書見の邪魔だ。

「信長の野望 Online」と日ごろのつぶやき。メインは陰陽師。

神典の気合管理。

2014-11-30 19:42:00 | Weblog
「信長の野望Online」で、陰陽道は、基本的に神職の方の気合管理がないと、主力技能を連発し続けられない様になっているのですが、神職の方が神典の場合、陰陽道の為だけに「天授祈願・弐」を使用するのは得策か、と言うのが気になりました。

もちろん、「天授祈願・弐」は、他の徒党員の方も気合が回復する訳ですが、陰陽道の気合を基準にすると、他の方の気合は、回復過多の状態になっている事も多いです。
その場合、神典は無理に「天授祈願・弐」を使わず、それよりは攻撃した方が良いのではないかと思う事があります。
そうすると、確かに陰陽道は「麟鳳亀竜」に加えて、「四方凶禍」を混ぜる事になりますが、そのダメージ差よりも、神典の攻撃の方がダメージが大きいので。
陰陽道の物理耐性低下と、神典の術耐性低下で、どちらもダメージが増えるので、総合的なダメージは、さらに大きくなります。

それを考えると、神典の場合、陰陽道の気合は、あまりこだわる必要はない・・・と書くと誤解がありそうですが、他の二特化よりは、陰陽道の気合管理がそれほど重要ではない気がします。
陰陽道以外の徒党員の気合が減っている時は、当然「天授祈願・弐」は重要ですが、そうではない場合は、攻撃の回数を増やしてもらえると、術耐性低下の影響もあって、陰陽道としてもありがたいです。

これは陰陽道側から見た話ではありますが、神典の方は、もっと攻撃しても良い気がします。

この記事をはてなブックマークに追加

伊邪那美の神格成長一回目。

2014-11-29 17:20:48 | 軍神 神格成長 伊邪那美
「信長の野望Online」で、「伊邪那美」の一回目の神格成長を行いました。

今回の神格成長のコンセプトは、土属性と魅力重視です。
これまでもそうでしたが、これまでは、万能を目指した上での土属性と魅力重視でした。
ただ、それだと、土属性と魅力のこれ以上の上昇は難しいと判断し、万能性を多少犠牲にしてでも、土属性と魅力を重視するようにしたのでした。
しかし、扱うのが「伊邪那美」な訳で、あまりに極端な能力特性特化はいかがなものかと言う事で、ある程度の万能性は持たせてあります。

それで、一回目の神格成長ですが、
「伊邪那美」-「大国主」-「金山姫」-「犬神」-「金山彦」で行きました。
これまで当然の様に使っていた「宇迦之御魂」を、土属性特性と魅力特性の関係から外し、代わりに「金山彦」が入りました。
「宇迦之御魂」が抜けた事で、知力特性の低下が懸念されますが、土属性と魅力の為には仕方がないです。
ちなみに、「金山姫」までの神格成長は、別の記事にしてあります(こちら)。

それで、「金山姫」を3回使用した「大国主」は、こうなりました。



正直な所、思ったような能力になりませんでした(涙)。
土属性特性と魅力特性は、もう少し伸びると思ったのですが・・・。
「大国主」だけあって、ある程度の万能性はありますが、やはり「宇迦之御魂」を使用した時に比べると、総合力では劣ります。

とは言え、ここまで来てバックもできないので、「伊邪那美」の一回目の神格成長に使用しました。
ちなみに、神格1の「伊邪那美」の能力はこうです。



「大国主」を使用した結果、こうなりました。



非常に微妙です(涙)。
特に土属性が不安です。
だんだん、この構成で良かったのか、自信がなくなってきましたが、過去の神格成長で「天之御中主」も、最後に一気に伸びたので、それに期待です。

今後、二回目の神格成長も、同じ構成で行い、三回目は、現在軍神である「神産巣日」を使用するつもりです。
土属性特性は「神産巣日」で十分に巻き返せる・・・と良いのですが。

ただ、二回目の神格成長の為のお金がないのでした。
現在、必死に金策中です。
「覚醒の章」にどうにか間に合って、「分霊」で「伊邪那美」を護符にできると良いのですが。
と言っても、「伊邪那美」の土属性+魅力が、「天之御中主」をこえられなかったら元も子もないのですが、こえられると信じて頑張るのみです。

この記事をはてなブックマークに追加

金山姫作成。

2014-11-29 00:51:57 | Weblog
「信長の野望Online」で、「伊邪那美」の神格成長の一環として、途中の神である「金山姫」の作成を行いました。

「伊邪那美」の神格成長ですが、ある程度の万能性を残しつつも、土属性と魅力を重視したものにする事を考えています。
その為、土属性と魅力の伸びを妨げない能力特性を持った神を使用する事とし、その結果、これまで必ず使用してきた「宇迦之御魂」を外す事にしました。
「宇迦之御魂」は、後衛職の神格成長には非常に優秀な神ではありますが、土属性特性がD+、魅力がCと言うのが気になったので。
そして、これまでの「宇迦之御魂」のポジションに、土属性特性と魅力特性がC+の「金山姫」が入ったのでした。

ただ、「金山姫」は、これまでの神格成長でも使っているので、これまで神格成長に使ってきた神に加えて、新しい神を入れる必要があり、土属性特性が高くて、魅力もそこそこで、入手しやすい神がいないかと思っていたら、「金山姫」のすぐそばにいました。
「金山彦」です。
魅力特性がDと、まだ許せる範囲で、土属性特性はB+、楽市楽座で入手もしやすく、価格も手頃と、良い要素がそろっています。
これまでの「犬神」のポジションに入りました。

前書きがえらく長くなりましたが、現在の最大目標である「伊邪那美」の1回目の神格成長案です。
「伊邪那美」-「大国主」-「金山姫」ー「犬神」-「金山彦」
の五段構造で行く予定です。
「宇迦之御魂」がいなくなった事で、知力の低下が懸念されますが、土属性と魅力の為には仕方がありません。

「犬神」に、「金山彦」を3回使用した結果です。



最初にしては良い土属性特性だと思います。
これを「金山姫」に3回使用した結果、こうなりました。



「金山姫」を「金山彦」と間違えて、神格成長に使ってしまいそうで怖いです。
それはともかく、土属性特性と魅力特性がどちらもSになりました。
まだこの上に「大国主」がいる訳で、どちらもまだ伸びます(多分)。
結果は良好です。

今回、テストも兼ねて、「金山姫」を作成してみましたが、現在の案で問題なさそうです。
後は、残りの作業を行うのみ・・・と行きたいのですが、お金がないのでした(涙)。
ただ、この調子で行ければ、すごい「伊邪那美」ができそうなので、ひたすら頑張る次第です。

この記事をはてなブックマークに追加

稼業と新技能情報公開。

2014-11-28 18:26:57 | Weblog
「信長の野望Online」の特設サイトが更新され、稼業システムと、新技能についての情報が公開されました。
http://www.gamecity.ne.jp/nol/kakusei/index1_3.htm
http://www.gamecity.ne.jp/nol/kakusei/index1_5.htm

新技能については、説明書きがあるものは良いのですが、説明書きがなくて、これまでになかった名前の技能は、全く予想がつかないです。
「覚醒の章」適用まで待つか、公式Twitterでの情報をかき集めるしかないですね。
ちなみに、陰陽道は、敵の単体術への反撃技能が加わる様ですが、反撃の為にはあらかじめ宣言が必要なようですし、そもそも陰陽道にどうやって攻撃を集めるのかが問題です。

話が新技能から離れて、稼業システムについての話をメインに書きます。
稼業18種類の詳細が、いよいよ公開されました。

ファーストは、「縫箔師」と、「暗器匠」で行ってみようかと思います。
以前、妖刀よりは特殊装備を作れた方が良いのではと書きましたが、やはり、自分で使う武器にはこだわりたいと言うのと、特殊装備は、魅力+40以上の物など、一部の性能に特化した物を作る方もいると言う事が分かったので。
ならば、ひたすら攻撃力を求めた妖刀を自力で作るのみです。

「縫箔師」は、やはり「神代之衣」の為です。
ちなみに、「縫箔師」の副産物として、神職と陰陽師用の頭装備や、首飾りも作れる様になりますね。
ちょうど、頭装備も自分で作りたいと思っていたので(生命力+240にされると、神秘石を取り付けた際に生命力付与にロスが生じるのが気になっていた為)、これも良いです。
首飾りは、これまでの流れだと、なかなか厳しい様ですが(思う様に強力な物ができない、できても思う様に売れない)、やりがいはありそうです。

それは良いのですが、生産品に「推奨稼業レベル」なるものがあると言う記述が気になりました。
稼業レベルがこの基準を下回っていると、生産品が、本来の性能を発揮できない様です。
以前のインタビュー記事で、生産潜在能力を廃止するのは、生産の敷居を下げる為との事でしたが、「推奨稼業レベル」の概念があるのならば、結局生産修行をせざるを得ず、苦労するのはこれまでとさほど変わらない気がするのですが・・・。
これが、新規に始まるゲームでの設定ならば良いですが、既に10年以上積み重なっているゲームです。
下手をすると、「覚醒の章」開始直後は、多くのキャラクターが、既存の生産品すらまともに作れないと言う事になってしまう可能性がある訳で。
当然、これまで生産修行を積み重ねて来たキャラクターは補填が加わる訳ですが、それはそれで、他のキャラクターと大きな差になる気が。
まあ、これはゲーム設定のさじ加減次第ですが、「覚醒の章」が始まってすぐに、強力な装備品が多く出回ると言うのは難しいかもしれません。

正直な所、今回の情報公開で、生産周りの疑問は、晴れるどころか増えてしまいましたが、それらは今後の情報公開に期待するしかないようです。
もう少し、詳細な情報が欲しい所です。

この記事をはてなブックマークに追加

古の鍛錬術の為に妖魔名匠の籠手。

2014-11-27 23:21:36 | Weblog
「信長の野望Online」の「星野山千尋窟」で、古の鍛錬術の為に「妖魔名匠の籠手」を使う事について、たまに質問を受けるので、その話でも。

まず、古の鍛錬術を1回受ける為に必要な条件から入りますが、「封魔の過去帳」に、封印の証・壱~伍を、1つずつ持っている事です。
つまり、通常は、地下1階~5階を、1回ずつクリアする事になります。
正直、かなり面倒です。

ところが、「妖魔名匠の籠手」を「千尋」に渡すと、封印の証・壱~四の、それぞれ1つずつと交換してくれます(ここで渡す「妖魔名匠の籠手」は、複数持っていても選択できず、使い込んだ物でも、問題なく交換してくれます)。
なので、「妖魔名匠の籠手」を渡す事で、地下1階~4階を、1回ずつクリアしたのと同じ扱いになる訳です。
後は、地下5階を1回クリアすれば、封印の証が壱~伍まで1つずつそろう事になり、古の鍛錬術が受けられます。
「妖魔名匠の籠手」に、今でも需要があるのは、この為です(私の場合、たまに「妖魔名匠のお守り」を手に入れる為にも使いますが)。
「妖魔名匠の籠手」一つで、古の鍛錬術を得るのに必要な時間を大幅に短縮できます。

後、「星野山千尋窟」自体、かなり古いコンテンツになっていて、ルールが分からないと言う方も増えてきたので、追記です。
まず、全く初めての場合は、「封魔の過去帳」を受け取る事から始まります。
今後、「星野山千尋窟」に挑む際は、「封魔の過去帳」所持が必須となります。
そして、各階をクリアすると、未クリアの階の場合は「封魔の過去帳」の価値が上がり、それとは別に、階に対応した封印の証が蓄積されていきます(一つの階でためておける証は5個まで)。

もし、「封魔の過去帳」を捨てた場合、「破天の章」までは、完全に一からやり直しでしたが、「争覇の章」で戦国絵巻ができた関係で、クリア状況が記録されるようになり、捨てた時と同じ価値の「封魔の過去帳」が再発行されます。
ただし、封印の証は全て0になっています。

入れる階層は、徒党員の中で、一番攻略が進んでいない方に合わせられます。
その為、地下5階に挑みたい場合は、全員、最低でも地下4階までクリアしている必要があります。
全員が入れる階ならば、出入りは何度でも自由です。

と言う訳で、古の鍛錬術を受けたい場合、まずは地下5階までを、最低でも1回はクリアする事になります。
これが意外にネックです。
地下1階は、依頼があるから良いのですが、地下2~4階は、希望者が少ないです。
何しろ、経験者は「妖魔名匠の籠手」で飛ばせてしまえる階な訳ですし。
一応、助力武功の為に、喜んで行く方もたまにいるようですが、多くないです。

こんな所です。
「星野山千尋窟」は、今でも魅力的な報酬もいくつかあり(「兎耳立物」など)、それ狙いで頑張るのも悪くない所だと思うのですが、徒党員がなかなか集まらないのが難点です。
ワールド統合で、多少は変わるかと思いましたが、残念ながらあまり変わっていないです。
せめて、家臣も入れるようになれば、多少は変わるのではないかと思うのですが・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

予定変更。

2014-11-27 18:41:02 | Weblog
「信長の野望Online」で、「天下分け目の決戦」が始まったので、頑張るつもりでしたが、いろいろとあって予定変更です。
これからしばらくの間、ひたすらお金を集める事になります。
それを考えると、「天下分け目の決戦」はお金にならないので、今後は不参加のつもりです。

それで、お金を集めて何をするかですが、「伊邪那美」の神格成長を実行しようかと思っています。
できれば、「覚醒の章」前に完成できればと思うのですが、間に合わない可能性も高いです。
確かに、「天之御中主」の能力特性は万能に近いですが、土属性+魅力と言う点では、「伊邪那美」にはかなわないと判断しました。
これまで、単に土属性と魅力だけを伸ばすのでは面白くないと言う事で、軍神の能力特性は万能を目指してきましたが、土属性と魅力でさらに上を目指す場合は、そうも言っていられなくなってきたので。
とは言え、最低限の万能性は求めますが・・・。
何とか「伊邪那美」が完成すれば、護符を途中で「天之御中主」から「伊邪那美」に切り替えると言う、二度手間が省けます。

と言う事で、お金集めです。
何しろ、急に決めたので(相変わらず計画性がないです)、お金と勾玉入手の関係で、「覚醒の章」に間に合うかは非常に微妙です。
特に、勾玉がネックです。
一回の神格成長で、とある神の勾玉が27個必要になるので(今回は「犬神」ではないです)、これがそろうかが問題です。
てんてこ舞いになりそうですし、場合によっては間に合わなかった事も考えなければなりませんが、全力で頑張る次第です。

この記事をはてなブックマークに追加

天下分け目の決戦開幕。

2014-11-26 20:53:47 | Weblog
「信長の野望Online」で、「天下分け目の決戦」が開幕しました。
今回も、伊賀忍の軍師「藤林正保」から信書が来ました。


とりあえず、「覚醒の章」で役に立つと言うアイテムが気になるので、報酬を見てみたら、腕貫生地や星の欠片がある事に驚き、これは本気でやらねばと思った・・・のですが、銀杏、椿、杏のそれぞれ、1個ずつしか得られないのでした。

ひょっとしたら、来週制限がリセットされるのかと思って、GMに聞いてみた所、交換時にリセットすると言うメッセージがない場合は、その制限はイベント期間全体でのものだと理解して欲しいとの事。
つまり、今回は1個ずつもらったら、それで終わりなのでした(涙)。
これらをもらったら、後は「覚醒の開運箱」しか、目に付くものはないですね。
まあ、来週になれば、報酬が増える可能性も否定できないので、そこそこ頑張る・・・のが、目標もないので一番大変なのですが・・・。

とは言え、今週はやる事がたくさんありますね。
充実した一週間になりそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

改修費。

2014-11-25 18:00:44 | Weblog
「信長の野望Online」で、先日頭装備を新しくした訳ですが(こちら)、その頭装備の最大耐久度が削れたので、改修しました。

以前使用していた頭装備の改修費が2700貫だったので、それなりに覚悟していましたが、こんな数値がでました。


とうとう3000貫をこえてしまいました。
改修費がとっくに上限を迎えている「神代之衣」と違って、まだ伸びました(涙)。
まあ、それだけ良い頭装備を使っていると言う証拠でもありますが・・・。

最近は、装備品を改修せずに買い換えると言う選択をする方は少なくなってきました。
改修費は、今より、もう少し安くなっても良い気がします。

この記事をはてなブックマークに追加

陰陽道の最大気合。

2014-11-24 18:08:52 | Weblog
「信長の野望Online」で、ファーストの宝玉の見直しを行いました。

これまで、共晶効果が、「生命上昇・七」6個、「生命気合上昇・七」3個だったのを、5個と4個に変更しました。
これにより、生命力が11017、気合が6227となりました。
ダンジョンの外でも、気合が6000以上になりました。

最大気合は、通常の戦闘では、土属性や魅力、生命力に比べると、優先度が低いのですが、乱戦になればなるほど、重要度が増してきます。
残り気合が少ない状態で、「麟鳳亀竜」を使えるか、「四方凶禍」になるかで、戦況が変わる事があります。
上記の二つの技能は、ダメージで2000程度の差があるので、この違いは軽視できないです。

ちなみに、「天下夢幻の章」が始まって少したった頃、ファーストが「麟鳳亀竜」の連発で気合がすぐになくなるので、神職の方に最大気合がいくつか聞かれた事があるのですが(当時は約5500でした)、そもそも陰陽道は、主力技能を連発し続けられるようにできていないです。
物理攻撃と異なり、術は消費気合が一定で、「麟鳳亀竜」は1680です。
敵の数が多い時は問題ありませんが、数が減ってくると、早かれ遅かれ気合が枯渇してきます。
ただ、そう言う時は他の職業も気合が足りなくなってくる訳で、神職の方が「天授祈願・弐」でサポートする訳ですが、陰陽道はそれでも気合が厳しい時があります(ちなみに、詠唱役が傾奇者の場合、戦闘終盤はずっと気合不足状態になります)。
そう言う時の為の「四方凶禍」(消費気合670)なのですが、先ほど書いた通り、ダメージの差があります。
急いで「四方凶禍」を使わず、少し気合回復を待って、「麟鳳亀竜」を使っていた方が良かったと言うケースが何度かありました。
そう言う状況をできる限り減らす為にも、最大気合は多い方が当然良いのですが、ならいくつあれば良いかと言われると、答えが難しいです。
最大気合単体で見れば、あればあるほど良い、になってしまいますので。

ただ、最大気合を増やすのは、あくまでも乱戦時や戦闘終盤の保険です。
戦闘中に、気合が十分に管理されていれば、無理をして最大気合を増やす必要はないです。
それよりは、属性値や魅力を重視したほうが良いです。
しかし、その、気合が十分に管理されていると言う条件が、意外に難しいのも事実な訳で。
結局、最後は他の能力とのバランスと言う事になってしまいますが、場合によっては、最大気合の量はダメージに直結してしまうので、調整が難しい所です。

この記事をはてなブックマークに追加

また装備品調整。

2014-11-24 01:18:14 | Weblog
「信長の野望Online」の楽市楽座で、特殊装備を見ていたら、これを見つけました。



生命力+240、魅力+33、土属性+2です。
土属性+魅力の合計は35で、それまで使用していた魅力+44の物よりも低いのですが、こちらは生命力付与が付いています。
生命力付与+120は、代わりに他の能力に入魂した場合、+6です。
生命力+240なので、付与合計値は35に12を加えたものになり、47となります。
これまでの物よりも、付与値が3高い事になります(だんだん、この考えで良いのか、書いていて自信がなくなってきましたが・・・)。

悩んだ結果、この特殊装備を購入し、どうせなら指輪も現在持っている最高の物を使いたいと言う事で、指輪も土属性+35耐久力+31から、魅力+35耐久力+35に変更しました。

この状態でも、バランスは良かったのですが、土属性が付与限界域から外れてしまったので、腕装備と足装備を魅力+6の物から土属性+6の物に戻し、「天之帯・二徳」も土属性特化に再度変更しました。


今回も、帯の強化に思ったほどはお金がかからなくて良かったです。
この結果、ファーストの能力はこうなりました。


土属性が4、魅力が1低下しましたが、生命力が、ダンジョンの中だけとは言え、11000台を回復しました。
基本的には不満はないですが、防御力など、まだ一部気になる数値もありますね。
今後は、それらの上昇も課題になりそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

武具神楽。

2014-11-23 18:31:16 | Weblog
「信長の野望Online」で、雅楽之妙の技能の一つである「武具神楽」。
対象者の、右手に装備している武器の攻撃力を上げる攻撃付与を付けるという技能で、ファーストに積極的にかけていただく事も多いです。

ただ、この技能は、薬師にかけるのは良いのですが、陰陽師にかけるのは、効果が薄い気がします。
薬師の「医療杖術」は、単体回復技能であれ、全体回復技能であれ、「武具神楽」の効果が発揮しますし、回復役は、少しでも回復量を多くする必要がある訳で、「武具神楽」は重要です。

しかし、陰陽師の「錬星法」は、単体術でしか効果がないです。
そして、「錬星法」の追加ダメージは、妖刀の攻撃力の2.5倍なので、仮に「武具神楽」で武器の攻撃力が100上がったとしても、250しか上昇しません。
正直な所、陰陽師のダメージアップ狙いならば、「荒魂宿光・弐」の方が良いです。
確かに、「武具神楽」は数ターン効果が続きますが、果たして実戦で攻撃付与が何ターン持つかです。
「武具神楽」による増加ダメージ合計が、「荒魂宿光・弐」の追加ダメージ分をこえる前に、普通は付与が消えます。

なので、ファーストとしては、「武具神楽」よりは「荒魂宿光・弐」をかけて欲しいとは思うのですが、薬師と一緒に陰陽師にも「武具神楽」をかけられると言う点では、良いと思います。

ちなみに、雅楽之妙が陰陽道にできる事で、ダメージを一番上げられるのは、「五行反閇」の無属性付与を「継続の唄・弐」で維持し続ける事で、実際にこれを実行している方もいるのですが、負担が大きくなるのが難点です。

とは言え、「武具神楽」を陰陽師に使用しても、デメリットになる事は全くないわけで、そう言う点では優れた技能だと思います。
ただ、場合によっては「荒魂宿光・弐」の使用も頭に入れておいてもらえればと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

付与石販売。

2014-11-22 18:18:36 | Weblog
「信長の野望Online」で、フォースが付与石を作っては販売しているのですが、ワールド統合後、売れ行きが良いです。
フォースとしては、今まで通り、鍛錬度5の、知力+6か魅力+6の付与石を作って、統合前と同じ価格で売っているだけなのですが、作れば売れると言う状態です。

ワールド統合前は、付与石は、ワールド統合で供給者が増えるので、当然価格が下がると思っていたのですが、思ったよりも下がっていないどころか、なぜか上がっていますね。
こちらとしては、稼ぐ絶好の機会です。
まあ、この状態がいつまで続くかは分かりませんが・・・。

最近は、長絹や縫箔の販売が激戦になってしまい、どうしたものかと思っていたのですが、思わぬ所で助けられました。
ひたすら付与石作りというのは、結構精神面に来るのですが、せっかくの機会なので、稼げるだけ稼いでおこうと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

決めました。

2014-11-22 14:18:23 | Weblog
「信長の野望Online」で、ファーストの能力をどうするか悩んでいたのですが、決心しました。
魅力1020以上にこだわるのをやめて、土属性+魅力の合計値が高い方を優先します。

結果、ファーストの能力はこうなりました。


土属性1038、魅力1002となり、合計が2040となりました。
どちらも付与限界域です。

確かに、属性値は1000もあれば、普通の敵ならば属性負けする事はないのですが、ダメージを見ていると、敵によっては「比和法」が発動していないのではないかと思う事がたまにあり、それが気になっていました。
なので、属性値を上げる事で、「比和法」発動に効果があるか見てみたいから、と言うのもあります。
まあ、30ちょっとの上昇で、どれだけ効果があるかは分かりませんが・・・。

ちなみに、今後は、魅力の再強化を重視しようと思っています。
「覚醒の章」で、護符が手に入れば、魅力も上がる・・・のですが、「天之御中主」を護符に宿すと、間違いなく魅力よりも土属性の方が伸びますね。
この辺りは、様子を見ながら調整する事になりそうです。
もっとも、土属性+魅力の指輪が手に入るのならば、それに越した事はないのですが・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

装備品調整。

2014-11-22 02:22:16 | Weblog
「信長の野望Online」で、ファーストの装備品の交換を行いました。

楽市楽座で、強力な神秘石があったので(価格も強烈でしたが)、それを生かそうと思い、実行しました。
ちなみに、これまでは魅力+土属性と言う神秘石を使っていましたが、思う所があって、今回は土属性+魅力の神秘石を使っています。

今回作成した頭装備です。


土属性+魅力が159です。
これまでよりも4上昇しました。
知力+2が付いているというのも良いです。
神秘石の付与が変わって、土属性が大幅に上がり、魅力が大幅に下がった訳ですが、これに合わせて指輪を交換します。
これまで使用していた、土属性+35耐久力+31の指輪に代わり、以前入手した、魅力+35耐久力+35の指輪を使用します。
今回、土属性+魅力の神秘石にしたのは、この指輪を使う為でした。


結果、ファーストの能力はこうなりました。


魅力が1下がり、土属性が6上昇、生命力や防御力も多少上がっています。
かかったお金の割に上昇幅が少ないですが、まあ予想通りです。
しかし、面白味に欠けるのも事実です。
今回指輪を交換しましたが、交換する前の指輪を使った場合、土属性1038、魅力1002で、合計値2040と言う、ある意味面白い状況になります。
土属性と魅力のどちらも付与限界域と言う、理想の状態になりますし。
ただ、ダンジョンの外での魅力が1000を切ります。
どちらが良いか、迷っている所です。

この記事をはてなブックマークに追加

稚産霊降神。

2014-11-21 20:40:06 | Weblog
「信長の野望Online」で、「稚産霊」の降神と神格成長を行いました。
前からやろうと思っていた事ですが、「軍神おみくじ・参」の配布と、ワールド統合の影響で、これまでよりも価格が下がった為、今実行しました。
もっとも、価格はまだ下がりそうな気もしますが・・・。
ちなみに、私が今回配布された「軍神おみくじ・参」で引いた勾玉は、「神大市姫」でした。

「稚産霊」の勾玉です。


おそらく、正式な入手先は、「オノゴロ」の「強きもの」の報酬だと思うのですが(多分)、みんな「イザナギ」を倒してから報酬を受け取るので、手に入れる機会がないのでした(「天之御中主」などの、上位の勾玉になってしまうので)。

降神時のセリフです。


当然、神格を4にします。
手持ちの勾玉を利用して、神格成長を行い、神格を4にしました。
結果、「天下夢幻の章」に登場する、神格成長可能な神69柱全てを、神格4にできました(祝)。


以前からの目標が、やっと達成できました。
まあ、「覚醒の章」になれば、また新しい神が加わるのですが。
生命力報酬は、お金も手間もかかりますが、一度得てしまえば、今後もずっと有効です。
少しずつでも、積み立てておくと良いと思います。

この記事をはてなブックマークに追加