2018 備忘録

思いついたことを書き残す。

ようやく梅雨か、な?

2007年06月25日 | 建    築
さすがに雨の日が増えてきた。紫陽花は剪定に失敗したらしく今年は咲かずじまい。いっぽうデンティーベスはもう一回咲く見込み。いろいろある。

6月20日の建築基準法変更に伴い、神経を余分に使う。「改正」と果たして言える内容か。
コメント

一中同窓会

2007年06月17日 | ひとりごと
今年は幹事年とのことで同窓会に出席する。
40年ぶりに会う同級生もいる。名札と顔が一致しないのもいれば今でも時々会うのもいるがやはり40年の年月を背負っているということか。担任の新保先生もお元気な様子。同級生にもすでに鬼籍に入っているものもいる。交通事故で20代でなくなった友人が久しぶりに思い出された。

「たら」、「れば」言いたくもないが高校の選択が違っていればまた違った人生があったことだろう。商工業者の家ではまだまだ大学進学など一般的でなかった時代、親から奨められることもなくなんとなくこの道を選んでしまった。まあ結構これはこれで楽しんでいるが。
もっとも前高に進学していればそそっかしい性分から左翼運動にでもはいって道を踏み外していたかもしれない。

娘は勉強したいといって勝手に大学進学を決めたのだが親が足を引っ張ることもないので好きにさせることにした。まだ学問には興味があるらしく学業に励んでいるらしい。親の分までがんばってくれといったところか。

嫁に行った同級生は連れ合いがもう定年退職とのこと。
こちらはといえばまだまだ発展途上である。65歳まで毎年10ずつ作品を残せたとすると100になる。100もというか100しかというべきか、いずれにしても大変なことだ。
コメント

JIAの建築家展ー住宅部会

2007年06月11日 | 建    築

JIAの建築家展に出展の搬入があり上京。
住宅部会の展示なので顔なじみも多い。
和瓦葺きは自分のみ。これをどう考えるか。
日本の伝統とどう関わり合っていくのか、難しい命題。

帰途に娘を呼び出し夕食を共にする。
サラダの取分けを娘が自然とした。学生とはいえ社会経験で身についていくのだろう。まあ大人になっていくということか。
国語検定を受けるとのこと。とりあえず勉強はしているらしい。本来の専攻とは違うのだがやればそれなりに面白いらしい。
コメント

休日出勤

2007年06月04日 | ひとりごと
今日は休日出勤。といってもほぼ月曜日は仕事をしている。
一般的には月曜日は週の始まりだが土曜日を休めない仕事柄思い切ってはじめてみた。
関与先に合わせて午前、午後現場の打ち合わせがある。

奈良の奈良町に去年行った。
そこの出身の河瀬監督がカンヌで入賞した。
東京からのUターンとのことだが出身地で地に足の着いた仕事をしたとのこと。
地方で仕事をする意味を再考する。
コメント