだ

教頭先生に
“バカもの!”
怒鳴られ
校長室に引き据えられた
誰に教わった?
しつこく問い詰められた
(誰にも教わってはいない
 みんなが歌っていた
 自然に口に出る歌詞だ)

半日近く校長室に閉じ込められた

>70年も昔の思い出だ
 名誉の戦死
揶揄した言葉が悪かったのだ
7歳の子供が知る由もない

>こんな時代が再びやってくるのかなぁ

“特定秘密保護法案”

 理由抜きに絶対反対である

●●●
 
コメント

5000万円8000万円 猪瀬都知事と板東英二 共通するのは・・

2013-11-23 10:28:37 | Weblog
●5000万円&8000万円

※猪瀬都知事
 選挙は金が必要だ
 とっさに必要が生まれる
 それで
 徳洲会から5000万円借用した
 返すつもりでいたが
 いろいろ取り込んでいて
 返す機会が遅れた

※板東英二
 税務署から申告漏れが指摘された
 その額8000万円
 言い訳が面白い
 芸能活動に必要な
 植毛が経費になると思った
 経費にならないとは
 思いもしなかった

>いずれもお金の問題だが
 いわくがありそうな金銭だ
 
>両者に共通点がある
 共に苦し紛れの言い訳をしている

*5000万円・8000万円
 片や借用返金忘れた
 片や植毛代金だ
 庶民感覚ゼロだ

●マスコミの追求もなっていない
 “これこそ世の乱れの元凶では”  
 
※マスコミは
 単なるお知らせ機関ではないと思うのだが・・・


●政界は
 特定秘密保護法案一辺倒
 法案成立に密室会議
 国会外で秘密取引き
 国民が拒否する法律に
 同じ穴の狢がザワザワ動く
 国会とはいい加減な組織だ

●どさくさ紛れに
 危険な動きがある

※文科省が教科書見直しを進めている
 自民党の憲法改正理念を
 教科書に押し付ける動きだ

>権力は
 国民が知らないうちに
 教科書内容変更を目論んでいる
 教育が一政権の思いのままになっては
 この世は闇だ
 マスコミは
 文科省の危険な動きを指摘すべきだ
 文科省主導の偏向教科書の批判の
 特集を展開すべきだ

●国会安定多数安倍政権
 何をしでかすかわからない
 危険な動きに疎い
 国民に注意を促す・・
 
“マスコミの基礎基本である”

 
コメント

秘密保護法の先取り?TPP交渉 重要5項目 関税撤廃要求 米政府 ・・

2013-11-17 15:49:51 | Weblog
●政治は信用できない!
 と言うことは・・

>こうなる

●朝日新聞報道によると

“TPP重要5項目 関税撤廃を要求 米 対日姿勢強める”

<日本が関税例外扱いを求める重要5項目
 ・コメと麦、砂糖、牛・豚肉・乳製品=聖域>
 
※政府は最近になって
 聖域を更に絞り込み
 品目別に関税撤廃を検討する方針を打ち出している
 
>この弱みに付け込んだのが米政府かなぁ?

 それとも

>国内対策上米国に強固姿勢を要請した?
 断固国益を守る姿勢を国民に示すためだ
 米国との取引は秘密=国民懐柔策

※コレは特定秘密条項

>取材も内部告発も重要犯罪に当たる
 真実は永久に明らかにされない

※特定秘密法の先取り!

●政治は信用できない
 と言うことは
 こんな解釈も成り立つ

>素直にならないと疲れまうねぇ
 信じるほうが楽なるのに!
 でも
 信じて裏切られるより増しである


 以上11/17 日曜放談



コメント

家の光12月号“TPPの最悪事態の漫画” こんなことは無いでしょうねぇ?

2013-11-16 17:06:48 | Weblog
●●●
 
 ここ数日間、
 重要法案審議に隠され?
 TPP交渉が闇の中で進行している?

 国民が監視の目を怠っては
 政府の思う壺にはまる(輸出産業の・・)

*シンガポール、ニュージランド、チリ、ブルネイ
 4ヶ国で発足(2006年)
*オ-ストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシア、アメリカ
 5ヶ国が参加


“すべての関税を撤廃する”

 =貿易の自由化=貿易上の国境がなくなる

<各国は
 輸入品に関税を課し国内産業を保護する
 その関税撤廃する=国内産業の危機だ>

●安倍政権は
 参加を前提にTPP交渉に参加した

※国際競争力の弱い国内産業壊滅の恐れが有る
*特に農林水産業が大打撃受けることは確実だ

>それでも、
 安倍総理はTPP交渉年内妥結を目指す
 (守るべき国益は守る=農林水産業)
 だが、それすら守ろうとしない流れが生まれている
 
※TPPは
 全ての生活者に直結する大問題であ/る
 年内妥結を目指す政府方針
「交渉に監視の目を強める必要がある」

●●●

●政府は
 農業規模拡大し(株式制度導入し)国際競争力を付ける?
 と主張するが・・・
*一戸当たり耕地面積
・オ-ストラリア:日本の1500倍超
・アメリカ:同100倍超
>厳しい自然環境の違いはどうにもならない
 規模での勝負は成り立たない

●農林水産業の多面的機能
※水田をコメ生産機能だけから見るのは誤りだ
*例えば
・洪水防止・河川流量の安定
・土壌保全・土砂流失防止
・人々の安らぎ癒し効果
・小動物生育環境保持
 等など計り知れない機能がある

農林水産業を軽視する政府の方針
日本の未来に警鐘を鳴らす

TPP交渉経済面だけから判断する
愚かを許してはなりません
農林漁業者&消費者団体
連帯してTPP交渉反対対決
TPP参加断念するまで闘い抜こう!!

※家の光12月号 TPP漫画 是非ご覧なってください


コメント

浅尾慶一郎氏憲法論い意義あり 現状を憲法に合わせる これが先決では?

2013-11-14 10:00:56 | Weblog
●●

※みんなの党 幹事長 浅尾慶一郎

 「憲法9条の現状は ピサの斜塔だ。
  9条をそのまま読めば 自衛隊は違憲だとなる。
  憲法改正は 斜めになっているものを
  まっすぐにすることだ。」

>政治家とはこの程度の知識人なのか?
 残念としか言い様がない!

“現状に憲法を合わせる”
 これ間違いでしょう

“憲法に現状を合致させる”
 これが立憲主義でしょう

憲法改正を主張する議員
憲法尊重の意味がわかっていない

現憲法は
68年も日本国憲法として存在し
日本の民主主義国家を実現しているている
そして世界有数の経済文化国家を創り上げた

それを今になっても
押し付けられた憲法だなどと主張し
憲法は改正が必要だと声高に叫ぶ
失礼だが低劣な知識者としか思えない
 
国会や街頭において
演説する政治家はとても有能の人物に思える

それを聞いて多数の選挙民が選んだのが現国会議員だ

そして国家の水先案内人として君臨する
国民のための政治に徹してもらいたいものだ
国民は政治に何を期待しているか
理解して欲しいものだ

●浅尾氏の憲法判断
 国民と大きくかけ離れていると思いました
コメント

世論の力で悪法成立阻止は可能だ

2013-11-04 19:10:58 | Weblog
◎国会で審議が進む2法案
1、特定秘密保護法案
 *明日にも審議入り・今月中旬には採決
2、国家安全保障会議法案
 *今日にも採決画策・野党総反対法案

>両法案とも反対多数が世論

●NHKは
 成立を前提にして報道?
 (そう感じる)
●対して
 民放各局は問題点指摘
 慎重審議主張し
 今国会の成立に反対姿勢

※特に朝日は
 今国会の廃案を主張する?
 (そう受け取れる)

●●

>2法案は
 暗黒社会を招来する恐れある危険極まりない法案だ
 =国民の権利や基本的人権無視する

>国会は与党の思いのままに進んでいる

※しかし、
 議会の絶対多数自公連合だが
 反対世論が高まれば
 強行成立に躊躇することは確実だ

※それ故
 反対世論を激励し法案阻止(廃案)
 マスコミ&民放各局に期待する
 
・残念ながら
 政府の言いなりNHKは当てに出来ない
 視聴料支払い拒否をしたいくらいだ・・・

『世論による法案阻止は可能だ』

●●


コメント

2度あっても良いのでは・・憲法記念日=文化の日

2013-11-03 08:59:14 | Weblog
●文化の日
 1945年11月3日日本国憲法公布
 憲法の意思(平和と文化) 文化国家を目指す
 (旧憲法・明治節:明治天皇誕生日)

<新憲法の基本原則>
*主権国民(天皇象徴制)
*基本的人権尊重(天賦人権論)
*平和主義(戦争放棄)

※憲法記念日
 憲法が施行された1947年5月3日
>公布の日を憲法記念日にも考えられる
 文化の日=憲法記念日
>近代国家は憲法に依拠する政治体制だ
 憲法記念日が年に2度あっても良いのでは・・・

○○○

「日本国憲法前文」

*日本国民は、
 正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
 われらとわれらの子孫のために、
 諸国民との協和による成果と、
 わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、
 政府の行為によって再び戦争の惨禍が
 起こることがないようにすることを決意し、
 ここに主権が国民に存することを宣言し、
 この憲法を確定する。

*そもそも国政は、
 国民の厳粛な信託によるものであって、
 その権威は、国民に由来し、
 その権力は国民の代表者がこれを行使し、
 その福利は国民がこれを享受する。
 これは人類普遍の原理であり、
 この憲法は、かかる原理に基くものである。
 われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

*日本国民は、恒久の平和を念願し、
 人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、
 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
 われらの安全と生存を保持しようと決意した。
 われらは、平和を維持し、
 専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと
 務めている国際社会において、
 名誉ある地位を占めたいと思う。
 われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、
 平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

*われらは、
 いづれの国家も、自国のことのみに専念して
 他国を無視してはならないのであって、
 政治道徳の法則は、普遍的なものであり、
 この法則に従うことは、自国の主権を維持し、
 他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。

*日本国民は、国家の名誉にかけ、
 全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

○○○

○何度読んでも感動する
(中学生の頃から?)
 大好きな前文である

<老政治家・中曽根康弘・石原慎太郎・安倍晋三=自民党
 憲法の崇高なる理想を何故否定するのかなぁ・・
 歴史感覚のズレだな:明治懐古主義者集団=自民党>


「崇高な理想に満ちた日本国憲法理念を
 世界に広めることは日本の責務である」

◎文化の日は、世界に向けて
 日本国憲法理念を発する日に

 11/3 日曜放談



コメント

山本参議院議員の処分に反対する

2013-11-02 09:44:08 | Weblog
●過剰反応だ

「天皇の政治利用だ?」

*山本太郎参議院議員だけか?

*政権党なら許されるのか?

・オリンピック招致総会へ皇族出席
・主権回復の日天皇陛下万歳
・習近平氏副主席天皇と会見

 その都度ニュ-スで取り上げられたが
 国会が問題にして処分したことはなかった。

※今回の手紙問題
 内容からして政治利用と言えようが?
 なぜ国会が大騒ぎするのか!理解に苦しむ

*山本太郎氏は
 国民が選んだ国民の代表だ
 一方的な批判と国会の処分審議など
 過剰反応である

※急先鋒は自民党?
 “辞職ものだ”と叫ぶ議員も・・

*憲法との関連などは
 国会で審議すれば済むこと・・

*騒がれることを期待したパホ-マンスとも・・

 評価は国民が(選挙民が)決めることだ!

●行動や発言が過激なのは山本議員の長所だ
 長所は時にはマイナスにもなる

※生まれたてのホヤホヤの国会議員だ
 生まれて数ヶ月、未熟なのは当たり前

 「脱原発には必要な議員である
  みんなで育てる人物と心得る」

●マスコミの過剰反応は

*この機会に
 目障りな山本太郎を消してしまえ
 反脱原発勢力に政治利用されかねない
 
>マスコミの自重を求める

●●

結論「処分は有り得ない」=反対
 
●●
コメント