ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「いつか家族に」、なさぬ子をめぐる愛憎ドラマ!

2019-05-16 17:17:09 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

「活きる」で知られる中国の作家・余華(ユイ・ホア)によるベストセラー「血を売る男」を映画化したヒューマンドラマ。

ハ・ジョンウが監督としてメガホンをとり、自ら主演も務め、物語の舞台を朝鮮戦争後の激動の韓国に舞台を移して描いた。

1953年から始まるこの物語、当時の韓国の庶民事情を描いている。

明日の生活に困る貧乏人たち。献血で生活の糧を得ていた。さらには、ラストでは、金銭のための臓器提供。

死にかけの病人が出ると、占い人が、祈祷で死神を呼び出す。

男性優位の世界。

それにしても、中盤、長男が妻が犯されできた他人の子。血液型で証明。

11年知らずに育ててきたと夫の冷たい態度。

それが、長男の脳炎で、手術費用をねん出するために父親が血を売り歩く家族愛。

いかにも、韓国映画らしい、誇張というかコメディというか?

ラストは、涙なくしては見られない。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「初恋 お父さん、チビがい... | トップ | 「芳華 Youth」、1970年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国映画」カテゴリの最新記事