Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

み心の祝日記念ミサ@世界平和記念聖堂

2009-06-21 07:34:20 | クラシック
なかなか訪れる機会はないけど。
好きなんです、世界平和記念聖堂。



重要文化財に指定された建物そのものも好きだし。
荘厳なカテドラルに響くパイプオルガンも好きです。

というわけで、金曜日、世界平和記念聖堂に行きました。
エリザベト音楽大学のスピリチュアルコンサートが、ミサの中で行われるということで。
み心の祝日記念ミサ。



最近、心も乱れがちだったので、よい機会です。
カトリックではないけれど(ぶっつぶつの仏教徒だし(*^_^*))。
それを神と呼ぶのか仏と呼ぶのかわからないけど、きっとこの世に存在する絶対的な「善」のようなものに、許し、導いてもらいたい気分だったのかも。

ミサが始まってすぐくらいの回心の祈りに「わたしは、思い、ことば、行い、怠りによってたびたび罪を犯しました。聖母マリア、すべての天使と聖人、そして兄弟のみなさん、罪深いわたしのために神に祈ってください」って、私は棒読みだったけど、結構本気でお願いしたよ。
最近不本意ながらいい子じゃないけど、いい子になりますように(≧ヘ≦)
幼稚園児並みっ(^。^;)

そしてパイプオルガンの響きとともに、ブラームスの「キリエ」の合唱。
美しいわ(*^o^*)
私もきっといい子になれるはず。
他力本願丸出しで、心の中で「キリエ」と唱えるのだった。
(異教徒ですがバチはあてないでください)

☆オルガン交響曲 第10番 ロマーネ
第1楽章モデラート
第2楽章コラール
〈Ch-M.ヴィドール〉
☆中世組曲(読唱ミサの形式)
〈J.ラングレ〉
☆キリエWoO17
ミサ・カノニカWoO18
〈J.ブラームス〉
☆アヴェ・ヴェルム・コルプス op.65-1
〈G.フォーレ〉
☆平和の主-3つの作品
喜びの刈り入れ
〈J-P.ルジェ〉

パイプオルガン、すごい迫力でしたね~
機会があれば、また参加したいですo(^-^)o
コメント   この記事についてブログを書く
« かきつばた 6/16 | トップ | 三ツ星屋台 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クラシック」カテゴリの最新記事