2018 備忘録

思いついたことを書き残す。

紺色の狼

2009年05月27日 | ひとりごと
灰色の狼とは大西洋でのドイツ潜水艦Uボートのことだが関越自動車道には紺色の狼がひっそりと獲物を狙っている。
昨日、下り線赤城サービスエリア附近を走行中紺色のクラウンを発見する。
この手の車は要注意なので背後に付くとやはりバックミラーが二枚、後部座席にも何かがある。

しばらく背後を走行したが前の車両が前方に走行車両がいないのに追い越し車線に突然出る。ちょうど追い越し車線を走っていたボルボとあわや衝突の異常接近。
いちおうハザードランプで謝意を表わしようだがその後ボルボが走行車線のまま追い越したらすかさず赤色回転灯を出し、沼田インターに連行していった。

もともと赤色回転灯をつけずに100km/hは出ていたと思う。
かつ突然の針路変更。何か違反を誘うとしているとしか思えない。
もちろん法令順守が一番であるが腑に落ちない。

コメント

矢車菊

2009年05月25日 | ひとりごと

五月は紫色系の花が多い。
藤、桐、そして矢車菊。
矢車菊は欧州原産の雑草であるがドイツの国花でもあるらしい。かわいさの中にもきりっとした形と色彩が好ましい花である。最近とみに多く見掛るようになた。

バイクの平均的車速は概ね20㎞/h
行動範囲が広いにもかかわらず徒歩での視野に近いのも楽しさの一つである。
本格的に乗り出してから一年がたとうとしている。
今まで感じなかった気温や風向、動植物、等々あらためて身の回りのことで多くのことに気がついた。冬は風向と気温、この数字がどのような意味をもくのか文字通り経験した。初夏には早速熱中症になる。

この自然観はライフワークである建築の設計において貴重な体験でもある。
群馬に生まれ育ち風土に熟知していたつもりが結構頭で考えていただけだったのではと反省している。

今月は新たな仕事を受注した。
発注者の友人の住宅を設計させていただいたのが幸いしたようだ。
もっとも不義理していればマイナス効果にもなるのだから日頃の仕事への姿勢が問われていることを実感する。

先ごろ建築の見学会があり参加する。
若い現場担当者が説明にたったが先方の建築家の代表者はこちらにあいさつもせず尊大な態度。
建築は表皮の装飾に走り普段消耗しやすい部位に脆弱な材料を使用しているので5年も経てばボロボロになるのでは。地方公共団体では維持費にかける費用が不十分なので今から心配だ。
この建物は印刷物程度の解像度で見ればこんなからくりはわからない。
建築雑誌に掲載するときさえ見場がよければすむのが東京の建築家の流儀
地方の一地域で活動する身では許されないことだ。
コメント

妙義山グルメライド

2009年05月18日 | 自 転 車

今日は妙義山の中之岳神社まで山岳ランとグルメライド。
チーム月定で6台の参加。
朝8時に集合、西毛の田舎道はとても走りやすい。
リーダーが下見までしてコースを選んでくれたおかげで安全、かつ高速で妙義山のふもとに到着。

妙義山は遠望の形より実際は意外と穏やか。といってもギヤを使い切ってやっと到達する。下仁田へは長い下り坂。快調にとばすも積立預金を一気に使ってしまう感覚はいつもと同じ。それにしても昨晩の雨で新緑の緑は艶を取り戻し快晴の青空と風は至福の時を与えてくれる。

MIKADOはうわさに違わない素敵な店だった。また寄ってみたい店である。
昼食の安中園はレトロというか時間が停まったような焼肉屋さん。
大盛りのご飯までいただいて大満足。ホルモンはまだ手が出ないのだが肉は美味しかった。薄暗い店内から外へ出るとまぶしいばかりの陽光。充実感をお土産に帰路につく。

Dst101.2 Tm4:55 Av20.5 Mx58.3
コメント (2)

五月雨

2009年05月17日 | ひとりごと

本来は五月雨は6月の雨のことのようだが今日は雨。これも五月の雨ではある。
吾妻の住宅の完成引渡しがあり現地に赴く。田には水が張られているところもある。吾妻渓谷は刻々とその姿を変えつつある。水没する森林の木々を上手く活用する道は無いものか。帰路日野屋製パンのメロンパンを良く買い求めたものだ。

事務所のもう一つのバラが少し遅れて咲く。タグを紛失して名称が不詳となっていて花には気の毒なことをした。八重ではあるが上品な淡黄色である。鉢植えであまり花を結ばないが毎年夏が来るのを知らせてくれる。
コメント

熱中症かな?

2009年05月11日 | 自 転 車
ぐるぐる会のメンバーは山岳ランで榛名に行ってしまったが、前回の反省から少しマイペースで筋力アップを目指し赤城山を登ることにする。
といっても山頂までは未だ無理なのでとりあえず三夜沢の赤城神社を目標に。
赤城山オートキャンプ場が開いていればソフトクリームなどと目標を立て挑む。

初詣の時とさほど変わらないタイムでややふがいない思い。
そのまま忠冶温泉まで登り引き返す。
赤城第二南面道路は路面も良く快適に表登山道まではしり畜産試験場までくだり、溝呂木十字路まで赤城南麓を横断し渋川に降りて帰路に。
渋川から先は下りなのにまったくケーデンスが上がらず。

メールに仕事の件が入っていたので小一時間ほど事務処理し、屋根の瓦の色を決めるのに施主と井野まで出掛けたらもう頭がガンガン。
デライトにちょっとよってから帰宅後布団をかぶって寝る。
Dst64.4 Tm3:36 Av18.0 Mx55.0
コメント

2009デンティーベス

2009年05月05日 | ひとりごと

端午の節句。あちこちでこいのぼりをみる。

今年のデンティーベスは連休中に満開になりつつある。所員の出入りのない事務所はひっそりとしていて見る人が少なく少しかわいそう。
一重の地味なバラだが香りは相変わらず上品で良い。

利根川の河川敷はニセアカシアの花の香りで包まれるようになった。
少し重い香りは春の明るい景色とはうらはらに夜の香り。
コメント

榛名山周遊

2009年05月04日 | 自 転 車

5/3、ぐるぐる会で榛名山を一周する。スタートは10台。途中2台が分かれる。
仕事でよく通る道もあり、勾配もなんとなくわかるので参加に躊躇したがマイペースでばかり走っていると進歩が無いような気がしてメンバーに迷惑を掛けるのを承知で参加する。

自分が最高齢である。もっともあと3人も五十代。しかしキャリアが長い方ばかりだから元気よく峠道を登っていってしまった。
こういうときにもっと早く始めていればと後悔がある。
結局2/3くらいは単独走になってしまった。

山は新緑の柔らかい緑に包まれ春のさまざまな花が咲き始めていた。気温も曇天の性でさほど上がらずまずまずの状態。
朝9時に吉岡町のスタバに集合、箕輪亭で4時過ぎに解散。
Dst92.3 Tm4:09 Av22.3 Mx63.2

コメント (2)