カープな毎日

カープファンのひとりごと。

オスカルがプロ初勝利

2016年03月27日 22時30分23秒 | 試合結果
DeNA 000 012 000 3
広島 000 003 21X 6
勝利投手:オスカル1勝
敗戦投手:須田1敗
セーブ:中崎2S
本塁打:[DeNA]戸柱1号、筒香1号


 福井は毎回のように走者を背負いましたが、粘り強い投球で得点を与えませんでした。初回の2死2塁は牽制で走者を刺し、2回の2死2塁では柴田を三振に斬ってピンチを脱しました。更に3回にはエルドレッドの落球と死球で1死1,2塁のピンチを迎えましたが、荒波を三振に、ロペスはエルドレッドの好捕により得点を許しませんでした。
 4回は初めて三者凡退に抑えて、調子に乗るかと思われましたが、5回に戸柱にプロ初本塁打を献上して先制を許すと、6回には筒香に2点本塁打を浴びて追加点を奪われてしまいました。

 打線は、石田に対して初回に安打と四球などで1死1,2塁の先制機を作りましたが、ルナとエルドレッドが凡退して無得点に終わると、2回から5回まで無安打に封じられてしまいました。
 しかし6回に1死からルナが2塁打を放って、石田をマウンドから引きずり降ろすと、代わった長田から連続死四球を選んで満塁として、天谷が押し出し四球を奪って1点を返しました。更に會澤が2点適時打を放って同点に追いつきました。

 7回は2番手としてオスカルが登板すると、1死2塁から代打宮崎の当たりを田中と菊池の見事な連係プレーで併殺に斬って無失点に抑えると、その裏には菊池と丸の連打で無死1,3塁として、ルナの三ゴロの間に1点を奪い、更にエルドレッドのエンタイトル2塁打で追加点を挙げてリードを奪いました。
 8回には新人の西川が代打で出場して3塁打を放つと、田中の適時打でリードを3点に広げました。

 8回からはジャクソンが登板し、1安打無失点に抑えると、9回は中崎が1安打無失点に抑えて、逆転勝ちしました。2番手として1回を無失点に抑えたオスカルがプロ初勝利を挙げました。これで開幕カードは2勝1敗となり、勝ち越しに成功しました。


 今日も序盤は打線が沈黙してしまい、初回の1死1,2塁を逃すと、その後は6回まで石田に1安打に封じられて、全く攻略できない状態が続きました。6回にルナが2塁打で出塁したことで、石田から長田に交代しましたが、この采配により助けられて、制球に苦しむ長田から3連続四死球と會澤の適時打で同点に追いつきました。これで打線が目覚めて7回と8回にそれぞれ得点を挙げてリードを奪いました。
 この3試合を見ていると、好投する先発からは得点を奪えず、2番手以降の投手を攻めて得点を挙げています。リリーフが不安定であったことから良かったですが、強固なリリーフ陣を要するチームなら、そのまま負けていたかもしれません。
 好投手であっても得点を奪えるようにならないと、これからも苦しい戦いが続くかもしれませんね。

 
  
 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 痛い逆転負け »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (てつ)
2016-03-28 05:08:41
ナゴヤドームでは序盤に先制点が欲しいですね~

コメントを投稿

試合結果」カテゴリの最新記事