書見の邪魔だ。

「信長の野望Online」と日ごろのつぶやき。メインは陰陽師。

再度挑戦。

2018-05-26 02:01:21 | Weblog
「信長の野望Online」で、先日「お供の絆」の為の猫を再訓練しましたが、その際に記憶に残ったのは、「訓練強化上昇」の効果が、確実に上昇していると言う事でした。
そこで、お供の内の何匹かを再度訓練し、ファーストが「主従の絆」を結んでいる猫の能力を更に上げられるか、テストしてみることにしました。

初めに訓練をやり直したのは力士パンダです。
どちらかと言うと攻撃を期待するお供なので、腕力を中心に鍛えていたのを、腕力だけでなく、耐久力も鍛えてみました。
結果的にその2つの能力は確かに上がりましたが、生気や魅力などは豪快に下落。
力士パンダはかなりの潜在能力を持っていそうな気がするのですが、訓練手伝いに代わりに入れるお供がいないので、やむを得ないです。

その次に動いたのは魔女猫です。
これは完全に実験台で、陰陽猫の知力上昇に伴って、「訓練強化上昇」の星の数が良くなったので、今度は陰陽猫を訓練手伝いにして知力を上げ、その能力を活かして陰陽猫の知力を上げようと言う、壮大な(?)計画で動きました。
これまで知力が500台だったのが、700台まで行きました。
やはり「訓練強化上昇」は重要だと思いました。

ここからが本番です。
陰陽猫の再訓練です。
現在、ファーストが所持している「お供初診訓練書」は1つのみ。
つまり、ここで能力上昇に失敗すると、ファーストもパワーダウンが確定するのですが、「訓練強化上昇」の効果を信じて、手を付けてみました。
訓練の総合効果を重視していたので、訓練可能回数が10回を切るまでに生気共に上限に届かず、これはとんでもない状態になったかと思いながら訓練していたら、どちらもどうにか上限に届きました。
ある意味、理想的な訓練となりました。

それで、陰陽猫の能力がどうなったかですが、こうなりました。


技能で補っているとは言え、まさか知力が1000を超えるとは思いませんでした。
と言うよりも、ファーストよりも知力が高いです(涙)。
耐久力と属性値はどちらも若干下がっているものの、必要な能力は十二分に得られる事になりました。

そして、一番気になる「訓練強化上昇」の効果ですが、こうなりました。


パンダと猫二匹のお陰で、器用さ以外は金の星と言うところまでこぎつけました。
この効果は、やはり軽視できないですね。

問題は器用さですが、単純に考えるとペンギンが適任ですが、そうすると訓練手伝いの誰を外すのかと言う話になってきます。
どのお供も役割分担がしっかりとしているので、無理に外すと星の評価がしっかりと下がります。
器用さ自体、さほど重要ではないですし。

もっとお供の情報を集めて、訓練に工夫を凝らすしかなさそうです。

と、ここまで書いてふとひらめいたのですが、何も同じ手伝いで訓練を最初から最後までする必要は全く無いですね。
例えば生命力が上限に達したら、生命力に大きく関わっていたお供を手伝いから外せば良い訳で。
自分でおかしな足かせを付けていました。

現在は「お供初心訓練書」が無いので実行できませんが、お供の訓練はまだやれる事があるようです。

この記事をはてなブックマークに追加

次はどこを強化したものか。

2018-05-25 20:27:22 | Weblog
「信長の野望Online」で、スプレッドシート(最近はGoogle関連のソフトを使う事が多いです)を使って、ファーストの能力をにらみつける事が増えたのですが、次をどうするかで悩む事が増えました。
こんなの(クリックで拡大)。

前に記事を書いた時の予定としては、胴装備を新しくして、回避補正を増やすと言う事を考えていたのですが、現在使用している胴装備は、強化した神秘石を使っている事もあって、かなりの金額をつぎ込んでいます。
仮に、今用意してある、土台の胴装備を、今使用している胴装備と同じ程度まで強化したとすると、神秘石の強化が更に必要となり、そして結果として得られるのは、回避補正が11上がった、だけです。
回避補正上昇は確かに好ましいですが、お金がかかる割には成果が少ないです。

これに代わる案として、頭装備の作り直しと言う案が頭に浮かびました。
現在使用している頭装備は、回避補正の効果を確かめる為に半ば強引に作ったものなので、これを本来の能力に戻すと。
こちらの場合は、回避補正はほとんど伸びないものの、能力付与はそれなりに伸びます。
まあ、付与限界値の関係で、すごく伸びると言う事は無いのですが。

そこまで考えて、ふと、ここまでお金をかけるのならば、「魔導の力」を強化する方が良いのではないかと思いました。
これなら付与限界値の影響も受けずに、能力が伸びますし。
最近は「魔導付与石」など、運が絡む要素が更に増していますが、その分を考えても、かかる費用は上記の2つの案と大して変わらないかなと(多分)。
問題は、この要素はまだ発展途上だと言う事です。
一回買って全て解決と行かない可能性があります。
もっとも、それを言ったら頭装備や胴装備の追加も有り得る訳で、結局「魔導の力」がベストの気がします。

いずれにせよ、問題は、お金がとってもかかると言う事です(涙)。
気長に貯めるしかなさそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

とっくに先を越されていました。

2018-05-24 16:51:34 | Weblog
「信長の野望Online」では、イベントとして、これまで何度か生放送が行われた事がありますが、その中で新しいグラフィックの装備品を入れるとしたら、どう言うデザインの物が良いかと言う話が挙がった事があります。

その中で、「ふんどし」と言う案が出たのですが、女性キャラクターもふんどし姿にしてしまうのかと言う事になり、当時のプロデューサーが赤面していました。
結局この話はこれで完結し、少なくとも今までは、実装もされなかったのですが、他のオンラインゲームで、男女共にふんどし姿が実装されていたのでした。
調べてみると、2014年にはもう存在したようです。

プレイヤーキャラクターの男女比が1:2と、「信長の野望Online」をひっくり返したような割合のタイトルですが(プレイヤーそのものの男女比ではないです)、女性用のコスチュームのデザインが良いと言う事で、何か参考になるかと思い、「Google画像検索」で眺めていた所、引っかかりました。

こう言うのは、当然実際に見るのが一番ですが、メディアなどのスクリーンショットでは前からのみの物しかなく、前と後ろの両方が揃っているのは個人ブログだったりして、これのアドレスを掲載して良いものかと言う事になったので、「Google画像検索」で必要な画像が引っかかる言葉を書くことにします。

「ファンタシースターオンライン2 ふんどし」の二言でOKです。
まさかこのタイトルでふんどし姿が採用されるとは思っていませんでした。
しかし、知っている方はとっくに知っていたんですね。

他のタイトルの情報を集めてみると、色々と参考になるなと思いました。

この記事をはてなブックマークに追加

猫の強化成功。

2018-05-24 00:45:18 | Weblog
「信長の野望Online」で、お供の猫の強化を行いました。
レベル58で止まっていたのが59になりました。

以前、この猫の為に箱を開ける事はないと書きましたが(東西戦の報酬などできび団子が手に入りそうな予感がしますし)、やはり可能性は潰すべきではないと言う事で、実行しました。
一度見送ると、次に猫の箱が来るのがいつになるか分からないからと言うのもあります。

しかし、とことんパッとしない能力です。
最大気合は魅力的なのですが・・・。

ただ、タイトルに書いた猫の強化は、この魔女猫ではなかったりします。
この記事の本質は、ファーストが「お供の絆」を結んでいる、陰陽猫の方です。
魔女猫のとりあえずの完成により(戦闘練度がまだまだですが)、属性値と知力を支える土台ができたので、陰陽猫の再訓練を行ったのでした。

最近は「お供の絆」用のお供を中心に、能力が極めて高いお供が出始めたので、その能力を活かして陰陽猫を更に鍛え、「お供の絆」の効果を更に高めようと言う計画です。
何しろ、成果が出せないまま、再訓練用のアイテムが無くなったりすると洒落にならないので、やるべきか悩んだのですが、結局やりました。

と言う事で、まずは訓練の手伝いを誰にするかの設定です。
生命力と魅力はエビ。


知力と属性値は上記の魔女猫。

この後誰にするか悩んだのですが、耐久力でパンダを選びました。
なんだかんだで耐久力が600を超えているので、これで問題ないだろうと言う事で決めました。
実は腕力が1000を超えているので、これもかなり影響する事になるのですが。

気になるのは訓練への影響度ですが、こうなりました。
後衛職用にしては知力が低いのが良いです。

狙った通りになっていますが、まだ上は目指せそうですね。

そして再訓練に入るのですが、これまで訓練で何度か失敗した身として(涙)、いくつか情報を。

まず、そのお供の能力で、上限を目指せるのは3つが限度です。
これ以上を目指そうとすると、どこかで無理が、と言うよりも、自分が思う通りに訓練できないので、4つ以上上限に到達する前に訓練回数が尽きてしまいます。
欲張らずに行った方が良いです。
お供の手伝い補正に自信があるならば、無理に上限まで上げようとせず、万能型を目指すと言う手もあります。

二つ目ですが、どう言う原理でそうなっているのか良く分からないのですが、まだ訓練で能力を伸ばせるのに、上限に達していると言うメッセージが出る事があります。
これに従ってしまうと、本当の能力上限に到達できないです。
私はこれで「お供初心訓練書」を何冊か潰しました(涙)。
疑わしい時は、訓練を一旦終了し、改めて訓練を行おうとすると良いです。
本当に上限の場合は、訓練前にもメッセージが出ますが、まだ余地がある場合は、その能力に関するメッセージが出ないです。

三つ目ですが、欲しい能力の取得を急ぎ過ぎると、あとで苦労します。
訓練後半になってくると分かるのですが、能力上限に達した能力が増えてきて、訓練カードの選択余地がどんどんと減っていきます。
例えば生命力が上限に達した場合、当然生命力のカードを別のカードに変えるのですが、あまり望んでいない能力カードになるのはまだましで、変更後も生命力カードが来てしまい、能力上昇しないのに生命力カードを選択せざるを得ない、と言う状況になる事があります。
ただ、初めからの飛ばし過ぎも危険とは言え、あまりに抑え気味だと、今度は必要な能力に達しなかったと言う事になったりもします。
この辺りは個々の経験や考え方によります。

話が長くなりましたが、今回の再訓練の結果、陰陽猫の能力はこうなりました。
これまでの能力と並べておきます。
古い能力
新しい能力

パンダの耐久力と魔女猫の知力を活かして、これまでよりも上の能力を目指すと言う事を目標に訓練しました。

ただ、これだとぱっとしないので、技能設定を見直してみました。


「生命上昇・小」の代わりに「四象上昇・小」を入れました。
「お供の絆」を結んだ際の生命力上昇が44下がりましたが、それでもファーストの生命力格付はダンジョンの外でもSSだったので、特に問題はないです。

ただ、今回は珍しく訓練がうまくいきましたが、どうしても運が絡むので、だめな時はだめと割り切る事も必要だと思います。

ちなみに、お供の訓練手伝いですが、先程も書いた通り、パンダの腕力が1000を超えている為か、やたらと腕力カードが多い時がありました。
星で表現されると万能を目指したくなりますが、それをやると、あまり欲しくない能力のカードが来る可能性も増えてしまいます。

全部金の星と言うのもやってみたい気がしますが、何とかこのバランスのやりくりができると良いのではと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

私の九十九の力の強化方法。

2018-05-23 19:42:55 | 九十九の力
「信長の野望Online」で、遊戯メダル5万枚の使い道として、「受継九十九珠・壱」と交換すると言う記事を前回書きましたが、それらを元に、私が実践している「九十九の力」の鍛え方でも。

現在、私が使用している妖刀の「九十九の力」の効果です。


8つ目の効果は予想外でしたが、後は予定通りです。
ただ、「討鬼伝」と「鬼を討つ者」を引き継がせたので、それぞれの金枠、銀枠が入っていますが、もしこれで黄金枠を引き継がせていたら、7つの効果が黄金枠になっていたはずです(多分)。
もっとも、「討鬼伝」シリーズはそれを蹴ってでも引き継がせたいほど効果が大きいのですが。

それでは、私がどの様に「九十九の力」を揃えたかですが、「九十九の力」の強化は、ある一定の線を超えようとすると、物凄くコストがかかります。
その点は覚悟していて欲しいです。

まずは、強化したい武器に、自分が必ず発現させておきたい効果を3つ引き継がせます。
ここで「受継九十九珠・壱」の出番となります。
まあ、普通は黄金枠の効果ですね。
「受継九十九珠・壱」を3回使って、3つの武器から1つずつ引き継がせます。

そして、一旦その武器の九十九レベルを上げておきます。
この後に、「双継九十九珠・参」を使って、黄金枠の効果二種類を引き継がせるのですが、できればその際に、予定外の効果でも良いので引き継がせておくと、九十九レベルアップがしやすくなります。
もちろん、素材となる武器は、「受継九十九珠・壱」を2回使用して、黄金枠効果を2個以上持ったものです。
この時点で、大分気が滅入ってきますね(涙)。

と言う事で、先程書いた通り、「双継九十九珠・参」を使って、黄金枠効果を二種類引き継がせるのですが、この時点で、強化したい武器は少なくとも黄金枠を5個持つ事は確定するわけです。
強化したい武器と、素材となる武器の九十九レベルが相応にあれば、この時点で効果を8つ持つ可能性は十分にあるので、これで終了でも良いと思います。
もっと強化する場合、一気にコストが跳ね上がります。

では更に上を目指す場合、何をするのかと言う事になるのですが、簡単に言うと、本命の武器と同じく、黄金枠効果を5つ以上持つ武器を作ります(涙)。
そして、「双継九十九珠・参」を使用して、本命と合成します。
それだけでも大変ですが、素材側では、本命側が持つ効果と実質同じで、名前が違うものを使用する事になります。

例えば、「五輪上昇」や「九光上昇」などは、イベントなどで追加されてきたので、効果は近くても、シリーズとしては別物と言うものがいくつかあります。
素材武器側では、それを積極的に組み込みます。
ここまで来ると、どう言う事をやろうとしているか分かった方もいると思いますが、本命武器と素材武器で同じ効果を持っていれば、九十九珠で保証されていなくても、どちらかが生き残る可能性が高くなりますねと言う事です(涙)。
猛烈にコストがかかり始めるのはこの為です。

当然、効果の高い効果を残す為、本命武器も素材武器も、九十九レベルを相応に上げておくことになります。
私の場合は、どちらも最低20レベルを基準にしていますが、これでもまだ低い方だと思います。
ちなみに、レベルアップには届かなくて経験値が上がるだけでも、発現確率は上昇しているようです。

そして覚悟が決まったら、「双継九十九珠・参」を使って、両者を合成する(素材側の効果が2つ必ず引き継がれるので、設定ミスなどに注意です)・・・のですが、ここで一つ問題があります。
それぞれの武器に宿っている、黄金枠ではない効果を消すか残すかです。

当然、不要な効果を消した方が、黄金枠の効果が発現しやすくなりますが、消しすぎて効果が黄金枠7つで終わってしまったと言う方が結構いるようです。
私は逆に、例え黄金枠ではない効果が混じっても、8つ付けるべきと考えています。
低い効果の効果(?)でも、生命力アップや効果に応じた能力アップは確実に発現するので、7つになるよりはこちらの方が良いと判断しています。
もちろん、どこまで消すかでギリギリを狙うと言うのも当然ありですが、私はそこまでは度胸がないです。

私のやり方は以上なのですが、私はそもそもどうやって「双継九十九珠・参」を手に入れたのだろうと思ったのですが、「開運之抽選帳・弐」からだったようです。
取引不可なので、持っていない方は、持っている方に代わりに合成してもらうなど、苦労が更に増えます。

やはり「九十九の力」は大変な道のりです・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

メダル5万枚。

2018-05-22 18:34:04 | Weblog
「信長の野望Online」で、「開運之抽選帳・弐」から出る事のある、「遊技メダル・一万」*5。

ハズレと言う方も結構いるようですが、個人的にはこれは悪くないです。
「受継九十九珠・壱」と交換ができるからです。

効果は名前の通り、素材の武器から九十九の力の効果を一つ確実に受継ぐと言う物ですが、「壱」なので、他の効果の発現効果は弱いようです(多分)。
ただ、これはこれで便利だったりします。

強化する武器の九十九レベルが1でも、必要な効果を一つとは言え確実に引き継ぐので、この時点で必要な効果を3つ埋め込んでしまうのです(当然、「受継九十九珠・壱」が3つ必要になります)。
最近は強力な「九十九武器箱」の入手機会も増えて来ているので、それを利用すれば、自分のキャラクターに必要な能力3つを確実に強化できる状態になります。
私は武器箱から出る、単体の効果の最上位を使用していますが、他のルートから手に入れる、複数の能力が上がる効果を使用しても、全く問題はありません。
そして、効果が付いている事によるボーナスを受けながら、一旦九十九の力レベルの強化を行うと。

だんだん話が九十九の力の方に寄ってきてしまいましたが、「受継九十九珠・壱」を入手できるメダル5万枚は、あって損はないです。
さすがに自力でメダル5万枚稼ぐとなると、結構大変ですし(私は53万枚持っていましたが)。

以前書いた事がありますが、100%と99%は全くの別物です。
100%の恩恵はしっかりと使った方が良いと思う次第です。

この記事をはてなブックマークに追加

土台を作ってみたものの。

2018-05-22 08:47:28 | Weblog
「信長の野望Online」で、頭装備に続いて胴装備も回避補正を上げてみようと考えて、とりあえず土台になりそうな胴装備を作ってみました。


相変わらず回避補正が低いですが、これ以上を目指すといくらかかるか分からないので、これに決めました。
第一、後衛職がひょいひょいと回避しなければならない状況ができる事自体問題ですし。
なお、生命力+60は、不要な時は出て、必要な時は出ないです・・・。

それはともかく、この装備品が完成すれば回避補正合計が27となり(頭装備10、胴装備11、妖刀4、足装備2)、いざと言う時にそこそこ回避するでしょう(多分)。

ただ、問題はこれからで、これに取り付ける神秘石の強化に、果たしていくらかかるかです。
今ファーストが使用している胴装備の神秘石強化にかかった費用は、大体2000万貫程度と見ています。
作成していた期間に、幸いにも「開運付与石・弐」が当たった為、それを売ってどうにか形になりましたが、今度はどうなるか、さっぱり分からないです。
と言うよりも、今使用している胴装備がいつできたのかを見直してみたら、10日前後前でした。
さすがにこれだけお金をかけた物を、簡単には変えたくないです。

ところで、回避率アップの要素として、妖刀の置き換えと言う案もありますが、いかんせん入魂奥義で生気+255と言う手が使えないので、どうしても「開運付与石・弐改」「開運付与石・弐」が必要となります。
そしてその後、「九十九の力」と言う、これまたいくらかかるかと言う要素が入ってきます(涙)。
これができたら回避率がかなりアップしますが(多分)、簡単にはいかないです。

とりあえず、次の章前には何か完成すればと思いますが、実現できるか不明です。

この記事をはてなブックマークに追加

七の方が大変。

2018-05-21 19:57:25 | Weblog
「信長の野望Online」で、ファーストが使用する装備品にはめてある宝玉の共晶効果は、全て気合上昇なのですが、これで困った事が。
「気合上昇・七」の宝玉が、ほとんど売られていないのでした。

これに対して、「気合上昇・八」は、これでもかとあります。
中には、宝玉の性能そのものはすごいのに、「気合上昇・八」が付いてしまったがゆえに格安になっていると言う事もあります。

そういう状態なので、「気合上昇・七」は自分で作るしかない、と言う事も多いのですが、そう言う時に限って、生命上昇や生命気合上昇ができてしまうのでした。

ファーストは装備品を変えることが多いとは言え、その度に宝玉まで作らなければならないのではたまらない、と言う事で、装備品を見て、新しい宝玉を必要とする機会が少ない物を「気合上昇・七」にしてあります。
逆に足装備などにしてしまうと、悲惨です。

需要が少ないものは安く買えると言うのは事実ですが、あまりに需要が無いと、入手が大変になるのだなと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

頭装備のテスト。

2018-05-20 15:43:01 | Weblog
「信長の野望Online」で、ファーストが使用する次の世代の頭装備と言う事で、試しに生産してみた所、こうなりました。
冠の見た目は、女性キャラだと不満が無いのでこのままです。

回避補正が10上がりました(涙)。
ファーストは棍棒も生産できるのですが、回避補正重視の鍛錬奥義で、成果が出た物はほとんどありませんでした。
回避補正を高くするのは大変だったと言うのを改めて思い出しましたが、これではお金が持たないと言う事で、やむを得ず妥協しました。

ちなみに、この前に回避補正13と言う物ができたのですが、その時は15を目標にしていたので、処分してしまったのでした(涙)。
まあ、これよりも性能が劣る物だったので、これで正解だった気もします。

この結果、ファーストの能力はこうなりました。
ちなみに、お供の絆や帯で能力調整を行った為、前回の能力からは大分変わっています。
あちこちでかなり無理をしています。
器用さは、素質開花だけではSに届かない様です(涙)。


早速回避補正の効果を確かめる・・・と行きたいのですが、何しろ後衛職なので接近攻撃される事が少なく、多発したらそれはそれで困ります。
回避したら、回避補正の効果があったのだなと思うくらいですね。

胴装備の試作と、頭装備のテスト(試作まで行っていないです)により、今後の方向性が見えてきました。
鍛錬補正で回避補正を高めた物に、強化しまくった神秘石を使用すると。

一つの装備品を作るのに、果たしていくらかかるだろうと思いながら(涙)、次の装備品に向けて頑張る・・・前にお金稼ぎですね(涙)。

この記事をはてなブックマークに追加

あっさり売れました。

2018-05-19 19:49:50 | Weblog
「信長の野望Online」で、ファーストが使用する特殊装備を変更したのに合わせ、これまで使用していた物を販売に出したのですが、あっさりと売れました。

性能を簡単に言うと、防御力58、生気+255、魅力+42と言う物だったのですが、とにかく魅力です。
私は一時期、魅力+土属性の合計値で出来の良い物を目指していたのですが、生気+255にすると、大体合計値が36程度で限界でした。
それをあっさりと超えているので、すごいなと思いながら使っていました。

それでですが、生産者が特殊装備生産で良く銘を見る方なので、下手に安い値段を付けるのも失礼かと思い、特殊装備としては高めの価格を付けたはずだったのですが、売りに出してすぐに売れてしまったようです。
価格が安すぎたのかなと思いましたが、売れたのは良い事かなとも思いました。

最近のファーストは、主な生産品が神職と陰陽師用の頭装備なので、販売した物がまた売りに出されると言う事はほとんど無いのですが、妖刀を作っていた時などは、そこそこありました。
値段を見ると、自分が作った物がどの程度の評価をされているかがある程度分かりますし、何より自分が作った物どうしで価格競争をすると言うのは、何ともな気持ちになります・・・。

魅力+42の特殊装備、どの特化技能の方が購入されたのか、気になる所です。

この記事をはてなブックマークに追加

特殊装備変更。

2018-05-19 03:45:12 | Weblog
「信長の野望Online」で、最近ファーストの能力を色々と変化させて、あれやこれやと考えているのですが、その一環として装備品を見直そうと言う事になり、楽市楽座で手軽に交換できる特殊装備を見ていたら、信じられないほど安い価格で、こんな物を見つけました。


と言っても、元からこうだったのではなく、防御力を「古の鍛錬具」で(かなり)上げてあります。
防御力が低いから、安くしたのかなと思いました。

なお、見れば分かる通り、「古の鍛錬具」は生産者ではないキャラクターが使用しても、「古の鍛錬術」の様なペナルティ(取引不可になる)はありません。
そういう点でも、今の「星野山千尋窟」は宝の山です。

話を戻して。
この結果、強化要素の特殊装備格付が、SからS+に上昇しました。
これは結構嬉しかったです。

今後も、ファーストの可能性を探りながら、大きな目標を決めたい所です。

この記事をはてなブックマークに追加

党首のメリット。

2018-05-18 20:08:20 | Weblog
「信長の野望Online」で「もののふ討伐録」が行われていますが、特化技能が使えるのを前提にされているボス相手に、特化技能が使えないと言う、壮絶な不具合が出ていたりと、中々大変そうです。
ちなみに、これに関する対応内容が公式サイトに公開されています。
http://www.gamecity.ne.jp/nol/news_cms/important/2226.html

それはともかく、陰陽師としては今回のイベントには参加しづらいのですが、内容を読んだ際に、一つ感心した要素がありました。
党首をすると、報酬が多くなると言う点です。
これは良いアイデアだと思います。
最近どうにも掲示板での募集が少ないのですが、こう言う要素があれば、話が変わってくるかと。

後、個人的には旗頭にも、何らかのメリットが有るべきだと考えています。
今の状況では、旗頭は誰もやりたくないので、なすりつけ合いに近いです。

それはともかく、こう言うちょっとした事でも、プレイヤーの流れが変わりそうです。

ただ、本格的にやるには、もっとシステム的に変える必要がある気もします。
今後に期待です。

この記事をはてなブックマークに追加

1年9ヶ月。

2018-05-17 19:59:20 | Weblog
「信長の野望Online」の「勇士の章」が始まってから、どれ位経つのか計算してみたのですが、1年9ヶ月と2週間との事でした(Windows付属の電卓による)。
そろそろ次の拡張パックの足音が聞こえてきそうな時期です。

それで、次の拡張パックでどんな事が起こるか予想・・・しても多分当たりませんが、変化が来そうなのは、新しいHD版とPlayStation3版ではないでしょうか。
どちらも色々な要素があります。

新しいHD版は、言うまでもなく今後のWindows版の土台となるシステムです。
軽量版設定もあり(これではもう「HD」では無い気がしますが・・・)、アンケートの内容から、ユーザーインターフェースの見直しも伺えるなど、建築的で良いです。
単純に考えると、次の拡張パックと共に実装すると売りになって良さそうですが、この手の変更は不具合をあちこちに出すので、時期をずらす可能性も考えられます。

これと同時にSD版のサポート終了が入れば、Windows版はクライアントが一本に絞れる事になります。
コスト削減に一役買うことになります。
もっとも、SD版はWindows7や8.1では、現在でもサポートされているので、どうなるか分かりにくい面もありますが。

PlayStation3は・・・もちろんユーザーがどの程度いるかが重要になりますが、PlayStation3の生産は既に終了し、オンラインサービスも終了が増えてきました。
他のクライアントがx86系のアーキテクチャの中、PlayStation3のcellアーキテクチャだけ宇宙語の様な状態で、今となっては搭載メモリも少なく(もっとも、ゲーム機は最近になるまでメモリを少なくする事でコスト削減を行うことが多かったのですが)、苦労してPlayStation3版を出すメリットが少なくなってきてます。
結局は正式発表でどうなるかですが、PlayStation3版のサービス終了は、ある程度は覚悟しておいた方が良い気がします。

私の場合、どちらかと言うとゲーム内容よりもこう言う内容に興味が行ってしまうのですが、そもそも「真田伝」をどう終わらせるのかなど、ゲーム内でも気になる所はあります。

いずれにせよ、次の拡張パックがどう言う内容になるか、かなり楽しみです。

この記事をはてなブックマークに追加

もののふ討伐録開始ですが・・・。

2018-05-16 18:16:03 | Weblog
「信長の野望Online」で、「もののふ討伐録」が開始されています。
http://www.gamecity.ne.jp/nol/topics_cms/event/14111.html

忘れていた頃に来ました。
ただ、私としては今回は見送ろうかと思います。

確かに、システム的には良いアイデアだと思う要素もあるのですが、戦う敵が過去から存在するのと、その当時陰陽師は全く役に立たない存在だったと言うのが最大の理由です。
ちなみに「青龍」相手だと、陰陽師はこんな能力になったりします。


もっとも、レベルシンクはどの職業でも同じなので、問題にはならない・・・と言いたい所ですが、この頃の陰陽師は、ボス戦で全く需要が無かったと雑誌にも書かれるほど立場がひどかったのでした。
当然、セットされている技能に特化技能はなく、(なぜか)風属性の単体術(当然準備あり)と「竜巻」くらいしか攻撃手段が無いです。
とてもやる気になりません。

ちなみに、この頃の戦闘となると、詠唱役はメッキの概念が必要になりますね。
鍛冶屋の「鎧の極み」を看破で消されないように、予め英明付与か無属性付与をかけておくと。

他にも、現在の戦闘と比べて色々な違いが有ると思いますが(盾役の侍はどうするかとか)、まあそれは何とかなると思います(多分)。

ところで、「青龍」討伐が目標になり得た頃に、傾奇者はいませんが、どう言う設定になっているのでしょうか。

今回の「もののふ討伐録」、蓋を開けてみるまで、どうなるかさっぱり分からないイベントになりそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

また悩み始めた。

2018-05-15 19:59:02 | Weblog
「信長の野望Online」で、現在魔女猫の育成に励んでいるのですが、このまま完成させるのがファーストにとってプラスか、また本気で悩み始めました。

猫の2世代だけあって、確かに陰陽猫で問題になった点には手が入っています。
「生命上昇」が「大」に、「気合上昇・小」が追加など、扱いやすくなる変更が多いです。

しかし、陰陽猫が持っている「知力上昇・大」や「属性上昇・大」が無いなど、尖った能力にしにくいのが問題です。
ファーストには、陰陽猫とある意味対となる能力を持った、エビもいますし。

今の所、魔女猫はとりあえず育成を続けていますが、今後どうなるか不明です。
気合特化のお供が現れたらと思うのですが、今後どのようなお供が追加されるのでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加