見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

呉の銘菓・鳳梨萬頭(おんらいまんとう)

2019-11-13 21:38:36 | 食べたもの(銘菓・名産)

 広島で仕事があり、慌ただしく行って、慌ただしく帰ってきた。お土産を買う段になって、広島に行ったら買おうと思っていた銘菓があることを思い出した。「鳳梨萬頭(おんらいまんとう)」である。台湾やシンガポールで売っているパイナップルケーキを丸くしたようなお菓子で、呉市にある老舗の和菓子屋さん(明治27年創業)天明堂がつくっているが、広島市内でも買えるという情報を見た記憶があった。

 調べたら、広島駅前のデパート福屋で買えるらしいことが分かった。広島銘菓のコーナーで探したが、見つからなかったので、検索した鳳梨萬頭の画像を店員さんに見せながら「ありますか?」と聞いたら「ああ、天明堂さんね」と探してくれた。

 職場のおみやげに20個入りを購入。試食用にバラ売りも3個買った。食べてみると美味しい! 味は全くパイナップルケーキだが、小ぶりで皮もパイナップルジャムも薄いので、お腹にもたれず、2つ3つでも食べられそう。

 それにしても、そもそも何故このお菓子を知ったのかが思い出せず、自分のブログを検索して、弟子吉治郎『日本まんじゅう紀行』(青弓社 2017)に載っていたことを思い出した。ああ~この饅頭に出会えただけでも、あの本、読んだ意味があった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 蘭州ラーメン「周記蘭州牛肉... | トップ | 「深い学び」を与える学校の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食べたもの(銘菓・名産)」カテゴリの最新記事