レイドウレイキブログ「ヒューマン&トラスト研究所」 レイキヒーリングで人生に違いを作り出そう!

レイキヒーリングで幸せ体質になろう。
身体、心(感情・精神)、スピリチュアルの全体性からの癒しを探求しましょう

観音さまの粋な計らいに感謝

2014年10月31日 | 雑感おもうままに

10月31日にまさか届くとは、なんと粋な観音さまの御計らいでしょう。

それは西国三十三観音霊場そして百観音満願の寺、華厳寺の久保寺美好菅長からの封筒でした。

封を開けるとそこには二つの満願の証があるではありませんか!!なんと嬉しいお届けものでしょう。

先日4年の時間をかけて巡った御遍路の結願の寺、華厳寺に台風が近づくなか無事に辿りつくことができました。

西国の遍路は二府六県にまたがり点在してこれを満願することは至難の業です。毎回訪ねるのは天候に恵まれる10月にもかかわらず何度か台風に遭遇しながら、そのたびに何かに守られて被害にあうことがありませんでした。それは本当に不思議な遍路の旅だったと振り返ります。

華厳寺もまた同じように浄化の台風が近づくという条件でしたが、遍路の旅を守護してくれる神々の力で結願することができました。

西国三十三観音と百観音のそれぞれの満願打ち納めなので、それを証明する満願の証をお願いしようと思っておりましたが、生憎の空模様ましてや大切な証を雨に濡らすこともできないと思案しておりました。

御寺では関西方面からの遍路の人はあまり満願の証は求めないのだそうですが、東京からの遍路満願なので何とかならないだろうかと御寺の方にご相談したら、快くそれなら菅長に書いてもらいましょうということで手配してくれました。

その証が今日、私の手元に届いたということです。

今日のブログにも書きましたが父の祥月命日の日にそれが届くとはなんと光栄なことでしょう、父があちらから満願の喜びを返礼してくれているような感じがしてなんとも嬉しく思いました。

父がやりたくてもできなかったことを、私が供養を添えて巡れたことはきっと親孝行にもなったのでしょう。

明日の伝統霊気の講座に集まる皆さんからご覧いただこうと思います。

幸運な10月に心から感謝して、その喜びを11月1日に繋いでいきましょう。

 

コメント

益々元気にレイキの素晴らしさを伝えます

2014年10月31日 | ヒューマン&トラスト研究所

10月31日、父の祥月命日を迎え法要のお勤めをして一日は始まりました。31日の鞍馬山のカレンダーは「いのちを大切に、こころを大切に、すべてを大切に」と書かれています。

ふた月に一度お会いするこの日のメッセージをレイドウレイキは大切にしています、次に開くのは12月となります。

昨日、水道橋時代にレイドウレイキを学んでいただいた音楽家の山田先生が久しぶりにブログ始めたとメールをいただきました、その文中には「ヒューマン&トラスト研究所のHPから光を発している」と書かれていて光栄に思います。

朝の務めが終わると遠隔ヒーリングの送信、そして霊気ヒーリングとレイキヒーラー養成とレイキと共に生きています。

ヒューマン&トラスト研究所はレイキ専門の老舗研究所として21年のレイキ歴があります。揺るぎ無く霊気療法の原点を大事に丁寧にお伝えするレイドウレイキを私が、発展系のカルナ・セイキムレイキそしてアニマルヒーリングを小川先生が担当して、宇宙のご縁ある皆様に施療・遠隔・各種のレイキをご指導いたします。

レイキヒーラー養成卒業生の為にはレベルアップ講座やレイキ応用ワークショップも開催して、レイキを学ばれた後も質・技・志の向上に支援とフォローアップしていますので安心して人生に活用できるレイキの素晴らしさを学ぶことが出来ます。

お試しコースを受けていただくことからレイキは感じていただくことが出来るでしょう。

セミナーの申し込みは随時受付、レイキ療法も同様に受付中です。

11月の卒業生へのお知らせ***************

11月1日はレベルアップ講座としてレイキ第二段階卒業以上を対象とした「伝統霊気」の講習会が行われます。

11月22日は応用ワークショップとして第三段階bセラピストを対象とした「レイキオペ」の講習会が行われます。

ご興味ある方は奮ってご参加ください、ただいま受付中です、申し込みはレイドウレイキ本部にメールでお願いします。

それ以外にレイドウレイキ本部では11月15日(土)に開催する3b研修のヒーリーを1名募集しています。12:00-13:00でセラピストからレイキヒーリングを受けていただくことが出来ます。3bのスキルアップで再受講も可能です。

明日から11月、ヒューマン&トラスト研究所はますます元気に皆さんにレイキの素晴らしさをお伝えして参ります。

 

コメント

意義深い10月31日に想う

2014年10月30日 | 次の世代に靈氣療法を伝承

明日はハロウィンです、本来は古代ケルト人の秋の収穫を祝う儀式ですが、西洋文化を取り入れて今や日本のハロウィンは仮装行列を楽しむ10月のイベントです。

川崎にヒューマン&トラスト研究所のセンターがありました当時はハロウィンの数週間前から騒音がたなびく街となり、地方から来院される皆さんは騒然とした川崎駅からセンターまで来る道の様子に驚かれていたことを懐かしく思い出します。

私にとりまして10月31日とはハロウィンに重なる奇しくも父親の命日であることの方が大事な日です。

今年は亡き父母の供養もかねて遍路した百観音の満願の報告をきっとあちらの世界で喜んでくれているだろうと思います。

その父母を選び人間界に来ることが出来ました、私は両親への感謝を忘れることはありません。

幼少のころから病弱であった私を見守ってくれた両親にはほんとうに迷惑をかける世話のかかる子供時代でした。

それでも人生にチャレンジし続けて何度となく命の窮地を経験しながらも何かに守られて癒しの道に辿りつきました。

生みの両親と共に、私にはもう一人命を救ってくれたレイキ療法の創始者臼井先生を命の恩人として敬愛しています。

その恩恵をご縁ある皆様と出会い癒しの光を分かち合い、レイキ実践者としての道を歩んで21年目になります。

仏壇の父母への日々のお務めは忘れませんが、遠方にある墓地まではなかなか行くことが出来ません。

命の恩人である臼井先生の墓地は東京にあり、月に一度は必ず参拝して掃除する、いつの間にかこのような習慣が身につきました。

そしてレイキの道を歩み続けて、今年は念願が実現して、臼井先生の生誕された岐阜県谷合に辿り着くことが出来ました。

2014年の10月は私にとって実に意義深い月となりました。

 

コメント

此の世に生まれて来た目的は何?

2014年10月29日 | 次の世代に靈氣療法を伝承

10月も残すところ3日、朝の目覚めはまだ日が昇る前ですが、夕方の日暮れも早い、どちらにせよいよいよ本格的に寒さを感じる季節となりました。11月7日の立冬を前にすでに北の国からは雪の便りが届いています。

今年も残すところ2か月、天鷹神社参詣や西国三十三観音お遍路の旅を結願して、念願だった100観音巡りも満願、何かやり遂げた感じの達成感と同時に空虚さを感じます。

どちらにせよ、大きな節目となった1年は充実していますが時の流れは一段と速く感じています。

先日岐阜にご一緒した落合マスターがさりげなく「順番ですね」と言われた言葉を思い出します。

この空虚感から次の目的に取り掛かる準備をしようと心がけます、次は何に取り組むかを創作するのもまた楽しいものです。

人はそれぞれにあると思いますが、充実した人生に目的を持つことは大切です。

鞍馬山の教えに「人間最高の目的は、霊性を高めることである」というものはまことにその通りだと思います。

人生の最終章に向かうために、与えられた魂を存分に磨いていくことに意識を向けています。

「人間として何のために此の世に生まれて来たのか」を探求してみよう。そんな貴重な課題に取り組めることは幸せです。

心のうちに平穏と安らぎを求めてまた次の目標をもって前進する、意義深い人生を大事に生きてみましょう。

レイキと共に生きる私はそのような境地で日々を過ごすことの大切さに目覚めて、次の世代に霊気療法の素晴らしさをお伝えしましょう。

 

コメント

臼井霊気の原点を共に探求しよう

2014年10月28日 | 次の世代に靈氣療法を伝承

昨日は御休みの時間を活用して、一人静かに臼井先生の墓所に行き掃除してきました。

先日、念願かなって初めて訪ねた臼井先生生誕の地、岐阜県山県市谷合を五感で感じながらの参拝は臼井先生の「始まりと終わり」を改めて感慨深い参拝となりました。墓前でゆるぎなく霊気療法の素晴らしさを次に伝えると誓願して参りました。

「臼井霊気は深いですね」と受講生からよくお聞きします、それはそうです臼井霊気の根本課題は「人生とは何か」なのですからとレイドウレイキの私は応えます。吉凶織りなす人生模様、喜びも悲しみもあって今ここに生かされている、一人一人に授けられた尊い人生に幸多からんことを願いレイキは如何に活用することができるのかレイドウレイキは指導しています。

レイキ学んで知識だけ深める人もいれば、レイキを学んで心身の健康に駆使する人もいます、臼井先生を原点とする霊気はそれぞれの立場で今は語られていますがレイドウレイキは「命の大切さ」「生きざまの大切さ」を伝えるレイキの一会派として霊気ヒーリングの大切さを次の世代に繋いでいます。

海外からのレイキグループはツアーとして岐阜谷合を訪ねる計画で来日しますので日本のレイキ関係者よりよく行くようです。また、その地を訪ねたマスターから「誰もいない、何もない静かな村」とよく感想は聞いておりましたが、私もこの地を訪ねて昔懐かしい昭和の雰囲気漂う谷合村に望郷の念を感じました。

その谷合にある天鷹神社には臼井甕男先生の名が刻まれている鳥居があり、そこを目指して海外のレイキマスターはこの聖地を訪ねているのです。その鳥居には臼井家三兄弟の名が刻まれていて、レイキ関係者はその臼井甕男先生の刻まれた部分に触れるようで、そこだけはよく磨かれて色が違っています。

いつか行こうと考えていた谷合村、私はその想いを実現するのに20年の時間が必要でした。今回11月1日(土)に行うスキルアップ講座「伝承霊気の奥儀を極める」では是非にも臼井先生の生誕された谷合村の思いをお伝えしたいと思います。午後からの研修です、12:45に大井町ヒューマン&トラスト研究所に集合して別会場に移動します。

参加希望される方はどうぞお申込み、お急ぎください。

 

コメント

レイキの味わいを深めていただく

2014年10月27日 | 霊気ヒーリング

昨日の特別企画で開催した霊気ヒーリングはお陰さまで盛況に終わりました。

午前・午後・夕方と三枠でゲストをお迎えして、それぞれに長めの霊気ヒーリングの施術をさせたいただきました。

日頃の疲れを解放するとともに、レイキエネルギーの充填をご堪能いただけたことと存じます。

来院された皆さん誠に有難うございました。

品川・大井町ヒューマン&トラスト研究所はレイキエネルギーで満ち溢れていること御感じいただけたことでしょう。

レイキエネルギーで密度が増して部屋全体が広がります、室温も変化して、レイキカプセルの中にいるようだと言われます。

ヒーリングした私たちも夕方の回が無事終わると、レイキエネルギーで満タン状態となっています。

レイキの普及とともに今や多様化の時代、レイキヒーリングの施術時間もまばら、短くていいというかたもいるし、もう少し長く受けたいという方まで要求もそれぞれ、スピリチュアルな施術もあればエネルギー療法として代替療法に至るまで多種多様にあります。

それぞれのニーズに対してレイドウレイキは開発しておりますが、身体・こころ・魂にいたる癒しをさらに研鑽して、クライアントの要請にお応えできるレイキ専門の研究を促進しています。

今日は休館です、また元気に火曜日から通常の業務に戻ります。

本格的な霊気ヒーリング(療法)で御縁ある皆様をお迎えいたします。

10月秋も深まってまいりましたラストスパートで皆さんご活躍ください。

11月1日(土)スキルアップ講座として第二段階以上を対象とした「伝統霊気を深める講座」を開催します。

申込受付中です、レイドウレイキを学ばれたメンバーならどなたでも申し込み可能です。奮ってご参加ください。

 

コメント

霊気ヒーリング三昧の特別企画

2014年10月26日 | 霊気ヒーリング

レイドウレイキ本部は本日1Dayスペシャル!ロングヒーリングを開催します。

レイキの醍醐味を存分に受けていただこうという趣旨です。

通常の霊気ヒーリングは45分のレイキ療法と御話をする時間を設けて身も心もレイキエネルギーで充填して癒しのひと時を提供していますが、今日は霊気ヒーリングに重点を置き一人のヒーラーから45分を受けたのちにもう一人が継続して45分の施術をさせていただきます。90分のスペシャルな時間を施療します。

品川・大井町ヒューマン&トラスト研究所は二部屋を活用して霊気ヒーリングを受けていただける環境がありますので、霊気ヒーリングを求めるクライアントは存分に霊気エネルギーを堪能していただくことができるのです。

今日の企画の背景には、観音霊場巡り100観音満願を祝して「徳」の分かち合いを「功」として霊気ヒーリングでお伝えしようと考えも含まれています。

私と小川先生で感謝を込めてお迎えします、16時から一人は受けれるようです、もし希望あればメールください。

11月1日に開催する伝統霊気ワークショップまでは御縁ある方々にその喜びをお伝えいたしましょう。

レイドウレイキ本部は霊気ヒーリングを受けることのできる環境とレイキヒーリングを学べる研究所です。

霊気ヒーリング三昧の一日を始めます。

コメント (2)

自利利他の霊気ヒーリング

2014年10月25日 | レイドウレイキヒーラー養成

レイドウレイキヒーラー養成の特色はレイキヒーリングが各段階で出来るようになることです。

自分のため、家族のためにレイキヒーラーとしての学びを体得していただけます。

レベルが高まると第三者の方やご病気の方にもレイキヒーリングができる段階として第三段階セラピストコースがあります。

レイキヒーラー養成は受講される皆様の都合のよい時間割で週末や平日に関わらず、ご希望される時間を叶えるように予定を組むようにしています。

その為、マンツーマンで研修することは出来ますが、第三段階セラピストコースのように事例研修を積むためにはヒーリングを受けてくれる方が必要となります。

時には急に予定を組んだりしますとヒーリー(ヒーリングを受ける方)の要請が間に合わないこともあります。

そのような時には私か小川先生が受け手になりますから心配はいりませんが、やはりまだ見ぬ第三者に施療することでヒーラーとしてのヒーリングへの自信にもつながるので皆さんに呼びかけてその可能を開きます。

今日はその呼び声にこたえてくれたTマスターが遠路サポートに来てくれました。天気も良くて「箱根神社」にでも行くかと予定していたようですが、本部の要請に応えてくれました。受講生になり替わり感謝申し上げます。

Tマスターは現在老人ホームでレイキヒーリングのボランティア活動をされています、日ごろヒーリングする側ばかりなので時にはヒーリングしていただけるのはエネルギーチャージに繋がると喜んでいただきました。

ヒーラーも喜び、ヒーリーも喜んでいただける一挙両得、これぞ「自利利他」の精神です。

 

 

コメント

新月に新しい始まりを創作

2014年10月24日 | 雑感おもうままに

今宵は新月です。新しい始まり、変化・変容の時になりますように皆様のお幸せを祈念いたします。

これまでの感情を癒すプロセスを、次は行動に移す時期と言われます。

「思考」して、変容していくためには「行動」して創造した結果を味わってみることです。

今日のセンターには月に一度の霊気ヒーリングを受けにSさんが来院されました。

Sさんには西国三十三観音の遍路の旅を伝えて、その価値観を共感してくれる重要な存在です。

宝印で御軸のすべてが完成した姿をご覧いただき、その喜びを共に分かち合い、今日の良き日に額装することにしました。

4年間の積み重ねで完成した巻物の状態の御軸は本日で見納め、次に御目にかかるのは額装された状態となります。

新月に合わせるように、私も早速に行動して「変化・変容」の第一歩にしてみました。

 

コメント

微細な霊気ヒーリングを堪能してください

2014年10月24日 | 霊気ヒーリング

鞍馬山・天鷹神社・華厳寺から戻って11日目となりました。

昨日は二十四節気の霜降、その名の通り冬を感じる寒い一日でしたが皆さん元気にお過ごしでしょうか。

週末26日に行う特別なヒーリングイベントは10時の回は満員となり、残席は16時からの一名のみ申込み受付中です。

体調崩されている方も多く週末の貴重な時間を創作して来院されるのですから存分にレイキエネルギーを充填しましょう。

遠路松本からお越しいただく土橋マスターの生徒さんは、行きたいが「遠くて無理」と言われているそうです。

土橋マスターが体調に気を付けながら、東京まで来るという事はどれほど大変かをその生徒さんは良くご存知かと思います。

昨日ブログで紹介したセドナに行くには乗継して20時間かけて神聖なエネルギーに触れることが出来ます。

そこに行こうとすることはそれなりに強い意志がなければなりません。

海外からレイキ発祥の地「日本」にお見えになる方々も同じように長い時間をかけて訪日されています。

レイドウレイキ本部に訪ねてくる海外の方は日本の微細な波動を実感したくて遠路来られます。

近代的な都心のホテルに宿泊しながらここを訪ねてくると昭和の日本を想像することができるようです。

小さな古民家の一軒家は細い路地を歩いて辿りつきます。日本の民家を直接感じることが出来て喜んでくれます。

なんの「おもてなし」も出来ませんがレイキの波動に満たされたスペースで日本の霊気ヒーリングをご堪能していただければ幸いに思います。

 

コメント

レイキ療法・レイドウレイキヒーラー養成・伝承靈氣研究会を通して健康と幸せに貢献↓クリックで応援お願いします。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村