ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




今日は午前中は上野の東京都立美術館まで、母親の水彩画を観にでかけてきました

昨年は新型コロナの影響で中止、ことしは、どうにか開催されることになったのですが、

驚くべきは、その絵の数

見てもみても、見切れないほどの画が展示されていたのですが(まともに全部しっかり鑑賞したら、丸一日かかると思います)、

こんなコロナの中であっても、絵を描く方々も、まったくその情熱が陰ることなく、こうして作品を作っておられたのかと思うと、

胸が熱くなる思いでした

日本全国から寄せられた絵の題材は、部屋の中にある静物画などだけではなく、日本中の景色も沢山。

居ながらにして日本全国の、切り取られた何気ない日常の風景。

 

皆さん、本当に素敵でした

 

母の画は、今年も紫陽花でした(笑)。

一応、なんとか賞というものも貰っており、息子としても嬉しいのですが、

それよりも、相変わらずの明るい絵、変わりないタッチに安心をして帰ってまいりました。

名前はともかく「紫陽花の画の方ね」と言われることもあるくらい、紫陽花が好き人なのです(笑)。

 

母とは昨年のコロナ騒動が始まってから、初めて会いました。

もっと気楽に会える世の中に、早く戻って欲しいですね

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 便利と工夫。 全員の日記を... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (シクピン)
2021-06-07 21:58:40
美術館で、しかもお母さまの作品を観ながら再会だなんて素敵な親子関係ですね✨
誰とでも気軽に会える世の中に1日も早く戻ってほしいものです
(=´∀`)人(´∀`=)
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。