卍の城物語

弘前・津軽地方の美味しいお店と素晴らしい温泉を紹介するブログです

手打そば 会心

2014-12-31 12:24:54 | 蕎麦・うどん
今年も当ブログをご愛顧下さり誠にありがとうございました。
今年前半は体調崩してしまったので、来年は健康第一で過ごしたいなと思います。
というわけで、よいお年を~。ま、どうでもいい話。





先日こちらの「会心」に行ってきました。


場所は青森市三本木の県道44号線からみちのく有料道路方面へ県道47号線に曲がるとすぐ左手にあります。



こちらは1989年創業の蕎麦屋ですが、2009年に店主夫妻の病気療養の為に一度閉店し、2013年に再開しました。



店内へは玄関でまず靴を脱いで入ります。


座席はテーブル席6人掛けが3ヶ所と、座敷席4人掛けが3ヶ所あります。

店内BGMはクラシックが流れていました。


50代の夫婦とおばちゃん1人の3人でやってます。

店主は山梨の蕎麦の名店「翁」で修業されています。



蕎麦メニュー
「ざるそば(700円)」「田舎そば(700円)」「つけとろろそば(800円)」「おろしそば(800円)」「かも汁そば(900円)」「天ざるそば(1200円)」「あなご天ざるそば(1400円)」

「かけそば(700円)」「釜揚げそば(700円)」「とろろそば(800円)」「鴨なんそば(1100円)」「天ぷらそば(1200円)」「穴子天そば(1400円)」

各種、中盛り150円増し、大盛り300円増し、おかわりそば500円増し。

各種、田舎そばに変更可。

各種、天ぷら付きに可(500円増し)


その他、一品料理、甘味、アルコールなどあります。


お土産用そばもあります。



今回は「天ざるそば」を注文しました。1200円也。

ざる、つゆ、薬味、天ぷら、天つゆとなってます。


ざるです。

中細の二八蕎麦です。
微かに緑色を帯びています。

つゆは濃いめで、とにかく量が少なくて足りなかった。

薬味はねぎ、わさび。
天ぷらにおろしも付いてました。


海苔は缶に入れられて出され、掛け放題です。


天ぷらです。

海老3尾、さつま芋、茄子です。
小振りな海老が3尾でした。

天つゆにはおろしと生姜が最初から入ってました。



蕎麦湯です。

濃いめのトロっとしたものです。



そんなわけでとても美味しかったです!




そしてまた再訪です。


13時半頃に訪れて入店したらすぐ奥さんに「蕎麦品切れで今から蕎麦打つので30分ほど掛かりますがいいですか?」と言われますも、時間が充分あったので待つことにしました。


本当は田舎蕎麦にして頼みたかったが、田舎蕎麦は品切れという事で普通の二八蕎麦での注文で。

30分も掛かってはないけど、だいぶ待って出されました。



今回は「かも汁そば」を注文しました。900円也。

別皿でゆず皮一片付き。


蕎麦は細めの二八蕎麦。

石臼挽き製粉の緑掛かった中細の二八蕎麦。
時間掛かって待った甲斐あって打ちたての蕎麦だったので、蕎麦の風味がしっかり感じられた。


つけ汁は濃いめですが、鴨の脂も出てコクがあります。

具は鴨スライス2枚と鴨つくね1ヶ、ねぎと椎茸。



蕎麦湯は同じくトロみが強くて好み。



そんなわけでとても美味しかったです!


温数年前から温泉にハマってみちのく有料道路を通る時に空き店舗だったのが気になってましたが、去年から再開して蕎麦屋だったのを最近知りまして、しかも人気店だったということで食べてみましたが、こだわりを感じられる納得のお美味しさでした。

夫婦とも病気療養で大変だったと思いますが、再開して美味しいをお蕎麦を提供してもらってありがたいですね。

次回は田舎蕎麦も食べてみたいですねー。


個人的オススメ度・☆☆☆☆


住所・青森市三本木字川崎17-5
電話・017-729-9550
営業時間・11:30~15:00
定休日・火曜日(祝祭日の場合は水曜日)
コメント (6)

浅虫温泉 椿館

2014-12-30 00:40:19 | 温泉(青森市)
年末恒例、県内の今年(去年辺りも含む)残念ながら廃業した温泉施設一覧。
「浅虫温泉双葉荘」「浅虫温泉ホテル萩乃」「婆娑羅温泉」「上十川温泉」「芦毛沢温泉」「温川温泉」「あめりかや旅館」「梅の湯」など。
実際は隣の秋田県だけどほぼ青森の温泉と認識してた「日景温泉」が一番ショックかも…。復活する話はどこへ…?
今年はまだ廃業が少ない気がするって思ってしまったが、ここ近年廃業多過ぎて感覚が麻痺してるな…。
景気もまだ悪い県内ですし事情は各々あるでしょうが、来年は廃業ゼロだったらいいなと素直に望みます。ま、どうでもいい話。





今日はこちらの「浅虫温泉」の「椿館」に行ってきました。


場所は浅虫温泉街のメインストリートの県道269号線沿いの南部屋旅館跡地の海扇閣の駐車場向かいに小路があるので右折し、200mほど道なりに進むと右手にあります。


こちらは浅虫温泉の中で一番古い歴史を持つ高級旅館です。

明治天皇が宿泊した事でも知られ、中でも棟方志巧が愛した旅館という事で館内には志巧の作品が数多く展示されています。


ロビーです。


今回は「じゃらん温泉パスポート」で半額利用させて頂きました。



浴場は内湯、露天風呂、寝風呂、打たせ湯とあります。



シャワー付きカランは10ヶ所ほどあります。
カランのお湯も温泉利用しているかも。


内湯は42度の20人強サイズ。

加水掛け流しのようです。


お湯は無色透明、微塩気、芒硝臭あり。


寝風呂は38度の4人サイズ。



打たせ湯は1本で35度。

ぬるめ浴槽としても使える。


露天岩風呂は41度の4人サイズ。

加水掛け流し。


露天の景色は狭くて良くはないが、椿館らしく椿の木が何本も生えてあります。



そんなわけで良い湯でした。

といっても立寄り時間があるので早めに上がらざるを得なかったけど。

しかも小さな子供連れの宿泊客がいて騒いでうんざりでしたが。


ちょっと料金高めだが、高級旅館ながら立寄り出来るだけありがたいですかね。

 

個人的オススメ度・☆☆☆


泉質・単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温・74.5度(加水あり)
効能・神経痛、筋肉痛、関節痛など

料金・700円
備品・ボディソープ、シャンプー、トリートメント、無料ドライヤーなど
施設・宿泊、日帰り、売店、宴会場、貸切風呂など

住所・青森市浅虫字内野14
電話・0120-8102-15
立寄時間・11:00~15:00
定休日・無休(繁忙期は日帰り不可)
コメント (6)

豪ーめん 弘前店 

2014-12-29 00:03:26 | ラーメン屋(弘前市)
年末恒例、当ブログに登場したものの今年(去年あたりも含む)残念ながら閉店した飲食店一覧。
ラーメン屋「恵美須」「徳家」「じょうもん家」「天」「心」「練屋」「満天」「みつる」「ろぜお」。
その他飲食店「うおけい」「とん平」「揚げ楽」「カトリーヌ」など…。
「天」は「ひろさき食堂」にコンセプト変更しただけで経営同じなのかは不明、「ろぜお」は店長が独立して「ぼーんず」に。
ちなみに当ブログでは飲食店はよく2日分で1つの記事を書いたりしてますが、それもあって1回訪れて保留にしておいてまた再訪したら記事にしようと思ってたら閉店してお蔵入り…というのも何回かあります。
お蔵入り記事の店はラーメン屋の「恵美須」と「徳家」、カレー屋の「カリマハラジャ」、唐揚げ屋の「天下一」です。
特にマハラジャは最近やっと真のカレーの美味しさを理解できる味覚になれたと思って再訪しようと思ったら店主急逝で閉店となり非常に残念でありました。
飲食店の経営も大変でしょうし、特にラーメン屋の入れ替わりは激しいですねー。経営者の方々頑張って下さい!ま、どうでもいい話。





先日こちらの「豪ーめん(GO MEN)」の弘前店に行ってきました。


場所は弘前市城東の国道7号線沿いのツタヤ弘前店やココスがある交差点を弘前駅方面へ曲がり、200mほど進むと交差点の角にあります。



こちらの豪ーめんは盛岡に本店を置き、岩手県内を中心にチェーン展開しているラーメン屋です。


いわゆる二郎インスパイア系の爆盛りラーメン屋です。


弘前店はオープンして2年ちょっとですかね。
今年の1月には青森店もオープンしています。



店内座席はカウンターが21席、テーブル席2人掛けが2ヶ所あります。



30代くらい男性が厨房に1人と、若い女子1人の2人体制でした。


券売機制です。
隣にはすべてのメニューの写真付きポップあり。

ラーメンメニュー
「醤油豪ーめん(760円)」「醤油豪ー麺豚入り(940円)」「醤油豪ーめん豚W(1090円)」「醤油辛豪ーめん(810円)」
「味噌豪ーめん(810円)」「味噌豪ー麺豚入り(990円)」「味噌豪ーめん豚W(1140円)」「味噌辛豪ーめん(860円)」
「女子醤油豪ー麺(620円)」「女子醤油辛豪豪ーめん(670円)」「女子味噌豪ーめん(670円)」「女子味噌辛豪ーめん(720円)」

「醤油つけめん(780円)」「醤油辛つけめん(830円)」「味噌つけめん(830円)」「味噌辛つけめん(880円)」

「玉ねぎ中華(670円)」「勝浦タンタン(810円)」

各種、大は100円増し(玉ねぎ中華のみ110円増し)。

各種トッピング「豚増し(180円)」「野菜増し(80円)」「玉ねぎ増し(80円)」「煮玉子(110円)」


サイドメニュー
「めし(160円)」「半めし(110円)」「ミニ豚めし(340円)」
「焼ギョーザ(280円)」



今回は「玉ねぎ中華」の大を注文しました。780円也。

スープは豚骨主体の出汁でしょう。
大量の玉ねぎの甘みがスープに滲み出ています。

麺は中太麺。
モチモチです。

具はチャーシュー、メンマ、海苔、煮卵、玉ねぎ。
チャーシューは厚めのバラを炙ったものでトロトロのが2枚。
メンマは極太でシャッキシャキ。
とにかく大量の玉ねぎがトッピングされていて正直玉ねぎ臭いが、それより玉ねぎの甘さが際立つ。


そんなわけで美味しかったです!

ずっと気になってた謎のラーメンの玉ねぎ中華ですが、なかなか面白い味でしたよ。

爆盛ラーメンが苦手な人でも玉ねぎ中華や勝浦坦々麺、つけ麺などもありますよ。
普通のラーメンはないけどねー。



そして暫くして再訪です。


食道炎になってからはずっと二郎系は避けてたのですが、特に問題なく何でも食べられるくらい回復したので久しぶりに食べてみるかなーって事で思い切って注文しました。

今回は「醤油豪ーめん」の中を注文しました。760円也。

食券を渡す際にニンニクの有無を訊かれので、今回はニンニク抜きにしてもらいました。


スープは豚骨主体の出汁です。
二郎系といっても結構スープはシャバシャバしてて、濃厚ではあるがこってり感は薄い。

麺は太縮れ麺です。
太くてコシがあるけど食べやすい麺である。

具はチャーシュー、もやし、キャベツ、小ねぎ、玉ねぎ。
厚めの炙りバラチャーシューは2枚あって食べ応えあり。


卓上調味料はラーメンタレ、ブラックペッパー、酢、ラー油、醤油あり。



そんなわけで美味しかったです!

久しぶりの豪ーめんですが、念の為に中盛にしましたがペロリと平らげちゃいました。


豪ーめんは増しなど無く、でも有料だと野菜増しは可能であるが、もやしで腹いっぱい食べたいとも思わなくなったので中盛りで丁度いいかな。

こってり感やくどさや脂っこさも控えめなのでとても食べやすかったです!
 

個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・弘前市城東中央5-1-1
電話・非公開
営業時間・11:00~15:30/17:00~21:30(土日祝日は11:00~21:30)
定休日・無休(年末年始休み)
コメント (2)

Pleurer Rire

2014-12-28 00:10:49 | スイーツ・お菓子店
マーズれい郎のレコード大賞2014!!
・最優秀シングル「こころとあたま」/チャットモンチー
・最優秀アルバム「日出処」/椎名林檎
・最優秀新人賞「パラレルスペック」/ゲスの極み乙女。
・最優秀海外シングル「SHAKE IT OFF」/TAYLOR SWIFT
・最優秀海外アルバム「SYRO」/APHEX TWIN
以上です。こんな感じでした。
チャットのハードロック感が復活したのは嬉しいし、椎名林檎のアルバムは傑作でしたし、ゲスは世間の評価通り。
バカ売れのテイラーちゃんだがアケスケな歌詞は結構好きなもんで、エイフェックスツインの新作何となく買ったが意外と良くてというかテクノを普通に聴ける耳になった自分が不思議。
来年こそはもっと現在の音楽を聴こう!と毎年言っている気がする。ま、どうでもいい話。





先日こちらの「Plrurer Rire(プルレ・リール)」に行ってきました。


場所は五所川原市広田の国道101号線沿いのJAごしょつがるの近くの交差点をエルム方面へ曲がって200mほど進むと左手にあります。
「吉幾三コレクションミュージアム」の向かい、コインランドリーの隣です。



こちらは2012年オープンのパティスリーです。


店名の「プルレ」はフランス語で「泣く」、「リール」は「笑う」という意味だそうです。


店内は白を基調としたシンプルなデザインで、ケーキのショーケースのすぐ後ろに仕切りも何もなくすぐキッチンがあるのはあまりにオープンすぎるキッチンで、お仕事が間近で覗けるのは安全性のアピールか自信の表れか、とにかくすごい近いです。


30代くらいのオーナーと、他にパティシエが3人いました。

あと学生バイトらし女子が店員してたが、不慣れなんだろうがもう少し教育してほしい接客でした。


真ん前のショーケースにケーキ類、ケースの上にシフォンケーキ、右の棚に焼き菓子がありました。



今回は「サジタリウス」 「プルレ」「ルレフルーレ」「濃厚シュークリーム」を購入しました。計1285円也。


サジタリウスです。

ビロード状にコーティングされたチョコレートの中は生チョコムースになっており、中心に何だかわからんフルーツが入ってた。


プルレです。

ベリージャムクリームのコーティングに、中はホワイトチョコムースのハート型のかわいいケーキ。
甘酸っぱさととろけるムースの食感が最高の看板にふさわしい商品。


ルレフルーレです。

カットしたフルーツロールケーキの上に更にフルーツをデコレーションしたフルーツ満載のロールケーキ!


濃厚シュークリームです。

一般的なやや固めの生地のカスタードシューでした。



そんなわけでとても美味しかったです!

全体的に仕事が丁寧でセンスもとても高いと思います。

巨大なシフォンケーキも売りのようで気になってるのだが、ホール売りしかやってないのでカット売りしてほしいところ。


訪れたのは23日だったが、クリスマスケーキを予約して受取に来てた人が多かったです。


個人的オススメ度・☆☆☆☆


住所・五所川原市広田字柳沼115-21
電話・0173-26-6762
営業時間・9:30~19:00
定休日・火曜日
コメント

緑屋

2014-12-27 00:07:02 | ラーメン屋(弘前市)
だいぶ前から見当違いの勘違いのキチガイのクレーマーのアラシが大量のコメント送ってきて困ってたが相手する筋合も無いので無視して淡々と削除してたが、最近また増えたどころか不正ログインの可能性があり、これはもう犯罪行為で見過ごせないのでgooと通信業者に送信元の調査依頼をし、判明次第警察に通報しようと思いますので覚悟しといてね。ま、どうでもいい話。





だいぶ前にこちらの「緑屋」に行ってきました。


場所は弘前市城東の国道102号線沿いのトヨタカローラやデイリーヤマザキのある交差点を小比内方面へ走らせる。
弘前年金事務所のある交差点を豊田方面へ左折し、50mほど川沿いに直進すると右手にあります。


駐車場は2軒隣の「コーポさんとし」というアパートに3台停められます。
店前に路駐は2台ほど可能で、川沿いにも路駐が定番だが冬場は不可能。



こちらは老舗のラーメン屋です。


店内はカウンターが5席、テーブル席2人掛けが1ヶ所と4人掛けが1ヶ所、小上がり席4人掛けが2ヶ所あります。

いつのまにかテーブル席が出来てました。


50代ほどの女性店主と、20代くらいの店主の娘さんの2人体制です。



ラーメンメニュー
「ラーメン(700円)」「手打ちラーメン(700円)」
「塩ラーメン(700円)」「手打ち塩ラーメン(700円)」
「みそラーメン(900円)」

各種、大盛り200円増し(手打ちの大盛りは不可)。

各種トッピング「チャーシュー(200円)」「メンマ(100円)」増し。


サイドメニュー
「チャーハン(550円)」「ライス(200円)」「おにぎり(150円)」
「ジュース各種(150円)」



今回は「手打ラーメン」を注文しました。650円也(値上げ前の訪店です)。


スープは煮干し、昆布、鶏ガラ豚骨などの出汁。
昆布と野菜の甘さが特徴的です。

麺は手打麺にしたので、平打ち細縮れ麺。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ。



そんなわけで美味しかったです!

3月頃に訪れたのですが、この時で650円に値上げしてて高くなったと思ったのだが…。




そして最近また再訪です。


今回は「手打塩ラーメン」とおにぎりを注文しました。計850円也。

スープの出汁は醤油ラーメンと同じですが、塩タレの方がすっきりで胡麻が降りかかってる。

麺は今回も手打にしました。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ。


おにぎりは梅干しと昆布から選べますが、梅干しにしましたよ。



そんなわけで美味しかったです!

ここのラーメンは昔から好きで美味しいけどボリュームが少ない。それは500円だった時代から変わらない。
なのに650円になった時でも高いなと思ったが、4月から更に値上げで700円はどう考えても高い。
消費税や原材料高騰によって値上げは仕方無いとは思うが、他店と比べると量・質を鑑みても高いです。

普通麺と手打麺が同料金になったが、手打だけ50円高かった時に戻して普通麺はもっと安く提供してほしいです。



個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・弘前市豊田1-1-2
電話・0172-27-0411
営業時間・11:00~16:00(L.O.)
定休日・水曜日
コメント (2)

アソベの森 いわき荘

2014-12-26 00:00:25 | 温泉(弘前市)
温泉記事サボってました。というか2週間振りに温泉行ったというね。休みなかったし大雪で行く気も失せてたもんで。さすがに半温泉ブログとしては問題なので久しぶりにアップしときます。
ところで今回「ぐるっと津軽湯めぐり手形」ってのを購入した。
これは津軽地方広域の16(15?)ヶ所で使えるもので、1200円で3ヶ所、半年の有効期限となっている。
施設は、いわき荘・山のホテル・ナクア白神・白神館・アップルランド・不二やホテル・花禅の庄・青荷・稲垣・サンルート・水軍の宿・グランメール・深浦観光ホテル・不老ふ死・ウェスパ(アオーネはもしかしら脱退したかも)と以上から。
単純計算で1施設400円なのでお得ではあるが、これらの施設は他の温泉本なんかで割引してたりするのでそっち使ったらこの手形はそれほど得ではないというね。
でも他の温泉本には登場しない施設もあるし、割引率を計算していかに安く入れるか考えて利用したいと思います。ま、どうでもいい話。





先日こちらの「アソベの森いわき荘」に行ってきました。


場所は岩木山の百沢地区の県道3号線から百沢スキー場へ向かう途中に右手にあります。



こちらは国民宿舎で、温泉もあって日帰りも気軽に利用できます。


安さとサービスの高さから大変人気がある宿泊施設です。
予約も早くからしておかないと取れないとか。


ちなみに「アソベ」とはアイヌ語で「火を噴く山」という意味で、岩木山が活火山だったのを物語っていますね。


外観は味気ないコンクリートの建物に見えるけど、中に入るとヒバなどの木材の使用率が非常に高く、木のぬくもりが感じられる造りです。



温泉へはフロントを素通りし、左手に見える売店のレジの奥の方に温泉の入り口があるのでそちらで受付します。


ちなみに今回は「ぐるっと津軽湯めぐり湯札」を直接購入し、すぐ使用しました。


大浴場はどうやら日替わりなのかな?男女入替制のようです。



大浴場も一部のタイル部分を除いては、浴槽、壁、梁とヒバをふんだんに使用している。

内湯と露天風呂、サウナと水風呂、上がり湯とあります。


シャワー付きカランは14ヶ所あります。


上がり湯です。

浴槽のお湯と違って濁ってなくて金気臭が強く、オレンジ色の湯華もあり。
湯温は35度だったしもしかしたら別源泉?それか加水源泉かは不明。



総ヒバ造り浴槽は42度の20人サイズ。

中央湯口から源泉掛け流しです。


お湯は鶯色、炭酸味と弱鉄味、微金気臭。


あれ!?ここって循環利用だったはずだが、いつのまに源泉掛け流しになっている!!
成分表見ても源泉掛け流しだし、湯使いをきちんと確認したが完全に源泉掛け流しで、以前の強烈消毒臭どころか塩素消毒もしていないようだ。


カルキ臭がしないが何か変な科学的な厭な匂いするから何だろうと匂いの元を探ってみたら、浴場の一部壁に最近塗ったであろうペンキの匂いであった。
改修したんだろうが浴場にペンキは如何なものか。せっかくの源泉の香りや、浴場のヒバの香りが台無しになって残念であった(時期が経てば薄まっていくであろうが)。



露天は内湯と繋がってなくて脱衣場からちょっと離れたところに歩いていくとあります。

屋根付きの半露天の岩風呂です。


岩風呂は41度の15人ほどのサイズ。

こちらも源泉掛け流しです。


成分表を見ると内湯と露天の源泉は違うのだが、泉質と湯温は同じで、しかし成分の量が各微妙に違っている。

内湯よりは鉄分や炭酸イオンが多いので匂いや味が微かに強いが、ほとんど内湯と同じ。



ヒバ造りの水風呂は12度の1人サイズ。



ちなみにサウナは95度の6人サイズ。



新館大浴場がまさかの源泉掛け流しになったのが驚きでじっくり堪能しました。

1時間ほどいましたが最初の30分は貸切状態だったので贅沢な時間を過ごせました。


当初の考えでは以前循環だった新館大浴場をさっと浸かって、本館ヒバ風呂でまったりしようと考えていたのだが、これだと本館ヒバ風呂に入る必要がなくなったので今回は大浴場で満足して帰る事にした。


本館ヒバ風呂はフロント過ぎて右手に曲がって進んで行くとあるのだが、久しぶりだったのでどこにあったっけなー?ってウロウロしてたらさすがに怪しい動きに思われてた感じだったので従業員に、さも初めて来ました感を丸出しに演じて(笑)案内してもらい、本館ヒバ風呂も「どんな感じか見てもいいですか?」と見学させてもらった。


本館ヒバ風呂は新館大浴場とは別料金(360円)となっています。


本館ヒバ風呂です。

浴槽が一つのみ(女湯?は浴槽が2ヶ所あるらしい)。

シャワー付きカランは3ヶ所あり。


浴槽は4人サイズ(湯温はさすがに計ってない)。

確か以前来た時には加水掛け流しだった気がする。
見学のみで成分表も見てないので何とも言えないが、微量の加水掛け流し、もしくは真冬は源泉掛け流ししてるかも。

従業員にも訊いたが源泉は新館大浴場と同じだそうです。



そんなわけでとても良い湯でした!!

岩木山周辺では最も湯使いが悪い事で知られていたいわき荘がまさかの源泉掛け流しに変わったのは嬉しい誤算!

もともと大浴場の造り自体は素晴らしかったのもあり、濃い源泉に変わったのだから極上の湯あみを出来る温泉となりましたよ!



個人的オススメ度・☆☆☆☆


泉質・ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
泉温・47.8度(源泉掛け流し)
効能・神経痛、筋肉痛、関節痛など

立寄料金・500円(本館ヒバ風呂は360円)
備品・シャンプー・リンス・ボディソープ、化粧水、整髪料、リターン式コインロッカー、無料ドライヤーなど
施設・宿泊、日帰り、食事処、大広間、売店など

住所・弘前市大字百沢字寺沢28-29
電話・0172-83-2215
立寄時間・7:00~16:00(本館は9:00~16:00)
定休日・無休
コメント (12)

でびっと@津軽ラーメン街道

2014-12-25 00:12:01 | ラーメン屋(期間限定出店)
来年流行るであろうトレンドワードに「サバ美―マン」ってのがあったので猫好きとしては興味津々のワードなのでどんな意味なんだろ!?と調べたら猫とは全く関係ないものであった…。
サバ美ーマンとは「周囲の多様な目を意識し職場で生き抜く(サバイバル)ために美活を行うサラリーマン」の意味との事。
はぁ!?「サバ美」って言ったら坂本美雨の飼い猫で、先日「猫の吸い方」って本まで出して坂本美雨に吸われてる美猫の「サバ美」に決まってんだろ!!紛らわしいネーミングしてんじゃねーよ!
そもそも社会人は身だしなみや周囲へのエチケットを気遣って当然だし、美活を男性に当てはめたところで強引だし本当に美を意識してたらオネェだろっていうか仕事出来ない人間が外見だけ完璧でも無意味という矛盾ね。
来年チラホラ使われたとしてもいずれ消える言葉でしょうね。
しかしサバ美は可愛いですわ。坂本美雨のファンでもないがサバ美目的でインスタグラムをフォローしております。ま、どうでもいい話。





先日エルムの津軽ラーメン街道の「でびっと」に行ってきました。


現在、津軽ラーメン街道10周年メモリアルフェスタ開催中でして、第4弾の一店としてでびっとは約1ヶ月間の期間限定で出店しています。



こちらの「でびっと」はその名の通り、タレントのデビット伊藤がオーナーのラーメン屋です。


オープンのきっかけは「とんねるずの生でダラダラいかせて」のコーナーの企画によるもので、そこから店舗を増やして現在はセカンドブランド店や海外店やFC店も併せると9店舗展開していて順調な経営で人気があるラーメン屋のようです。



ラーメンメニュー
「醤油とんこつ(700円)、味玉入り(850円)、チャーシューめん(900円)、全部入り(1000円)」
「正油らーめん(700円)、味玉入り(850円)、チャーシューめん(900円)、全部入り(1000円)」
「塩らーめん(700円)、味玉入り(850円)、チャーシューめん(900円)、全部入り(1000円)」

各種、替玉150円。

各種トッピング「味玉(150円)」「チャーシュー(200円)」増し。


サイドメニュー
「特製餃子(350円)」
「肉ごはん(280円)」「こだわりの玉子かけごはん(280円)」「白ごはん(150円)」
「瓶ビール(550円)」



今回は「醤油とんこつ」を注文しました。



スープは豚頭骨とゲンコツの出汁。
濃厚の豚骨スープに背脂が加わって更にこってり。

麺は細ストレート麺。
博多豚骨らしい麺で、博多から取り寄せてるとの事。

具はチャーシュー、キクラゲ、ネギ、玉ねぎ、もやし。
トロトロのバラチャーシューです。
玉ねぎは全体に散りばめられてるので、意識せずに麺やスープに絡まってくるので個人的に邪魔くさい。



そんなわけでまずまず美味しかったです。

久留米ラーメンっぽいんだけど、良いところを取って自己流に改良したラーメンって感じでしょうか。
一世代前のラーメンの味って感じも受けましたかね。

卓上の無料トッピングも無いから替玉する気も起きなかったです。150円と高いし。


店舗もたくさん展開してるので人気のラーメン屋なんでしょうが、俳優業もやってるようなので兼業頑張ってください。


余談ですがB-21スペシャルは解散してなくて活動休止状態との事です。
同じメンバーのヒロミは最近テレビ出まくりで再ブレイクしてますなー。



個人的オススメ度・☆☆★(2.5)


住所・五所川原市大字唐笠柳字藤巻517-1 2F 津軽ラーメン街道内
電話・無し
営業時間・11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日・期間中無休(12月20日~1月18日の期間限定出店)
コメント (2)

初代@津軽ラーメン街道

2014-12-24 00:00:00 | ラーメン屋(期間限定出店)
クリスマスシーズンなのでサンタの帽子だけ被ってる店員はよく見かけるが、歳不相応のオジサンオバサンや、あからさまにいやいや被ってる感が滲み出てる店員もいるけど、だったらやめましょう!本人も客側も不快なのだから誰も得しないんだし。
店の経営側が無理矢理やらせるのは法的にこじつけて今後問題になりそうな気もするから強制はいけません。
やっていいのは本人が望んでやりたい人、若い人、特に可愛い女子、チャライ奴、陽気な人のみにしましょう!
ところでクリスマスコスチュームを略してクリコスというらしい…。ド下ネタかよっ!ま、どうでもいい話。





今日はエルムの津軽ラーメン街道の「初代」に行ってきました。


現在、津軽ラーメン街道10周年メモリアルフェスタ開催中でして、第4弾の一店として約1ヶ月間の期間限定で出店しています。



こちらは小樽で一番人気のあるラーメン屋です。




ラーメンメニュー
「醤油(830円)」「醤油チャーシュー(1080円)」「醤油メンマ(950円)」「醤油煮玉子(950円)」「醤油全部の瀬(1230円)」
「元塩(830円)」「元塩チャーシュー(1080円)」「元塩メンマ(950円)」「元塩煮玉子(950円)」「元塩全部の瀬(1230円)」
「新みそ(880円)」「新みそチャーシュー(1130円)」「新みそメンマ(1000円)」「新みそ煮玉子(1000円)」「新みそ全部の瀬(1280円)」

各種、大盛り100円増し。


サイドメニュー
「チャマヨ丼(260円)」「ライス(150円)」

その他、ドリンクあり。



今回は「醤油」を注文しました。830円也。


スープは豚骨・鶏ガラ・煮干し・昆布・野菜の出汁。
動物系のこってり濃厚さがしっかりで出るが、低温で長時間焚いているので濁りも無く粘度もほぼ無く、香りの良い醤油タレを使用しているのですっきりさを感じられるくらいのギャップがあって不思議な味のスープです。

麺は中太縮れ麺。
加藤屋製麺。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。
大きいサイズの肩ロースチャーシューはホロホロと柔らかい。



そんなわけで美味しかったです!

動物系のこってり濃厚っていえば白濁スープだが、きれいな醤油の色で見た目からあっさりかな?と思いきやのギャップにやられました。
この味は他では感じた事ないので、2,3回食べて慣れないと本当の美味しさを感じられないかもしれません。


ところで出店の料金といえど830円は高過ぎ(本店だと690円みたい)。
全部のせなんて絶対注文できないほどバカ高い。


小樽なんて絶対訪れる事はないだろうって場所だが、小樽の名店の味を青森で食せれる機会は嬉しいところ。



個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・五所川原市大字唐笠柳字藤巻517-1 2F 津軽ラーメン街道内
電話・無し
営業時間・11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日・期間中無休(12月20日~1月18日の期間限定出店)
コメント (2)

焼き芋・大学芋専門店 蜜芋屋

2014-12-23 00:00:23 | スイーツ・お菓子店
マックのポテトがSサイズのみ販売だけどSサイズ何個も買えばいいじゃんってやつアホか。自制しろや!
普通は個数制限するのが全うな判断じゃないかと思うのだが企業側もアホっぽい。
そもそもすぐ固くなって不味いから食わないけど。ま、どうでもいい話。





今日はこちらの「蜜芋屋」に行ってきました。


場所は弘前市城東の県道109号線沿いのトヨタカローラとかつやのある交差点を小比内方面へ進み、年金事務所より100mほど進むと右手にあります。



こちらは焼き芋と大学芋の専門店です。


12月1日にオープンしたとの事です。


この店とは別に「道の駅ひろさき」「産直センターひらかアグリアス」「鰐come」でも同じ商品を取り扱っているとの事です。



店内は狭めで、入ってすぐ焼き芋などが並びます。

焼き芋は焼き石の上で保温されています。


焼き芋全種類と大学いもは試食できますよ。


イートインスペースもありますが、カウンターが3,4席くらいでした。


30代くらいの店長らしい男性1人でやってました。



焼き芋メニュー(1本)
「紅あずま(100円)」「奇跡の蜜芋[紅はるか](230円)」「ほっくり金時[鳴門金時](260円)」「幻の蜜芋[安納芋](320円)」
「焼き芋4種類食べ比べセット(900円)」

その他メニュー
「大学いも(380円)」「スイートポテト(160円)」「芋おこわ(280円)」



今回は「紅あずま」と「大学いも」と「スイートポテト」を購入しました。計640円也。


焼き芋より紅あずまです。

一般的な焼き芋といえば紅あずまを使用しているのではないでしょうか。
なので一般的な焼き芋の味でした。
問題無く皮ごと食べれました。


大学いもです。

カリっと揚げられた紅あずまに、砂糖と胡麻のシンプルな味付けの素朴な味わい。
かなり大き目にカットされていて、芋1本分以上はあるようなボリュームで満足。


スイートポテトです。

丁寧にマッシュされた滑らかな食感と、凝縮された芋の甘みが出てます。
2口サイズくらいと小さいが、安くて食べやすいのがいいね。



そんなわけで美味しかったです!

さつまいもの専門店って事で、もちろんさつまいもしかないですが、普段それほどさつまいもを食する機会もない自分でも美味しく頂きました。

焼き芋は4種類あって一番安いの買ったけど、どうせならプレミアムな焼き芋買えばよかっかなー。


ちなみに素朴な疑問を店長に訊いてみた。「一年中焼き芋販売するんですか?」って。
とりあえず5月頃まで売れる時期までやって夏場は休んでまた秋から再開する予定だそうです。



個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・弘前市城東5-13-1
電話・080-6000-3216
営業時間・10:00~18:00
定休日・土・日・祝日(夏季休業あり)
コメント (2)

薮きん

2014-12-22 00:05:48 | 蕎麦・うどん
弘前市中野の老舗の中華食堂「飯村」が先日閉店したとの事。
実は一回も行ってないのよね。そのうち行こう、そのうち、って先送りしてたらもう食べられなくなったし…。
温泉もそうだが、先送りするのは絶対よくない。行きたいと思ったらすぐ行くべきであるな。ま、どうでもよくない話。





先日こちらの「薮きん」に行ってきました。


場所は弘前市土手町の朝日会館から鍛治町方面へ100mほど進むと右手にあります。
明治屋OTTOビルの隣です。


店の真裏に駐車場があります。



こちらは飲み屋街にある昼から深夜まで営業している蕎麦屋です。


店の入り口にはサンプルショーケースあり。




店内座席はカウンターが3席と、テーブル席4人掛が3ヶ所、小上がり席5人掛が3ヶ所と8人掛けが1ヶ所あります。



夕方なので男性従業員が2人ほどいました(混雑時は4人ほどいる)。



ラーメンメニュー
「中華そば(550円)」「天中華(1100円)」
「カレー中華(700円)」「天カレー中華(1200円)」
「冷やし中華(750円)」


そばメニュー
「もりそば(550円)」「大もり(700円)」「ざるそば(600円)」「大ざる(800円)」「天ざる(1100円)」
「冷やしきつね(650円)」「冷やしたぬき(600円)」「とろろそば(800円)」
「かけそば(500円)」「きつね(600円)」」「たぬき(550円)」「玉子とじ(600円)」「月見そば(600円)」「かしわ(650円)」
「カレー南蛮(750円)」「天カレー南蛮(1200円)」
「天南蛮(750円)」「親子そば(700円)」「天ぷらそば(1000円)」「天とじ(1100円)」


うどんメニュー
「煮込みうどん(1100円)」「鍋焼きうどん(900円)※冬季限定」


御飯物メニュー
「玉子丼(600円)」「親子丼(650円)」「カツ丼(700円)」
「天丼(1100円)」「天とじ丼(1200円)」
「ライス(150円)」

その他、一品料理のおつまみや、お酒などのドリンクも各種あります。



今回は「もりそば」と「かつ丼」を注文しました。計1250円也。



もりそばです。

薬味はねぎとわさび。


そばは細めの二八で、コシは弱め。


つゆは結構濃いめです。



カツ丼です。

味噌汁おしんこ付き。


甘めの割下で、玉子はふんわりととじられています。

カツの肉は薄めでした。
他の具は玉ねぎ、椎茸、竹の子です。
少しばかりの海苔がトッピング。



蕎麦湯です。

ほぼお湯のかなり薄いもので、そのままそばの茹で湯です。



そんなわけで美味しかったです。

蕎麦は庶民的な値段な分、庶民的な味でした。

カツ丼も蕎麦屋らしい優しい味でございました。




そしてまた再訪です。


今回は「天カレー南蛮」とライスを注文しました。計1350円也。


天カレー南蛮です。

和風出汁が効いたカレースープは結構スパイシーで、とろみも強かったかな。

そばは柔らかめでした。

具は海老天、鶏肉、玉ねぎ、かまぼこ、かいわれ。
海老天は中振りのが2尾で、衣にカレーが染みてアツアツうまうま!



ライスはおしんこ付き。

カレーが染みた海老天はご飯が進む!



そんなわけで美味しかったです!

この店はやはりカレー中華が人気のようですが個人的にはカレー南蛮の方が好きなので、ずっと気になってた天カレー南蛮にチャレンジしてみたが、ちょっと高い分、相応の美味しさを得られます。

天カレー中華も同じく1200円なのでラーメン好きな人はそちらをどうぞ。

でも1200円は高いし、海老は1尾でいいわって人は、カレー南蛮もしくはカレー中華に「海老天(250円)」をトッピングするという裏技もあり!
それだとカレー南蛮は1000円、カレー中華は950円で食べられますよー。


飲んだ後の深夜でも大丈夫だし、中休み無しで中途半端な時間でも食べられる長時間の営業、そして何より駐車場があるのがとても便利で、鍛治町に於いては大変ありがたい蕎麦屋であります!



個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・弘前市鍛冶町26
電話・0172-32-5013
営業時間・11:00~2:00
定休日・月曜日
コメント

BAR SMALL BATCH

2014-12-21 00:07:56 | ショットバー・パブ
iphoneのメッセージに「通信量の速度制限が迫っています」ってきたのだが、そもそも無制限だと思ってたら制限があるの初めて知ったくらいで、このメッセージが着たの初めてで今まで問題無く使用してたんだが、さすがに最近暇でケータイ使いまくってたから仕方なしかって事で容量チャージしたのだが、よくわからずauショップ行って確認してもらったのだが、今月はチャージしたからいいとして、来月からはさすがに容量アップしないといけないと思ってプラン変更しようとしたら容量上げるプランがカケホーダイとセットにしないといけなくて、そもそも電話は全然しないからプラン変更は無しって事で、それならWi-Fiルータをレンタルしたらどうでしょうってオススメされたが、使い勝手も知らずに2年契約するのも何だし、そもそもルータをいつも持ち歩くのも邪魔だし3000円は高いしって事で、結局通信料オーバーした分その都度チャージした方が安いだろうってことにした。
家にいる時はネットは極力ケータイ使わずPCで済ませて節約中。ま、どうでもいい話。





先日こちらの「SMALL BATCH(スモールバッチ)」に行ってきました。


場所は弘前市の本町坂を鍛冶町へ下りて行って信号を少し過ぎた右手にグランドパレス2号館があるので、ビルに入ってすぐの右手のテナントにあります。



こちらは狭めのオーセンティックなバーです。


店内はカウンターが7席程度。


30代くらいの女性店主1人でやってるのかな?


特にバーボンの品揃えが豊富なようで、店名のスモールバッチ(5種類以上のブレンドバーボン)もそこから取ったのでしょう。


フードは燻製のおつまみが人気のようです。


チャージ料は500円です。


メニュー表がありましたがきちんと見てない…。



まず「オールドファッションド」を注文しました。

銘柄はわかりませんけどウィスキーはバーボンでしょうか。

カットフルーツはレモン・ライム・マラスキーノチェリー・イチゴです。
イチゴは驚きでしたが、女性バーテンらしい可愛い演出ですね。


続いてサイドカーを注文。

スタンダードのショートカクテルですが、すっきりとして飲みやすかったです。



お通しはオリーブ・スモークチーズ・クラッカー・チョコレートが少量ずつ。

燻製料理がおすすめらしいからスモークチーズはこだわってるのかも。

チョコレートはロイズのでしたよー。



そんなわけで美味しかったです!


客層は若いサラリーマンの男性が多かったです。女性バーテンの店だとそれが普通でしょう。

こちらはお連れ様もいたので気を遣っていたかもしれませんが、店主は常連さんたちと話していたので店主とはお話ができなくて残念でした。


狭い店ですが雰囲気もいいし、バーボン好きな方は是非おすすめしますし、女性1人でも気軽に入れると思います。


個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・弘前市桶屋町5 グランドパレス 1F
電話・0172-33-5175
営業時間・20:30~3:00
定休日・日曜日(月曜日が祝祭日の場合は営業)
コメント (2)

bistorot茶房 桜n坊庵

2014-12-20 00:00:00 | 居酒屋・焼き鳥・ダイニング
弘前市外崎にかつやがオープンしてた。すぐ近くの喜多八は大ダメージだろうなぁ。
個人的にとんかつは全く好きな食べ物ではないが、カツ丼・カツカレー・カツサンドは大好物なので、かつやで一回くらいはカツ丼をテイクアウトしてみっか。
ちょっと高いけど喜多八にはカツサンドがあるしな。チェーンに負けず頑張ってもらいたいところです。ま、どうでもいい話。





先日こちらの「桜n坊庵(チェリーアン)」に行ってきました。


場所はルネスアヴェニューの2階にあります。


駐車場は中央弘前駅の向かいにルネス専用の駐車場があるので、ルネス利用で2~3時間無料になります。



こちらはランチもやってる飲食店です。


席はホール席と個室があって100名くらい収容できるようです。



フードメニューは居酒屋には定番のものから、パスタやピザ、中華、創作料理、ご飯物、デザートなど色々あります。

ドリンクメニューも一通りあります。



フードは「若鳥の唐揚げ(720円)」「カマンベールチーズフライ(720円)」「ちぇりーあんサラダ(720円)」「カキフライ(800円)」「豚の角煮(800円)」を注文しました。

フードは全体的に味と量の割には高いかなー。


ドリンクは「生ビール(600円)」と「角ハイボール(500円)」を飲みました。



そんなわけで美味しかったです!

料理はメニューにもよるだろうがそれほどこだわりを感じられたわけでもないし、やや高めではあるかな。

ランチは800円~900円程度なので人気らしい。


個人的にここの店を気に入ってるのは個室がある事ですね。
ゆっくり落ち着いて会話をしながら飲食できるし、雰囲気もいいですよ。




個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・弘前市大字土手町78
電話・0172-34-8863
営業時間・11:00~14:30/17:30~1:00
定休日・無休
コメント

きそば 一力

2014-12-19 00:56:44 | 蕎麦・うどん
コンビニで買い物して車に乗って帰ろうかとした時に駐車場で隣の車に乗ってたオバサンが降りてきて自分に「すみません。変な事お願いしますけど…」って言われて、怖い怖い怖い!!って思ったけど更に訊くと、ペットボトルを差し出され「フタ開けて貰えませんか?」ってお願いで、あー、フタが固くて開けられないわけねって安心して開けてあげてお礼言われて帰ったという。
たまに異常に密封されて開けにくいフタあるよね。オバサンの握力じゃ無理だったんだろうな。ま、どうでもいい話。





先日こちらの「一力(いちりき)」に行ってきました。


場所は弘前市富田のUマート弘大前店のある交差点を土手町方面へ走らせる。
すぐの信号のある交差点を右折して弘前駅方面へ進むとY字路があるのでその角にあります。
サンクスの隣です。



こちらは昭和9年創業の老舗の蕎麦屋です。


比較的リーズナブルな値段設定で、ラーメンもあるので気軽に入れます。


ちなみに弘前出身のシソンヌのじろうの母親の実家がここ一力だとか。



店内座席はテーブル席4人掛け6ヶ所、座敷席6人掛け1ヶ所と8人掛け2ヶ所あります。




そば・うどんメニュー
「もり(600円)」「ざる(700円)」「大ざる(750円)」「天ざる(1200円)」「大天ざる(1350円)」「鴨せいろ(1100円)」
「冷やしたぬき(750円)」「冷やしきつね(750円)」「納豆そば(800円)」
「かけ(500円)」「たぬき(650円)」「きつね(650円)」「玉子とじ(650円)」「月見(650円)」「花まき(700円)」「かしわ(700円)」「親子(800円)」「鴨南ばん(1000円)」「カレー南ばん(750円)」「天なん(900円)」「天ぷら(1100円)」「天とじ(1200円)」
「力うどん(950円)」「なべやき(850円)」「特製なべやき(1150円)」

各種、大は150円増し。


ラーメンメニュー
「中華(550円)」「チャーシュー麺(750円)」
「冷やし中華(900円)」

各種、大は150円増し。


ご飯メニュー
「天丼(1300円)」「かつ丼(800円)」「親子丼(750円)」「玉子丼(700円)」「ライス(250円)」


セットメニュー
「天丼とざるセット(1300円)」「かつ丼とざるセット(1100円)」「親子丼とざるセット(1100円)」「玉子丼とざるセット(1000円)」
「天丼とかけセット(1300円)」「かつ丼とかけセット(1100円)」「親子丼とかけセット(1100円)」「玉子丼とかけセット(1000円)」


その他ドリンクメニューあり。


4月以降も値段据え置きでありがたい。



今回は「天丼とざるセット」を注文しました。1300円也。

一体型のセット用の容器で出されます。


蕎麦です。

更科系の極細の二八そば。
コシは弱めです。
諸事情で時間がだいぶ経ってから撮ったので海苔がしなびてしまった…。


天丼です。

小振りな海老天2尾のみ。
甘めの天つゆがたっぷりかかってます。


まいたけのお吸い物、かぶの浅漬け、なめこおろし付き。


蕎麦湯です。

かなり薄め。



そんなわけで美味しかったです。

ただ天丼のセットはコスパが悪いかな。カツ丼セットは値段相応ではあるが。




そしてまた再訪です。


今回は「カレー南ばん」の大を注文しました。900円也。

トロみが強い熱々のカレーつゆです。

蕎麦は同じく極細の更級系の二八。
大なので量もそれなり。

具は鶏肉と玉ねぎ。


卓上の七味唐辛子のブレンドもなかなかだし、カレー南蛮だと胡椒も合いますね。



そんなわけで美味しかったです!

やはり寒い時期は熱々のカレー南蛮に限りますわ。


ここの蕎麦は極細なので好みが分かれるだろうが、個人的にはもりそばよりは汁そばの方がこの極細の蕎麦が合う気がしますね。



個人的オススメ度・☆☆☆


住所・弘前市富田3-2-17
電話・0172-32-4565
営業時間・11:00~19:00
定休日・月曜日
コメント

名曲喫茶 ひまわり

2014-12-18 12:00:09 | カフェ・喫茶店
いつもどおり寝る前に日付け変わってから記事書いてアップしようとしたらオフライン状態になって記事も消えちゃった…。
さっきまでずっと繋がらなくて、いろいろやってみたらモデムが原因らしく再起動してみたら何とか復旧したのでまた記事書き直す羽目になりましたわ。
というか大雪で大変ですわな。みなさんお疲れさまです!ま、どうでもいい話。





先日こちらの喫茶「ひまわり」に行ってきました。


場所は弘前市土手町の一方通行の通りのルネスアヴェニューとホームワークスのあるT字路の交差点を曲がり、50mほど進むと左手にあります。


駐車場はありません。
斜向かいに中三の駐車場があります(参考までに、中三にて買い物すると3時間無料)



こちらは1959年創業の老舗の喫茶店です。


1階席と2階席があり、入口近くのレジ横にはケーキ類のショーケースがありテイクアウトも可能。


1階席は禁煙です。

テーブル席2人掛けが2ヶ所と4人掛けが5ヶ所と6人掛けが1ヶ所程度あります。


2階席は喫煙席です。

テーブル席2人掛けが2ヶ所と4人掛けが5所と6人掛けが3ヶ所あります。
奥にはピアノが鎮座しております。


店内のBGMはクラシックが流れます。



ドリンクメニューはコーヒー各種、紅茶各種、フレッシュジュース、ソフトドリンク、アルコールも多少あります。


軽食フードメニューはドリア(小サラダ・ドリンク付き)、グラタン(パン・小サラダ・ドリンク付き)、ピラフ(小サラダ・スープ付き)、パスタ(ドリンク付き)、ミートパイ、ピザ、サンドイッチなど豊富にあります。


スイーツメニューはケーキ各種、パフェ、あんみつ、かき氷などあります。


ピザ・ミートパイ・ケーキ類はテイクアウト可能です。



今回は「カフェオレ(480円)」と「エクレア(325円)」を注文しました。計805円也。



カフェオレです。

コーヒーにホットミルクを注いだシンプルな味で、ミルク感が強い。


エクレアです。

結構大きめサイズで、固めのチョコレートと甘めのカスタード。
ナイフとフォークで頂きます。



そんなわけで美味しかったです。

今回は待ち合わせの時間の暇つぶしで入ったので軽い注文でした。




そしてまた再訪です。


今回は「きのこドリア(920円)」と「ミートパイ(325円)」を注文しました。計1245円也。

ドリアの単品はなくセットのみでサラダとドリンク付きとなるので、ドリンクはハーブティーにしました。


きのこドリアです。

カリッと焼かれたたっぷりチーズの中はえのき、トマト、ゆで卵、そしてバターライスとなっております。


ミニサラダ付き。

水菜とキャベツを中心に、人参、大根、紫キャベツが彩を加える。
和風のおろしドレッシングの味付けが良かった。



ミートパイです。

パリッと生地の中はたっぷりの挽肉と玉ねぎが入っていて、肉と玉ねぎの甘みが出ていてジューシーな素晴らしい逸品。


ドリンクセットのハーブティーです。

ローズヒップ中心のハーブティーです。
ほのかな酸味と華やかな風味がいいですね。



そんなわけで美味しかったです!

今回は食事メインで頼みましたが、昔ながらの味のドリア、そしてお土産にも喜ばれるミートパイは絶対頼んでおいて損は無いでしょう。


クラシック大好きなので名曲を聴きながらついゆったり過ごしてしまいそうになる喫茶店です。



個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・弘前市坂本町2
電話・0172-32-2639
営業時間・10:30~20:00
定休日・木曜日
コメント (2)

百沢温泉 温泉旅館中野

2014-12-17 00:08:38 | 温泉(弘前市)
マーズれい郎の流行語大賞2014!!ノミネートはこちら。
1.いい…で、…しょう!/若林正恭(オードリー)
2.誰なんだよ!/春日俊彰(オードリー)
3.OH!ぱっくりピスタチオ/飯尾和樹(ずん)
4.レェェヴェルが違うんだよ!/外道(新日本プロレス)
5.オーマイ&ガーファンクル/田口隆祐(新日本プロレス)
6.絶不調でした…/小保方晴子(理化学研究所)
7.まだ手話通訳終わってませんよ(笑)/神山典士(ノンフィクション作家)
8.体液が混入した/栩内香澄美(愛人)
9.最後は金目でしょ/石原伸晃(良純の兄)
10.128341(胃に優しい)/マーズれい郎(逆流性食道炎)
以上のノミネートから選ばれた大賞は…、オードリー若林の「いい…で…しょう!」です!
この言葉は、腑に落ちなくて不満だが仕方なく妥協して納得せざるを得ない時に使用するもので、自分が実際に結構実用していたのでね。他のは使う機会が無いからという理由です。ま、どうでもいい話。





先日こちらの「百沢温泉郷」の「旅館中野」へ行ってきました。


場所は岩木山神社の県道隔てた真向かいにあります。


駐車場は建物の裏手にあります。
ちなみに真向いは岩木山神社の駐車場があります。



こちらは古くからやってるであろう温泉旅館です。

食堂も併設しているのでそちらも気軽にどうぞ。



今回は日帰りの湯っこ本で半額割引してもらいました。



建物の奥の方にずっと歩いていくと浴場があります。

脱衣場です。



浴場は浴槽が一つのみですが、実質二ヶ所。


シャワー付きカランは4ヶ所あります。



お湯は緑掛かった笹濁りで、金気臭と土臭、炭酸味と苦味あり。



ひょうたん型浴槽の湯口側は43度の2人サイズ。

ドバドバ源泉掛け流しに加え、ホースから若干の加水もあります。


ひょうたん型湯口の奥側は42度の6人サイズ。

繋がっていてやや適温になってます。



そんなわけで良い湯でした!


近くの「(株)百沢温泉」ほどの強烈さはないですがなかなかのお湯です。

すぐあたたまって効能も十分なので、冬場には重宝すると思います。



個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


泉質・ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)
泉温・49.8度(加水あり)
効能・婦人病、循環器障害、腰痛など

料金・300円
備品・無料ドライヤー
施設・宿泊、日帰り、食堂、売店、広間

住所・弘前市百沢字高田80
電話・0172-83-2345
立寄時間・8:00~21:00
定休日・無休
コメント (2)