2018 備忘録

思いついたことを書き残す。

日常

2018年04月10日 | ひとりごと

頭を切り替えて仕事場に戻る。2日休むとやはりスッキリしている。プリンターの用紙を購入して久しぶりにプリント。画面とは又一味違う。それにしても仕事場で使っているレーザープリンターではコストをあまり考えずに使っているがインクの消耗にはハラハラする。「クマノミ」というカートリッジはすぐ終わってしまう。



写真に夢中になって休日を過ごしていたら例の公文書隠蔽の件はあちこちに波及。国の中枢にいる人達のやることではない。歴史は勝者によって作られると言うが勝敗にかかわらず戦闘詳報は自衛官にとっては生命同様のはず。穿った見方をすれば政府に都合が悪いことが書かれていて政治の力で書き換えさせられるのを恐れたのではと勘ぐってしまう。宿営地の頭上を砲弾か飛び交っている様子は我々もTV番組で見た。現地では神経をすり減らす毎日であったろう。遠く東京で政治ごっこをしている人たちには砲声は届かない。これでは時代錯誤の勇ましいことを言って的はずれな行動をした大臣など無視されて当然だろう。今本当に守らなくてはならないものを右も左も勘違いしている。一から出直すべきだ。
コメント