「家」 @ 鎌倉七里ガ浜 + 時々八ヶ岳

湘南七里ガ浜(七里ヶ浜とも)に住む夫婦の生活。その食べ物、犬、酒、クルマ、家。ただその生活をダラダラと書きとめるブログ。

鎌倉七里ガ浜腰痛部に入会(?)

2018-10-22 16:27:32 | いろいろ
今までになんども腰痛になったことがある。

しかしいずれも短期間に終わった。

大好きなFM横浜の番組FUTURESCAPEで、腰痛部(黄色い四角の部分)なんて言ってるのを聴いて、腰痛が続く人って気の毒だなーなんて思ってた。



でも今回は私もひどい腰痛になった。

歩くのも立ってるのも辛い。まっすぐは立てず、すぐ座り込みそうになる。



普段なら馬鹿にしてたようなサポーターがどんなに役に立つかを知った。



これ、すごいね。

今回ひどい腰痛になってわかった、普段からどれだけ腰や背中に力が加わっているかが。



サポーターが腰を助けてくれてすごく楽になるが、それによって腰が支えられると今度はそのすぐ上の背中に力が入り、背中が疲れる。



あれこれ痛み止めのんで、それでも治らず。



湿布も貼る。



さらに我が街のあかり整体院へ。



お世話になります、先生。

鎌倉市七里ガ浜東のあかり整体院のウェブサイトはこちら: https://www.akari-seitai.jp/

先生の施術と、自宅のストレッチを繰り返してずいぶん回復してきた。

腰が崩壊してから10日ほど経った。

まだ完全復活には遠い。時間がかかるなあ。
コメント (23)

奥様は江戸の表参道と明治神宮前の中間あたりにお出かけで、ドガティ君と私はお留守番@鎌倉七里ガ浜

2018-10-06 00:00:27 | いろいろ
私はたまに軽い口内炎に悩まされる。

めったにないが、年に1度くらいかな。

いつも舌の裏側だ。

舌の裏側という非常にそれをしにくいところにこの軟膏を塗るのである。



寝る直前にだ。

朝起床すると、舌の裏側が軟膏でぬるぬるべたべたして気持ち悪い。

長年の習慣で、休日も朝早くから目が覚めてしまう。



パディントン・ステーション・クロックによれば4:26am。

まだ外は真っ暗だ。

シナトラのAUTUMN IN NEW YORK♪



もう2018年もかなりの後半戦の後半戦。早いよねぇ。

前日にはAmazonから荷物がひとつ届いていた。



マキタの芝生バリカン。ちょっと刃幅が広めのやつ。



前のは酷使され、刃がだめになってきたからね。



これで今年最後の芝刈りをやらないといかん。

本日もKEEP CALM そしてCARRY ONしましょう。



こんなマグカップもあるよ。



カップに書かれたBARRY'S TEAとは私がいつも飲んでるアイルランドの紅茶。

安くておいしいこれ(↓)ね。



5:30amになったらドガティ君の散歩に出動。

*******************************

ドガティ君の散歩から戻ったら人間の朝ごはん、そしてドガティ君の朝ごはん。

ゴミ捨て。

奥様のおでかけは9:45amなので、その前に芝刈り。



一部ダメだ。



ほらね。



近いうちに、元英国大使館ヘッドガーデナー(濱野義弘さん)に修復のワザを教えてもらうことになっている。

あ、これもやらなきゃね。



クルマが後退する時に鳴るセンサーが壊れたみたいなのだ。

それを直すことを竹脇モーター(鎌倉市由比ガ浜)に依頼したが、その作業は数日後に開始。

ところがドガティ君の海遊びにつきあって、車内が砂だらけになっている。

だから竹脇モーターにゆく前に車内フロアを掃除。



クルマも12年も乗っているといろいろ変なことが起こるね。

さて、バリカン。



でもそれはあとにして、まずは一番大変な芝刈り。



秋とは言え、暑い暑い。



隅っこはバリカンで作業しないといけないんだが、今はそれをしている時間がない。



そこは放置。

いったんこれで終わりましょう。



革靴。私のだ。



妻が干してくれている。

左のはL.L.Beanだよ。学生みたいでしょ。



もともと紳士靴としては安いが、それをセールで購入。さらにすりへって底を張り替えること2回。

妻がなぜか底を張り替えることを強く薦める。というか勝手に張り替えてくれている。

底が減った靴を私が履くのがいやらしい。

では出発。



JR鎌倉駅JRまで妻を送る。

今日は昔のお友達とランチだそうだ。

表参道と明治神宮前の間あたりにあるお店に久しぶりに集まるらしい。



稲村ケ崎あたりで国道134号線は鎌倉方面に向かい大渋滞中。

そこで極楽寺坂を抜け、長谷寺前から由比ガ浜商店街方面へ。

下馬交差点から若宮大路そしてJR鎌倉駅へ。

妻を下ろして、いつもの東急ストアの駐車場へクルマを停める。

日本の中心(?)若宮大路。



JR鎌倉駅へ。

この日は長嶋市会議員が駅前でボランティア・ガイド中。

しばらくお話する。

さらに駅前の松林堂書店へ。



東急ストアに寄ってから、駐車場に戻る。

いつもうまそうだなぁと思う、J.S.バーガーズ。



ん? ステーキ??



あら、同じJ.S.のステーキのお店があるのね?

行ってみたいな。



帰りはまた渋滞。動かない。



帰宅。



芝をちょっと片づける。



東急で買った菊水ひやおろし。



夜に冷たくしてのもう。

さらにお出かけ。いやーー、朝4時過ぎからよく動く日だ。



スタスタと南へ。



西友の脇道を抜ける。



また来ちまった。AWANOUTA。



まだ開店前。

お店の奥様、店の前を掃除中。



それを見守るお店のワンコ。



AWANOUTAオリジナルTシャツ。絶賛発売中。



赤いの、あなたもどうですか?



生ビール。



こちらおつまみ。



うまいチャーシュー。

七里BLACK(黒醤油のうまいラーメン)の特別限定バージョンでDE BLACK。



チャーシュー盛り盛りの盛り。

すごいよ。

どう、うまそうでしょ。



とろとろなチャーシュー。

うますぎ違反だよ。

しかもこのお店、無化調にこだわるんだよ。

麺は全粒粉のおそろしくしっかりした麺。



麺がうまいんだ。

おぉ~最後のチャーシュー。



この日は辛いつけ麺もあったらしい。



さて帰りましょう。



しかしちょっと暑いな。食べすぎで苦しいな。

電柱と電線がなければどれだけわかりやすい景色でしょう(↓)。



帰ったらドガティ君が待っていた。



「おとーさん、遅いよ」

ちょっと怒ってる?

おとーさんの休憩が終了。

おとーさんはチューハイの缶をつぶす。



「おとーさん、毎度ごくろうだね」



結構、これ楽しいんですよ。



ぺったんこになるからね。

そろそろ散歩に行こうか。



おかーさんはもうちょっとしたら帰って来るけど、暗くなる前に出発!

「おとーさん、庭の芝生きれいに刈ったね」



散歩に出た。



途中でボール発見。

七里ヶ浜に出る。

おぉ~波が荒いな。



かなりのもんだよ。



「ボクは湘南ボーイ」



「でも波は怖い」

「だから砂で遊ぶ」



波で遊ぶ子供たちがちらほら。



そろそろ帰ろうか。



パシフィック・ドライブインのところで地下トンネルに。



そこから丘の上の住宅街に帰りましょう。

抵抗するドガティ君。

「坂道きらいです。疲れます」



あんた、犬だろ。

散歩喜びなさいよ。

このお宅の植栽好きです。



長い1日でした。

朝4時台からだもんね。
コメント (12)

ほんのわずかな期間だけの国民健康保険が必要 / 崎陽軒の中華弁当 / 信州的に塩イカの酢の物

2018-09-06 13:03:01 | いろいろ
先月後半のわずかな期間、「無職」状態が続いた。

8月の途中で退職、新たな職場は9月から始まったのだ。

わずか何日かの期間だが、国民健康保険に入ろうと思った。

それでお出かけ。



印鑑持って、マイカード持って、退職証明書も。

朝9時前の国道13号線は渋滞。動きゃしない。

海がかなり荒れている。



しらす漁船も陸に上げてある。



鎌倉市役所に行くついでに、あちこち立ち寄り。



スルガ銀行さん、がんばってね。

シェアハウス融資問題。もう目途はつきましたか?

でもなんかそれ以外の問題がどんどん出てきたな。

この松、好きだわぁ~。



おんめさまの前の松。



MUFGにも立ち寄り。



少し前、「三菱東京UFJ銀行」という名前から「東京」がなくなった時、銀行名を書いた大きな看板が消え、壁に小さく書かれたものだけになった。

品がいいわ。

横浜銀行鎌倉支店。ここは以前アパートを建てた時、お金を借りたことがある。

お金はいくらでも貸してくれるのでアパートなんて誰でも建てられる。

だけど問題はその後だ。私はうまく終了。でも面倒が多いわりには、たいして儲からなかったですね。



ここはいつも、店の前にあるクスの木がアクセント。

この木は鳥が巣をつくる。

朝、鳥たピーチクパーチクかなりのボリュームで鳴いている。

みずほ銀行の鎌倉駅内ATM。



外国からの観光客の皆さんの外貨の円転にも対応。

湘南信用金庫へも立ち寄り。



地味。でもなんとなく親しみがある。

メガの一角、みずほ銀行。DKB、FUJI、IBJ。今やなんだかったはわからないが。



そこに寄ったら。次は市役所前交差点。



紀ノ国屋の前と言ったほうが通りがいい。

すると移転問題で揺れる鎌倉市役所が。



テレビでも取り上げられている市役所移転問題。

あんまり軽く動いちゃいかん。よく意見を聞いて、考えて。

国民健康保険に加入する手続きのため、やってきた。



国民健康保険に加入する手続きを終えたら、自動的に国民年金の手続きに誘導された。

これも8月だけは自分で払い込まないと。

おそらくどっちもギョッ!とするくらいの金額なんだろな。

サラリーマンやっていると普段意識しないが、自分で100%振り込むとなるとみんな驚くことになる。



協翼?  あまり注目されない作品。



横浜銀行はわかるが、スルガ銀行も。



静岡の銀行が鎌倉市役所にATMを構える。たいしたもんだ。

ダンデライオン前を通過。甘い香り。。。



小町通りを抜ける。市内を自由自在。



こちらにも立ち寄り。三井住友銀行鎌倉支店。



昔、旧住友銀行は駅前の旧三菱銀行鎌倉支店(先に登場した三菱UFJ銀行鎌倉支店)がうらやましくて仕方がなかったらしい。

西の雄とは言え住友銀行は、関東では遅れてやって来た者。

当時旧三菱銀行のドル箱だった鎌倉支店の周囲で、住友銀行は支店用地を探したが得られず。

なんてことを旧住友銀行の幹部の方から聞いたことがある。

それからかなりの年数が経ち、支店で円預金を受けることなんて、銀行にとってやや苦痛な業務になった時代。

そんな時代の三井住友銀行になって鎌倉支店は誕生。



ATMが2台、両替機が1台しかない、かわいいATMコーナー。



若宮大路は様々なお店が入れ替わる。



私も何か起業したいなあ。

例えば、鎌倉旅行株式会社。独自の視点から鎌倉をご案内する、不思議な旅行会社。

鎌倉市内の金融機関を順番に見て顧客層の違いを見るとか、

今村製麺と邦栄堂製麺を訪問してその違い感じるとか、

観光客があまり来ない寺の細部ばかり見るとか。

儲かりそうもないね。



名門、豊島屋さん前をとおり、駅前の松林堂書店へ。



店長さんとご挨拶。

ネット上でお知り合いの藤田みどりさん(北鎌倉・長野県の塩田平に在住、「北鎌倉のお庭の台所」の著者)が、お書きになった文章が鎌倉ペンクラブに掲載されているそうなので、それを購入。

駐車場に停めたクルマの中は暑すぎる。



そのまま大町を東へ向かい、逗子市との境近くの邦栄堂製麺へ。



麺を2玉購入。



一番手ごわい麺で、平太。

小坪トンネルでUターンして七里に戻ろう。



稲村ケ崎は大渋滞。動きませんの。



これが松林堂書店で購入した鎌倉ペンクラブN0.19。



お昼にはもう時間がない。

妻には柿の葉寿司とまい泉のカツサンド。



私は崎陽軒の炒飯弁当。



ちゃんとシウマイも入っているよ。



日本一の焼き鳥にも立ち寄った。



スパイシーなひざ軟骨のから揚げ。



焼き鳥たちもね。



こちらは信州人が愛して止まない塩イカ。



これを最もポピュラーな食べ方、酢の物にする。

作るのは妻。わたしは撮影だけ。



5時間ほど塩抜き。

キャベツとキュウリ。ゴマにシソとミョウガ。酢と醤油は使い人だけね。



どんどん和える。



信州は善光寺前の八幡屋礒五郎のゆず七味。



うまいんだよ、これ。



天狗の枝豆。おいしいよね。



あなたもどうですか?

信州人の好きな塩イカ。



私は関西人だけどね。
コメント (14)

会社を辞めたら立派なフラワーアレンジメントがもらえたので自宅に飾りましょ@鎌倉七里ガ浜

2018-08-14 07:24:12 | いろいろ
勤めている会社を辞めることにした。

「昨年その会社に入ったばかりじゃなかったっけ?」と言う、記憶の良い人もいるかもしれない。

そうなのだが、私にはその会社が合わない。会社のやっていることが理解できない。



話は変わる。

一般的に、それぞれの会社が抱く目標は様々である。異なっていても構わない。

しかし最低限必要とされる目標は、まずはその会社が利益を出すことだろう。

それが出来ない会社に意味はない。

というのは、それが出来なければ、その会社は長く存続することが不可能だからだ。

それが出来なければ、取引先や善意の従業員や株主にも迷惑をかける。

しかし実際には、それに逆行することがあちこちの会社で行われる。

私自身も過去に何度も例を見てきた。

会社全体に多少でも余裕があって、かつ一部の人々に利己的な目的がある場合に、それが起こる。

全体としては損益を悪化させながら、「何か意味あることをやっているふりをすること」が何年も続くのだ。



業績を良くするために即効性があり本来必要なのは・・・その会社の製品そのものあるいはそれに係るサービス、製品を説明することに係る従業員の能力あるいはそのための資料の水準。そういったものの改善である。

ところがそうした本来業務の地道な改善は一番難しいことだ。経営者や幹部自身に、それについてのアイデアがないことも多い。

それゆえしばしばその一番重要で難しいことが放置される。

一方会社全体に多少でも余裕があると、いろいろ理由付けが行われ、対内的対外的に派手に映るアクションが増えてしまう。

顧客への接待、形式的外交的な往訪、パーティーやセミナーの開催、あまり直接的効果のない従業員教育(資格取得への補助金やトレーニングの実施)、事業の買収、販促のための景品などがそれだ。

これらのことに見事なまでに共通するのが、会社がカネを出せば簡単に実施できるということだ。

加えてこれらは、部下は上司に、支社長は本社に、会社は株主に対して「これと、あれと、それをやりました!」と報告しやすいことだ。

一方、地道な営業活動や製品その他サービスの改善が一番重要なのだが、それらは他者に説明してもなかなかわかってもらえないものである。そもそもそうした地道な改善をできる能力を持つ者が少なく、マネジメント自身にそれについてアイデアがないという現実もある。



したがって、会社がカネを出せば実施が容易で、あまり役には立たないが、とにかく目立って「何かやってる感のあること」「何かやっているふりをすること」が続きがちになる。

それらは実施後、費用対効果が検証されることはまずなく、何度も繰り返されてしまう。

そして収益以上のペースでしばらくは支出が増えてゆく。

上のチャートのように永遠に儲からない図式だ。害悪ですらある。

典型的なパーキンソンの第二法則(=収益に見合うところまで支出は増える)である。



もともとあまり良くないビジネス状況なのに、どうでもいいことに時間とカネが費やされ、肝心なことから時間が奪われ、収益以上のペースで支出が増えること(つまりますます悪化する)が何年も続くのである。

「会社はどうあってもいい。とりあえず自分の仕事や収入が確保されればいい」そんな考え方もあるが、できればそんな仕事は避けたいでしょう?

ピーター・ドラッカーは優先順位をつけるのは簡単だと言う。「まずあれをやりましょう、次にこれをやりましょう、その次にそれをやって・・・」という具合だ。

その調子で「何かやってる感のあること」「何かやっているふりをすること」は簡単なのだ。

費用対効果を検証もせず、カネを使うことを繰り返せばよいだけだ。もしそのカネがあるならの話だが、だれでも出来るマネジメントである。



ドラッカーは、難しいのは優先順位ではなく、劣後順位をつけることだと言う。

つまり「すでに稼働中のこれはストップしましょう、できれば計画中のこれも止めておきましょう、できればこれも・・・」と主張することだ。

これはとても勇気の要ることである。ネガティブに聞こえるし、その主張にある「止めるべきこと」に係っている社内の人からその仕事を奪うことにもなる。さらに自分の失敗や非力を認めることにすら繋がるからだ。

しかしドラッカーが言うように「成果をあげる(=利益を出す)人は最も重要なことから始め、同時に他のことはやらない」のである。

******************************************************

話が長くなってしまった。

最初の画像、あるいはここから下の画像は、勤務年数ならぬ勤務月数がわずかな私に同僚から送られたフラワーアレンジメントだ。

このブログでいつも出て来る「妻の作品」ではない。

同僚ってありがたいものだ。

ずいぶん立派なアレンジメントである。

高いんでしょうね。どうもありがとう。



これ(↓)は紫陽花の一種らしい。めずらしいね。



私は会社を辞めようと思っただけで、再就職しようとは思わなかった。

無国籍料理屋台で起業しようかとも思った(ウソ)が、それは無理。

まじめな話、しばらく休憩するかな。。。なんて思っていた。

でも退職届を出した直後に、「だったら我々と一緒に働かないか?」という、奇特な会社が現れた。



話を聞いてみると、かなり面白そう。

すでに業績をあげている、ごく少数の人からなる会社だ。

そこでひとつの新たな分野をつくることにチャレンジするが、そういうのが楽しいことは過去何度か経験している。



さてどうなりますか?

ちなみにその会社は、あの六本木ヒルズにある。



そうなのだ、私もあの「ヒルズ族」なのだ。

ボルボなんて問題外、ポルシェなんて乗ったら格落ちだ。

最低でもフェラーリ、できればランボルギニくらいに乗らないといけないだろう。

それが出来ない場合、トヨタのセンチュリーの恐ろしく古いのに乗るなんて手もあるらしい(笑)。

むしろそれで人に尊敬されるらしいよ。

また、七里ガ浜なんて住んではいられない。ヒルズの脇のレジデンス棟に住まなければならないでしょう。

犬はドーベルマンを最低でも2頭、できれば4頭飼わないといけないだろうし。

ジャック・ラッセル・テリアではないだろうね。



「ドキッ! えぇーーー!おとーさん、そうなの?」

・・・しかしそれらは全部とってももったいないことなのであぁ~る。

だからわれら夫婦はドガティ君とこれからも七里ガ浜に住みましょう。

雨。



急に質素な話題に切り替わるが、これは西友七里ヶ浜店のオリジナルシイタケ。



形や大きさはふぞろいで不細工だが、とにかく安い。

でもねえ、切っちゃえば同じことさ。



どう見ても同じ。



ごま油に片栗粉。



蕎麦粉だけの蕎麦。これ、おいしいですよ。



片栗粉でとろみをつけ、ごま油で香りをつけてみた。



ボクも食べたいです、とドガティ君。



これがその蕎麦。



はい、出来上がり。

質素なシイタケ蕎麦。とろみとごま油がきいて、少しだけ腹持ちがいい。



六本木ヒルズの雰囲気ではないが。。。
コメント (24)

腰が崩壊したので七里ガ浜東にあるあかり整体院へ

2018-06-21 19:39:18 | いろいろ
先日のこと。いつもように出張だ。

でもこの時はあまりに重い資料、そして着替えなどなど。



重いほど、カバンの厚みがあるほど体が曲がる。

腰から下にものすごい力が入る。

筋肉が切れそう。

・・・で、名古屋市内で腰が崩壊。まっすぐ立てなくなった。

労災だぜ、まったく。

新幹線でウンウン言いながら移動して大阪市内へ移動。

大阪市内で整体院へ。

元阪神タイガースのトレーナーが経営しているという。



そんな状態なのに、ちゃんとその整体院を撮影しているところがすごいでしょ。

なんとかなって、大阪で仕事してから鎌倉に帰った。

数日後、わが住宅街を歩く。



紫陽花を見ながらね。



どんどん南へ。



かわいらしい紫陽花多数。



七里の小学校へ通じる坂を下りる。



楠の木が街路樹のこの通り。



長い坂道。



途中の家々を見ながらね。



結構高低差がある我が街。



カシワバ紫陽花もね。



もうちょっとだ? ところでどこへ行く?



ここさ。



あかり整体院。



予約済みさ。

腰をなおしてください。



最初に質問。

そして背中から腰、尻、太もも、ふくらはぎ、全身ねじる、伸ばす。



先生はこの住宅街でお育ちになったそうで、この住宅街の歴史をよくご存じだった。

入ってから1時間とすこし。

あぁ~~、いい気持ち。



心なしか、姿勢がよくなったみたいな。



帰りましょう。



ダルちゃんが覗いてます。



でもまだ帰らない。

クルマに乗る。



これはどこの駐車場?



深沢の相鉄ローゼン。

丸源のラーメンが食べたい。



でも時間はない。



今日はクーポン5倍デー。混んでます。



私はまずは鎌倉小野歯科へ。

あちこちチェックするだけで、あとは歯垢をとって終わり。



そのあと大量に相鉄ローゼンで買い物。



西友に比べたら高いわぁ~。

かなりの雨です。



時間がないから、買ってきて並べるだけの食事。



簡単、簡単。



あわただしい午前中だった。

鎌倉市七里ガ浜東のあかり整体院のウェブサイトはこちら: https://www.akari-seitai.jp/
コメント (16)

人間ドックで横浜へ行って、帰り道で鎌倉の秀吉(焼き鳥店)で路上ランチ

2018-06-14 00:00:33 | いろいろ
人間ドックの前日は黒酢をがぶがぶ飲む。

前日に限らない。1週間くらい前から飲む。

酢が尿酸値を下げると聞いているから。でもそれって、本当だろうか?



人間ドック当日の朝。

「あ、おとーさん、出かけようとしてるでしょ」



本日はボブ・ディランをお楽しみくださいね。



珍しいでしょ。いい歌で始まりますよ。

おでかけ、おでかけ、横浜へ。



ガクアジサイ見ながら、おでかけ、おでかけ。



緑のプロムナードを南下。



アジサイが見事です。



しかし横浜まで人間ドック行くのはたいへんだな。

こんな景色のいいところに住んでいるのだから「私は健康だ!」と感じてしまうのだが、冷静に考えると景色と健康はあまり関係がない。



空もキレイだよ。



こんな時は人間ドックなんて止めて、鎌倉市内で遊ぶべきだと思う。



でも気分を切り替え、自分をチェックしに行きましょう。



これ、かわいいよね。いつも見とれる。



空ばかり見ていてこけそうになった。気を付けないと。



江ノ電の線路。七里ヶ浜駅の近く。



電柱が邪魔だが、真正面に見えるのは大島。



江ノ電七里ヶ浜駅の私の好きな年季の入った木のベンチ。



江ノ電到着。これは藤沢行き。



鎌倉行きを待たないと。

鎌倉行きが来たので乗る。

14分後に鎌倉駅に到着。



親子ガエルが置いてある。なにかとゆるゆるした雰囲気の江ノ電。



すごい人だよ。朝だからね、学生がいっぱい。



JR鎌倉駅ホーム。



東京方向行きの電車が乗客をいっぱい乗せて発車する(左側)。

久里浜方向行きの電車が着いて、人がドドッと降りて来る(右側)。

普段私が東京に行く時間帯より2時間以上遅いので、かなりの混雑。

横浜駅に着いた。



東口の地下に降りる。



崎陽軒本店の地下入口前を通過。



地上に出る。正面の高い建物が本日の目的地。



ローソンで鶏から。うらやましい。



旨そうだよねー。

人間ドックだから、昨日夕飯を早めに食べて以降、何も食ってないし、飲んでない。

だからとてつもないレベルの空腹。



はらへったなぁー。

こちらが人間ドック入口。



あれやってこれやって。

長い検査。

のち診断。

「γGTPや中性脂肪が高い」といつもの指摘。

「晩ごはん食べてから寝るまで時間が短いですか?」などと普通の指摘・質問。

でもどうしようもないんだもん。

家遠いし、六本木で仕事があるし、朝早いし、夜遅いし。

あぁ~終わった、終わった。



腹減ったなあ。

横浜駅の駅ビルで、昨日夕方以来のメシ食うか。。。



つまらなさそうなので、横須賀線で鎌倉に帰ることにする。



横須賀線が来た。ガラガラの横須賀線に乗り込む。



鎌倉駅到着。

鎌倉駅のエスカレーターは横須賀線の柄模様。



小町通りへ向かいましょう。



修学旅行生だらけだ。



歩きにくい。

ラーメンひら乃は有名です。



でも通り過ぎる。小町通りを北上。



曲がるとまたひら乃。こちらは焼き鳥。夕方開店。



若宮大路に向かう。



この松、面白いよねえ。過去に途中で折れたりしたのか?



パタゴニア前通過。



レンバイ前だ。その向こうに用事がある。



ここさ。秀吉。



焼き鳥店だよ。

昼間は外に置いてあるいくつか椅子に座って食べる。路上ランチだ。



まずはこれから。人間ドックは終了したのだ。いくらでも飲める。



持ち込み禁止。まあ、常識的なところだろう。



焼き鳥をあれこれ注文した。



画像で真ん中に見えるのが手羽先。結構豪華な肉だよ。これは塩味。



歩道が傾斜していて、テーブルも傾斜していて、ビールを入れたグラスも傾斜している。



隣りは大新。中華料理店だ。



焼き鳥はファストフード。さっさと食う。



ビールも飲み切ったさ。



崎陽軒でシウマイ買って帰ろう。



あぁ〜終わった終わった。

年に一度の人間ドックというイベント。
コメント (18)

お友達がやって来た@鎌倉七里ガ浜(2) さんざん食べたあとは七里ヶ浜で遊ぼう

2018-05-15 05:54:35 | いろいろ
前回の話の続きだ。

ごちそうさまでしたぁ~、とスペイン居酒屋morimoriを出る。



よく食ったなぁ~。

海へ遊びに行こう! お子ちゃま2人連れて。楽しいぞ。

サザンの音楽をどうぞ♪



「よいしょ、よいしょ」と妻が慣れないバギーを操作している。



「久しぶりに孫が遊びに来たばあばの気分だわ♪」

なぁ~んて呟きながらバギーを押す妻(子供はバギーの中に入っていない)。



奥様、ばあば役がなかなかサマになってますよ(笑)



トンビが急降下。観光客の食べ物を狙っている。



「ぴぃーひょろろろぉ~♪ おれたちキャンディーよりハンバーガーが好き」なんて言ってるのかね?



この日は天気も良くて暖かく、風もおだやか。海辺の散歩は最高。



トンビは結構積極的に迫ってくる。

食べ物を持っていなければ大丈夫。

でも食べ物っぽく見える袋なんかを持っていると狙われるよ。



お子ちゃま2人は海で遊ぶつもり。

お子ちゃまの着替えまでちゃんと持ってる用意周到なおかあさん。



6歳のおにいちゃんは海へ向かう。最初はちょっとおそるおそる。



気を付けなよ、いきなり波が来るからね。



かなり気温高め。日差しはまぶしいくらい。

さっきマオウ(スペインのビール)3杯飲んだばかりだけど、また飲みたいねえ。



パシフィック・ドライブインに行くとカールスバーグがあるんだけどなあ。

あとで飲もうかな。

・・・なんて考えながら江の島を見ている私。

「おい、ボクよ、いきなり波が来るんだじょぉ~、気を付けないといけないじょぉ~」



なんて言ってたら本当に波が来て、お子ちゃまだけじゃなく、私もジーンズの先10cmくらいまでを濡らしてしまった。



いったんズボンを濡らしてしまったお子ちゃまはもうなんでもあり。ジャブジャブやってる。



好きにしてちょうだい。

着替えがあるらしいから、遊べるだけ遊ぼう。

ヨットがたくさん。江の島沖は気持ちよさそうだ。



波と戦う男の子。



拾った棒で波を叩くという単純極まりない遊びなのだが、飽きないらしい。



ずっとこれをやっている。

「えいっ!えいっ!」と叫び、波を叩く。

もうボトボトだ。



雄たけびをあげ、徹底的に波と戦おう。



私は近くで妹ちゃん2歳を、だっこしていた。

その子がまたかわいいんだ。

そうしたらお兄ちゃんに続き、妹ちゃんも波との戦いに加わりそうな雰囲気になった。



おかあさんが妹に波の触り方を指導中。



でも妹は最後まで波は触れず。

七里ヶ浜らしい風景。



お兄ちゃんと波は講和条約を締結し、そろそろ帰る準備。

ボトボトのお子ちゃまたちはお着替え。

この日は七里ヶ浜名物のフリマの日。



いつものことだが、休日の江ノ電は鎌倉行きも藤沢行きも混雑を極めそうだ。

荷物をいっぱいぶら下げてバギーも持ち、おまけにおこちゃま2人もいるので、おかあさんは江ノ電に乗り込むことを断念。

タクシーを呼ぶことに。

セブンイレブン七里ヶ浜店前でお別れだ。



また来てねー!

母プラスお子ちゃま2人はタクシーで帰った。ばいばぁ~い!



もう一方の2人組(夫婦)は江ノ電で江の島・藤沢方面へ移動することになった。

妻はドガティ君の留守番タイムの限界が来るのでちょっと先に自宅へ戻った。

本日のイベントは終了。

私はひとり、徒歩で自宅に戻る。

前の職場のみなさんも元気そうで安心したな。



フリマも3時過ぎると順番にお片付けだ。



海のそばのフリマ。臨時店舗はクルマ1台に積んだ商品を引っ張り出して並べただけなので、片づけるのも早い。



閉店、閉店。



パシフィック・ドライブインでカールスバーグを飲むという誘惑をたちきり、自宅へ向かう。



鎌倉プリンスホテル横のあまりにまっすぐな坂道を上る。



不思議なご縁だな。

前職で一緒に働いた人のご主人だったり、お子さんだったり。

直接的には今日初めて会う人たち。

そんな人たちと一緒にごはんを食べる、飲む。楽しいもんだ。



七里ガ浜住宅地に差し掛かった。ここからは平たんだ。



珊瑚礁本店が混み始めるのは夕方。まだちょっと早い。



これで帰ってしばらくしたら、ドガティ君の夕方の散歩だな。

ドガティ君も運動したりしながら、1時間から1時間半くらいは散歩する。



今日はよくからだを動かす日だ。



手前がおしゃれな草花を売るお店。奥は有名になったパシフィック・ベーカリー。



今日はお子ちゃまと親しむ日? やたら子供が目に付く。



まもなく自宅です。



こちらがお客様から頂いたおみやげ。

美丈夫。土佐の酒だ。



こちらも土佐のもの。



クッキー。



ありがたやありがたや。

さっそくいただきましょう。皆さん、拙宅にまたいつでも来てね。
コメント (20)

お友達がやって来た@鎌倉七里ガ浜(1)拙宅で再会を喜び、その後スペイン居酒屋morimoriで食べて飲む

2018-05-13 18:19:35 | いろいろ
昨日の朝。



朝からちょっと緊張。

お友達がやって来ることになっていたから。

気分はスペイン。こちら(↓)をどうぞ♪



あとで近場のスペインに行くから。

庭の緑が濃くなってきている。



そういう季節なんだね。

張ったばかりの芝生だが、うまく育ってくれるかな?



あっ、何これ。



靴ひもの先がなくなっている。両方とも。

あんだだろ!

「ギョッ!」 



「ボク、知りませんよ」



こんなことするの、あんたしかいないよ。

「知りませんってば」

「そんなにボクを疑うのですか?」



そりゃそうです。あんたしかいないから。

「ボクは、気分を害しました」

下の画像で階段に設けられた汚い段ボールは、ドガティ君が2階に上がらないようにするためのバリケード。



下の画像のソファ。布をかぶせてあるのも、座面の上にいろんなものがあるのも、全部ドガティ君対策。



こんな状態の部屋にお客様を迎えるのもなんだかなー。でもまあいいや。

退屈な犬を庭に出す。



門扉下部に張られた網もドガティ君対策。



なんと、ドガティ君はこの門扉をくぐり抜けてしまえることが発覚。

それで奥様が得意の工作で急遽網を張り付けた。



八ヶ岳山麓から持ち帰った白っぽいラベンダー。



無事根付いたようだ。

匂いますね、くんくん。



平和ですねえ。



でもそろそろお客様が来るよ。



以前勤めていた会社でたいへんお世話になった女性2名。

そのうちの1人はご主人を連れてくる。

もう1人の女性は「怪獣(ご本人の弁)2匹」を連れてくるという。6歳の男の子と2歳の女の子だ。

ということでお客様は成人3名。おこちゃま2名の合計5名。



普段静かな家が急ににぎやかになる。

喜ばしいことだ。

キレイなウルフアイ。でも塩を含んだ雨に弱く、長くキレイだったことはない。葉が茶色くなるのだ。



あ、そろそろ時間です。



お客様続々到着。

我々夫婦を含み大人5人。

さらに怪獣2匹の登場でにぎやかに。小さい方は2歳だからね。あとで海に遊びに行こうね。



おとなしくお茶を飲みお菓子をつまむ。

しばらく懇談。

循環バスに乗って海の方へ降りて、最後はみなさん江ノ電でお帰り(の予定)。



しかしその前にランチ。

スペイン居酒屋morimoriへ。キッズ用のメニューもあるよ。



何食べましょう?



なぜか見ていてワクワクする店内。



シコイワシのマリネや、ポテトのサラダ。ニンニクが効いててうまい。



上の画像で左端に見えるのがマオウ(スペインのビール)の生。

店長さん、生ハム切り出し中。



みんなで食おう!



マオウ2杯目。



タコにジャガイモ。子供ウケする食べ物。



マッシュルーム焼き。これもうまい。ニンニクが強い。肉が詰まっている。



お子ちゃま専用プレート。2歳のお子ちゃまもモリモリお食事中。



宇和島(愛媛)の生ガキ。店長さんは広島の出身。西の方から食材がやって来ることがある。



マオウの黒。酔ってきたなあ。



シラスのパエリヤ。



海のパエリヤさ。



腹いっぱいになった。ご飯終了。

店長さん、ごちそうさまでした。

皆さん、遊びに行きましょう。



ここから海はすぐだよ。



【つづく】
コメント (25)

2018年の年賀状を作成する@鎌倉七里ガ浜

2017-12-30 10:02:11 | いろいろ
年賀状を準備しないといけない。

PCでMS Word開いてがんばる。

全体の配置やデザインは決定。しかし文章はなんとすればいいんでしょう?



「お元気ですか?今年はどんな年になるのでしょう?」なんて意味のことを書き出しにしようと思った(↑)。

しかしそれはちょっとへんだ。

あれこれ試行錯誤した。

やがて文章が完成した。

さらに問題がひとつ。

今年はプリンターを買い替えたばかり。



よくわからないので、テストしてみよう。

こちらがテスト用紙だ。向きをチェックしているところ。



わかった。

簡単だった。

そういえば、今年は喪中のお知らせをたくさん受け取ったなあ。

かつては喪中というと、自分の知人の両親のどちらかが亡くなったというのが多かった。

ところが最近は、自分が若かった頃にたいへんお世話になった先輩方が亡くなる。

自分も歳をとったということだ。

では本格的に印刷開始。



従来から使っていた安いインクジェット・プリンターよりは印刷が早いが、オフィス用のレーザー・プリンターよりは遅い。

かなり遅いな。



できました。



我が家で印刷する年賀状の枚数は最近どんどん減って、最近では80枚。それでも余るくらいだ。

消えてゆく年賀状。

だってFacebookの方がつながってる感があるもんねえ。
コメント (10)

雨の日の静かで退屈な過ごし方@鎌倉七里ガ浜

2017-10-22 05:54:39 | いろいろ
朝から雨。

グスタヴォ・ドゥダメルの指揮。



南米らしい演奏を、エスタンシア♪から。



youtubeで、お楽しみ下さいね。



日々の生活は音楽とともに。

とても楽しい演奏だ。

国民性や文化が音楽に表れ、オーケストラ団員やその演奏にも表れる。

雨がよく降ります。



お出かけ。

鎌倉中心部へ。

ガソリン使って。



若宮大路だ。

下馬交差点近く、JR横須賀線が交差するあたりは海抜が低いんだねえ。



さらに南下。

ちょっと前に健康診断を受けたクリニックへ診断結果を聞きに行く。



どうせ、「中性脂肪とか肝機能がダメよ」なんて言われるに決まっている。

15年以上前からそうだ。

でもねえ。そう言われてもねえ。

ご近所の多くの男性より、おそろしく元気だ。

ドアが邪魔(↓)。とにかく下馬交差点にあるKFビル。



健康診断の結果を書いた書面をドクターが書いておられる。

それを待っているところ。



そしてまた鎌万の横を通り抜けて、若宮大路を北上。



鎌倉駅前に達する。

そこで用事を済ませる。

メガバンクに順番にご挨拶。



母の関連、私の関連。面倒だわ。

鎌倉駅前を通過。



狭い範囲で暮らしているよね。

松林堂書店前も通過。



しかしその直後、松林堂書店の店主さんと遭遇。

最近妙に頻繁に店主さんとお会いする。

そうしてゆうちょ銀行へ行く。郵便局でも用事があるし。



若宮大路も秋を感じさせるね。



東急ストアへ。



買い物をするのだ。

しかも午前中忙しかったから、ランチを購入する。

つくらなくていいものを。買って並べれば食べられるものを買うのだ。

これ(↓)なんかがその典型。



何を買ったかご存知?

最小単位のシウマイだ。崎陽軒のね。

ポケット・シウマイという。わずか6個。妻と半分分けして3個。私の中性脂肪に悪影響はあるだろうか?



自宅に戻る。

そして開けてみる。

おいしそうでしょ。神奈川県民にとって「県民食」ともいえる崎陽軒のシウマイ。



今すぐ少しでもいいから食べたい!

なんて強いそうな神奈川県民のための、ポケット・シウマイだ。

ポケットに入れて歩こう。

いつでも食べられるよ。

これ、どぉ? うまそうでしょ???



豚ヒレ肉から揚げの甘辛煮弁当。ニンニクの芽もついてる。

たまらんわぁ~。

さらに肉じゃが。



そして胡瓜の中華漬物。なんておいしい。そして安い。



もう一回、豚ヒレ肉から揚げの甘辛煮を見せましょう。どうだぁ???



うまそうでしょ?

雨の日はあまりに退屈なので、家の中でグズグズ。

これ、ご存知ですか?

1987年。

つまり30年前のミシュラン。大英帝国のガイドですよ。



私が英国に住んでいた1987年のミシュラン。

でもこのミシュランは、たまたま私がフランスに行った時に購入したもの。

そしてその頃にはまだユーロっていう通貨は存在しない。

だから「57.60」っていう数字が表す価格はフレンチ・フラン建て。



ミシュランって、こんなものだったのよぉ~。

「京都の和食店がミシュランで☆3つ!!」なんて時代になってから「ミシュラン」を知る若い人たちには別世界かも。



でもね、そんなもんだったのです。

別世界。

おぉ~、ヒマな雨の日。



茶々之介氏も「ヒマだ」と言っている。



犬も人間もヒマな雨の日。

ちょっと前に庭に肥料でも撒いておけば、今頃庭土に肥料がしみ込んでいただろうに。。。

いまだにアイリッシュ・セターに関しては、立派なガイドブックが日本にはない。

茶々之介氏は2004年に我が家にやって来たのだが、これは、その頃に購入した英国の本。



茶々之介氏と一緒に、この家に引っ越してきてもう10年。

早いもんだ。



私は伏見の酒、玉乃光を飲みながらあれこれ作業中。



だるまって買ったことありますか?

私にも夢がある。これは購入した当初から右目が黒く塗られていた。



夢が叶ったら、左目も黒く塗りましょうね。

左右どちらの目を先に塗るかんついては、諸説ある。

どちらでもよいのだろう。

私はアメリカ人にダルマを贈ったことがある。

そのアメリカ人はダルマを喜び、オフィスの自室にさっそく飾った。

これがそのアメリカ人が私に送信して来た画像である。



マンハッタンの巨大ビルの高層階に置かれたダルマ。

そのアメリカ人の夢もかなうといいね。
コメント (10)