事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

木更津キャッツアイ(TBS) 第1球

2008-01-14 | テレビ番組

Bussan TVドラマのオールタイムベストを挙げろと言われたら、躊躇なく
天下御免」(早坂暁 NHK)
前略おふくろ様」(倉本聡 日本テレビ)
王様のレストラン」(三谷幸喜 フジテレビ)
を選ぶ。時代と脚本家の幸福な出会いがここには確実にある。予告ばかりやっているけれど、いつか必ず特集します。

 しかしここへ食い込むような傑作がいきなりあらわれた。「木更津キャッツアイ」(宮藤官九郎 TBS)がそれ。

 すでにTVドラマを1クール毎週つきあうなどという習慣を失い、おまけにいくらクドカン(宮藤)の作品でも「余命いくばくもない主人公が、なんか悪友たちと野球をやる」設定にはどうしてもノレず、オンエア時には一度も観ていない。これは世間も同じだったようで、クドカンの最高傑作、と騒がれたわりには視聴率は低迷した。

 しかしその不明を恥じる。いやもう速射砲のようにくり出されるセリフの応酬は史上最高。岡田准一(V6)のクールな風貌がここまでいかされたのって初めてだろうし、櫻井翔(嵐)なんてこのドラマで初めて“認識”した(笑)。

 テレビではいっこうに映えなかった薬師丸ひろ子も、キレまくる高校教師役がみごとにはまっている。酒井若菜にしたって、これまでどこがいいんだと思っていたが、「木更津にスターバックスができますよーに」と神社でお祈りするモーコ役はひたすらかわいい。

 そして小日向文世。死にゆく息子にどう対処していいかわからず、和田アキ子のモノマネで

「♪あのか~ね~を~ 鳴らすのはーあな~た~♪」と絶唱する父親。

こんな役、小日向以外に誰がこなせたろうか。以下次号

コメント   この記事についてブログを書く
« 「踊る大捜査線2/レインボー... | トップ | 「木更津キャッツアイ」(TBS... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事