ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




渋谷、新宿、上野。

池袋は、いわゆる山手線の繁華街の中でも、今一つ「あんまり行かないなあ」と言われることがあるような気がしますが、いかがでしょう。

僕にとっては、最初に挙げた三つを合せますと、池袋>渋谷>上野>新宿なのですよ。

小学校の頃から、出かけるといえば、池袋でした。

当時の家から、一番近かったからですが、その影響で、中学になっても何かあれば池袋。

高校は、池袋で乗り換えて行っていましたし、友達同士でご飯なども、池袋。

で、大学も、池袋乗り換えだったのですよ。

途中から、バイク、そしてクルマ通学にしてしまっておりましたが、それでもやっぱり、キーステーションは池袋でした。

 

そして、T京音大が池袋ですので(今年から、大半は代官山に移設になりますが)、

僕にとっては、相変わらずご縁があるといいますか、馴染みがあるといいますか、結構に、落ち着く街なのです。

 

少し早く着きましたので、すこし歩いてみましたが、

変わったところ、そして変わらないところ。

街のうつろいも、また楽しいものですね。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




クルマのコンソールボックス(運転席と助手席に間にある物入れ)から、MDが出てきました。

勿論、MD自体は昔リハーサルの音源などをもらうのに使っていましたので、2~300枚はあるのですが、

そういえば、クルマでも聴いていたことがあるのですね。

今のクルマは2006年から乗っていますから、忘れていたということは、その当時聴いていて、あとはずっと積んであったのだと思います。

ごめんよー

 

しかして、MILES DAVISの、と言いますか、ジャズの全てのレコードの中でも、1000万枚以上というジャズ史上最も売れたアルバム、

名盤中の名盤「KIND OF BLUE」でございました。(一家に一枚、あって間違いのない作品ですが、ご興味のある方は、試しにYoutubeでもお聴き頂けます)。

 

残念ながら部屋ではMDが聴けないため、CDで書けながら書いてますが、

いやはや、・・・クールですねえ。

これは、ジャズバーか、ジャズ喫茶などをイメージして頂いて、そこそこ大きな音で聴いて頂きたいです。

横の人とお話ができないくらいの(笑)。

生楽器の音以上のボリュームが、気持ちいいです。

 

こういうのを聴くと、お酒が合うよなあ、なんて思ったりします。

そもそも、マイルスが、ジャズ=夜、お酒というイメージを確立した、なんて言われています。

似合うんですよね。この頃の、コルトレーン(T.Sax)の音も、やけに。

素敵です。

 

さて、明日は、昼間は週末のS足学園での講師ライブに向けたリハーサルがございまして、

夜は、T京音大の、いわゆる卒業生への”追いコン”がございます。

3月は、そういうシーズンなのですねえ。

毎日、ちょっと寂しいです

でも、可愛い学生の門出ですからね。

元気に送り出してまいりますよー

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お陰様でS足学園音大の卒業ライブパーティー、無事に、大盛り上がりで終了いたしました。

僕も今年は2曲でしたが参加できて、本当に楽しかったです。

 

昨年は、色々あった中、さらに引っ越しをしていた関係で出席できませんでした・・・

が、一昨年、その前年と、この「Welcome  to the Real World」というライブパーティのパスの写真を上げています。

何といいますか、実に言いえて妙、絶妙なタイトルなわけですよね。

 

昨日も書きましたが、いよいよこれで社会人になるわけです。

「学生さん?」

という問いに対して

「いいえ。」

と答えることになるわけですよ、おそらく、人生で初めてね(歳はの行かない子どもにこの問いはあるまいて、ですから(笑))。

でも、本当にこれからが”面白い”わけですよ。

 

「卒業したくなーい!」

毎年のように、この言葉を聞きます。

 

「そうかー

と頷きます。

 

でも。

 

もしかしたら、もう明日から、

朝起きたときの、これまでにない解放感に、きっとびっくりすることでしょう。

 

まるで、免許をとって、初めて一人でクルマを運転した時のように。

まるで、初めて自転車に乗れた時のように。

はじめて、一人っきりで居酒屋(バーでもいいかな)に入って、お酒を注文した時のように(←違うかな(笑))。

 

勿論、不安もあるとは思いますが、でも、手にした自由の大きさに、きっと、心のどこかが、とてつもなくワクワクすることでしょう。

 

・・・いいですねえ

 

僕たちも、まけじと明日も、ワクワクして目を覚ましましょうね

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




盛大な式でございました。

なんといっても圧巻は、各コースの教授、講師陣と一部選りすぐりの在学生による祝賀演奏。

ご興味のあられる方は、昨年度までのものでしたら「洗足学園音楽大学 卒業式」と動画検索して頂けますと、フル尺のものがご覧いただけます。

まさに式全体を収めた2時間ほどの動画ですが、祝賀演奏はラスト40分くらいですね。

今年も、趣向を凝らした演奏が聴けまして、会場もとっても盛り上がりました。

クラシック、邦楽、ジャズ、ロック、電子オルガン、そして、バレエ、ミュージカル・・・etc

こんなに様々なジャンルの音楽を生演奏で一挙に聴け、舞台を楽しめるなんて、なかなか無いと思います。僕も、終始身を乗り出して拝見させて頂きました(笑)。

 

何度も同じことを書いてしまいますが、あっという間の4年間。

小、中、高の12年を足して、16年(もっと長い学生もいますが)。

それまでの22年間のうち16年といいますと、随分な割合を学校で過ごすのですが、

社会に出てみますと「なつかしいなー、学生時代ねー」となりますよね(笑)。

 

これからが、本番。

そして、どんどん一年があっという間に過ぎるようになりますが、

といって、10年は10年。

20年は20年です。

 

今、22歳の彼らに、40歳、50歳の自分なんて、どうしたって想像はできないでしょう。

僕ですら、10年後の自分には、まだまだフィルターが掛っていますもの(もやもやと)。

 

でも、これもまた、過ぎてしまえば、あっという間。

でも、いまから全部やり直せるかといいますと、あまりにも膨大すぎて、絶対無理(笑)。

面白いものですね。

 

日記をつけておられる方は多いかもしれませんが、

毎日、結構コツコツ自分史をつけたりしたら、どのくらいものになるのでしょうね。

誰しも、百科事典全集くらいにはなりそうですよね。

しかも、全文、オリジナルの、コピー不可の、ですからね。

 

人生って、凄いですね。

ということで、誰しも、まだまだこれからでございます。

頑張りましょう。

 

明日は、卒業ライブパーティでございます。

僕も学生に混じって、2曲ほどオルガンと、ピアノを弾いてまいります。

楽しみです

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アコースティックライブというのは、見た目は座ってピアノを弾いているだけのようですが、

バンドと違って音数が少ない分、頭がエネルギーを沢山使います。

結果、同じ時間のステージで、どちらが疲れるかといいますと、確実にアコースティックだと思います。

マンスリーと銘打って、ハレマメさんでこのシリーズが始まったのが、2015年の夏からですから、かれこれ3年半。

時折、スケジュールの事情でやむを得ず欠席させて頂くことがあったり、へきるちゃんが舞台等のお仕事との兼ね合いででライブができない時もありますが、それでも随分やっています。

数えてみないと正確に何本やったのかわかりませんが、毎回、実に鍛えられます。

一回15曲。

毎月、全曲入れ替えですからね。二か月続けては、一曲たりとも同じ曲を演奏しない訳です。

ミュージシャンとして、本当によい経験を積ませて頂いていると思います。

 

そんなこともあって、終わった後は、楽しく乾杯を

気を張り詰めてライブをした後、一旦完全に弛緩して(笑)、気心の知れた仲間と酌み交わすお酒は、とても美味しいものです。

昨夜も、久しぶりのお酒ということで、よくまわりました(笑)。

 

さて、明日はS足学園音大の卒業式です。

今年の卒業生が入学したのは、

先ほどのお話のへきるちゃんのマンスリーライブが始まったのと同じく、2015年です。

入学の時に、4年後の卒業の事なんて、誰も想像がつかなかったことと思います。

どんな顔をして、どんな気持ちで卒業するのかなんて、未来過ぎて、ね。

でも、来るんですよね、ちゃんとその日が。

僕も、明日卒業する皆が入学して、最初の週の授業から受け持っておりますので、感慨深いものがあります。

とかく、光陰矢のごとし。

僕自身も大学を出てから、もう28年も経ったとは。

それすらも、あっという間でございますからね(笑)。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は、3月12日のへきるちゃん、そして、まだ3日後ですがプロデューサーT氏のお誕生日のお祝いもあったライブでございました。

いやはや、楽しかったです

お客様のはけたライブ後に、お店のグランドピアノで僕がピアノを弾いて、T氏がへきるちゃんの持ち歌を3曲程歌うという、大変にレアな余興(?)もございました。

さてさて、僕の脚本による小芝居も、いかがだったでしょうか(笑)。

個人的には、JAKEさんの”水を得た”熱演(笑)、そして、さすがプロのへきるちゃんの最高の演技で、自分が書いた本以上に素晴らしい出来栄えだったと思っております。

過去最高に長い小芝居だったとのことですが(すみません)、楽しんで頂けておりましたら幸いです

 

先月のへきるちゃんの本番以来、久しぶりにお酒を飲みました。

でも、たまに飲むお酒も、とっても美味しいです。

ただ、よくまわります(笑)。

 

さてさて、また来月のライブもございます。

皆さまどうぞよろしくお願い致します。

おやすみなさいませー

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近、本当に野菜を食べるようになりましたが(いわゆる「ベジ・ファースト」ね)、

同時に、できるだけたんぱく質を摂るように心がけています。

一番は牛乳、そして、チーズもサラダにだーっとかけて。

勿論、いろんなものから摂れますが、さらに、食べごたえも抜群なのがステーキでございます(笑)。

いくらでも食べられるサラダバーもありまして(わーい)、以前に比べ、ステーキ屋さんには、本当によく行くようになりました。

お肉は腹持ちも良いので、一日あたりの食事量を考えますと、食べ過ぎにもなりにくいのですよ。

……とはいえ、「ステーキ・ダイエット」なる言葉までありますが、これでは

「毎日一回はステーキ」「週に3~4回はステーキ」

とか。

さすがにこれは(笑)!

 

毎日、ステーキ

 

なんとなく、言葉の響きとしては、憧れるような(笑)。

まずは、

 

朝ご飯、ステーキ

 

からチャレンジでしょうかね。

 

でも、エネルギッシュな感じがして、悪くないですね(笑)。

やっぱり、いいんだ、お肉は。

 

さて、明日はへきるちゃんのマンスリーライブ本番でございます。

なんといっても、今回は、僕の脚本によります小芝居がございます。

勿論、主役は音楽ですからね。しっかり頑張りますが・・・小芝居、ちょっと心配(笑)。

その後の演奏に使うエネルギーを残しておかないと、なのです。

本番でヒートアップしたら、ある意味、すんごいエネルギーを消費しそうな脚本なんですよ(笑)。

 

・・・しちゃいそうだなー(笑)。

 

それでは明日も、どうぞよろしくお願い致します

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




リアランプ、リハーサルの前にディーラーに行きまして、修理をしてもらいました。

「ここ、手、入らなくて難しいですよね?」

と聞きましたら、

「あ、そうでございますか。私は、大丈夫でしたが」

とのことで、なんだ、僕の手の大きさの問題なのか、という(笑)。

ともあれ、これで、安心して乗れます。

・・・で、修理が思ったよりも速く済みましたので、

実はもう一つ気になっていたことを解決してまいりました。

 

ドライブレコーダー。

皆さん、付けておられますでしょうか?

 

誰しも、事故などは起こしたくも、巻き込まれたくもございません。

ですが、毎日、沢山の事故が起きているのも事実で、貰い事故というのもございます。。。

前の家は、立体駐車場だったので、クルマを出すのに時間がかかっておりまして、それがとっても億劫だったのですよ。ですので、機材を動かす時など、どうしても時以外はできるだけクルマは使わずに電車を使っていたのでした。

それが、昨年の引っ越し以降は、本当に足として、毎日クルマに乗る生活になりました。

便利、快適、でございます。

(本が読めないのが残念ですが、代わりに、ラジオから新しい音楽や情報を聴くことができますので、これはまあ、相殺ですかね。)

 

ですが、やはりそうなりますと、心配なのですよね、万が一、のことが。

ですので、付けよう、つけよう、と思っておりましたこちらを、今日、思い立って、付けてきたのでした。

自分にとってもね、常に撮影されているだし、いつでもどこでも、ちゃんとルールを守って、正しいマナーで運転をするのだ、という戒めにもなりますよね。「慣れてるし、ま、いっか」で、事故を起こすことだって、沢山あるわけですから。万が一なんて、そんなものですものね。

 

あと、面白いところや素敵なところを走ったら、その記録を思い出の映像データとして残して置ける、というのも楽しいですよね。

付けた理由には、これも半分くらいあるかもしれません(笑)。

 

・・・まあ、放っておくとどんどん上書きされちゃうので、ちゃんとやらないと、結局、帰ってきたらいつもと同じ近所の映像ですが、なんてことになりそうですけどね(笑)。

 

安全第一、でございますね

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午前中にはS足学園音大で、学生に混じってのリハーサルでした。

みんなでワイワイと、その場で演奏しながらアレンジを決めていく作業は、バンド形態ならでは。

コンピューターに向かって作業しているのとはまた違った、とってもフィジカルな楽しみがあります

どっちも楽しいですけどね!

 

午後は緑ちゃん倶楽部のレッスンがございましたが、今日はなんだかやけにお腹が空く日でした。

朝も、お昼もちゃんと食べたのですが、夕方からも何度もお腹が空きまして。

レッスンの合間には、こちらで小腹満たしを。

 

一本じゃ満足できなかったんですけどね(笑)。

今日なんて、これプラス、カロリーメイト食べちゃいましたもの。

 

・・・いろいろ、買ってあるんです。こんな時の為に(笑)。

 

明日は、へきるちゃんの土曜日のライブに向けた、最終リハでございます。

その前には、ちょっとクルマ屋さんへ。

 

リアのランプが一つ切れましてね。

ディーラーに電話して「もしかしてこれ、自分でも交換できますかね?」って訊いたら、

「そうですねえ、おできになると思いますよ」

というので、今日やってみたら、

できなかった(笑)。

 

いや、どうやって手を突っ込むのか、わからないんですよ。

ということで、結局ディーラーに行くことになったのでした。

・・・結構自信満々で、パコパコと開けるだけ開けて、・・・あとちょっとで、挫折ですよ。

ざんねん

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は天気が良かったですね。

このところ、(僕にしては)早起きをしておりまして、今日も6時過ぎには起きました。で、ちょっと外を散歩したりして。

・・・あ、ト〇をとって、どうしても早起きしてしまうというのではありませんよ(笑)。

この4月から、大学の授業の関係で、週に一回は6時起きをしなくてはならない日ができることもあり、

どうせなら、他の日も含めて、できるだけ習慣化してしまった方が楽だろうと思いまして、今、練習をしているのです。

早寝できないと、当然、眠いですけどね・・・(笑)。

 

今日はへきるちゃんのリハーサルその2でございましたが、

リハーサルがお昼からだったので、午前中に4月からの学校の事務仕事を致しまして(この時期は、シラバス作成というのがあるのですよ)、

それから、あまりに外が気持ちよさそうでしたので、ちょっと走りに行ってまいりました

 

そうなんですよ、このところ、ちょいちょい走っているのですよ、この僕が(笑)。

健康的-。信じらんなーい(笑)。

軽~いジョギングで30分程ですが、でも、いい感じで汗だくになれますし、なんといってもその後シャワーを浴びますと、めちゃめちゃ気持ちがいいのです。時間があれば、40~45分くらい走ることもあります。

そもそも、三か月前は、ゆっくりでも5分もまともに走れなかったと思いますので、比べたら随分よくなりましたよ。

 

でもね。週に何度も、毎回30分以上走るなんて、中学生の頃、部活をやっていた頃でもちゃんとやっていたか怪しいですから、へたしたら、人生初かもです。〇0歳にして(笑)。

 

4月からは学校が始まりますので、あまり時間が取れないかもです。

となれば、やはり、・・・朝でしょうか

えー。そこまでやりますかねえ。どうでしょうねえ(笑)。

まあ、健康には良さそうですが、さてさて

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8年前の7月12日~14日、

ボーカルのトミヤちゃん、ベースのゴローちゃんと三人で、陸前高田を目指しました。

音楽を届けつつ、また、出来るボランティアも行うという旅でした。

震災から四か月の、暑い夏の日。

一生忘れることのない光景を、この目で見ました。

そして、写真では伝わりにくいものですが、爪痕が生々しく残る町で、空気を感じ、匂いを嗅ぎ、音を、聞きました。



この頃の記事を、いくつか。

 

「出発前夜。」

「着きました。」

「夕陽。」

「さよなら陸前高田。」


以下は、帰宅後にまとめたものです。写真も大きいです。

(生々しい、ショッキングな写真もあります。ご注意の上ご覧ください。)

「一日目。東京から、陸前高田、大船渡へ。」

「二日目。宿周辺~町へ。」

「二日目。ボランティアセンターから保育所。」

「錆びた鉄から、希望の木へ。」

「破壊者。」

「線路は続くよ。」

「新たな日々へ。」


現地の新聞にも載せて頂いたのでした。

「新聞に。」


なによりも思い出深いのは、「新たな日々へ」。という記事で書きました、商工会議所でのライブでの、下記のくだりです。

---------------------------------

こちらでも、本当に貴重な体験をさせていただきました。

今回の旅では、どこのライブもそうですが、普通にコンサート会場などで演奏をしている限り、体験しえない体験をさせて頂きました。

 

ライブ後、こちらで働く方に、「最初にピアノが鳴った瞬間ね、もう涙がでちゃって。そして、歌が聞こえてきて、また涙。」

なぜか、というお話もして下さいました。

「あれからね、ずーっと頑張ってきたのね。『私、頑張ってるなあ』って自分でもわかるくらい、本当に皆で頑張って、毎日、毎日過ごしてたのよね」

「そして今日、あれから初めて、音楽を聴いたの。そしたら、もう、バーッと涙が溢れてきちゃって」

「『ああ、私は、こうやって、音楽を聴いていいんだ。楽しんでも、いいんだ』って思えたら、ものすごく泣けてきちゃって」

こう仰ったのです。

---------------------------------

音楽なんて、食べ物にも着る物にもならない。生活に無くたって、別に困るものではない・・・と、あの環境下では、特に思わざるをえず、

だから、音楽で僕たちに出来ることなんて、ただただ、余計な迷惑をかけに来たのでは、歓迎なんてされるわけがないのでは・・・、と皆、言葉には出さずとも、どこかで不安がずっとあったと思うのです。


でも、この方の言葉を聞いて、本当に、心から安堵したのでした。立っている力が、抜けるくらいに。

勿論、それ以外にも音を楽しんで下さった皆様のお顔を見て、こんな状況であっても、もしかしたら、こんな状況だからこそ、音楽にも居場所はある、と思ったのでした。


あの時、復興には50年かかる。

そんな言葉が聞こえてきました。

8年経って、どうでしょう。まだ不便な避難生活を強いられている方も、沢山おられます。

事故を起こした原発の事後処理、そして廃炉問題も、当初の見通しから遥かに遅れ、その費用もどんどん大きくなっているようです。

大変なことが起きたものです。


間もなく元号が変わりますが、地球は、それとは関係なくずっと活動をしているわけです。

大きな地震が来る確率は、という怖い試算も、いつも言われています。

日本という国は、そういう国なんですよね。


でも、でも。

だからこそ。

頑張りましょう。


まだまだ、これからも。

ずっと。


元気で!


ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は夜から雨という予報が

その前に、ちょっと外へ出たのですが(ジョギング!僕が!(笑))、

すでに黒っぽい雲が、不穏な感じに上がってきておりました。

 

いえね、これ、動物、というか、怪獣のように見えませんか

左側が顔向きの、いわば、ドラゴン的な。

ちょっと口を開けていて、目もあるように見えませんでしょうか。

思わず、おー、と思って、急いでカメラを取りにクルマに戻ったのでした

 

昔は、雲を見て、〇〇みたい!などと楽しんだものですが、

もう、何十年もそんなことは思ったこともありません。

夏の入道雲はやっぱり迫力が凄いので時々見とれてしまいますが、

あとは、飛行機雲と、なんとなくウロコ雲みたいなのが見えたときに

「まさか、・・・地震雲じゃないよね」

とドキドキするくらい。

 

雲の変わりゆく形を楽しむなんて、ついぞ無くなってしまいました。

 

・・・が、今日は、なんとなく

「あれっ!?」

っと。

DRAGON ドラゴン

ファンタジー系ですね。すごいCGなようでう。

こういうのも、観ないこともないのですが、やはり50歳にもなると(笑)、

ドラゴン・タトゥーの女

こっちかな。これは、あのブラッドピットの「セブン」デヴィット・フィンチャー監督、主演のリスベット役にルーニー・マーラ、そして、007シリーズののダニエル・クレイグ版。

 

原作が大ヒット作だったこの映画には、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」という以前の三部作があって、こちらではスウェーデンの女優ノオミ・ラパスがリスベット役を演じて、大変話題になりました。

ノオミ・ラパスは、コリン・ファレル主演の「デッドマン・ダウン」で、交通事故で顔に酷い傷跡を負ったヒロインを演じていましたが、この役でのノオミ・ラパスの影のある演技は「さすが、ミレニアムのリスベット!」と思わせる名演でした。コリンファレルもかっこよかったですし、面白かったです。ただ、悪役が、僕の好きなテレンス・ハワード(ピアノも弾くのです)で、彼は、こちらでは何度もご紹介させて頂いております、大好きな「クラッシュ」「Ray」などでの演技が印象的で、どうしても、僕の中では、最後まで悪役になってくれませんでした、という。めちゃめちゃ悪い役なんですけどねえ。

 

あと、ちょっと気になる

焼肉ドラゴン

日本映画も、良いですよね。

 

でも、もしかしたら、一番有名なドラゴンといえば・・・、

ドラゴンボール超ブロリー

・・・かもしれませんね(笑)。

ただ、僕は、世代的には、どちらかと言いますと

ネバーエンディングストーリー

なんですが、これは、・・・ドラゴンじゃないですね(笑)。

 

では、今日の雲もファルコーン!ってことで(笑)。

そう思うと、かわいく見えてきたりして

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この季節ならではの、空の色が見れるような気がして、ついつい、空に向けてシャッターを切ることがあります。

乾燥した寒い季節ならではの、この空気感は、やはり嫌いではありません。

 

この写真、実は、今年の元日の朝なんです。

と言いましたら、なんとなくそうも見えるような気がしますが、

昨日の夕方です。

 

自分の目というのも、いい加減なものだなと思います。

好きだとか言っておきながら、三か月もずれてても、分からないのかもしれないのですから(笑)。

しかも、朝夕すらも違っていたり。

 

あるあるのイタズラで、高いウイスキーの空ボトルに安いウイスキーを入れて友人に飲ませたら

「うめえ!やっぱり、高いウイスキーは違うな」

と言ったとかね。

僕も騙されるクチですよ(笑)。

 

ただ、音楽はそうとはいかないところもあって、

もう、25年位前になりますが、部屋を掃除していたら高校1年の時に初めて組んだバンドのリハのテープが出てきたので、

当時、ある友人ミュージシャンに

「ねえ、これ、最近流行ってるバンドなんだけど、どうかね」

と聴かせたら、

「えー?ウソだろ?こんなへったくそなのが?絶対ないね。こりゃドアマチュアの音だぞ(笑)」

と(笑)。

 

勿論、冗談で聴かせたんですよ、あまりにヘタだったので、おかしくて(笑)。

くだらないことやってごめんよ(笑)。

 

バンドは、やっぱり完成するのに時間がかかりますよね。

何度も何度も、練習して、カタチになるのですね。

 

地球は、変なことを言うようですが、そういう意味では、毎日毎日、何億年も繰り返してますからね。

当たり前ですが、もう毎日、完璧ですよね。

 

自然現象にアマチュア時代ってのはないですけどね。

ただ、いつも完璧ってすごいな、って思いましてー

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は椎名へきるちゃんのリハーサルその1でございました

曲は勿論、ちゃんとがんばりましたが、

なんといっても

今回の、・・・初めての僕の台本ですよ(笑)。

 

マンスリーライブでは、いつからでしょうか、およそ毎回、へきるちゃん、ギターのJAKEさん、そして僕の三人で小芝居をやることになっているのですが、

勿論、へきるちゃんはプロの声優さんですからね、めちゃくちゃ巧いわけですよ。

いざそのモードに入ったら、もう何を喋っても、目を瞑れば、アニメの絵が、動画が浮かんできます(プロ、まじすげー、です)。

そして勿論、僕とJAKEさんは、素人です(笑)。

 

しかし、毎回へきるちゃんからは、ちゃんと演技指導が入るのです。

「そこのセリフは、これこれ、こういう気持ちで」

「このセリフは、もっと遠くから呼びかけるような感じで」

「そこは、もっと冷静に、クールな感じで」

「この〇〇〇という言葉は、流れちゃわないように、ゆっくり、強調して言って下さい」

などなど。

見本もしっかり見せて(聞かせて?)くれるのですが、これがまあ、

「それが出来たら、プロだ!」

というようなものでして、すごいんですよ。でも、コツも教えてくれるので、毎回、勉強させて頂いているわけです(笑)。

(本当に、勉強になります。おかげさまで、絵本とか読むのは、上手になったかも。いつか紙芝居屋さんでもやろうかな(笑))。

そんな感じで、いつもは、キャラ設定の確認、本読み、そして、練習、ダメだし、練習、ダメだし・・・で、計5~6回以上は繰り返しやって本番当日になるのです。

 

が。

 

今回は僕の台本です。全6ページという、これまでの台本の中でも長い部類に入ります。

(・・・まあ、僕ですからね(笑)。緑ちゃん倶楽部のメルマガなんて、原稿用紙ウン十枚ですからね(笑)。)

 

事前に

「今回の座長はケン坊だからね」

と言われたのですが、

結果、今日、一度やってみまして

 

 

一発OK(笑)。

 

僕「はい、OKです」

JAKEさん「おー、できたできた!」

 

なんと、へきるちゃんまでもが

「これは・・・もう、本番までやらない方がいいかもね(笑)」

と(笑)。

 

すごい!約2年に渡る小芝居史上、こんなこと、一度もありませんでした(笑)。

 

へきるちゃんのデビュー時からのPAのKさんも「おれ、これ好き(笑)」と喜んで頂き、

やはり、へきるちゃんの25年来のマネージャーさんにも「ケン坊さん、さすがです(笑)」と言われ(笑われ?)ました。

そして、後ろを見れば、新人ローディの女の子が「なんすかこれ。お腹痛い(笑)」と、身体を真っ二つに折って、大笑いしてくれておりました。

へきるちゃんも、「なんで二人とも、そんなに生き生き演じてるわけ(笑)?」と。

 

さあ、一体、どんな内容でしょうか。

 

勿論、へきるちゃんも大活躍してくれるのですが、

台本を書いた身としましては、

「おー、プロが喋ってくれると、こうなるのか!」

と、内心、これは真面目に、ちょっと感動の連続でもありました

 

・・・乞うご期待です。色々な意味で(笑)。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は、随分と冷たい雨が降りました

(ヒョウまで降ったところもあったようですね)

勿論、乾燥した日が続きましたので、湿り気もありがたく感じますが、

マフラーとか手袋とか、もう使わないかなと思っていたのにー、でした。

でも、桜が咲いてから雪が降ったこともありましたものね。まだまだ、油断できませんね。

 

さて、今日は緑ちゃん倶楽部の合間に、S足学園音大にリハをしにいってまいりました。

S足学園音大は、1月31日のライブ試験以来、まる一カ月ぶり以上でした。

が、やあ久しぶりの学校・・・という感じになるのかなと思いましたら、全然(笑)。

変わらず毎週来ているような感じでございました。

普段の頻度からしたら、懐かしむには、数年くらい空いてなきゃかもですね(笑)。

 

お陰様で、リハは順調に進みまして、無事に終了。

ロック&ポップス科ですが、なんとまあジャジーなテイストの楽曲でございました(笑)。

でも、やっぱり、ミュージシャンで集まって音を出すのは楽しいですね

あとは、来週にも別な学生バンドでのリハがございます。こちらも楽しみです

 

っと、その前に、明日は、椎名へきるちゃんの3月のライブに向けたリハーサルその1があるのです。

今回はですね、

・・・なんとまあ、

 

恒例になっている小芝居の台本を、

 

・・・

 

僕が書く、という事になっておりまして(笑)。

 

がんばります(笑)。

ええ、ご期待(?)に添えられるようなものを、書きましょうかね。

せっかくですからね。

 

って、

・・・どうかなどうかなー(笑)。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ