レイドウレイキブログ「ヒューマン&トラスト研究所」 レイキヒーリングで人生に違いを作り出そう!

レイキヒーリングで幸せ体質になろう。
身体、心(感情・精神)、スピリチュアルの全体性からの癒しを探求しましょう

癒し人となる貴重な体験

2015年12月24日 | 統合医療
レイドウレイキは体調すぐれない家族のために学ぶヒーラーもいれば医療現場の先生方も学ばれています。
統合医療としてエネルギー療法にレイキ療法はますますその可能性が広がろうとしている時代となりました。
家族がレイキヒーリングをして素晴らしい効果を目の当たりにする経験や、医療現場の先生方が患者さんに施術することで起こる変容など多くの事例があります。
今日は医療現場でレイキ療法を活用していただいたレイドウレイキマスターである看護師Fさんの貴重な体験談をお許しを得てご紹介させていたしましょう。
レイドウレイキはヒーラー・セラピスト・マスターの養成には自信を持って質・技・志の向上を目指して育成しております。
 
*********************
 
先日、貴重な体験をしたのでご報告させて下さい。
長文をお許しください。
 
高齢者マンションでの夜勤中の出来事です。
深夜1:30、静養室でお休みのA様より、「咳が止まらなくて、眠れない。何とかなりませんか?」とナースコールがありました。ベッドの頭側を45度くらい上げ、かなり咳込んでおられました。
前日の夜も、咳で眠れなかったと、申し送りを受けていました。
A様は、癌の治療のため、重粒子センター入院に向けて、6:30に出発予定でした。
様々な症状に対する内服薬も服用されており、これ以上どうしようもないと、ご自分でもわかっておられてのコールでした。
 
「この状況では、もう、レイキしかない!」そう思いました。
「触ってもよろしいですか?」とお声かけすると、うなずかれました。
そのまま床にひざまずき、胸部に手を当てさせて頂きました。。
咳込みの時は胸をさするようにしながら、手を当てレイキを始めました。
 
咳は少しずつおさまってきますが、時間を要しました。
「大丈夫かな?」と一瞬不安になりましたが、
「自分を信じなさい。」という声が自分の内側から聞こえてきました。
 
咳がおさまらなければ、朝までこのままヒーリングを続けてもいいと思いました。
「どうか、無事に入院でき、全てがうまくいきますように。咳がおさまり、眠れますように。」と祈るような気持ちでレイキをかけ続けました。
 
しかし、フッと「この様々な願いは、私のエゴだ。」と気付き、ただひたすら、A様の幸せを願う事にシフトしました。
 
徐々に、A様の咳込みの持続時間が短くなり、入眠の時間が長くなり呼吸が深くなってきました。
 
しばらくすると、自分の目から涙があふれてきました。
それは、何とも言えない、幸福感と安らぎの感覚でした。
自分が穏やかな微笑みをたたえながら、手を当てているのがわかりました。
 
A様はすっかりリラックスされているのが、わかったので、立ち上がり、
第一ポジションから足の裏まで、届かぬ所は光の手を伸ばしてヒーリングしました。
A様の体が、どんどんホワイトゴールドの光で満たされていくのを感じました。
終わって、時計を見ると、ほぼ2時間経過していました。
その間、一度もナースコールも電話もありませんでした。
 
退室し、浄化した後、自分の魂を感じると、ハートの奥に大きな塊を感じました。
喜びがうごめくようにして出たがっているのです。
ヒーラーであることの喜び。
私は、ヒーラー、癒し人になる!
そのための準備が着々となされてきたのだ! そう感じました。
 
「癒し人」となることを、改めて決意した瞬間でした。
 
A様は、ご出発前に、立ち寄って下さり、
「私の病名は何ですか?
苦しかったのは覚えてるけど、どうやって寝たのかわからない。」と、首をかしげておられました。
 
東大工学部卒業の元会社役員で、ご自分の病名も全てご存知の方です。
 
お医者様である息子様がお迎えに来られ、無事なご出発をお見送りさせて頂きました。
 
帰宅後、青木先生の、「ヒーリング、ザ、レイキ」を急に読みたくなりました。
前も読んだ事があるのに、全くわかっていなかった事に驚きました。
感動のままに、ティッシュを片手に貪るように読みました。
 
全てが、成長するための機会であり、それを与えられていた事に対する感謝の思いが沸き起こり、そして生かされていることへの感謝の思いへと変わっていきました。
 
また、「ヒーリング、ザ、レイキ」を読んで、改めて自己ヒーリングの大切さを感じ、すぐ実践しました。
実は、発霊法の瞑想はやっていても、自己ヒーリングは、しばらくやっていなかったのです。なんだかとても優しい落ち着いた気持ちになりました。
自分の心身の様々な不調に対して、何が原因なのか?を追求したり、治してくれるものを探す事に眼を向けていましたが、
ようやく、自分で自分と向き合う事の大切さと必要性が腑に落ちました。
まだ日は浅いですが、効果は日を追うごとに現れてきています。
 
そして、「幸力」のありがたさをしみじみと感じています。
 
「レイドウレイキ」と出会えて、本当に良かったと心から感謝しています。
ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

統合医療でレイキはエネルギー療法

2015年12月05日 | 統合医療

統合医療とは何か、学会の説明するところでは一般の方々には少し難しい表現を感じます。

そこで分かりやすく統合医療について書かれた書籍としては、自ら統合医療の最前線で活躍されている川嶋朗医師の書かれた『「見えない力」で健康になる』(サンマーク出版)から統合医療の内容についてお伝えしてみます。

川島医師の言われる統合医療とは「年齢や性別、性格、生活環境、さらに患者さん自身が人生をどう歩み、どう死んでいくかまで考え、西洋医学・相補(補完)代替医療まで、あらゆる療法からその個人に合ったものを見つけ提供する受診側主体の医療である」と書かれていました。

これまでの病院側主体の提供する治療に対して全面的に依存してきた患者さん側も賢く自分に適した病気対策を医療現場に求めていく時代へと大きく変化してきたことを「統合医療」は認識されているのです。そのなかにある民間治療法は効果の優れた内容が備わっていることは当然求められることです。

そしてレイキ療法は統合医療のエネルギー部門に属している療法として紹介されています。

レイキ療法は世界の医療現場で既に代替・補完・予防として活用されていますが、世界でレイキ療法が深く広まってきたのは患者さんの賢明さが要因だと言われていました。副作用のない自然療法として患者さんが選択して自ら実践されたことで多くの奇跡を生みました、当事者を取り巻くご家族が「手当を」することで患者さんは穏やかに日々を過ごすことが出来ます、それは体調回復にも貢献しますし、最期の瞬間まで手当てをして家族は後悔のない御見送りもされているのです。

看護師はタッチングセラピーとして触れることの大事さはよくご存知です、それでも仕事柄、長い時間をその患者さんにだけ関わるわけにはいきません。レイキ先進国イギリスなどでは医師からの依頼がレイキセラピストにきます、そこでは一人一時間で施術もしています。レイドウレイキは療法第一主義ですがこれまでホスピス入院患者さんや自宅療養されている方の家族からのご要請がきて施術させていただいておりました。

レイドウレイキのレイキ療法はそのような方面の皆様にご愛顧いただきました、医療資格はありませんのであくまでも民間手当療法として「治る」という表現は使わない「癒し」の世界から「統合医療の意味するところから」患者さんや家族に接してきたのです。いつでもレイキ療法を受けていただける環境も整えております。

それが縁となってレイドウレイキ本部には医師や看護師そして東洋医学の治療家の先生方がお越しいただきます、ご自分の為(エネルギーメンテナンスやエネルギー充填)にそして関わる家族や患者さんの為にレイキ療法を活用されています。

レイキ療法は日本において93年の歴史を諸先生方によって引き継がれてきました。今や多くのレイキセラピストが輩出されてますますレイキ療法の名は多くの人が知る時代となりました。統合医療にその名が出るようになれたことは先人の作り上げたその功績のお蔭です、一人のレイキ実践者としてますますレイキの質の向上を目指して前進していかなければならないとの思いを持ちます。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

統合医療・エネルギー療法・レイキ

2015年11月04日 | 統合医療
レイキ療法は統合医療においてエネルギー療法として認識されています。
レイドウレイキは長年にわたりレイキ療法の探求を深め、その効果性をご縁ある皆様に分かち合っております。
近年では医療従事者の方もレイキ療法に対して一層の興味をお持ちいただけるようになりました。
本当にありがたい出会いを宇宙は結んでくれます。
週末の病院がお休みを利用して積極的にレイキ研修に励まれているSさんから感想文をいただきました。
第三段階(神秘伝)を研修されて以下の様に感じられたようです、お許しを得てご紹介しますSさん有難うございました。
*******************
 
週末に第三段階神秘伝を受講したSです。先日は2日間続けて大変お世話になりました。
 
私は20年近く病院に勤めていて日々西洋医学と向き合いながらも、
診察だけでは解決しない多くの苦悩する患者さんを目の当たりにしてきました。
そこから統合医療の大切さを考え始め、辿り着いたのがレイドウレイキでした。
ここではただ単にヒーリングをマスターするのではなく、本来の人として生きる意味、
現実としっかりと向き合いながら、
レイキの教えを通して人生の大切な真理のあり方を教えてくれる場所でもあります。
 
今回の神秘伝の教えもマンツーマンでじっくり教えていただけたのですが、
長い間、私の心の奥底に閉じていたものが、浄化の涙と共に流れて出て、
そして愛と感謝の気持ちに変わっていきました。
いつも親身になって接してくださる青木先生と小川先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
それから、研修で青木先生にヒーリングしていただいた時のことですが、
日ごろ調子の悪い腰の周辺(^_^;)
こちらからは何も言わなかったのにその部分だけ丁寧にやっていただけて、
スッキリして調子がよくなりました。
ありがとうございました。
********************
 
手当療法の不思議さに触れられたようです、「ただ身体なおしのためでなく心を癒せる術者」となろう。
レイドウレイキのヒーリングは身体・心・魂の浄化に活用しております。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイキ療法の信頼を高めていく活動

2015年06月13日 | 統合医療

ヒューマン&トラスト研究所はレイキ療法に専念して22年、民間療法であり「治療」とは表現しませんが「癒し・ヒーリング」による多くの療法事例を積み上げてきました。

これもレイキ療法に一意専念して、ご縁あるクライアントの心身の回復に貢献することが出来ることは喜びです。これからも、手当療法・そして遠隔ヒーリング療法の可能性をさらに研鑽して参ります。

レイキの活用法はいろいろな分野で活用することを可能としますが、その中でも施術を受けることのできる環境を整えた民間の研究所としてレイキ療法(ヒーリング)を遠路受けに来ていただけることは誠に幸いに思います。

医療界の医師や看護師、治療界の先生方、介護サービスの方々もレイキ療法を受けていただくことで、その効果性を分かち合えるようになりました。「誰でもできるレイキヒーリング」として世に広がりましたが、その中でも実際にレイキ活動されている有志の活躍で近年ではレイキ(ヒーリング)は伝統医療・相補代替医療一覧のエネルギー療法として日本統合医療学会において認識分類されるようになりました。

学会から発行されている日本統合医療学会誌2015年5月には

「エネルギー療法の基礎と臨床」をテーマに鈴木清志さん片村宏さんによる論文が発表されています。

論文では生体エネルギー療法という観点から、その理論を『療法士の手のひらから宇宙や大自然のエネルギーを放出して「生体エネルギー」の流れやバランスを整えたり「霊体(spiritual body)に働きかけることで、自然治癒力を高めて健康を増進するというものである。』と位置付けて、療法の効果事例や懸案事項などが表されています。

レイキヒーリングを専門で施術する私たちにとって、このような論文は興味深く、自らの研さんに役立てています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康寿命に貢献するレイキ療法

2015年03月19日 | 統合医療

レイドウレイキヒーラー養成コースを学ばれたIさんは262番目のレイキマスターの研修が終わりました。

レイドウレイキは奥が深い、「これからが新たな始まりですね」との完了の言葉でした。

Iさんは企業を定年退職されて、これからの人生について考え、第二の人生の為とレイキヒーリングを学びました。

団塊の世代である我々は自らの健康寿命を全うしたいと願うものですが、定年退職間際にして体調崩される方も多くおいでになるようです。

Iさんも社会の第一線で仕事生活を送る中で「心身に不調和が生じてしまった同期の桜を多く見てきた」と言います。

これからの医療現場は病院の7割が治療の後には在宅復帰することを優先する時代となります。

それは健康管理を自らが率先して行かなければならない時代への警鐘であり、すでに現実化しているの実情です。

最近、私の目には定年退職した方か高齢者が夫婦仲良く(手をつなぎながら)歩いている姿よくお見受けします。

何の違和感もなくパートナーと仲睦まじく歩かれる高齢者が多くなれたことは「老後も共に支え合い助け合う心の準備の表れだ」と感じるのです。

レイドウレイキにはそのようにご夫婦でレイキを研修していただくことが多くなりました。

またIさんのように人生に新たな目的を持って家族の健康に貢献して共に生き生きとした人生の再スタートをされようという志を持つ方も研修に臨んでいただける方も増えています。

レイキヒーリングが幅広い年代に浸透していることを教えていただいているように感じます。

大人の学ぶレイキ教室として選択していただき来院いただけることは誠に光栄なことです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医療も介護も「在宅復帰」の時代

2015年02月11日 | 統合医療

2025年には高齢者人口のピークを迎えます、それと共に団塊の世代の後期高齢が加わり75歳以上の人口比率は高まる。

10年先の日本はどのような医療・介護の時代を迎えようとしているか、またどのように健康寿命を全うできるだろうか、これらのテーマで昨日は講演会に参加してきました。

レイドウレイキにレイキヒーリングを学びに来られる方は家族のため自分自身のために学ばれている。

老若男女の年代も幅広く(若きやまとなでしこから元気な86歳まで)目的も健康から自己成長そして心の平安までと実に幅広い、民間療法ではあるが家族の難事(病気・自宅介護)に自ら手当を学んでいる方も多くおいでになる。

医師には医学の専門分野が、看護には看護学の専門分野が、介護には介護の専門分野が、互いに協力し合いながら、これからの高齢化社会での活躍が必要と講演されていた。

これからの時代は「自立支援」と「看取り」への二極化が顕著になるとの見解はまことにその通りとなるだと共感する。

自然療法としてレイキを学ぶ受講生も大切な家族へのサポートとしてできるレイキヒーリングをさらに活用していくだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エネルギー療法とスピリチュアルケアのレイキ療法

2015年02月10日 | 統合医療

レイキヒーリング(レイキ療法)は統合医療ではエネルギー部門に属しています。

レイドウレイキはレイキ療法を専門に直接来院されるクライアントへの施療をして早22年の経験を積んで参りました。

自宅療養やホスピスのクライアントからの要請があれば出向いてレイキ療法を行うことの先駆けとして行動しています。

これまで終末療法と言われた時代は代替療法として認識が変わり、現在では統合医療として理解していただける時代となりつつあります。

これまでの肉体的疾患だけでなく心理的疾患にもその効果を促進する自然療法として、レイキの効果性をご理解いただける時代になったことは大いに喜びたいと思います。

超高齢化社会の「今」、スピリチュアルケアの必要性や家族の看取り等、レイキは必要と必然の時にあることを感じます。

今日は幸いにも国際医療福祉大学大学院教授の竹内先生の講演を拝聴することができます。

「医療も介護も在宅復帰」(この困難な時期をどう乗り切るか)その学びをヒーリングの中にさらに反映していこうと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

施療付レイドウレイキヒーラー養成コース

2015年01月26日 | 統合医療

平日にはレイドウレイキヒーラー養成コースにレイキ施療を加えながらのレッスンで進まれる方がいます。

例えば人生の岐路の中、体調不調や疾患が発覚した時、ほとんどの人は、まずは病院に行き診断投薬、オペや経過観察などの選択をされるかと思います。

次に「さて、自分の生き方の中で何かを変えなくてはならないのかもしれない」とふと気づく方がいます。

そのような時に、大いに手助けになるのがレイキ療法なのではないかと思うのです。

様々な情報が取り出せる世の中になっていますから、レイキ以外にも可能性を見出すところはありますが、レイキを知り、その後に私の著書の「ヒーリング・ザ・レイキ」を読んで下さり、それがご縁となってきてくださる方が増えています。

すでに10年ほどたっている著書なので、当然ながら一般の書店で見かけることは難しいのですが、これもまたインターネット社会の貢献といえるでしょう。ネットで本を注文して下された速やかにお手元に届く世の中です。

それがレイドウレイキとのご縁となってくれるのです。

また、すでにレイキ療法を受けたり、レイドウレイキヒーラー養成コースを受講された方の紹介で来られる方も多くいます。

今年で22年目となるヒューマン&トラスト研究所はレイキ一筋に、ヒーリングセンターを構えてレイキ施術とセミナーをさせていただいていますので、週末セミナーも、平日も変わりなくお迎えできます。

特に体調不調が激しい方、個人的な内容に踏み込んでお話をしたいという方は、平日を選択されることが多く、マンツーマンレッスンで要望にお応えします。

そういう時にお勧めなのが、「施療付レイドウレイキヒーラー養成コース」です。

このコースは7日間、平日のご都合のよい時にかよっていただき、セルフヒーリングを自分で行えいレイキを活用できるようにレイドウレイキ1-3aまでの内容を伝授するとともに、5回以上のレイキ施療を組み込んでいきます。一回のレッスンは3-4時間、半日づつを活用していく統合医療的な見地からもお役に立てるコースです。

会社務めの方が有休を上手く活用していただけます。

このようなコースがあることがあまり認知されていないので、今回は書かせていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイキ療法が医療現場で活用される暁日に向けて

2015年01月23日 | 統合医療

レイキヒーリングが先進国において民間療法として成長したのはクライアントの賢い選択によるおかげだと聞きます。

日本においてもレイキ療法が統合医療としてエネルギー部門に存在できるように認識されたことは喜びです。

今では医師が自ら患者さんにエネルギー療法を活用して、いろいろな病状に変化と結果を作っています。このようにしてエネルギー療法の臨床事例が明確に理解されつつある時代となりました。まだまだ先の話の話でしょうがきっとレイキ療法が医療現場で活用できる時が来ることでしょう。

レイキエネルギーの使い手はレイキ療法ができて当たり前と思いますが、レイキの指導者は自ら施術にあたる方は多くはいないようです。知識としてレイキの可能性を多くに広める役割もあれば、現場でレイキ療法を実際時間もかかりますが施術することでその効果をクライアントに喜んでいただきレイキ療法を認識していただく地味な活動もあるものです。

臼井先生・林先生・高田先生とレイキを継承されてきた先人は皆、レイキ療法(ヒーリング)の使い手であり、その効果を実感して人間に授かる大いなる智慧として語り繋いでいます。レイドウレイキは自らレイキ療法の最前線で施術された諸先生を範としてレイキ療法家としての道を歩んでいます。

話は変わりますが、昨日はレイキマスターのお母さんが入院されている病院にお見舞に訪ねて参りました。

面会時間とはいえベットで休まれていましたが、「お母さん」と呼びかけると微睡から目覚めて目線が合いました、エー「夢ではありませんよ」私を明確に識別されて「先生!?」突然の訪問に驚かれていました。涙して喜んでいただけて光栄です、病室のエネルギー浄化そしてレイキ療法は一番喜ばれるお見舞いとなったことでしょう。

入院された経験のあるレイキ実践者は一日8時間のセルフヒーリングをして回復を促進した事例もあります。

近い未来、医療現場においてもレイキ療法が活用される時に向けてレイキ施術家として更なる修養練磨を積んで行かなければなりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エネルギー療法としてレイキヒーリング

2014年12月15日 | 統合医療

ことしげき 世にはたつとも むらぎもの こころゆたかに もつべかりけり (心)明治天皇御製

生きていく世の中がどんなに煩雑で煩わしいとしても、心だけはゆったりと豊かに持つべきでしょう。

こころはいつもそうありたいと思いますが、12月も折り返して、年末の慌ただしさに拍車がかかります。

こんな時だからこそ、心静かな時間を御自身のためにとってあげようと思えることは大切です。

日々の疲れ感を解放して平安な時間を取り戻すためにレイキヒーリングを活用されるクライアントが多くなりました。

本格的にレイキヒーリングを受けたいと願われる皆様にはお喜びいただけます。

多くのレイキ教室はありますがレイキを専門で施療するところとなると数は限られいるのが現状です。

そのような背景の中で21年にわたり、ヒューマン&トラスト研究所はレイキ療法を専門として研究しており、レイキヒーリングの微細な波動を存分に受けていただければ幸いに思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイキ療法・レイドウレイキヒーラー養成・伝承靈氣研究会を通して健康と幸せに貢献↓クリックで応援お願いします。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村