嫌われ者

2021-04-10 04:50:01 | 日記
 「苦手な都道府県」というアンケート調査がある。

 その中で東京や大阪など大都市圏に続き、広島県が7位と「健闘」している。

 広島県は、中国五県の中央に位置し、面積、人口が最も多く、産業の中心地でもある。

 中央官庁の地方局も集中していて広島県人は「西日本の中心部」くらいの意識を持っているのだろう。

 隣の岡山県は「マスカット」「きび団子」「晴れの国」以外に何がある?

 反対側の山口県は「首相を多く出してるってそれが何?」と言うくらいの意識なのだ。  

 島根や鳥取など盲腸くらいにしか思っていない。

 そういう上から目線の態度で他県の者どもを見下すので嫌われるのだ。

 お前らは広島があるから成り立っとるんじゃ。

 文句があるんならかかって来いや。

 まあ大体9割の広島県人がそう思っている。

 

 

 
コメント

離婚原因

2021-04-09 04:37:39 | 日記
 10歳年下の一般男性と結婚した女優MKさんが、11年の結婚生活にピリオドを打った。

 原因は旦那の「いびき」だという説が濃厚だ。

 私は現在、睡眠度無呼吸症候群患者向けの器具を装着して寝ているが、以前のいびきは凄かったらしい。

 「障子がビリビリする」

 「家が揺れる」などと心ない声が聞かれた。

 ワシはゴジラか?
 
 数十年前、職場の慰安旅行で同室になった先輩が凄いいびきの持ち主だった。

 寝られない私は、寝巻きの帯を解いて手に持ち、調教師よろしく先輩の腹に向けて帯を叩きつけた。

 その時は止むのだが、すぐにまた始まる。

 翌朝まで何十回と帯を振り下ろす。

 翌朝、先輩が「腹のあたりが赤くなって痒い」と言うので

 「いやー私も右肩が痛くて」と誤魔化す。

 まあいずれにしても、いびきは災いの元っちゅうことです。

  

 

 
コメント

来なくていいし

2021-04-08 08:02:00 | 日記
 黒電話型の髪形で有名なデブが、東京オリンピックに参加しないと言っている。

 東京オリンピックで名誉回復を図ろうと画策していた「むん」には大打撃だ。

 そのうえ、来年の大統領選の前哨戦とされた、「そーる」と「ぷさん」の市長選で与党が惨敗した。

 ここで、起死回生の一発が「にほん」に向けられる。

 むん「「いあんふ」と「ちょーよーこー」でちゃんとしてくれないと、わしらも東京へは行かん」

 ガースー「それは困ります、ちゃんとしますから来てください」

 おおかた、こういう展開を画策しているのだろうが、実際はこう。

 むん「「いあんふ」と「ちょーよーこー」でちゃんとしてくれないと、わしらも東京へは行かん」 

 ガースー「わかりました。来なくていいです」

 
コメント

バス・ストップ

2021-04-07 07:33:06 | 日記
 歌手の平浩二さん(72)の名曲「バス・ストップ」がリリースされたのが1972年。

 平さんは、この一曲のヒットで今も食べている。

 その平さんが、ステージ上で「バス・ストップ」を歌う前のトーク中にクモ膜下出血で倒れた。

 私はこの歌が好きで、昔はカラオケでよく歌った。

 ちなみに、1976年にリリースされた、浅野ゆう子さんの「セクシーバスストップ」は

 平さんの「バスストップ」とは何の関係もない。

 どうせなら「セクシーバスストップ」じゃなく「セクシーバストトップ」なら良かったのに。

 平さんの回復をお祈りします。
コメント

池江璃花子選手

2021-04-06 06:36:34 | 日記
 昔は「才色兼備」のスポーツ選手は皆無と言っていいくらいいなかった。

 今は、どのスポーツでも「才色兼備」の選手が普通にいる。

 そのなかでも水泳の池江選手は、そのまま女優として通用するくらい。

 そんな彼女が白血病を克服して、オリンピック出場の権利を得た。

 そこには想像を絶する努力があったと思う。

 かつて王選手も「才能ではなく努力だ」と言ったが、「努力できる才能」が半端ではないのだろう。

 一方、高コレステロール、高脂血症、高血圧、痛風、ヘルニアをかかえる私は

 ビールを二杯までに抑える懸命の努力を重ねて、日々仕事に励んでいる。
コメント