☆七ツ森野菜通信☆ 

仙台市 料理教室『七ツ森』 旬菜コーディネーターあさのゆか より レッスンの様子や七ツ森の畑の情報をお届けします!

しおがま・おさかなキッチン ~牡蠣~

2018年03月31日 | 日記
4回目になりました。しおがま・おさかなキッチン

塩釜市魚市場 魚食普及スタジオをお借りして 行っています。

今回は ゲスト講師として お魚かたりべの 酒井敬一氏をお迎えしました。

以前開催していた三陸海の幸勉強会の先生です。

料理だけではなく、カキの種類や養殖についての講話もしていただきました。




さあ カキ剥きしますよ 塩釜仲卸市場の『カネヒコ中村商店』さんから 大っきな牡蠣を
仕入れました





みなさん がんばってます







食べ応えのある『牡蠣のクリーム焼き』になりました



『チリソース煮』



『台湾風牡蠣ご飯』 五香粉を加えた炊き込みご飯でした




コメント

雄勝でお好み焼きパーティー!

2018年03月29日 | 日記
震災後からのおじゃましている 石巻市雄勝名振浜での 料理教室

あいにくのどんよりお天気でした



今回は 料理を教えるというよりも・・・お好み焼きの食べ方提案

一緒に行った仲間それぞれ 焼き方が違う 具も少しずつ変えて 楽しんでいただきました。 




7年通っていますが、美味しいものの前では いつも笑顔が絶えません 



早く食べたいと待ちきれない様子ですね。


お土産に 茎わかめをたくさん いただいたので 佃煮にしてみました ありがとうございます




コメント

フライパンでグラタン

2018年03月27日 | 日記
オーブンやオーブントースターがなかったり、家族が多くて器に分けて焼きたくない時にできる
グラタン風をご紹介

パン粉をバターでカリカリにして 乗っけるだけで 風味と食感がプラスしたフライパングラタンの
できあがり

作り置きおかずのレッスン 『鶏そぼろ』




かぼちゃのグラタンの予定でしたが



かぼちゃ&マカロニグラタンにアレンジ  マカロニの茹で時間が短いから
手軽にボリュームアップおかずになりますね。


なすとトマトをプラスした『ボリューム奴っこ』




『キャベツのそぼろあんかけ』




生徒さんの声

どれも食べごたえがあるし、野菜もたっぷりなので 1品だけでも大満足でした
コメント

牛乳入れて白麻婆豆腐

2018年03月24日 | 日記


野菜満喫でご紹介した『あっさり塩麻婆』のアレンジ で 『白麻婆』

こちらはあっさりより、ちょいコクの麻婆豆腐になりました。




ひき肉とアスパラが入った『カレー風味のケークサレ』 久しぶりに作りましたが これは ワインのお供ですね


生徒さんの声

鶏と野菜のくわ焼きはお肉がとってもしっとりで野菜はシャキシャキでおいしかったです。
わかめとキムチの卵とじはご飯にもお酒にも合う味で簡単にできておいしかったです。
タルトは生地のサクサク食感とコクのあるクリームが良かったです。アプリコットがかわいすぎます





コメント

パスタのレッスン

2018年03月23日 | 日記
パスタのレパートリーを増やしたいとのリクエスト

チーズを使ったパスタとのことでしたので

『カルボナーラ』



カルボナーラというと 生クリームを使った白っぽいパスタをイメージされる方も
いらっしゃいますが 卵、粉チーズ、ベーコンを使って 黄色っぽいとってもコクのあるソースを作り

たっぷりの黒胡椒をかけたパスタです

今日も生クリームは ほんの少しだけ使ってます。

由来となる語源が炭焼き職人という意味 炭=胡椒のイメージという説だそうなので 黒胡椒は必須かな。

濃厚なソースなので 胡椒たっぷりがオススメです


もう一品チーズのパスタ。クリームチーズとフレッシュトマトのパスタです
こちらは 生パスタで召し上がっていただきました。




さらに 『きのこの和風ペペロンチーノ』

プランターでやっと食べごろに育ったほうれん草入り




生徒さんの声

自分で作るカルボナーラより手軽で簡単に作れたのがとても良く家でもすぐに取り入れてみます。
クリームチーズを作ったパスタも初めてでしたが食べやすく新しいレパートリーが増えました。


は 地酒で乾杯レッスン

『豚肉とキャベツの包み焼き』『春野菜の白和え』『豆苗と卵のさっと炒め』



今日も野菜たっぷりのメニューです 

豚肉に味噌タレを塗ってキャベツの細切りをたっぷりのせた包み焼きは オーブンで旨みを閉じこめてます

豆苗は たまたま生徒さんも買い置きがあるらしく、すぐに作れるととっても喜んでいただけました。

久しぶりに豆苗を買いましたが、切り落とした根元をリサイクルしてみまーす。 何日でまた食べれるかな
コメント