卍の城物語

弘前・津軽地方の美味しいお店と素晴らしい温泉を紹介するブログです

新岡温泉

2009-09-29 00:21:02 | 温泉(弘前市)
映画版「カイジ」が藤原竜也って・・・、カッコよ過ぎだよ。完全なキャストミスだな。
じゃ、誰がいいんだと考えたところ、元チュッパチャップスの宮川大輔なんてどうでしょうか?
そこそこ演技上手いし、ダメ男っぽいし、シャクれてるし。ざわ・・・。ま、どうでもいい話。

新岡温泉に行ってきましたよ。
場所は旧岩木町の新岡地区にあります。詳しい場所はわかりません!前に来た事あるのに迷ったくらいだから。
りんご畑の中に見た目一軒家の建物がそれです。一応看板があるのでなんとかわかるかも。

このあたりはほとんどりんご農家だけだろうし、客も地元民がメインだろうから、19時前後は混むとの予想で、20時過ぎに行った。
そしたら客は2人くらいと落ち着いたもんだった。

浴槽は一つのみ。
カランは9ヶ所でシャワーは付いてない。

お湯は薄い茶褐色。モール臭も若干するが、それよりアブラ臭が強い。そしてヌルヌル感な泡つきバッチリ。
こんなに良いお湯だったっけ?と思うほどの良質な温泉です。

浴槽は43度で10人サイズ。結構な量のお湯が流れてます。

岩木山の恵が感じられる素晴らしい温泉でした。

オススメ度(温泉評価)・☆☆☆☆

泉質・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温・47.6度(加水あり)
効能・神経痛、筋肉痛、関節痛など

料金・200円
備品・なし

住所・弘前市新岡字萩流161-12
電話・0172-82-4521
時間・9:00~21:00
コメント

ぶんぷく茶がま

2009-09-26 21:13:28 | ラーメン屋(弘前市)
「S-1グランプリ」の権威の無さと言ったら・・・。
ソフトバンクってそんなに金あんのかね!?ま、どうでもいい話。

今日はラーメンです。
かなーり久し振りに「ぶんぷく茶がま」へ行った。

場所は弘前市富田の交番や信用金庫がある通りにあります。

「ナウなラーメン村」というキッャチコピーが素敵です。

ハイテンションで過剰接客の面白オバちゃんが出迎えてくれます。

メニューはヘタクソな手書きで山ほど書いてます。
ラーメンメニューのみでも40種類近くあったような気がするほど多種多様なラーメンがあるのがここの特徴です。
「ぶんぷくラーメン」「四川風ラーメン」「京風ラーメン」「ウエスタンラーメン」「モツラーメン」などなど・・・。

中でも一際異彩を放っているメニューを発見。それが「トマトとチーズラーメン」です。
そんなわけで「トマトとチーズラーメン」の太麺を炒飯セットで頼んでみました。
セットでも787円という安さがここの売りでもあります。

出てきて驚きますが、スープは真っ赤で、まるでスープパスタです。
食べると、「何だこりゃ」と思ってしまいましたが、食べ続けるとクセになって止まらなくなってしまいました。
スープはトマトソースに鶏ガラスープでしょうか?とろとろチーズが絶妙に合います。
麺は太い麺。パスタの代わりにラーメンの麺も意外と合う。
具はトマトとたまねぎのみ。

炒飯はハーフサイズ。これはそんなにでもなかったかも。

サービスでミニサラダも付いてますし、食後はバニラアイスが出てきて嬉しい限り。
このちょっとしたサービスもこの店の素晴らしいところです。

お客さんがたくさんいたので時間がかかったけど、ほとんど若い人たちで、おそらくほとんど大学生だったと思う。
弘前大学の近くにあるので、安価でサービスの利いたこちらの店は大学生には重宝されているかと思います。

いろいろメニューがあるので、次に行く時も何を頼むか迷ってしまうけど、それも楽しみの一つです。

オススメ度(ラーメン評価)・☆☆☆

住所・弘前市富田193
電話・0172-35-1516
営業時間・11:00~15:00 17:00~20:00
定休日・月曜日
コメント

三世寺温泉ホテル

2009-09-24 00:06:19 | 温泉(弘前市)
「キングオブコント」面白かったね。
実験的なネタ2回方式は成功だったと思う。
「東京03」はベテランの職人技を見せてくれたので、チャンピオンとして申し分ないでしょう。
「天竺鼠」と「ロッチ」はもっと上でもよかったと思う。
逆に「しずる」と「ジャルジャル」はちっとも面白いと思わなかったけど。ま、どうでもいい話。

そんな「キングオブコント」始まる前にちょっくら温泉行ってきた。
今日は「三世寺温泉ホテル」です。一応ホテルだが、ほとんど公衆浴場として利用されている。

場所は県道35号線沿いの三世寺地区にあるからわかりやすい。

混み混みの駐車場から中へ入ると、浴場も混み混み。
カランは37ヶ所もあるが、9割近く埋まってた。

浴場の真ん中に浴槽があり、仕切りがあって手前がメイン浴槽、奥が熱め浴槽。
そしてサウナと水風呂あり。

お湯は薄黄緑色。かなりの塩気あり。

メイン浴槽は43度で12,3人サイズ。その半分くらいジャグジーが占めててちょっと邪魔だった。

熱め浴槽は45度で6人サイズ。床下から高温の源泉直接投入してるからちょっと危険。

サウナは90度の10人サイズ。テレビ付き。
常連のオッサンが「昨日は110度あって、20度も違うじゃ」とボヤいてた。

あいかわらず気持ちのいい温泉でしたわ。

オススメ度(温泉評価)・☆☆☆

泉質・ナトリウム-塩化物泉(食塩泉、中性等張性高温泉)
泉温・51.5度
効能・神経痛、筋肉痛、関節痛など

料金・300円
備品・無料ロッカー、無料ドライヤー
施設・家族風呂、大広間

住所・弘前市三世寺字鳴瀬101
電話・0172-95-2662
時間・5:00~22:00
コメント

桜ヶ丘温泉

2009-09-21 23:11:04 | 温泉(弘前市)
リンゴ農家のカリスマ・木村秋則氏著「すべては宇宙の采配」をちょっと立ち読みした。だってタイトルがすごい。新興宗教の本か!?と思ったほど。
でも内容はもっとすごい。龍を見たとか、幽体離脱したとか、UFO見たとか、宇宙人に拉致されたとか・・・などなど。ま、楽しい内容になっているようです。
大抵、本屋では青森の神様・木村藤子氏の本と並んで置かれてるのが面白いね。ま、どうでもいい話。

今日は桜ヶ丘温泉に行ってきた。
場所は弘前市の桜ヶ丘団地の一角、生協や交番の裏手にひっそりと建ってます。

一般的な町の公衆浴場なのかな、と思っていたら大間違い。
浴場に入ると硫黄臭。そしてお湯は白濁。嶽温泉を彷彿とさせるそんなお湯です。

浴槽が一つと、打たせ湯、サウナ、水風呂。カランが23ヶ所。

浴槽は10人サイズ。ジェットバス付き。42度ほどでぬるめ。
隣の打たせ湯の廃湯もここに投入されていた。

お湯は薄めの硫黄臭が良い香り。薄い白濁で、甘めの塩気あり。

3人サイズの小さいサウナもある。カルストーンだかなんだかって書いてた。

浴後はポカポカ感がずっと続いた。良い温泉の証拠だ。

家から10分と掛からない近所なのだが、住宅街にあるにも拘らず、とても素晴らしいお湯である。
とはいえ、そんなに客いなかった。ま、近くのおおびらき温泉に流れているのだろうけど、こちらの桜ヶ丘温泉の方が断然素晴らしいと感じて入りに来てるのは、温泉好きだけなのかも。ま、ゆったりと浸かれるから助かるんですけどね。

オススメ度(温泉評価)・☆☆☆☆

泉質・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性温泉)
泉温・41.2度
効能・神経痛、筋肉痛、関節痛など

料金・370円
備品・無料ロッカー、有料ドライヤー

住所・弘前市桜ヶ丘4-2-3
電話・0172-88-0500
営業時間・10:00~22:00
定休日・火曜日
コメント

支那そば おぐら

2009-09-19 16:00:18 | ラーメン屋(弘前市)
「シルバーウィーク」って誰が名付けたかは知らんが、なかなか上手いネーミングだと思う。
ま、自分には連休関係無いけど。ま、どうでもいい話。

連休前の激混みの病院で数時間もかかってお昼はとっくに過ぎちゃったので、外で昼食食べることに。

弘前市堀越の国道7号線沿いに「おぐら」はある。

14時前だったから客はおらず。それでも一人のオッチャンは出前のおかもちを持って行ったり来たりしてた。

メニューは「支那そば」「チャーシュー麺」「焼き飯」「ギョーザ」「おにぎり」「ライス」「ビール」。
夏季限定で「冷やし中華」「支那ざる」。
お持ち帰り用のラーメンも一人前からある。

今日は「支那そば(550円)」と「おにぎり(100円)」を注文。

丁寧にお盆に載せられて出てきた。しかも、おしんこと煮昆布がサービスで付いてくるとは嬉しいね。

支那そばは、煮干と鶏ガラと思われるあっさりスープ。もちろん無化調の丁寧な味作り。
これぞ津軽ラーメンといった味である。

麺は中細縮れ麺。自家製手打ち麺で、これがめちゃめちゃ美味い!!ツルツルシコシコとはこの麺の事をいうのでしょう。
無添加・無着色の安心な麺です。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ。
チャーシューは脂身の乗ったロース。分厚いのが二枚もあって嬉しい。

おにぎりは鮭入りのごまおにぎり。握りたてです。

今回3回目の訪問だったが、来るたびに美味しさが上がってる様な気がする(もともと美味かったのに気付いていなかったのかも知れんけど)
昼のみの営業だからなかなか来れないだろうけど、津軽ラーメンが食べたくなったらここに来たいと思う。

オススメ度(ラーメン評価)・☆☆☆☆

住所・弘前市川合字浅田27-1
電話・0172-28-1874
営業時間・11:00~15:00
定休日・水曜日(祝日は営業)
コメント

もつけ屋

2009-09-17 21:57:50 | テイクアウト店
「ナインティナインのオールナイト二ッ本」どこ行っても売り切れ・・・。
だからダメモトで知り合いの弱小本屋に行ったら案の定無かった(売り切れ以前に仕入れてなかった)けど、調べてもらったら発行元にも在庫無しで、初版完売との事。
この御時世だから、刷り過ぎで売れない本を返品するハメになるのを避けたいのはわかるが、それにしても初版少な過ぎだよ。
驚きなのは、ナイナイのオールナイトリスナーが結構いるみたいって事だ。ま、どうでもいい話。

久し振りにモツやった。
青森の田舎モンだとすぐわかるでしょうが、「モツ」とはホルモンをバーベキュー感覚で焼く事です。

今回は近所の友人と2人きりのモツ。もう一人の友人は仕事だったので、2人きりで寂しいけど、ゆっくり語って焼いて飲むことにした。
実は最近体調悪いから全然飲んでないけど、不況で仕事無い友人にたまには付き合うかって事で、無理して飲む。

その友人の行きつけのホルモン屋が「もつけ屋」である。
場所は弘前市千年の千年保育園の近くです。ちょっとわかりづらいですが。

主人はもともと建具屋で、その後ホルモン屋と兼業してたが、最近ホルモン屋一本で勝負してるみたい。
ホルモン各種の他に焼き鳥も焼いてたらしいが、採算取れないから焼き鳥は廃止した。

メニューはホルモン、サガリ、豚トロ、豚バラ。
ホルモンはグラム110円です。あとは忘れた。ま、全部安いです。

サガリも分厚く、豚バラも大きい。食べ応えがある。

そして今回タダで貰ってきた試供品(?)の白ホルモンが絶品だった。
ガツなのかな?詳しくわんかないけど、とにかくめちゃめちゃ美味かった。

青森の田舎モンども(自分もだけどね)はそれぞれ行きつけのモツ屋があるだろうけど、ここは私達の仲間の行きつけで、オススメです。

実はこの日も定休日なのに、無理して開けて売ってもらったから、多少の融通が利くと思います。

オススメ度(飲食店評価)・☆☆☆☆

住所・弘前市千年
電話・090-3759-6507
営業時間・9:00~19:00
定休日・火曜日
コメント

すごう食堂

2009-09-15 11:26:03 | 食堂・食事処
シリーズ「津軽百年食堂」。
第三回は黒石市の「すごう食堂」であります。

黒石駅前にあるのでとてもわかりやすい。
外観は、んー、かすがって(傾いて)ます(笑)。年季はいってますね。

駐車場は多分無いので、駅前の無料駐車場に停めました。

大正元年創業のこちらの食堂は、現在四代目みたいですが、主人はおらず、その妹さんらしき人と、もう一人のおばちゃんと2人で営業してます。

メニューは、食堂らしく、麺類から丼から定食から洋食まで山ほどあって迷いますが、やっぱりここは黒石らしく「つゆ焼きそば(650円)」でいっときましょう。

店内には最近テレビ番組で訪れた氷川きよしの写真があります。
もう1枚はダチョウ倶楽部のリーダーとジモンの写真。なぜ竜ちゃんがいないのか!?
それはさておき、美味しんぼ読んで待ってると出てきました。

今やしっかりメジャーになっちゃったつゆ焼きそばです。
麺は焼きそば用の固めの平麺に近い感じ。伸びないのがいいね。
スープはラーメン用の焼き干しベースでしょうか、それに醤油とソース。なんでこれが合うのかわかりませんが、とにかくに美味い。
具は焼きそばらしく、豚肉とキャベツ、それにネギと天カスです。

つゆ焼きそばはやっぱりクセになります。
ま、B級グルメといったらそうなんですけど、つゆ焼きそばは最高峰のB級です。

この店のこだわりは、化学調味料を使わず、作り置きをしないとの事です。

美味しかったから今度はラーメンやカツ丼を食べてみたくなりました。

オススメ度(飲食店評価)・☆☆☆

住所・黒石市一番町20
電話・0172-52-3476
営業時間・10:00~19:00
定休日・なし(正月三が日・お盆を除く)
コメント

山田温泉

2009-09-13 15:58:24 | 温泉(北津軽郡)
今年の4月くらいにNHK教育で放送された「芸術劇場」の録画してたのを今更だけどやっと観た。
「劇団昴」の「親の顔が見たい」が最高だった。脚本はナベゲンの畑澤聖悟である。
ベテラン中年役者たちの好演が光ったが、やはりなんといっても脚本が素晴らしかった。
この「親の顔が見たい」をナベゲンで観たいなぁ。でも絶対的に役者が足りないから無理だろうけど、客演を数人いれてでもやって欲しい演目である。ま、どうでもいい話。

最近体調悪いけど、無視して温泉に行ってきた。

最初「鶴田温泉」を何とか探し当てて行ったけど、看板には電気点いてるけど、肝心の本館は真っ暗で営業してる気配も無い。ここって営業してんのかしら?

そんなわけで近くの「山田温泉」へ。今回で2回目である。

場所はちょっとわかりづらいけど、鶴田町の国道339号線バイパスの脇に小さい電子看板があるので、そこを曲がると数100mで着くかも。

手前が公衆浴場で、奥に宿泊者専用の旅館がある。

玄関に熊の剥製。脱衣場には狸の剥製。
そして更に脱衣場には「ツル多はげます会」の記事があり、独特のマナーイラストもあって面白い。

浴場は真ん中に浴槽二つ。壁際にカランが42ヶ所。

壁にはメルヘンチックな絵が描かれてます♪

お湯は黄緑掛かった褐色。甘めの塩味がし、アブラ臭もある。

手前がぬるめ浴槽で、42度の5人サイズ。
奥が熱め浴槽で、45度の8人サイズ。
二つの浴槽とも、お湯の色も違う様に見受けられるが、タイルの色が違うからなのか、加水率が違うから色が違うのかどちらなのか?

なかなか良い温泉でした。また行きたいです。

オススメ度(温泉評価)・☆☆☆

泉質・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(含重曹-食塩泉、弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温・61度(加水あり)
効能・慢性湿疹、リウマチ性疾患、運動器障害など

料金・300円
備品・無料ドライヤー
施設・宿泊

住所・鶴田町鶴田字小泉460-6
電話・0173-22-6666
時間・6:00~22:00
コメント

支那そば きび@津軽ラーメン街道 (卒業)

2009-09-12 01:20:01 | ラーメン屋(期間限定出店)
亀田製菓の「ふんわり名人・チーズもち」美味すぎる!!
餅米菓子であの柔らかさを作る技術に感服ですよ。
でも300円くらいとちょっと高いのが残念。ま、どうでもいい話。

今日はラーメン街道に行ってきた。
今月5日に二店同時オープンしたが、「朝昼夜」はレギュラー営業するのでまた今度食べに来るとして、期間限定出店の「支那そばきび」に行く事にした。

ま、いつもどうり平日のラーメン街道は悲惨な状況だが、新店の「きび」は結構客がいた。

こちらの「支那そばきび」は東京・神田に本店があり、醤油味の支那そばをメインでだしているみたいだが、ラーメン街道では「鶏白湯らーめん」をメインに押し出すとの事。
だから自分も「鶏白湯らーめん」の(豚サイコロ飯)セット(880円)を注文した。

スープは鶏白湯というだけあり、綺麗な白色で、鶏と塩味のシンプルな味だか、鶏の旨みが凝縮したあっさりとした深みのあるスープである。
ほとんど中華スープだけど、このスープは美味くてずっと飲み続けていたい。

でもラーメンなので麺も啜らにゃならんね。
麺は細縮れ麺。これといった印象もないけど、無難な麺であった。

具は鶏チャーシュー、メンマ、ネギ、ほうれんそう、糸唐辛子。
鶏チャーシューは分厚く、炭火焼きの香りがして美味いけど、どっちかっていうと豚の方がいいなぁ。

豚サイコロ飯はミニ豚角煮丼で、かなり美味いし、あれで200円は安いし、セットだと実質180円で食えるからお得だね。

そういえばラーメン出される前にお通し感覚なのか、カリカリ梅を出され、「食前と食後とにお食べください」と言われたが、個人的にそんなに梅干好きでもないから、ラーメンの食後に食べて酸っぱくなって後味悪くなるのも目に見えたもんだから、ラーメンや豚飯と一緒に食べた。それが一番いいと思うし、無ければ無くていいサービスだと思った。

ラーメンはとても美味しかったです。
鶏メインのあっさりスープをメインで出す店も多くないだろうから、そこそこ客は入りそう。
コラーゲンたっぷり的なキャッチコピーには女性客は弱いかも。

オススメ度(ラーメン評価)・☆☆☆☆

住所・五所川原市大字唐笠柳字藤巻517-1 エルム2F
電話・なし
営業時間・11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日・なし
コメント

御所温泉 (閉館リニューアル)

2009-09-10 00:16:37 | 温泉(弘前市)
運転中、信号待ちで停車してたら、後ろの車の運転手が車から降りて自分の車に向かってくるのがバックミラーから見えた。そして自分の車の窓際に来て一言。「ブレーキランプ一つ消えてるよ」と言ってきた。
親切心からだろうけど、そんなのわざわざ言わなくてもいいと思った。危ないし。
実はブレーキランプ片方消えてるの知ってたしね。じゃ、直せよとおもうが、片方生きてるし、リアスポイラーにもランプ付いてるから、一個くらいなくてもいいじゃんって事で。ま、どうでもいい話。

今日は御所温泉に行ってきました。
場所は旧相馬村の役場の隣にあります。

「御所温泉」という何とも崇高な名前だが、「五所」という地名をもじって付けたみたいだ。

ちなみに自分の家から10分も掛からないところにあるから便利。

19時前に入ったが、浴場は怒涛の如く混んでた。
ほとんど老人しかいないが、ここは弘前市内在住のの65歳以上の高齢者がタダだからこんなにいるのだろう。

大きいメイン浴槽とぬるめ浴槽、そしてサウナと水風呂あり。
カランは27ヶ所。

お湯は見事な黄土色。鉱物臭と塩味。
こんなに良いお湯だったっけ?と思うほどの良質なお湯である。

メイン浴槽は15人は入れそうな広さ。43度くらい。
隣は42度くらいのぬるめ浴槽。8人サイズで隣より浴槽は深め。

しっかりサウナまであり、テレビ付き。97度の8人サイズ。

いやー、良い湯でした。こんな近いところに素晴らしい温泉があることに感謝です。

オススメ度(温泉評価)・☆☆☆

泉質・ナトリウム-塩化物泉
泉温・49度(低気温時のみ加温あり)
効能・リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、更年期障害など

料金・300円
備品・無料ロッカー、貸しタオル

住所・弘前市五所字野沢39-15
電話・0172-84-3360
営業時間・9:30~20:00
定休日・水曜日
コメント

らーめん工房たけ屋 (閉店)

2009-09-07 22:23:34 | ラーメン屋(弘前市)
畑で農作業してたら剪定鋏で左手薬指をカット!!信じられないくらい血でた。
この流血だから病院行った方がいいだろうと思ったが、土曜日の夕方に病院やってんのかな?行くとしたら何科?救急病院とかでいいだろうけど、どこに行けばいいんだろ?とか色々悩んでたら流血も落ち着いてきたから、近くのドラッグストアで応急処置商品一式買って済ませた。
だけど未だに激痛。でも自然治癒に任せる。
傷跡だけど、指先3mmくらい無くなった・・・。ま、どうでもいい話。

久し振りに鍛治町のラーメン屋の「らーめん工房たけ屋」に行った。
場所は本町の通りのドーミーインホテルの真向かいにあるのでわかりやすい。

駐車場はもちろんないので路駐してからお店へ。

店内はカウンター7席くらいと座敷席8席くらいあったと思う。

ラーメンメニューは「焼き干しラーメン」と「ほたて塩ラーメン」と「チューシュー麺」のみ。
以前はもっと種類あったけど、今は醤油と塩味のみになっちゃった。

サイドメニューで「ギョーザ」と「焼き鳥」と「ライス」。
ラーメンと一緒に食べるのもよし、酒の肴として食べるのもよし。

そしてビールと焼酎などの酒類。鍛治町にあるからここでも飲めます。

今日は「焼き干しラーメン(600円)」を注文。

スープはあっさりした醤油味で、甘味が強い。ほんのり焼き干しの匂いがします。

麺は細縮れ麺。このスープには合うと思うけど、個人的にはイマイチな麺だな。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、麩。
チャーシューが普通の丸型に変わった。以前の豚トロみたいなのが美味かったのに残念。

ちょっと以前より味が変化したけど、好きな味です。津軽のラーメンですね。
鍛治町で飲んだ後にはここのラーメンが食べたくなりますが、夜遅くまでやってるから、飲んでなくても夜遅く食事する人にはここがおすすめです。

オススメ度(ラーメン評価)・☆☆

住所・弘前市本町85 ニュー明治屋センタービル1階
電話・090-5356-3674
営業時間・21:00~3:00
※駐車場無し
コメント

津軽長寿温泉

2009-09-04 00:24:25 | 温泉(弘前市)
話題のフリーペーパー「青森美少女図鑑」の創刊準備号をゲット。
創刊準備号ってくらいだから、内容は薄い・・・。なのでちゃんとした創刊号を期待して待つ事にする!!ま、どうでもいい話。

久し振りに「津軽長寿温泉」へ行ってきました。

場所は、弘前市東城北にありますけど、近くにこれといった目印もなく、近くの道路を通っても看板があったかどうか?あってもかなり小さいはず。
強いて言えば、諏訪神社というそんなに大きくない神社の近くにあります。

公衆浴場ですが、弘前公園からそんなに遠くも無い住宅街にあるので、駐車場には車がたくさん。そこそこ人気あるようです。

浴場は色々な種類の浴槽があります。
高温浴槽、適温浴槽、低温浴槽、低温寝湯浴槽、ジェットバス、電気風呂、打たせ湯、水風呂、スチームサウナ、ミストサウナと多種多様。
カランは22ヶ所あります。

お湯は薄い緑色。強い塩気あり。

高温浴槽は44度で6人サイズ。
適温浴槽は42度で8人サイズ。
低温浴槽は34度で6人サイズ。

他の浴槽はほぼ一人サイズだが、水風呂以外は全て温泉使用している。

スチームサウナは96度で8人サイズ。
ミストサウナは2人サイズで、呼吸も苦しいほどの高温。誰も入らない不人気サウナであった。

なかなか楽しい公衆浴場である。近くて便利な有り難い温泉でした。

オススメ度(温泉評価)・☆☆☆

泉質・ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性中性高温泉)
泉温・50.2度(加水・塩素消毒あり)
効能・神経痛、筋肉痛、関節痛など

料金・350円
備品・無料ロッカー、有料ドライヤー

住所・弘前市東城北3-4-7
電話・0172-35-5660
時間・6:00~22:00
コメント

来々軒

2009-09-01 21:50:35 | 食堂・食事処
シリーズ「津軽百年食堂」の第二回は「来々軒」です。

「来々軒」は弘前市茂森町の弘前公園の市民会館入り口の近くにあります。

昭和元年創業という、市内最古の食堂になります。
もともとは「かくはデパート」の近くで屋台として出発したとか。

来々軒は大衆向けの中華料理屋さんで、主にラーメンがメインですが、一品料理もあり、どちらもリーズナブルな価格で提供してくれています。

現在地に移転してから、今回3回目の訪問となります。
「津軽百年食堂」全10ヶ所のうち、来々軒だけが夜営業しているので、今日の晩飯として食事に行きました。

駐車場は2台分しかなく、どちらも埋まっており、更に一台は歩道に駐車していたので、自分も歩道に駐車して中に入ることに。

店内はカウンター5席と、2人分のテーブル席、そして4,5人の小上がり席が二ヶ所。

三代目と四代目でしょうか?2人が厨房に入っており、2人の奥様も手伝っていて、更に(四代目の?)子供が遊んでます。家族総出で頑張っております。

今回は醤油ラーメン(500円)と炒飯(580円)を注文しました。
三代目が炒飯、四代目がラーメンを分担で作り、5分と掛からずあっという間に出来上がりです。

ラーメンは津軽の味。煮干の香りと薄い醤油味。創業当時からこの味らしいです。
酸味が感じられるが、これは煮干から出ているみたいです。
特に自家製麺の細麺が絶品です。この麺がまたスープによく絡む。
他の違う種類のラーメンも食べてみたくなりました。

炒飯はふわふわ卵とジューシ-チャーシューが格別に美味い。
シンプルな味ですけど、これぞ中華屋が作った中華の炒飯です。熱々でかなり美味かった。

家族総出で仕事してるからか、子供が暇して親と遊んで欲しくてしょうがなく、ずっと騒いでたけど、別にうるさいわけじゃなく、逆に微笑ましい光景でした。

今度来る時は、一品料理でビール飲みながらつまんで、〆に麺類頼みたいなと思いました。

これからも歴史ある来々軒が永く続いていって欲しいものです。

オススメ度(ラーメン評価)・☆☆

住所・弘前市茂森町16
電話・0172-32-4828
営業時間・11:00~15:00/17:00~21:00
定休日・木曜日
コメント