レイドウレイキブログ「ヒューマン&トラスト研究所」 レイキヒーリングで人生に違いを作り出そう!

レイキヒーリングで幸せ体質になろう。
身体、心(感情・精神)、スピリチュアルの全体性からの癒しを探求しましょう

明日から研究所は通常の業務に戻ります

2018年07月16日 | 霊気ヒーリング

京都と岐阜は今年最高の温度を記録しています。猛暑な暑さはまだまだ続くようです、体調には留意されてご自愛下さい。

昨日37度を超える京都より戻ってまいりました、品川駅に下車すると京都の暑さに慣れたせいでしょうか暑さの厳しさは和らいで感じます。

昨晩は祇園祭のお囃子の音色と鉾に載った子どもたちの売り声が心に響いて季節の京お土産となりました。

鞍馬山では大自然のエネルギーを充填しました、愛と光と力の像「いのち」に書かれていた言葉を思い出します。

『互いに捧げ合い扶け合い 共に生きるいのちの環の中で 大きないのちの愛と光と力によって 私たちも生かされている』

(すべては尊天にてまします)レイキ実践者として心の基本を大切にします。

真夏のリフレッシュ休暇を終えて、7月後半に向けての心身の調和を整えて仕事に専念致します。

明日からヒューマン&トラスト研究所は通常の仕事に戻ります。今朝は遠隔ヒーリングから始まりました。

ランキングに参加しています。 ポチっとよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛夏お見舞い申し上げます

2018年07月15日 | 霊気ヒーリング

歴史ある祇園祭りを堪能して、リフレッシュ休暇を終えて東京に帰ります。

年に一度の鞍馬山散策、月に一度の臼井先生墓掃除に、日々のレイキライフ25年の節目で京都に来て心新たに仕事に復帰します。

私は今年後半に向けてレイキヒーリング、ヒーラー養成コース、そして遠隔ヒーリングの始まりです。

ヒューマン&トラスト研究所はレイドウレイキ部門と小川先生の担当する新しい部門で皆様とお会いできる事を楽しみに、心身の健康にサポートして参ります。

日本中が猛烈な暑さです、盛夏のお見舞い申し上げます。どうぞご自愛の上、真夏を元気に乗り切りましょう。

ランキングに参加しています。 ポチっとよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

38度の猛烈な暑さ

2018年07月14日 | 霊気ヒーリング

ただいま気温38度を体感しつつ、京都でのリフレッシュ休暇を満喫しております。

38度の中、歩き回るのは初めての経験です、以前に暑いときに川崎大師にお参りに行って熱中症気味になったのを教訓に無理はせずに、休み休みで散策をしています。

鞍馬山も温度はそこそこありましたが、やはり高地でもあり、たくさんの緑に囲まれて風が吹けばさわやかな霊気もやってきて、すがすがしくおりました。

木の根道をはいっていくと大杉権現のお堂があります。

昨日のブログを見ていただいた方が、鞍馬寺本殿の六芒星の前でひざまずいて祈る写真を見て、とても驚いたとメール下さった方がいました。

今回はちょうど人のとぎれた本殿の前の静かなひとときだったので、そのような姿勢で三礼いたしました。人手が多いときにはあの場所は長蛇の列の時もあるのです。

そして、今日の京都市内は、アスファルトの照り返しに大変な暑さです。

日本各地がそうなのですから、温暖化を含め地球環境の変化のなせるわざと、このまま行くとどう暑さに慣れて健康を維持できるのかが、今後の日本国内でも問題になるでしょう。

あまりの暑さもあり、タクシーの運転手さん曰く、京都には夏に来るものではないとのこと。さらにもう一人の運転手さんは、京都人ですが祇園祭には一回しか行ったことがありませんと言われていました。

地元の人だからこその正直な言葉なのかもしれませんが、反面、祇園祭のまっただ中にいる年配者のパワーあふれる姿に刺激をいただいている面もあります。この暑さの中で、山鉾の組み立てから祭りの手配、様々なことを協力し合ってやっている姿、そこに学生さんはじめ若い人たちも加わり、伝統文化が引き継がれていく様があります。

伝統を引き継ぐことはなかなか大変なことですが、良いものを残しつつ、さらに進化していく道の中で、皆が協力し合い、笑い合い祭りを盛り上げていく姿は美しいものがあります。 

ランキングに参加しています。 ポチっとよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鞍馬山のエネルギーを充填しました

2018年07月13日 | 霊気ヒーリング

一年に一度は京都にきて、鞍馬山を散策することは日頃の疲れを解放して、大自然のエネルギーを充填することが出来ます。

今回は真夏に訪ねてみて、いつも変わらない山の波動と先日の豪雨の影響もあってか山の老木が根元から折れている風景に遭遇しました。

西日本豪雨の影響は、東京では岡山広島を中心に伝えられている感じがしますが、それ以外にも大きな被害が出ていることを物語っています。1日も早い復興を祈りと共に、鞍馬寺にて祈願いたしました。

木の根道の大杉権現のあたりは、ベンチが用意されて「瞑想道場」となり少し、昔と違うことを私は感じますが、静かな森の霊気は相変わらず私を癒やし充電してくれます。

季節の変化と共に大自然も変化していきます。20回以上は鞍馬山に訪ねているのですが、このような風景は始めてみます。

淡々とレイキの道を歩みながらも、鞍馬山もいろいろな変化をしています。

臼井先生がレイキを開眼した鞍馬山を縁あって私も25年レイキの探究の道を歩んでいます。

地球の平和を人々の心の平安を願いながら、青雲の志でこれからも諸行無常のなかでますます精進して参りましょう。

鞍馬の山を歩きながら大地のエネルギーで充満することが出来ました。

*****************

7月17日(火)に第3段階bから仕事に復帰します。午後2時から行うヒーリング実習のモデルを1名募集しております。

フランスからお越しのMさんのレイキヒーリングを受けていただきます、希望者はメールにて申し込み下さい。

ランキングに参加しています。 ポチっとよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和顔愛語の精神を学ぶ

2018年07月12日 | 霊気ヒーリング

レイキ実践者として日々ご縁ある皆様と出会いレイキヒーリングをそしてヒーラー養成講座を開講し続けることは自分自身の心身の管理が出来ていないと継続する事は出来ません。

これまでの25年を振り返ると始めた頃の40代は多少の無理も何するものぞと、全力で仕事に専念して朝晩かかわらずヒーリングの活動に没頭することが出来ました。水道橋時代の10年はまさしくそのような時です。

それから川崎に移転して50代の9年は理想のヒーリングスペースを目指して大きなフロアーで充実したレイキの活動をしていました。但し川崎での環境では夜遅くまでの活動は控えるようになりました。実りの深い時代でしたが東日本大震災を被災して近隣のビルの改築工事などの騒音がキツくなり移転を決意した時期でした。

メンバーのお知恵もお借りしてレイドウレイキ本部の移転先を現在の大井町に決めたのは今から6年前のことです。静かで心が落ち着く昭和レトロな古民家の一軒家を皆さんはふるさとに帰ってくるようだと喜んでいただけます。

このような時代の流れを経験できるのは心身の管理をその時期にお会いできた治療家の先生方から施術していただけていること、そしてレイキの実践を通して心身の健康が保てているからでしょう。

今日からヒューマン&トラスト研究所は休館とさせていただき心身の浄化をしています、安藤庵の安藤先生からじっくりと施術していただきいろいろなアドバイスをお聞きしました、元気溌剌のパワフルな先生の言葉に耳を傾けました。元気な安藤先生とはSS健康法を深める会で9月にお会いできます、和顔愛語を楽しみにお待ち下さい。

「真の芸術に年齢はない筈 万𠮷を照らす 大作は年齢の支配を受けない」94歳になる先達の言葉だとお聞きしてきました。

意味深いこの言葉を今日の教訓にしています。

ランキングに参加しています。 ポチっとよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイキ療法・レイドウレイキヒーラー養成・伝承靈氣研究会を通して健康と幸せに貢献↓クリックで応援お願いします。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村