銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

未来を生きる君たちへ○●HAEVNEN

2011-09-12 | 映画:ミニシアター

 憎しみを越えたその先でどんな世界を見るのだろう。

評価:→(85点)

HAEVNENとは、復讐という意味。今回の邦題は何か希望がありそうで、こちらのほうが良いね。

京都シネマにて鑑賞。 本当に、憎しみの先には、何があるんだろうか?ふと頭の中をよぎった。

憎しみという感情って一番多いんじゃないかな。

でもその反対に赦しって感情を持つのは難しいような気がする。解き放たれたその時に、芽生える感情がまさに赦しという寛容な心になる。理屈では理解出来るけど、なかなか神さまのようなわけにはいかないように思う。

クリスチャンは憎しみのままその場所で留まっている。母を失った原因は父にあると決めつけている。その感情は母の死におさまらず、他人へも波及する。暴力への憤りは憎しみへと高まり、暴力は暴力で止めないと手段はないと決める。

目には目を、、、、。

それが一番の方法だと思ったのだろう。しかしその感情は知らぬ間にエスカレートしていく。母が好きだった頃の優しい気持ちは何処に行ってしまったの?


転校先で執拗にいじめられていたエリアスをクリスチャンは助ける。エリアスをいじめる奴らに憎しみを感じる。いじめはやり返さないと繰り返される。そう判断したクリスチャンは不良グループのリーダーを力でねじ伏せることに成功する。

確かにそれ以降いじめはなくなった。だからその方法はクリスチャンにとって正しいやり方だと諭すことになる。これが怖い認識となる。
まさに暴力がベストだという勘違いが生まれる。これって大変な錯覚ですね。

これ以降、クリスチャンの暴走は止まらなくなることに・・・・。


クリスチャン役、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン。オーディションで選ばれた新人さん

まさにこれは小さな戦争だ。憎しみは憎しみを生む。そうなるとその状況は益々悪化状態を辿る。憎しみの連鎖は限りなく永遠に続く。
歯止めがかかる頃には、大きな代償が残る。

クリスチャンの父が説得する 「殴られてやりかえしたらきりがない。戦争はそうやって始まる」大人ならこの説明で納得出来るかもしれないが、クリスチャンにはどうなんだろう?理屈はそうだけど、あくまでも理想論ぽいような。現実はそんなことで解決できないんじゃないの?というのがクリスチャンの心中かも。

でも確かに戦争ってほんの些細なことから始まるんだよね。クリスチャンを見ていて、何か空恐ろしいものを感じた。表情も子どもらしくないし、底知れないような闇の内にいる感じもした。ここまで彼を追い込んだものは何だろう?

さてエリアスの父アントンだが、医師として遠いアフリカの地で医療活動していた。この地では、妊婦の腹を切り裂く“ビッグマン” という残虐な行為を日々目の当たりにする状況だった。

そんな最中、このキャンプに“ビッグマン”のリーダーが重傷で助けを求めたという現実である。周囲の人間は加害者であり、敵であるビッグマンを助ける事に反対する。しかしアントンは反対を押し切って治療することに。

これは深刻な決断だった。あえて憎きビッグマンを助けるという姿勢に、自身も悩むことになる。そして出した考えは医師として最善を尽くすというものだった。仕事をするものとして、負傷している人がどんな人であれということなんでしょうね。

場面変わって、、、。クリスチャンの暴走は、とどまることなく。今度はエリアスパパ アントンの絡みでも始まります。まったく自身とは関係ないのにです。

ある日、アントンの下の息子がよその子とブランコの取り合いとなり、相手の父親から理由も聞かず殴られる。アントンはやり返すことなく子どもたちとその場を離れる。そんな事態に遭遇したクリスチャンは自分とは関係ないのに、憤りを感じる。

何故報復しないのか?! 暴力を受けておいて、泣き寝入りなんて。やり返さないアントンに苛立つ。それならば、代わって僕が。

まあクリスチャンの行動を行き過ぎている風に捉えてしまうが、実際はどうなんでしょう。

アントンにしても、結局はビッグマンを周囲の人々に引き渡してしまいます。はいそれまでよという感じです。後は好きにして、自分は知らないよ。煮るのも焼くのご自由に、、、、。正当化しているのかも。どんな人間だろうとも助けるべき。医者として、一人の人間として。

かたちとしては大きくならないけど、クリスチャン同様なのかもしれません。

あらすじ(goo映画より)


エリアス役 マルクス・リーゴ―ド ウィリアム君同様、オーディションで選ばれた新人さん。

デンマークに家を持つ医師のアントン(ミカエル・パーシュブラント)は、アフリカの地に赴任し、キャンプに避難している人々の治療を行っている。様々な患者の中には妊婦の腹を切り裂く悪党“ビッグマン”の犠牲者もいた。母マリアン(トリーネ・ディアホルム)と幼い弟のモーテンと暮らしているエリアス(マークス・リーゴード)は、毎日学校で執拗なイジメにあっていた。父親のアントンが大好きなエリアスはその帰国を喜ぶが、両親は別居中である。

ある日、母親の葬式を終えたクリスチャン(ヴィリアム・ユンク・ニールセン)が、エリアスのクラスに転校してくる。その放課後、イジメっ子のソフスにエリアスは絡まれ、クリスチャンも巻き添えを食らう。翌日、クリスチャンはソフスを殴り倒し仕返しをする。ソフスの怪我が表沙汰になり、呼び出された父親クラウス(ウルリッヒ・トムセン)は、報復にはきりがないと諭すがクリスチャンはやり返さなきゃだめだと口応えする。帰国したアントンが、子供たちとクリスチャンを連れて出掛けた帰り、モーテンがよその子と公園でケンカになった。割って入ったアントンだが、駆け寄って来た相手の子の父親に、理由も訊かれずに殴られてしまう。翌日、クリスチャンとエリアスが自分を殴った男ラース(キム・ボドニア)の職場を割り出したことを聞いたアントンは、子供たちとラースの職場を訪れる。殴った理由を問いただすアントンを、ラースは再び殴るが、アントンは決して手を出すことなく、屈しない姿を子供たちに見せた。帰り道、殴るしか能のない愚か者だとラースを評するアントンに、エリアスとモーテンは同調するが、クリスチャンは報復しなかったアントンに納得がいかない。アントンがアフリカへと戻った後、祖父の作業場で大量の火薬を発見したクリスチャンは、爆弾を作ってラースに復讐しようとエリアスに持ち掛ける。一方、アフリカのキャンプでは脚に怪我を負ったビッグマンがやって来る。アントンは周囲に反対されながらもビッグマンの治療を行うのだが……。 

  

 子役の2人、新人とは思えないくらい上手い演技でしたね。

色々考えさせられた。クリスチャンの行動は行き過ぎのようにも思うけど、、、、。大人のようにカモフラージュせず、素直に憎いからやり返すというストレートさがあって、良いんじゃないの?でもやってはいけない事ですけどね。

クリスチャンとエリアスの関係は爆弾事件で、思わぬ方向へ、、、、。

最後はどうなっちゃうのか?バッドエンドなのかななんて、気になりましたが、少し希望の持てる展開だったのでホッとしました。

解説(allcinemaより)

 「ある愛の風景」「アフター・ウェディング」のスサンネ・ビア監督が、暴力と愛を巡る簡単には答えの出ないテーマに真摯に向き合い、みごと2011年のアカデミー賞外国語映画賞に輝いた感動のヒューマン・ドラマ。デンマークの郊外とアフリカの難民キャンプを舞台に、問題を抱えた2組の父子が、日々直面する理不尽な暴力を前に、復讐と赦しの狭間でぎりぎりの選択を迫られ葛藤するさまを、緊張感あふれる力強い筆致で描き出す。

メディア 映画
上映時間 118分
製作国 デンマーク/スウェーデン
公開情報 劇場公開(ロングライド)
初公開年月 2011/08/13
ジャンル ドラマ
映倫 PG12

 

オフィシャル・サイト
http://www.mirai-ikiru.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.sonyclassics.com/inabetterworld/ (英語)

※まとまりのない記事になりましたが、個人的は好きな作品でした。

 

 

 

 

 

Comments (8)   Trackbacks (14)   この記事についてブログを書く
« ハウスメイド(2010)◆Ha... | TOP | 陰謀の代償 N.Y.コンフィデ... »
最新の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は~ (小米花)
2011-09-12 21:19:46
おお~、この記事アップされたばかり~?
すごいタイミングでお邪魔します---。

いい作品でしたね。
子役さん二人、新人だったんですね。
う~~ん、見事でした。
でも、親たちの演技も心打ちました。
特にエリアスの父親が良かったです。

みんなに見て欲しい映画ですネ。

ブログリンクさせて頂いちゃいました。
よろしくお願い致します。
Unknown (KLY)
2011-09-13 01:32:28
これ地味な作品だけど素晴らしいと思ってます。PG12指定なんだけど、本当は子供と一緒に見て、世の中の現実についてしっかり話して欲しいなって思います。
今のところ今年のベスト3には入ってるかな~♪
小米花さん♪ (mezzotint)
2011-09-13 11:05:56
こんにちは♪
良いタイミングでおいで頂き、
嬉しい限りです!!

人間の持つ感情を鋭く描いた作品でした。
アントンを演じた、ミカエル・パーシュブラン、
スウェーデンではカリスマ的存在の俳優さん
だそうです。
リンクの件、ありがとうございます。
こちらにもリンクさせて頂きました。
今後とも宜しくです!
KLYさん♪ (mezzotint)
2011-09-13 11:12:04
こんにちは♪
私もKLYさん同様、これ今年のベスト上位
に入れたいですね。
久々に感動しました。
暴力を暴力でやり返したところで、何も残り
ません。そのことを改めて教えてくれる
作品でした。
Unknown (mig)
2011-09-13 22:36:15
こんばんは☆
わたしは皆さんほどハマらなかったんですが(前半はネムくなっちゃったし)
中盤からやっと惹き込まれました

女性監督作というところも注目です。
migさん♪ (mezzotint)
2011-09-14 10:04:40
こんにちは。

眠くなるの、わかります。
淡々としていますし、テンポよくないですものね。
スサンネ・ビア監督、素晴らしいです。
なんて言いながら、私は「悲しみが乾くまで」しか観ていないんですが(笑)
子役の二人 (sakurai)
2011-10-13 11:20:32
新人だったのですね。あれでアレだけの憎悪と、絶望感を演じられるってのは凄い。
と同時に、現実のやりきれなさみたいなもんも感じて、ちょっと複雑です。
あたしは根本的に、子供がどうのってのはダメみたいですわ。
いつも眉間にしわ寄る作品ばっかなのですが、次回作はコメディらしいので、とっても楽しみ。
スサンネのコメディって、考えられない。
分かります! (mezzotint)
2011-10-15 21:14:24
sakuraiさん

今晩は☆彡
分かります!いくらフィクションであっても、
子供があんなことを仕出かすのはどうも。
大人がお手本にならなきゃいけないのだろうけど、、、、。難しいですよね、実際のところ。

おぉ~次回はコメディですか!
いやあ意外にも良かったりして・・・。
それはある意味、楽しみですね。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

14 Trackbacks

未来を生きる君たちへ (こんな映画見ました~)
『未来を生きる君たちへ』---HAEVNEN  IN A BETTER WORLDl---2010年(デンマーク/スウェーデン )監督:スサンネ・ビア出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーヌ・ディルホム、ウルリク・トムセン、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン、マルクス・リ...
未来を生きる君たちへ (LOVE Cinemas 調布)
第83回アカデミー賞外国語映画賞作品。2組の家族、特に父と息子の関係を軸に世の中に満ちている憎しみや暴力をどのように受け止めるのかを描き出した感動作だ。出演はミカエル・パーシュブラント、ウルリク・トムセンといったスウェーデンやデンマークを代表する俳優...
未来を生きる君たちへ (試写会) (風に吹かれて)
LOVE PEACE公式サイト http://www.mirai-ikiru.jp8月13日公開米アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞受賞作監督: スサンネ・ビア  「ある愛の風景」
未来を生きる君たちへ / HAEVEN / IN A BETTER WORLD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ある愛の風景」や「アフター・ウェディング」のスサンネ・ビア監督最新作で、 今年のアカデミー外国語映画賞と、ゴールデングローブ賞をW受賞で話題のデンマーク映画 脚本は、これまでの他の作品も手がけてい...
よりよき世界に~『未来を生きる君たちへ』 (真紅のthinkingdays)
 Hævnen  IN A BETTER WORLD  デンマーク郊外に住む少年エリアス(マルクス・リゴード)は、学校でいじめ に遭っている。エリアスの父アントン(ミカエル・パーシュブラント)はアフ...
未来を生きる君たちへ (心のままに映画の風景)
医師のアントン(ミカエル・ペルスブラント)は、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。 長男エリアス(マークス・リーゴード)は学校でいじめを受けていたが、ある日、転校して...
未来を生きる君たちへ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「悲しみが乾くまで」のスサンネ・ビア監督が、暴力や憎しみに満ちた世界の中で、希望を見出していく人々の姿を描いた第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。出演は「暗殺の瞬間 ...
『未来を生きる君たちへ』’10・丁・瑞 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
あらすじ医師アントンは、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っ
『未来を生きる君たちへ』 デンマークが生んだあの人のことを考えよう (映画のブログ)
 世の中には、大小様々な暴力が溢れている。  私は前回の記事(『スーパー!』 私たちが好きなものの正体)で、人間は暴力を振るう生き物なのだと書いた。  では私たちは、暴力を振るい振るわれ生きていく...
未来を生きる君たちへ (迷宮映画館)
うーん、教条くさい題名は何とかならなかったものか。。。
映画『未来を生きる君たちへ』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-54.未来を生きる君たちへ■原題:Hævnen(英題:In A Better World)■製作年・国:2010年、デンマーク・スウェーデン■上映時間:118分■鑑賞日:9月1日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,000円□監督・原案:スサンネ・ビア□脚本・原案:アナ...
復讐は誰のもの (宇宙のめいぐると)
「未来を生きる君たちへ」
未来を生きる君たちへ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HAEVNEN/IN A BETTER WORLD】 2011/08/13公開 デンマーク/スウェーデン PG12 118分演出:スサンネ・ビア出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーヌ・ディルホム、ウルリク・トムセン、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン、マルクス・リゴード 憎しみを越え....
映画評「未来を生きる君たちへ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年デンマーク=スウェーデン合作映画 監督スザンネ・ビア ネタバレあり